取材&インタビュー

映画のキャリアを築けてこられたことが奇跡『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』タランティーノ監督、ディカプリオ来日記者会見

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見:レオナルド・ディカプリオ、クエンティン・タランティーノ監督

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見:レオナルド・ディカプリオ、クエンティン・タランティーノ監督、シャノン・マッキントッシュ(製作)

本作の公開を間近に控え、主演のレオナルド・ディカプリオと、クエンティン・タランティーノ監督、製作のシャノン・マッキントッシュが来日し、記者会見を行いました。タランティーノ監督はもうすぐお子さんが産まれるとのことで「家中に小さな“タラチャン(日本語で)”がたくさんいるような日も近いんだと思います」と喜びを露わにしました。この日はたっぷり質疑応答の時間が設けられましたので、Q&A方式でご紹介します。

Q:シャロン・テート殺人事件という史実に基づきながらも、リックとクリフという架空の人物を加えるアイデアはどこから生まれたのですか?

タランティーノ監督:すごくおもしろいと思ったのは、この映画で描いているハリウッドの時代には、カウンター・カルチャーの変化が見られたところです。町も業界自体もそうでした。なのでその時期をシャロン・テートの事件に至るまでの時間軸に設定すれば、歴史的な部分というのも掘り下げられておもしろいのではないかなと思いました。13、14歳くらいの時に1970年代に出版された本を読んでいて、ちょっと変わったものではあったんですが、すごくおもしろかったのは、実際にその時代の有名だった方とフィクションのキャラクターを組み合わせた物語だったんです。ハリウッドの一時期を描くのに、自分もそのフィクションのキャラクターと、実際にロサンゼルス群に住んでいた方と組み合わせたらおもしろいんじゃないかと思いました。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見:レオナルド・ディカプリオ

Q:タランティーノ監督作は『ジャンゴ 繋がれざる者』以来の出演ですが、このオファーが来た時の気持ちは?

ディカプリオ:この人物の魂の部分をどうやって作り上げていくかということで、本当に数日間で起こる物語なんですけど、彼は私的にも変わりますし、俳優としても何とか時代についていこうとするわけです。彼は1950年代のテレビでスターとして西部劇に出ていたわけですけど、今ではアンチ・ヒーロー的なあまり好かれない悪役を演じなければいけなくて、彼にとっては考えられないような状況になってきているんです。でも周りでは文化も演技自体も世界が変わってきていて、表裏一体という関係の2人、彼らの友情がどうやって2日間のうちに変わっていくかというストーリーです。非常に良かったのは彼らのバックストーリー、彼らの歴史を全部聞いていたことです。(リックは)若い女の子に出会って、彼が本当に秘めている力を押し出してくれるような助けをしてくれます。そうやって変わっていくストーリーで、ブラッドもそうだったと思うんですけど、僕達はこの映画をやりたいという気持ちにさせられました。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見:クエンティン・タランティーノ監督

Q:レオナルド・ディカプリオさん、ブラッド・ピットさんを起用した理由は?

タランティーノ監督:2人がこの役にピッタリだったからです。でも正直なところ、自分が選んだというよりも彼らが僕を選んでくれたと思うんです。すべての企画のオファーをされるお2人ですから、その中から自分を選んでくれたのはラッキーだったし、自分が以前に彼らと仕事をしたことがあったこと、自分の仕事を彼らが好きでいてくれることもあり、たくさん送られてくる山積みになった脚本の中できっと上のほうに僕の脚本があったんだと思うし、内容にもキャラクターにもすごく響くものがあって、やりたいと思ってくださったんです。個人的にもレオとブラッドの2人のキャスティングができたのは、世紀のクーデターではないかと思います。そして、主演格の俳優ともう1人はそのスタントダブルというバディものですから、素晴らしい役者だから、大物だからというキャスティングだけではうまくいかないわけです。必要だったのは、どんなに内面のキャラクターは違っても、外見の部分でどこか近しいところがなくてはいけないということ。ある俳優のスタントダブルとして演技ができるような、つまり同じ衣装に身を包めば非常に近いルックスになるようなことも必要だったんですね。それを見事にお2人が持っていてくれたことが幸運だったと思います。

Q:親友のブラッド・ピットとの共演ということで、(役作りで)どんな準備をしましたか?

ディカプリオ:私は徹底的に映画に関して、キャラクターに関してリサーチします。ブラッドが演じるクリフも、私が演じるリックもこの業界に属しているけど、ど真ん中にいるわけではなく、外側というか、ちょっと落ちぶれているんです。ハリウッドがどんどん変革していく中、2人は取り残されています。ブラッドも私も実際にはキャリアとして成功していると思います。しかし、この業界がどういうものであるか、周りというものも見ていますし、このキャラクター2人がどういう状況なのかというのは非常によくわかるし、お互いに依存し合っているような関係にあるんですね。彼らのサバイバルのためにはお互いが必要だということ。そういうようなバックグランドというものを、すべて監督が用意してくれていて、どういう映画に2人が出たことがあって、どういうパートナーシップなのか、すべて決められていたので、この映画に入っていく時にある程度知っていたんです。でも撮影中にももっともっと情報がきましたし、時代の精神というものもわかりながら撮影ができました。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見:レオナルド・ディカプリオ、クエンティン・タランティーノ監督、シャノン・マッキントッシュ(製作)

Q:リックというキャラクターを作るにあたり、監督がインスピレーションを受けた映画やドラマのキャラクターはありますか?

タランティーノ監督:当時はリックと同じような状況の役者さんはたくさんいたと思います。まず背景に1950年代にテレビというものが登場して、新しいスター達をテレビを通して生んだということがあります。それまでは映画、舞台、ラジオでスターがたくさんいたわけですが、テレビが人気を博す中で、テレビを通して大スターが生まれてきて、1本の作品の1エピソードの視聴者のほうが、クラーク・ゲーブル作品の観客よりも多くいるような時代でした。けれども新しく生まれてきたスター達が50年代から60年代の過渡期にどうなるのかというのはまだ見えてなかった時期なんです。もちろんテレビから映画へと見事に活躍の場を広げた3人の役者さんは誰にでもすぐに思い当たると思いますが、スティーブ・マックイーン、クリント・イーストウッド、ジェームズ・ガーナーさんです。ただ彼らのようにうまく移行できなかった方もたくさんいるわけです。出演した映画の質があまり良くなかった、ヒットしなかった、あるいは他の理由でうまくいかなかった方達が当時たくさんいて、1人というわけではないんですが、それらの実際の役者さん達のいろいろな要素を組み合わせて、リックというキャラクターを作っています。テレビ番組『ルート66』の主演の1人だったジョージ・マハリスさん、『サンセット77』(原題:77 Sunset Strip)のエド・バーンズさん、『ベン・ケーシー』のヴィンス・エドワーズさん、『ブロンコ』のタイ・ハーディンさんなどです。

Q:何を一番大切にしてキャラクター作りをしましたか?

ディカプリオ:たくさんの俳優さん達を参考にしました。この映画のリサーチをした時は未知の世界に入り込んだという感じだったんです。皆さんご存じのようにクエンティン・タランティーノと言えば、映画マニアですから、ものすごい知識の宝庫なんです。そのようなことで、いろんなものを紹介されまして、私はある意味、この映画は、ハリウッドという場所の祝福というか、お祭りというようなことだと思うんですね。私達が愛したいろんな作品に貢献していた多くの俳優さん達がいて、でも多くは忘れ去られていると思うんです。私はリックというキャラクターを通して、いろいろな忘れられた人達、ほんの一部しか知らなかった人達、そういうような人達のことがわかり、どんどん文化が変わり、映画作りも変わっていく中で、ハリウッドというのは魔法のような世界で、リックはまだまだ仕事ができているわけですし、存在はしているわけだから、彼はラッキーなんだという気持ちになりました。こういうリサーチをしたということは私にとって、素晴らしい経験になりました。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見:シャノン・マッキントッシュ(製作)

Q:タランティーノ監督独特の現場で、印象に残ったことは?

シャノン・マッキントッシュ:クエンティン・タランティーノの作品には本当にマジカルなものがあると思います。現場も本当に素晴らしいんです。ある意味、ファミリーが戻るという感じで、最初の作品『レザボア・ドックス』からずっと一緒に働いているクルーもたくさんいるわけです。だから彼らは本当に楽しんでこの現場に戻ってくるんです。クエンティン・タランティーノのビジョンを彼らは一緒になって作り上げようとしますし、非常に多くのインスピレーションを受けるんです。撮影していない間、準備をしている間は、クエンティンの歴史の授業が始まって、「どの映画を観ろ」とか「どういうテレビの番組がある」とか、いろんなことを彼から学べるわけなんです。誰よりもよく知っているわけですから。そして、スタッフはどんな映画をやっていようと、クエンティンの映画に参加したいということで、「彼が(脚本を)書き出したよ」というと、「いつ頃、出来上がるの?」と私に連絡をしてきます。他の映画を断ってでも参加したいという、それだけの喜びもあります。今回、レオ、ブラッドとマーゴと一緒に働く彼の仕事ぶりをみて、皆感じたのは喜びと素晴らしさでした。テイクを撮ったあと、クエンティンが「今のでオーケーだ」と出すんですけど、もう一回撮るよという時、皆が「え?なぜ?」と言うと、全員で「だって、僕たちは皆映画作りが好きなんだ」という言葉をいうのがお決まりです。これは皆本心で言っています。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見:レオナルド・ディカプリオ、クエンティン・タランティーノ監督、シャノン・マッキントッシュ(製作)

Q:作品の中では、ものすごい奇跡が起きますが、皆さんの身の回りで起こったとんでもない奇跡は何ですか?

タランティーノ監督:映画のキャリアをこの業界中で持てているということ自体がミラクルなんじゃないかなと思っています。これまで9本の映画を作ることができて、こうやって日本に来ても自分が誰だか皆様が知っていらっしゃるわけで、1986年にはビデオストアで働いていた自分があると思うと、これが大きなミラクルだなと感じます。たくさんの素晴らしい機会を与えられて、この業界の中で仕事だから映画を作っているわけではなく、1人のアーティストとして映画を作ることができる。自分の道のりを前に進むという形で物語を綴ることができていることが、本当に幸運だし、そのことを絶対に忘れないでいようと思います。

ディカプリオ:クエンティンさんの言ったことに完全に同意します。僕はLAで育ち、実際にはハリウッドで生まれてるんですね。本当にこの業界を知っているので、どれだけ俳優であることが大変なのかというのはわかります。世界中から夢を持って人々がハリウッドにやってくるわけです。このメッカ、夢の国に。でもなかなかその夢を叶えられないのが現状だと思います。私はラッキーなことに子どもの頃からハリウッドにいて、学校が終わるとオーディションを受けにいくという、そういう生活ができたんです。ですから、今本当に仕事がある俳優であるということ、また自分に決定権があったり、選択肢がある、それ自体が俳優としては奇跡だと思います。そのことに本当に感謝していますし、一緒に仕事をする仲間にも仕事があるということがミラクルだと思います。なぜかというと、99%の人はこういう奇跡がなくて、なかなか仕事がないという現状だからです。

シャノン・マッキントッシュ:私も本当に同じなんですけど、この大好きな仕事をできて、大好きなこの業界で、大好きな人達と仕事ができるということ、家族がいて、私のこういう生活に耐えてくれる夫がいて、2人の息子がいるっていうことがミラクルだと思います。

Q:1969年の古き良き時代のハリウッドのセットや当時のヒッピー・カルチャー、ファッションなども見どころだと思いますが、監督自身、この時代を作り上げる上で一番楽しかったことは?

タランティーノ監督:本当に楽しいことが満載で、素晴らしい役者さんにも恵まれましたし、この時代、そのキャラクターに息吹を吹き込むことは本当に楽しい作業でした。でも一番何に満足したかと聞かれたら、今生きている町ロサンゼルスを、40年間という時を戻して、CGを一切使わず、スタジオでも撮影せず、バックロットのようなセットを組んで撮影するわけでもなく、実際にビジネスも普通に行われていて、車や人通りもあるその場所を、衣装、映画で使われるさまざまなトリックを駆使して、あの時代を再現できたと自負していますし、そこに一番のマジカルな満足感を覚えます。1969年ということで、最近初めて知った日本の監督について一言触れたいんですが、蔵原惟繕監督(初監督作品『俺は待ってるぜ』)の『栄光への5000キロ』が、日本では1969年に一番ヒットを飛ばしたというのを知りました。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見:レオナルド・ディカプリオ、クエンティン・タランティーノ監督、シャノン・マッキントッシュ(製作)

Q:皆さんにとってハリウッドとは?

タランティーノ監督:まさにレオとも話していたことですが、2つの意味を持っています。一つは映画業界、そして町としてのハリウッドです。この映画はこの両方を描いた作品です。もちろん市民が住んでいる町でもあり、一つの業界として、大きな成功、中ぐらいの成功、中ぐらいの失敗、大きな失敗、すべて隣りあわせにあるそんな町でもあります。そんな風にいろいろな人のポジションがどんどんどんどん変わっていく場所でもあって、そこがすごく興味深い町でもあるんですけども、そこで20年、30年、仕事をしていると、感覚的にはずっと同じ高校に通っているような感じなんですね。しばらく10年くらい会っていない方でも、嫌いになったから会っていなかったわけでもなく、会えたらすごく嬉しいし、普通だったら4年くらいの高校生活が25年くらいずっと続いているような感じです。

ディカプリオ:私にとっては、ハリウッドもLAも生まれ育ったところなので、ちょっと偏見があると思うんですけど、かなり悪評というかひどい人もいることは確かです。でも、私自身はLAに家族もいて、本当に良い友達もたくさん作っていますので、そういった意味ではこの町は私の一番になっていると思います。ある意味ここは夢の工場であり、もちろん成功も生み出しますが、失敗もあります。LAの中で本当に多くの素晴らしい人々、世界中から集まった人々に会ってますし、結構政治的な意見が合う人もいますし、常にLAは戻ることでハッピーになれる場所です。

シャノン・マッキントッシュ:私はクエンティンやレオと違って、ハリウッドやLAで育ったわけではないですが、もう20年間住んでいますので、今は自分の故郷ですし、家のあるところで、心からとても愛する場所です。


最近は記者会見がめっきり減ってしまいましたが、しっかりと映画のお話を聞けるこういう機会を設けて頂けるのはすごく嬉しいですね。たっぷりと3人のお話を聞いて、この映画の魅力を一層感じました。ハリウッドで生き延びてきた方達が作った作品だからこそ、いろいろな思いが込められていると思います。ぜひ本作で、1969年代のハリウッドにタイムスリップして、世界観に浸ってください。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見:
2019年8月26日取材 PHOTO&TEXT by Myson

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
2019年8月30日より全国公開
PG-12
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


前述のタランティーノ監督がお話されていた、日本で1969年に大ヒットした蔵原惟繕監督作『栄光への5000キロ』の出演者は、石原裕次郎, 仲代達矢, 三船敏郎、伊丹十三と超豪華で、カーレーサーのお話です。タランティーノ監督は「(日本に)あと2日間いるから、英語字幕入りのDVDを持っている人がいたら募集中です」とジョークを言っていましたが(笑)、監督が観たい映画なら、「私も観たい!」という方、いますよね。探してみたらありました。下記の文字リンク、ジャケットをクリックすると、デジタル配信でレンタル視聴できます。

栄光への5000キロ

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『極主夫道 ザ・シネマ』玉木宏/川口春奈/志尊淳/古川雄大/玉城ティナ/松本まりか/滝藤賢一/安達祐実/吉田鋼太郎/稲森いずみ/竹中直人 極主夫道 ザ・シネマ

大人気コミックが実写映画化された本作は、まさに“王道コメディ”という感じで…

映画『帰らない日曜日』オデッサ・ヤング/ジョシュ・オコナー 帰らない日曜日

物語の舞台は1924年の母の日。母の日には、イギリス中のメイド達にも里帰りが許されます。でも…

映画『キャメラを止めるな!』第75回カンヌ国際映画祭、ミシェル・アザナヴィシウス監督、ロマン・デュリス、ベレニス・ベジョ、竹原芳子 ロマン・デュリス、ベレニス・ベジョら主要キャストと共に竹原芳子も登場!『キャメラを止めるな!』ワールドプレミア

日本で社会現象を起こした『カメラを止めるな!』を、『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス監督が『キャメラを止めるな!』としてリメイク!このたび第75回カンヌ国際映画祭のオープニング作品としてプレミア上映され、ロマン・デュリス、ベレニス・ベジョら主要キャストと共に竹原芳子も登場しました。

映画『ホリック xxxHOLiC』柴咲コウ 柴咲コウ(しばさき こう)

1981年8月5日生まれ。東京都出身。2000年に出演した『バトル・ロワイアル』で注目を集め…

Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ 「国内旅行についてしゃべろう」トーキョー女子映画部“リアル交流会”参加者募集

トーキョー女子映画部には“映画が好き”という共通項を持つ部員の方々が集まっています。その中でもさらに共通の関心事についておしゃべりすれば楽しいんじゃないかということで、今回のリアル交流会の話題は、「国内旅行」で実施します。国内旅行好きの皆さん、夏休みの計画を立てようとしている皆さん、この交流会で情報交換しませんか?

映画『私だけ聴こえる』松井至監督インタビュー 『私だけ聴こえる』松井至監督インタビュー

音のない世界と聴こえる世界の狭間で居場所を失ったコーダの子ども達の姿を追ったドキュメンタリー映画『私だけ聴こえる』。今回はその監督を務めた松井至さんに、本作制作の裏話や、監督が肌で感じたコーダの方々のリアルな意見について聞いてみました。

映画『アネット』マリオン・コティヤール マリオン・コティヤール

1975年9月30日生まれ。フランス、パリ出身。両親共に舞台俳優。幼少の頃から舞台に立ち…

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎 冬薔薇(ふゆそうび)

ゼロからの再スタートといえる伊藤健太郎が主演の本作は、阪本順次監督が彼からじっくり話を聞き…

映画『トップガン マーヴェリック』マイルズ・テラー マイルズ・テラー

1987年2月20日アメリカ、ペンシルベニア州生まれ。2010年にジョン・キャメロン・ミッチェル監督作…

映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:トム・クルーズ、ジェリー・ブラッカイマー(プロデューサー) 経験と知識と技術と誰にも負けない熱意でとことんリアルにこだわった傑作『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ&ジェリー・ブラッカイマー来日記者会見

36年もの間、多くのファンが待ち望んでいた『トップガン』の続編が遂に2022年5月27日より公開されます。公開を目前にして、主演のトム・クルーズ、製作のジェリー・ブラッカイマーが揃って来日を果たしました。

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  2. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2
  5. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真

おすすめ記事

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ 働く20代部員限定「仕事とキャリアについて話そう」“リアル交流会”vol.2参加者募集

トーキョー女子映画部では部員さん同士の交流機会を増やすべく、さまざまな交流会を企画しています。そして、この度【働く20代部員限定】で“仕事”“キャリア”をテーマにした交流会を開催します。

Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ 24歳以下部員限定「就職について話そう」“リアル交流会”vol.1参加者募集

今回は新たな交流会企画の第1弾として、【24歳以下の部員の方限定】で“就職”をテーマにした交流会を開催します。

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『極主夫道 ザ・シネマ』玉木宏/川口春奈/志尊淳/古川雄大/玉城ティナ/松本まりか/滝藤賢一/安達祐実/吉田鋼太郎/稲森いずみ/竹中直人
  2. 映画『帰らない日曜日』オデッサ・ヤング/ジョシュ・オコナー
  3. 映画『キャメラを止めるな!』第75回カンヌ国際映画祭、ミシェル・アザナヴィシウス監督、ロマン・デュリス、ベレニス・ベジョ、竹原芳子
  4. 映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎
  5. 映画『ゴースト・フリート 知られざるシーフード産業の闇』
  6. 映画『20歳のソウル』神尾楓珠
    20歳のソウル

  7. 映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』フィル・ティペット
  8. 映画『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』
  9. 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン
  10. 映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ
PAGE TOP