取材&インタビュー

山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守らが、究極の選択を巡って大盛り上がり!『二ノ国』ジャパンプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『二ノ国』ジャパンプレミア:山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、津田健次郎、梶裕貴、日野晃博(製作総指揮/原案・脚本)、百瀬義行監督

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、津田健次郎、梶裕貴、日野晃博(製作総指揮/原案・脚本)、百瀬義行監督

製作総指揮、原案、脚本を“レイトン”シリーズの日野晃博が務め、数々のジブリ作品で作画やCG制作、演出などを手掛けてきた百瀬義行がメガホンを執り、音楽を久石譲が担当するという日本を代表するドリームメーカーが贈るアニメーション超大作『二ノ国』。本作のジャパンプレミアが行われ、豪華キャストが集結しました。若手人気俳優と人気声優が勢揃いするとあって、会場には若い女性を中心にファンがギッシリ。開演を待つファン達を楽しませるため、なんと登壇者達が影アナを務め、登壇前から会場を沸かせました。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:山﨑賢人

そして、黄色い声援の中、登壇したキャストとスタッフの面々。主演の山﨑賢人はまさか『二ノ国』の声優の仕事がくるとは思っていなかったことを明かし、完成した作品について感想を聞かれると、「感動しました。声を入れさせて頂いている時はまだ完成していない画だったので、本当に百瀬さんの作られた画の中に自分の声が入って、音楽も加わったものの中に自分が存在しているっていうのが素直に感動しましたね」とコメントしました。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:新田真剣佑

新田真剣佑は声優にチャレンジした感想を聞かれると「普段いかに身体を使って芝居をしているのかっていうのを感じました。とても難しいと感じました」と答え、山﨑との現場でのやり取りをジェスチャーを交えて表現しました。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:永野芽郁

永野は大変だったところについて「もう全部。一言言うだけでこんなに大変なんだっていう、マイクとの距離感を変えずに映画の中ではキャラクター達の距離感が変わっていくので、それを自分1人で戦いながらやるっていうのは今までに感じたことのない孤独感と難しさと…、疲れました〜(笑)」と、最後は笑顔を見せました。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:宮野真守

今回、この日登壇している豪華キャスト以外にも、声優の山寺宏一や坂本真綾も本作に参加していることについて、宮野は「このメンバーでできるっていうのは声優としても嬉しいですよ。大先輩と一緒の場にいられるってことは非常に嬉しいことですし、その側に入れて頂いたんだと思うと自信にも繋がるし、しっかりやっていかなあかんなと思いました」と語りました。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:津田健次郎

津田も「なかなか一気にご一緒する機会もないので、僕等にとってもレアなことでした」と付け加えました。

続いて、本作にちなんで、ツイッターにてジャパンプレミアでキャスト達に聞きたい究極の選択を募集し、選ばれた質問が発表されました。それは「A:過去の自分に会う」もしくは「B:未来の自分を知る」という選択。どちらを選ぶか、迷ったキャスト達のやりとりを写真でご覧ください。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、津田健次郎、梶裕貴
最初は「過去の自分に会う」が多数。なぜか交戦ポーズをとる山﨑、宮野、新田(笑)。

Bを選んだ山崎と宮野。宮野が「知るってことでしょ。過去に行きたいとかじゃなくて、自分ってことだもんね。まだ知らないのを知りたいよね」というと、山﨑も「直せるなら直していきたいですよね」と話していると、津田が「あ!知るだけなの?」と言いながらBに移動。そうしているうちに、どんどんBに流れ、梶がぽつんと残されました。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、津田健次郎、梶裕貴
ディスカッションをしている間に梶以外のメンバーが「未来の自分を知る」陣営に流れました。
映画『二ノ国』ジャパンプレミア:山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、津田健次郎、日野晃博(製作総指揮/原案・脚本)
多勢側は“覆してごらん”と言わんばかりに、お手並み拝見といった様子。
映画『二ノ国』ジャパンプレミア:梶裕貴
梶が熱弁をふるう!

するとAに残った梶は、「これ人生の中でこれについて何回も考えたことがあるんですよ。未来の自分を知るとして、もし大成功している自分がいたとする。いたとしたら、今の自分は努力をするだろうか、楽しんで生きられるだろうかと。仮に大失敗してボロボロになってしまっていたとしたら、何をしてもどんな努力をしてもボロボロになる未来しかないんじゃないかと。そしたら頑張ることを諦めてしまうんじゃないかと。…この時間、大丈夫ですか?」と笑いを誘いました。でも、この熱い説得に心を打たれてまた半々に(笑)。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:山﨑賢人、新田真剣佑、梶裕貴
梶の熱意により、まず新田が梶陣営に戻り、次に山﨑も加わりました(笑)。
残る宮野、津田、永野は、交戦ポーズ。チャンチャン(笑)。

和気あいあいとしたイベントで大いに盛り上がりましたが、作品の仕上がりも楽しみですね。豪華スタッフと豪華キャストによる作品、ぜひこの夏休みに劇場でご覧ください!

映画『二ノ国』ジャパンプレミア:山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、津田健次郎、梶裕貴、日野晃博(製作総指揮/原案・脚本)、百瀬義行監督

映画 『二ノ国』 ジャパンプレミア :
2019年7月25日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『二ノ国』

『二ノ国』
2019年8月23日より全国公開
公式サイト  映画批評&デート向き映画判定
ワーナー・ブラザース映画

©2019 映画「二ノ国」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『お名前はアドルフ?』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/クリストフ=マリア・ヘルプスト/ユストゥス・フォン・ドホナーニ/カロリーネ・ペータース お名前はアドルフ?

物語の舞台はドイツにある一軒家。学校の教師であるエリザベトと、哲学者で文学教授の夫シュテファンの家…

映画『七つの会議』野村萬斎 野村萬斎(のむら まんさい)

1966年4月5日、東京都生まれ。東京芸術大学音楽学部卒業。狂言師で、重要無形文化財総合指定者。「狂言ござる乃座」主宰。人間国宝の祖父である故六世野村万蔵と父の万作に師事し…

映画『15年後のラブソング』クリス・オダウド クリス・オダウド

1979年10月9日、アイルランド生まれ。ライブの舞台から映画、テレビなどで活躍する作家兼パフォーマー。2012年に出演した『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』での演技が評価され…

映画『レヴェナント:蘇えりし者』ジャパンプレミア、レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 演技力部門編>

今回は演技力部門のランキングを発表します!これだけ演技派揃いの俳優の中でトップに輝いたのは誰だった…

映画『ザ・サークル』エマ・ワトソン 心理学から観る映画12-1:自分への誹謗中傷を無視できない理由

インターネットやSNSが普及してから、誹謗中傷を原因とする自殺が社会問題の1つに加わりました。「傷付く可能性がわかっているなら、ネットやSNSを見なければ良い」という考えの人もいますが、それがわかっていても見てしまうのは、なぜなのでしょうか?

映画『15年後のラブソング』ローズ・バーン/イーサン・ホーク/クリス・オダウド 15年後のラブソング

交際15年の事実婚カップルにだって、何があるかわからない!本作に登場するアニー(ローズ・バーン)とダンカン(クリス・オダウド)は一見平穏に暮らすカップル。でも…

映画『プーと大人になった僕』来日ジャパンプレミア、堺雅人 堺雅人(さかい まさと)

1973年10月14日、宮城県生まれ。1992年から劇団東京オレンジ(早稲田劇研)にて活動を始め…

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ渦のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ渦の映画生活について、調査しました。

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』シアーシャ・ローナン/ティモシー・シャラメ ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

これは期待通り、個人的に大好物なやつでした!グレタ・ガーウィグ監督×シアーシャ・ローナンというコンビを聞いただけでも、映画好き女子なら観ずにいられないと思いますが、そこにひっかからなくても…

Netflie映画『ラブバード』イッサ・レイ/クメイル・ナンジアニ ラブバード

出会った頃はラブラブだったのに、4年後には喧嘩ばかりのジブランとレラーニは、車で移動中に別れ話になり口論に…

おすすめ記事

映画『レヴェナント:蘇えりし者』ジャパンプレミア、レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 演技力部門編>

今回は演技力部門のランキングを発表します!これだけ演技派揃いの俳優の中でトップに輝いたのは誰だった…

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ渦のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ渦の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は個性・ユーモア部門のランキングを発表します。どの俳優もなかなかの個性派ですが、果たして結果はどうなったのでしょうか!?

映画『ケープタウン』来日会見、オーランド・ブルーム イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外40代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外40代(1971年以降、1980年以前の生まれ=数え年で40代)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい方を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス・セクシー部門の結果を発表します!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

「勝手にキャスティング企画!」ということで、あの名作をリメイクするとしたら誰をキャスティングしたら良いか、皆さんと妄想してみました。第1回は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。主人公マーティ・マクフライと、ドクことエメット・ブラウン博士は、誰が演じるのが良いか、俳優の名前とキャスティング理由を挙げて頂きました。

映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン 映画好き女子が選んだ“私のベストワン韓国映画”特集2020春

韓流ドラマ、K-POPと、韓国発のエンタテインメントは根強い人気です。そして、韓国映画にも名作がたくさんあります。そこで今回は、これまで劇場公開された作品で、正式部員の皆さんがそれぞれにベスト1だと思う映画を投稿して頂きました…

REVIEW

  1. 映画『お名前はアドルフ?』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/クリストフ=マリア・ヘルプスト/ユストゥス・フォン・ドホナーニ/カロリーネ・ペータース
  2. 映画『15年後のラブソング』ローズ・バーン/イーサン・ホーク/クリス・オダウド
  3. 映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』シアーシャ・ローナン/ティモシー・シャラメ
  4. Netflie映画『ラブバード』イッサ・レイ/クメイル・ナンジアニ
    ラブバード

  5. 映画『燕 Yan』水間ロン/山中崇
    燕 Yan

  6. Netflix映画『僕のミッシー』デヴィッド・スペード/ローレン・ラプカス
    僕のミッシー

  7. Netflix映画『オールデイ・アンド・ア・ナイト:終身刑となった僕』ジェフリー・ライト/アシュトン・サンダース
  8. Netflix映画『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』リーア・ルイス
  9. Netflix映画『キング』ティモシー・シャラメ
    キング

  10. Netflix映画『ラブ、ウェディング、リピート』サム・クラフリン/オリヴィア・マン

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP