取材&インタビュー

バイク好き夫を持つ女性へのアドバイスがシュール過ぎ(笑)『ライドwithノーマン・リーダス』来日

  • follow us in feedly
  • RSS
Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス

2019年4月19日、『ライドwithノーマン・リーダス』新シーズン配信を記念して、ノーマン・リーダスが来日し、ファンミーティングを行いました。来場したファンにはサングラスが事前に配られており、サプライズで全員サングラスを着用してノーマンをお出迎え。その光景を前にノーマンはさっそくスマホを取り出し、会場のファンの様子を撮影していました。

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス

登壇したノーマンは、「日本は僕にとって特別の地です。今回実は日本で撮影していて、東京、京都、大阪に参りまして、非常に皆さん温かく迎えてくれてありがとうございます。日本でビックリしたのは、道が綺麗で、静かだなと思いました」と挨拶しました。

バイクの魅力については、「バイクでツーリングしている時って、まるで馬に乗ったカウボーイがいろいろな地を訪れているような感覚なんですよね。その町を肌で感じることができるし、風も肌で感じることができる。オートバイだとそういう自由な旅ができるんです。シーズン1でピーター・フォンダさんにゲスト出演して頂きましたが、彼がこんなことを言ってました。車を運転している人達を見て、“皆あんな檻の中で旅行して可哀相だね”って。結局車の中だと音楽を聴いたり、電話を見たり、そういうことをしてしまって、周囲に集中できないと。一方、バイクに乗るとそこからすぐに冒険が始まる、そういう感じが僕は好きなんです」と語りました。

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス

続いてスペインでの撮影でファンに囲まれたエピソードについて聞かれると、「ファンに囲まれるということは『ウォーキング・デッド』以前にもありました。昔撮った『処刑人』という映画があって、いろいろな理由があって劇場公開には至らなかったのですが、口コミでどんどん人気が出てきました。そのうちブロックバスターというビデオチェーンで、『タイタニック』を抜いて1位になったという経緯があったんです。『ウォーキング・デッド』でもそういう意識を持ってあたりました。『処刑人』の時もそうでしたが、これは俺達の番組なんだ、これは俺達の映画なんだという意識であたりました。ということで、ファンに囲まれることはしょっちゅうで、スペインでもそういう情景が出てきましたが、行くところ行くところファンに囲まれちゃって、それで撮影をいちいち中断するわけにはいかなくなったので、そういうファンも込みで撮影しちゃおうということになったんです。そうして番組のスタイルも少しずつ変わっていきました」と、撮影を振り返りました。

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス

シーズン2の最終話(2019年5月7日に配信)では、息子のミンガスさんも登場するということで、「このシリーズは僕の素を出しまくりです。ミンガスとはよくチェスをやっていたんです。子どもの頃から教えてて。彼はどんどん上達して、遂に僕は負けるようになっちゃって。しかもニューヨークには賞金目当てにチャレンジしてくる人がいるんですが、ミンガスはそういう男達にも勝ってしまうんです。とにかく上達が早かったんですけど、そんな思い出の公園に息子を連れていくことができたんです」と微笑ましいエピソードを聞かせてくれました。

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス
手の甲のタトゥーが気になり、パシャリ。

続いて、シーズン3のゲストについては、「結構『ウォーキング・デッド』の共演者が出てきます。スティーヴン・ユァンやジョン・バーンサルは、僕が“バイクに乗ってみない?”と言ったのがきっかけで乗るようになったり、アンドリュー・リンカーンも登場するかも知れません。ジェフリー・ディーン・モーガンは既に登場していますが、昔から仲良くさせてもらっています。アンドリュー・リンカーンは(バイクの運転が)ド下手です」と明かしました(笑)。

そして、フラッシュアンサー(聞かれてすぐ答える)の時間では、ファンからの質問に答えました。

Q:今後どんな演技をやってみたい? / A:西部劇
Q:明日人類が滅亡するとしたら何をする? / A:『サウスパーク』を観る
Q:受験勉強が辛いです?辛い時の乗り越え方は? / A:『サウスパーク』を観る
Q:人生で1番大切にしている言葉は何? / A:チョコレートをくれ、ベイビー
Q:超能力を使えるとしたら何をやりたい? / A:水中でずっとずっとずっと息を止めていたい
Q:見た目はクールだけど最高速度が40キロのバイクか、見た目が超ダサいけどものすごく速いバイクのどっちを選ぶ? / A:速いほう
Q:今日誕生日の人がこの会場にいます。今までで1番最高だった誕生日を教えて / A:このあいだの誕生日。バスタブの中に入ってた。しかも1人じゃなかった
Q:主人がハーレーに乗っていましたがバイクの楽しさがわからず、売るようにお願いしたら、本当に売ってしまいました。そんな私にバイクの楽しさを教えてください。 / A:バイクがあれば旦那さんは家から出て行ってくれるでしょ
Q:最近のマイブームは何? / A:ジャズ。チャールズ・ミンガス
Q:まだ叶えていない夢は何? / A:ウォーキング・デッドのシーズン10
Q:最近感動したことは? / A:レディーガガの映画『アリー/ スター誕生』

『サウスパーク』が好きっていうのがカワイイのと、誕生日のエピソードには会場から「ヒュー、ヒュー」という声があがってました(笑)。個人的には、旦那さんがハーレーを売ってしまった方へのアドバイスが生々しくて笑えました。ほんとユーモアたっぷり。

次にはっぴのプレゼントがありましたが、リアクションがおもしろすぎ。はっぴの前を着物みたいにピッタリ閉じて、会場がざわついたのに応えて、開けたり閉じたりでおちょくる仕草が何ともお茶目。

次に日本と言えばコレということで、「箱の中身は何だろな」ゲームを実施。またもお茶目なリアクションが見られました。

この後は抽選で当たった方がステージに上がり、ノーマンと記念撮影ができるというコーナーがあったのですが、当初5人だけ撮影できる予定だったのが、ノーマンのご厚意で相当な数の方が撮影に参加されました。本当に太っ腹!

ワイルドな雰囲気に、綺麗な顔立ち、そしてキュートな性格と、ギャップ萌え必至のノーマン・リーダス。バイクにまたがる彼は本当に素敵なので、ぜひ本作も観てみてください。

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』来日ファンミーティング:
2019年4月19日取材 PHOTO&TEXT by Myson

『ライドwithノーマン・リーダス』
シーズン1&2Huluにて配信中
シーズン3はHuluにて2019年独占配信決定
公式サイト

© 2018 AMC Film Holdings LLC. All rights reserved.

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『2分の1の魔法』ワールドプレミア、クリス・プラット、トム・ホランド、ダン・スキャンロン監督他 クリス・プラットとトム・ホランドが、兄弟の絆を語る!『2分の1の魔法』ワールドプレミア

ディズニー/ピクサー最新作『2分の1の魔法』が、3月13日に全国公開となります。そして、このたび全世界の公開に先駆け、主人公イアン役のトム・ホランドと、陽気な兄バーリー役のクリス・プラット、ダン・スキャンロン監督ら超豪華キャスト&スタッフが集結したワールドプレミアが開催!本作で描かれる兄弟の絆やアフレコの裏話を語りました。

映画『ソン・ランの響き』エン・ビン・ファット/アイザック ソン・ランの響き

ベトナムの民族楽器であるソン・ランには、「2人の男」という意味があるそうで、ユンとリン・フンがそれを象徴しているのだろうとわかります。2人は惹かれ合いますが…

映画『ダンサー そして私たちは踊った』レヴァン・ゲルバヒアニ ダンサー そして私たちは踊った

国立舞踏団で活動するダンサーのメラブが、ある青年との出会いにより変化していく物語。国立舞踏団といっても、そこで生活が賄えるわけではなく、貧しい生活を送り、限られた選択肢の中から選んだ人生を送っている様子が印象的で…

映画『名もなき生涯』アウグスト・ディール アウグスト・ディール

1976年1月4日ドイツ生まれ。1998年『23 トゥエンティースリー』でデビューを飾り、ババリアン映画祭で最優秀若手俳優賞、ドイツ映画賞で最優秀俳優賞を受賞して注目される。その後…

映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』 『サイダーのように言葉が湧き上がる』10組20名様 一般試写会ご招待

映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』10組20名様 一般試写会ご招待

映画『レ・ミゼラブル』 心理学から観る映画3:観察学習(モデリング)

動物や人間は、何かをきっかけに“学習”しますが、自分が実際に経験する以外に、他個体の行動を観察することでも学習します。これを“観察学習(モデリング)”と言います。今回は、モデリングが社会の中でどんな影響を及ぼすのか、考えてみたいと思います。

映画『初恋』大森南朋 大森南朋(おおもり なお)

1972年2月19日、東京都生まれ。父は俳優で舞踏家の麿赤児で、兄は映画監督の大森立嗣。1996年に出演したCMをきっかけに…

名もなき生涯

本作は、巨匠テレンス・マリック初の実話映画化作品です。テレンス・マリック監督といえば、とても哲学的な作品が多く、抽象的な描写も印象的ですが、今作は

映画『野性の呼び声』ワールドプレミア、オマール・シー、キャラ・ジー、ハリソン・フォード、クリス・サンダース監督、 カレン・ギラン ハリソン・フォードから日本のファンに向けた熱いメッセージも!『野性の呼び声』ワールドプレミア

ハリウッドの名優ハリソン・フォード最新作『野性の呼び声』が、2020年2月28日より全国公開。先日、ロサンゼルスのハリウッドにて、ワールドプレミアイベントが華々しく開催され、主演のハリソン・フォード他豪華キャスト&スタッフが登場しました。

映画『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』ブルース・ダーン ブルース・ダーン

1936年6月4日アメリカ、イリノイ州生まれ。女優のローラ・ダーンは娘。初期の頃は『ワイルド・エンジェル』などのロジャー・コーマン監督作品や…

おすすめ記事

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは? 映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?「繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品」も紹介。

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー 女子100%共感!『スキャンダル』部活リポート

本作は、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”にまつわるスキャンダラスな実話を映画化したもので、テレビ界の帝王と呼ばれるFOXニュース・チャンネルのCEOによるハラスメント問題に対して、さまざまな立場の女性達がどう向き合うかを描いています。この度トーキョー女子映画部では本作の部活を実施。本作を観た皆さんが、女性目線でどのように感じたか、アンケート結果を発表します。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1 映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1:映画を観る前、どこまで情報を入れる?

以前とある映画監督にインタビューした際、「(本当は映画を観る前に情報を入れずに)何も知らないで観て欲しい」とおっしゃっていました。トーキョー女子映画部スタッフも観る前に情報を極力入れないで観たい派なのですが、そういえば皆さんどうなんだろうと気になりました。今回のアンケートでは、映画ファンの方のスタンスはどういったタイプがあるのか調査!さらに、「何も知らずに観たら数倍楽しめる!アッと驚く編集部オススメ作品」も紹介。

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル あの人は敵?味方?転職した凄腕ジェシカの処世術がスゴい『SUITS:ジェシカ・ピアソン』部活リポート

本作は、人気海外ドラマ『SUITS/スーツ』のメインキャラクターの1人、ジェシカ・ピアソンを主人公にしたスピンオフです。今回の部活では、本家『SUITS/スーツ』を観たことがある方、ない方の両方に…

映画『ジャスティス・リーグ』来日ジャパンプレミア、エズラ・ミラー イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 総合ランキング>

今回はついに海外20代俳優の総合ランキングを発表!各部門ランキングと比べ、どのように変化したのかも注目です!!

映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン ドラマを観ずに、劇場版『ダウントン・アビー』を観てみた結果を発表!

世界的に社会現象を巻き起こした人気ドラマ『ダウントン・アビー』が映画化され、2020年1月10日より劇場公開されます。本作の部活では…

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス トーキョー女子映画部が選ぶ 2019年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ2019年 ベスト5を発表します!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

REVIEW

  1. 映画『ソン・ランの響き』エン・ビン・ファット/アイザック
  2. 映画『ダンサー そして私たちは踊った』レヴァン・ゲルバヒアニ
  3. 名もなき生涯

  4. 映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー
    ミッドサマー

  5. 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』千葉雄大/白石麻衣/成田凌/井浦新
  6. 映画『チャーリーズ・エンジェル』クリステン・スチュワート/ナオミ・スコット/エラ・バリンスカ
  7. 映画『影裏』綾野剛/松田龍平
    影裏

  8. 映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』大泉洋/小池栄子
  9. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ヨナス・ダスラー
  10. 映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP