REVIEW

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット

物語の舞台は1969年、主人公は1950年代、60年代初頭にヒットした作品で主演をはったリック・ダルトンと、彼のスタントマンであるクリフ・ブース(架空の人物)。他にロマン・ポランスキー監督や、その妻シャロン・テートなど実在の人物と、フィクションの人物が登場します。1969年8月9日に起こった、チャールズ・マンソンを信奉するカルト集団によるシャロン・テート殺人事件は今でもハリウッドの悲劇として語り継がれていますが、本作はリック、クリフ、シャロンがその日までに送った日常を描いています。ドラマではヒット作に恵まれながらも映画スターになかなかなれないリックと、スタントマンの仕事が入らず、リックの運転手として生計を立てながらトレーラーで犬と細々と暮らすクリフ。『ローズマリーの赤ちゃん』が大ヒットしノリに乗っていたロマン・ポランスキーと結婚し、女優としてもこれからというところだったシャロン・テート。リックはポランスキー夫婦の隣りの家に住んでいて、リックとクリフ、シャロンの3人は物理的には近いところにいながら、お互いにある意味すごく遠い存在であるのが印象的で、そこにさらにヒッピー集団が絡んでくることにより、ハリウッドの縮図を描く物語になっています。華々しいハリウッドが舞台になっていながら、リックとクリフの物語についてはすごく人間臭く、誰もが経験する挫折を描いている点で共感できるし、シャロンの日常にはハリウッドの輝かしい部分が投影されていて、ハリウッドという場所がどんな世界なのかが生々しく伝わってきます。途中まではノラリクラリとした流れですが、クライマックスに入って、大波乱になる展開はタランティーノ節が炸裂という感じ。観終わった後は、良い意味で呆然としてしまいますが、結局のところ、これは人間のある意味でいう“生命力”の話なのかも知れません。そう考えると、すごく皮肉でユーモラスな作品にも思えて、タランティーノのセンスを実感させられます。レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビーの他にも、アル・パチーノ、ダコタ・ファニング、オースティン・バトラーなど脇役もすごく豪華で映画ファンには堪らない作品になっています。

デート向き映画判定
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』マーゴット・ロビー

上映時間が161分という長さなので、他の予定があるデートでは組み込むのが難しいでしょうし、内容的にも濃厚なので、映画をメインにできる日のデートで観るのがオススメです。ある程度、昔活躍した俳優の名前も知っていないと、ピンとこない部分があるので、映画にあまり詳しくない人を誘うのには向いていないと思います。逆に映画好きには堪らない作品なので、映画好きカップルはぜひデートで観てください。バイオレンス描写は激しいシーンも含まれるので、そこは覚悟しましょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット

映画がすごく好きなティーンの皆さんなら、これを観る前に1960年代〜70年代くらいにヒットした作品や人気を博したスター達について、少し知識を入れておくとより楽しめると思います。シャロン・テート殺人事件についても、軽く情報を入れておくと、より周辺のキャラクター達にも興味が湧いて、この世界観に没入できるでしょう。上映時間がかなり長いので、集中力を保てる友達と観に行くことをオススメします。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ブラッド・ピット/レオナルド・ディカプリオ

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
2019年8月30日より全国公開
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2』ジャスティン・ハートリー/クリッシー・メッツ/スターリング・K・ブラウン THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから

ピアソン家の3きょうだいの過去と未来を交錯させて描く、温かい家族の物語。切なくて温かいストーリーに涙腺が刺激されます。

映画『アドリフト 41日間の漂流』サム・クラフリン サム・クラフリン

1986年6月27日イングランド生まれ。2009年にロンドンの名門演劇学校“ロンドン・アカデミーナイト・オブ・ミュージック・アンド・ドラマティック・アート(LAMDA)”を卒業後、イギリスのTVシリーズなどに出演。その後…

映画『囚われた国家』アシュトン・サンダース 囚われた国家

タイトルから社会派サスペンスというのはおわかり頂けると思いますが、そこにSF要素が入ることでより…

映画『フェアウェル』ツィ・マー ツィ・マー

1962年6月10日生まれ。香港出身の中国系アメリカ人で、カナダでも活躍中。主な出演作に『ラッシュアワー』(98)と『ラッシュアワー3』(07)、マイケル・ケインと共演した『愛の落日』…

映画『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴さんインタビュー 『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴さんインタビュー

シリーズ1作目『ケアニン~あなたでよかった~』の上映会は全国各地で行われ、1300回(2020年2月現在)を突破し、台湾や香港など海外にまで支持が拡大しています。この度、前作に引き続き本シリーズ2作目となる『ケアニン~こころに咲く花~』で主演を果たした戸塚純貴さんにインタビューをさせて頂きました。俳優さんという立場からできることはないかと考えられていて、映画作りについての思いなどもお聞きできました。

映画『サーホー』プラバース/シュラッダー・カプール “惚れた腫れた”が楽し過ぎる!インド映画特集

エネルギッシュな作品が多いインド映画ですが、その中で描かれるロマンスも情熱的。そして、「私、恋に落ちました!」「あなたが好き好き」というムードが全面的に表現される歌とダンスのシーンも観ていて爽快です(笑)。今回は、うっとりするを通り越して、笑いさえ込み上げてくる、ラブシーンが魅力のインド映画をご紹介します。

映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン フェアウェル

本作は、ルル・ワン監督自身の家族が実際に体験した出来事を描いています。2019年1月のサンダンス映画祭で、ルル・ワン監督はまだ無名だったにも関わらず、名だたる映像会社が配給権を巡り争奪戦を繰り広げ…

映画『デッド・ドント・ダイ』ダニー・グローヴァー ダニー・グローヴァー

1946年7月22日アメリカ、カリフォルニア州出身。『プレイス・イン・ザ・ハート』(84)で主要キャストに名を連ね、『刑事ジョン・ブック/目撃者』(85)、『カラーパープル』(85)などで高く評価される。“リーサル・ウェポン”シリーズは…

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー 笑ったり、驚いたり、映画館でのリアクションはOK?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3】

今回は、映画鑑賞中のリアクションについて調査しました。映画館で、おもしろいシーンや怖いシーンが出てきた時、皆さんはどんな風にリアクションしていますか?今回は、そんな映画館でのリアクションについて、自身のスタンス、周囲に求めるスタンスを聞いてみました。さらに、リアクションしながら楽しみたい編集部オススメ作品も紹介。

映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン ポップスター

14歳の時に同級生が起こした銃乱射事件に巻き込まれ、重傷を負いながらも生還したセレステは、姉のエリーと犠牲者への追悼曲を作り…

おすすめ記事

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー 笑ったり、驚いたり、映画館でのリアクションはOK?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3】

今回は、映画鑑賞中のリアクションについて調査しました。映画館で、おもしろいシーンや怖いシーンが出てきた時、皆さんはどんな風にリアクションしていますか?今回は、そんな映画館でのリアクションについて、自身のスタンス、周囲に求めるスタンスを聞いてみました。さらに、リアクションしながら楽しみたい編集部オススメ作品も紹介。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 総合ランキング>

海外30代俳優最終回は、ついに総合ランキングを発表!これまで発表した各部門ランキングの上位俳優が、…

映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 演技力部門編>

今回は俳優にとって重要な演技力部門の結果を発表します。認知度のある俳優も多いですが、皆さんはそれぞれの演技力をどう評価したのでしょうか?

映画『ボヘミアン・ラプソディ』来日、ラミ・マレック イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、海外30代俳優個性部門TOP15、ユーモア部門TOP10を発表します!30代はどんどん個性が発揮されてくる印象ですが、上位を争ったのは一体どの俳優なのでしょうか?結果に注目です!!

映画『グレイテスト・ショーマン』ザック・エフロン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外30代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外30代(1981年以降、1990年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記25名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP15&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』オースティン・ザユル 洋画あるある「ツッコミどころ編」

映画を観ていると、「何でやねん!」とツッコミを入れたくなるような、お約束と感じる設定に出くわすことがありますよね。そこで今回は、どれくらい皆さんがそう思って観ているのか調査しました!さらに、ツッコミながら楽しめる編集部オススメ作品も紹介。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは? 鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2】

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?「繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品」も紹介。

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー 女子100%共感!『スキャンダル』部活リポート

本作は、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”にまつわるスキャンダラスな実話を映画化したもので、テレビ界の帝王と呼ばれるFOXニュース・チャンネルのCEOによるハラスメント問題に対して、さまざまな立場の女性達がどう向き合うかを描いています。この度トーキョー女子映画部では本作の部活を実施。本作を観た皆さんが、女性目線でどのように感じたか、アンケート結果を発表します。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1 映画を観る前、どこまで情報を入れる?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1】

以前とある映画監督にインタビューした際、「(本当は映画を観る前に情報を入れずに)何も知らないで観て欲しい」とおっしゃっていました。トーキョー女子映画部スタッフも観る前に情報を極力入れないで観たい派なのですが、そういえば皆さんどうなんだろうと気になりました。今回のアンケートでは、映画ファンの方のスタンスはどういったタイプがあるのか調査!さらに、「何も知らずに観たら数倍楽しめる!アッと驚く編集部オススメ作品」も紹介。

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル あの人は敵?味方?転職した凄腕ジェシカの処世術がスゴい『SUITS:ジェシカ・ピアソン』部活リポート

本作は、人気海外ドラマ『SUITS/スーツ』のメインキャラクターの1人、ジェシカ・ピアソンを主人公にしたスピンオフです。今回の部活では、本家『SUITS/スーツ』を観たことがある方、ない方の両方に…

REVIEW

  1. 海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2』ジャスティン・ハートリー/クリッシー・メッツ/スターリング・K・ブラウン
  2. 映画『囚われた国家』アシュトン・サンダース
  3. 映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン
    フェアウェル

  4. 映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン
    ポップスター

  5. 映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ
  6. 映画『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴/島かおり
  7. 映画『デッド・ドント・ダイ』ビル・マーレイ/アダム・ドライバー/クロエ・セヴィニー
  8. 映画『サーホー』プラバース
    サーホー

  9. 映画『最高の花婿 アンコール』メディ・サドゥアン/アリ・アビタン/フレデリック・チョウ/ヌーム・ディアワラ/フレデリック・ベル/ジュリア・ピアトン/エミリー・カーン/エロディー・フォンタン/パスカル・ンゾンジ/サリマタ・カマテ/タチアナ・ロホ/クローディア・タグボ
  10. 映画『ハリエット』シンシア・エリヴォ
    ハリエット

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP