REVIEW

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット

物語の舞台は1969年、主人公は1950年代、60年代初頭にヒットした作品で主演をはったリック・ダルトンと、彼のスタントマンであるクリフ・ブース(架空の人物)。他にロマン・ポランスキー監督や、その妻シャロン・テートなど実在の人物と、フィクションの人物が登場します。1969年8月9日に起こった、チャールズ・マンソンを信奉するカルト集団によるシャロン・テート殺人事件は今でもハリウッドの悲劇として語り継がれていますが、本作はリック、クリフ、シャロンがその日までに送った日常を描いています。ドラマではヒット作に恵まれながらも映画スターになかなかなれないリックと、スタントマンの仕事が入らず、リックの運転手として生計を立てながらトレーラーで犬と細々と暮らすクリフ。『ローズマリーの赤ちゃん』が大ヒットしノリに乗っていたロマン・ポランスキーと結婚し、女優としてもこれからというところだったシャロン・テート。リックはポランスキー夫婦の隣りの家に住んでいて、リックとクリフ、シャロンの3人は物理的には近いところにいながら、お互いにある意味すごく遠い存在であるのが印象的で、そこにさらにヒッピー集団が絡んでくることにより、ハリウッドの縮図を描く物語になっています。華々しいハリウッドが舞台になっていながら、リックとクリフの物語についてはすごく人間臭く、誰もが経験する挫折を描いている点で共感できるし、シャロンの日常にはハリウッドの輝かしい部分が投影されていて、ハリウッドという場所がどんな世界なのかが生々しく伝わってきます。途中まではノラリクラリとした流れですが、クライマックスに入って、大波乱になる展開はタランティーノ節が炸裂という感じ。観終わった後は、良い意味で呆然としてしまいますが、結局のところ、これは人間のある意味でいう“生命力”の話なのかも知れません。そう考えると、すごく皮肉でユーモラスな作品にも思えて、タランティーノのセンスを実感させられます。レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビーの他にも、アル・パチーノ、ダコタ・ファニング、オースティン・バトラーなど脇役もすごく豪華で映画ファンには堪らない作品になっています。

デート向き映画判定
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』マーゴット・ロビー

上映時間が161分という長さなので、他の予定があるデートでは組み込むのが難しいでしょうし、内容的にも濃厚なので、映画をメインにできる日のデートで観るのがオススメです。ある程度、昔活躍した俳優の名前も知っていないと、ピンとこない部分があるので、映画にあまり詳しくない人を誘うのには向いていないと思います。逆に映画好きには堪らない作品なので、映画好きカップルはぜひデートで観てください。バイオレンス描写は激しいシーンも含まれるので、そこは覚悟しましょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット

映画がすごく好きなティーンの皆さんなら、これを観る前に1960年代〜70年代くらいにヒットした作品や人気を博したスター達について、少し知識を入れておくとより楽しめると思います。シャロン・テート殺人事件についても、軽く情報を入れておくと、より周辺のキャラクター達にも興味が湧いて、この世界観に没入できるでしょう。上映時間がかなり長いので、集中力を保てる友達と観に行くことをオススメします。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ブラッド・ピット/レオナルド・ディカプリオ

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
2019年8月30日より全国公開
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP