取材&インタビュー

山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守らが、究極の選択を巡って大盛り上がり!『二ノ国』ジャパンプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『二ノ国』ジャパンプレミア:山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、津田健次郎、梶裕貴、日野晃博(製作総指揮/原案・脚本)、百瀬義行監督

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、津田健次郎、梶裕貴、日野晃博(製作総指揮/原案・脚本)、百瀬義行監督

製作総指揮、原案、脚本を“レイトン”シリーズの日野晃博が務め、数々のジブリ作品で作画やCG制作、演出などを手掛けてきた百瀬義行がメガホンを執り、音楽を久石譲が担当するという日本を代表するドリームメーカーが贈るアニメーション超大作『二ノ国』。本作のジャパンプレミアが行われ、豪華キャストが集結しました。若手人気俳優と人気声優が勢揃いするとあって、会場には若い女性を中心にファンがギッシリ。開演を待つファン達を楽しませるため、なんと登壇者達が影アナを務め、登壇前から会場を沸かせました。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:山﨑賢人

そして、黄色い声援の中、登壇したキャストとスタッフの面々。主演の山﨑賢人はまさか『二ノ国』の声優の仕事がくるとは思っていなかったことを明かし、完成した作品について感想を聞かれると、「感動しました。声を入れさせて頂いている時はまだ完成していない画だったので、本当に百瀬さんの作られた画の中に自分の声が入って、音楽も加わったものの中に自分が存在しているっていうのが素直に感動しましたね」とコメントしました。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:新田真剣佑

新田真剣佑は声優にチャレンジした感想を聞かれると「普段いかに身体を使って芝居をしているのかっていうのを感じました。とても難しいと感じました」と答え、山﨑との現場でのやり取りをジェスチャーを交えて表現しました。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:永野芽郁

永野は大変だったところについて「もう全部。一言言うだけでこんなに大変なんだっていう、マイクとの距離感を変えずに映画の中ではキャラクター達の距離感が変わっていくので、それを自分1人で戦いながらやるっていうのは今までに感じたことのない孤独感と難しさと…、疲れました〜(笑)」と、最後は笑顔を見せました。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:宮野真守

今回、この日登壇している豪華キャスト以外にも、声優の山寺宏一や坂本真綾も本作に参加していることについて、宮野は「このメンバーでできるっていうのは声優としても嬉しいですよ。大先輩と一緒の場にいられるってことは非常に嬉しいことですし、その側に入れて頂いたんだと思うと自信にも繋がるし、しっかりやっていかなあかんなと思いました」と語りました。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:津田健次郎

津田も「なかなか一気にご一緒する機会もないので、僕等にとってもレアなことでした」と付け加えました。

続いて、本作にちなんで、ツイッターにてジャパンプレミアでキャスト達に聞きたい究極の選択を募集し、選ばれた質問が発表されました。それは「A:過去の自分に会う」もしくは「B:未来の自分を知る」という選択。どちらを選ぶか、迷ったキャスト達のやりとりを写真でご覧ください。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、津田健次郎、梶裕貴
最初は「過去の自分に会う」が多数。なぜか交戦ポーズをとる山﨑、宮野、新田(笑)。

Bを選んだ山崎と宮野。宮野が「知るってことでしょ。過去に行きたいとかじゃなくて、自分ってことだもんね。まだ知らないのを知りたいよね」というと、山﨑も「直せるなら直していきたいですよね」と話していると、津田が「あ!知るだけなの?」と言いながらBに移動。そうしているうちに、どんどんBに流れ、梶がぽつんと残されました。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、津田健次郎、梶裕貴
ディスカッションをしている間に梶以外のメンバーが「未来の自分を知る」陣営に流れました。
映画『二ノ国』ジャパンプレミア:山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、津田健次郎、日野晃博(製作総指揮/原案・脚本)
多勢側は“覆してごらん”と言わんばかりに、お手並み拝見といった様子。
映画『二ノ国』ジャパンプレミア:梶裕貴
梶が熱弁をふるう!

するとAに残った梶は、「これ人生の中でこれについて何回も考えたことがあるんですよ。未来の自分を知るとして、もし大成功している自分がいたとする。いたとしたら、今の自分は努力をするだろうか、楽しんで生きられるだろうかと。仮に大失敗してボロボロになってしまっていたとしたら、何をしてもどんな努力をしてもボロボロになる未来しかないんじゃないかと。そしたら頑張ることを諦めてしまうんじゃないかと。…この時間、大丈夫ですか?」と笑いを誘いました。でも、この熱い説得に心を打たれてまた半々に(笑)。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:山﨑賢人、新田真剣佑、梶裕貴
梶の熱意により、まず新田が梶陣営に戻り、次に山﨑も加わりました(笑)。
残る宮野、津田、永野は、交戦ポーズ。チャンチャン(笑)。

和気あいあいとしたイベントで大いに盛り上がりましたが、作品の仕上がりも楽しみですね。豪華スタッフと豪華キャストによる作品、ぜひこの夏休みに劇場でご覧ください!

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、津田健次郎、梶裕貴、日野晃博(製作総指揮/原案・脚本)、百瀬義行監督

映画 『二ノ国』 ジャパンプレミア :
2019年7月25日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『二ノ国』

『二ノ国』
2019年8月23日より全国公開
公式サイト  映画批評&デート向き映画判定
ワーナー・ブラザース映画

©2019 映画「二ノ国」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アルキメデスの大戦』田中泯 田中泯(たなか みん)

1945年3月10日生まれ、東京都出身。舞踊家。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、独自の踊りのスタイル“ハイパーダンス”を展開し、海外で高く評価され…

映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾 葬式の名人

実は舞台になっている大阪府茨木市は、私の地元なので馴染みのある場所がたくさん映るだけでも…

映画『サマー・オブ・84』グラハム・バーチャー グラハム・バーチャー

2002年2月4日、カナダのバンクーバー生まれ。双子の兄弟とともに演技のクラスを受講したことから役者としての活動を始める。最初の仕事は…

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督 全曲生歌で見事に演じたタロンをデクスター・フレッチャー監督が大絶賛!『ロケットマン』ジャパンプレミア

エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』PRのため、主演のタロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督が来日…

映画『よこがお』須藤蓮 須藤蓮(すどう れん)

1996年7月22日生まれ、東京都出身。特技は英語、ダンス、そして虫に詳しいこと。 2018年、NHKBSプレミアムのドラマ『ワンダーウォール』、短編映画『ブレイカーズ』…

海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ 女医フォスター 夫の情事、私の決断

「夫が浮気してるかも?」と疑い始めてから、それを突き止めようとしたり、突き止めたと思ったらそこから夫との駆け引きが始まったり…

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 5組10名様 来日舞台挨拶付ジャパンプレミア試写会&レッドカーペットイベントご招待

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 5組10名様 来日舞台挨拶付ジャパンプレミア試写会&レッドカーペットイベントご招待

おすすめ記事

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

映画『キングダム』吉沢亮 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 ルックス・セクシー部門編>

トーキョー女子映画部の名物コーナー「イイ男セレクション」にちなんだ企画をスタート!まずは編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている国内20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい30名を選抜。各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。第1弾の今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門20代俳優TOP10を発表!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

REVIEW

  1. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  2. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  3. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  4. 映画『天気の子』
    天気の子

  5. 映画『二ノ国』
    二ノ国

  6. 映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』田中圭/林遣都/沢村一樹/志尊淳/吉田鋼太郎
  7. 海外ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医 シーズン2』マット・ズークリー
  8. 映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール
  9. 映画『永遠に僕のもの』ロレンソ・フェロ
  10. 映画『トールキン 旅のはじまり』ニコラス・ホルト

部活・イベント

  1. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  2. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  3. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP