取材&インタビュー

バイク好き夫を持つ女性へのアドバイスがシュール過ぎ(笑)『ライドwithノーマン・リーダス』来日

  • follow us in feedly
  • RSS
Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス

2019年4月19日、『ライドwithノーマン・リーダス』新シーズン配信を記念して、ノーマン・リーダスが来日し、ファンミーティングを行いました。来場したファンにはサングラスが事前に配られており、サプライズで全員サングラスを着用してノーマンをお出迎え。その光景を前にノーマンはさっそくスマホを取り出し、会場のファンの様子を撮影していました。

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス

登壇したノーマンは、「日本は僕にとって特別の地です。今回実は日本で撮影していて、東京、京都、大阪に参りまして、非常に皆さん温かく迎えてくれてありがとうございます。日本でビックリしたのは、道が綺麗で、静かだなと思いました」と挨拶しました。

バイクの魅力については、「バイクでツーリングしている時って、まるで馬に乗ったカウボーイがいろいろな地を訪れているような感覚なんですよね。その町を肌で感じることができるし、風も肌で感じることができる。オートバイだとそういう自由な旅ができるんです。シーズン1でピーター・フォンダさんにゲスト出演して頂きましたが、彼がこんなことを言ってました。車を運転している人達を見て、“皆あんな檻の中で旅行して可哀相だね”って。結局車の中だと音楽を聴いたり、電話を見たり、そういうことをしてしまって、周囲に集中できないと。一方、バイクに乗るとそこからすぐに冒険が始まる、そういう感じが僕は好きなんです」と語りました。

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス

続いてスペインでの撮影でファンに囲まれたエピソードについて聞かれると、「ファンに囲まれるということは『ウォーキング・デッド』以前にもありました。昔撮った『処刑人』という映画があって、いろいろな理由があって劇場公開には至らなかったのですが、口コミでどんどん人気が出てきました。そのうちブロックバスターというビデオチェーンで、『タイタニック』を抜いて1位になったという経緯があったんです。『ウォーキング・デッド』でもそういう意識を持ってあたりました。『処刑人』の時もそうでしたが、これは俺達の番組なんだ、これは俺達の映画なんだという意識であたりました。ということで、ファンに囲まれることはしょっちゅうで、スペインでもそういう情景が出てきましたが、行くところ行くところファンに囲まれちゃって、それで撮影をいちいち中断するわけにはいかなくなったので、そういうファンも込みで撮影しちゃおうということになったんです。そうして番組のスタイルも少しずつ変わっていきました」と、撮影を振り返りました。

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス

シーズン2の最終話(2019年5月7日に配信)では、息子のミンガスさんも登場するということで、「このシリーズは僕の素を出しまくりです。ミンガスとはよくチェスをやっていたんです。子どもの頃から教えてて。彼はどんどん上達して、遂に僕は負けるようになっちゃって。しかもニューヨークには賞金目当てにチャレンジしてくる人がいるんですが、ミンガスはそういう男達にも勝ってしまうんです。とにかく上達が早かったんですけど、そんな思い出の公園に息子を連れていくことができたんです」と微笑ましいエピソードを聞かせてくれました。

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス
手の甲のタトゥーが気になり、パシャリ。

続いて、シーズン3のゲストについては、「結構『ウォーキング・デッド』の共演者が出てきます。スティーヴン・ユァンやジョン・バーンサルは、僕が“バイクに乗ってみない?”と言ったのがきっかけで乗るようになったり、アンドリュー・リンカーンも登場するかも知れません。ジェフリー・ディーン・モーガンは既に登場していますが、昔から仲良くさせてもらっています。アンドリュー・リンカーンは(バイクの運転が)ド下手です」と明かしました(笑)。

そして、フラッシュアンサー(聞かれてすぐ答える)の時間では、ファンからの質問に答えました。

Q:今後どんな演技をやってみたい? / A:西部劇
Q:明日人類が滅亡するとしたら何をする? / A:『サウスパーク』を観る
Q:受験勉強が辛いです?辛い時の乗り越え方は? / A:『サウスパーク』を観る
Q:人生で1番大切にしている言葉は何? / A:チョコレートをくれ、ベイビー
Q:超能力を使えるとしたら何をやりたい? / A:水中でずっとずっとずっと息を止めていたい
Q:見た目はクールだけど最高速度が40キロのバイクか、見た目が超ダサいけどものすごく速いバイクのどっちを選ぶ? / A:速いほう
Q:今日誕生日の人がこの会場にいます。今までで1番最高だった誕生日を教えて / A:このあいだの誕生日。バスタブの中に入ってた。しかも1人じゃなかった
Q:主人がハーレーに乗っていましたがバイクの楽しさがわからず、売るようにお願いしたら、本当に売ってしまいました。そんな私にバイクの楽しさを教えてください。 / A:バイクがあれば旦那さんは家から出て行ってくれるでしょ
Q:最近のマイブームは何? / A:ジャズ。チャールズ・ミンガス
Q:まだ叶えていない夢は何? / A:ウォーキング・デッドのシーズン10
Q:最近感動したことは? / A:レディーガガの映画『アリー/ スター誕生』

『サウスパーク』が好きっていうのがカワイイのと、誕生日のエピソードには会場から「ヒュー、ヒュー」という声があがってました(笑)。個人的には、旦那さんがハーレーを売ってしまった方へのアドバイスが生々しくて笑えました。ほんとユーモアたっぷり。

次にはっぴのプレゼントがありましたが、リアクションがおもしろすぎ。はっぴの前を着物みたいにピッタリ閉じて、会場がざわついたのに応えて、開けたり閉じたりでおちょくる仕草が何ともお茶目。

次に日本と言えばコレということで、「箱の中身は何だろな」ゲームを実施。またもお茶目なリアクションが見られました。

この後は抽選で当たった方がステージに上がり、ノーマンと記念撮影ができるというコーナーがあったのですが、当初5人だけ撮影できる予定だったのが、ノーマンのご厚意で相当な数の方が撮影に参加されました。本当に太っ腹!

ワイルドな雰囲気に、綺麗な顔立ち、そしてキュートな性格と、ギャップ萌え必至のノーマン・リーダス。バイクにまたがる彼は本当に素敵なので、ぜひ本作も観てみてください。

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』来日ファンミーティング:
2019年4月19日取材 PHOTO&TEXT by Myson

『ライドwithノーマン・リーダス』
シーズン1&2Huluにて配信中
シーズン3はHuluにて2019年独占配信決定
公式サイト

© 2018 AMC Film Holdings LLC. All rights reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  2. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  3. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  4. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  5. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP