取材&インタビュー

バイク好き夫を持つ女性へのアドバイスがシュール過ぎ(笑)『ライドwithノーマン・リーダス』来日

  • follow us in feedly
  • RSS
Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス

2019年4月19日、『ライドwithノーマン・リーダス』新シーズン配信を記念して、ノーマン・リーダスが来日し、ファンミーティングを行いました。来場したファンにはサングラスが事前に配られており、サプライズで全員サングラスを着用してノーマンをお出迎え。その光景を前にノーマンはさっそくスマホを取り出し、会場のファンの様子を撮影していました。

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス

登壇したノーマンは、「日本は僕にとって特別の地です。今回実は日本で撮影していて、東京、京都、大阪に参りまして、非常に皆さん温かく迎えてくれてありがとうございます。日本でビックリしたのは、道が綺麗で、静かだなと思いました」と挨拶しました。

バイクの魅力については、「バイクでツーリングしている時って、まるで馬に乗ったカウボーイがいろいろな地を訪れているような感覚なんですよね。その町を肌で感じることができるし、風も肌で感じることができる。オートバイだとそういう自由な旅ができるんです。シーズン1でピーター・フォンダさんにゲスト出演して頂きましたが、彼がこんなことを言ってました。車を運転している人達を見て、“皆あんな檻の中で旅行して可哀相だね”って。結局車の中だと音楽を聴いたり、電話を見たり、そういうことをしてしまって、周囲に集中できないと。一方、バイクに乗るとそこからすぐに冒険が始まる、そういう感じが僕は好きなんです」と語りました。

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス

続いてスペインでの撮影でファンに囲まれたエピソードについて聞かれると、「ファンに囲まれるということは『ウォーキング・デッド』以前にもありました。昔撮った『処刑人』という映画があって、いろいろな理由があって劇場公開には至らなかったのですが、口コミでどんどん人気が出てきました。そのうちブロックバスターというビデオチェーンで、『タイタニック』を抜いて1位になったという経緯があったんです。『ウォーキング・デッド』でもそういう意識を持ってあたりました。『処刑人』の時もそうでしたが、これは俺達の番組なんだ、これは俺達の映画なんだという意識であたりました。ということで、ファンに囲まれることはしょっちゅうで、スペインでもそういう情景が出てきましたが、行くところ行くところファンに囲まれちゃって、それで撮影をいちいち中断するわけにはいかなくなったので、そういうファンも込みで撮影しちゃおうということになったんです。そうして番組のスタイルも少しずつ変わっていきました」と、撮影を振り返りました。

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス

シーズン2の最終話(2019年5月7日に配信)では、息子のミンガスさんも登場するということで、「このシリーズは僕の素を出しまくりです。ミンガスとはよくチェスをやっていたんです。子どもの頃から教えてて。彼はどんどん上達して、遂に僕は負けるようになっちゃって。しかもニューヨークには賞金目当てにチャレンジしてくる人がいるんですが、ミンガスはそういう男達にも勝ってしまうんです。とにかく上達が早かったんですけど、そんな思い出の公園に息子を連れていくことができたんです」と微笑ましいエピソードを聞かせてくれました。

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス
手の甲のタトゥーが気になり、パシャリ。

続いて、シーズン3のゲストについては、「結構『ウォーキング・デッド』の共演者が出てきます。スティーヴン・ユァンやジョン・バーンサルは、僕が“バイクに乗ってみない?”と言ったのがきっかけで乗るようになったり、アンドリュー・リンカーンも登場するかも知れません。ジェフリー・ディーン・モーガンは既に登場していますが、昔から仲良くさせてもらっています。アンドリュー・リンカーンは(バイクの運転が)ド下手です」と明かしました(笑)。

そして、フラッシュアンサー(聞かれてすぐ答える)の時間では、ファンからの質問に答えました。

Q:今後どんな演技をやってみたい? / A:西部劇
Q:明日人類が滅亡するとしたら何をする? / A:『サウスパーク』を観る
Q:受験勉強が辛いです?辛い時の乗り越え方は? / A:『サウスパーク』を観る
Q:人生で1番大切にしている言葉は何? / A:チョコレートをくれ、ベイビー
Q:超能力を使えるとしたら何をやりたい? / A:水中でずっとずっとずっと息を止めていたい
Q:見た目はクールだけど最高速度が40キロのバイクか、見た目が超ダサいけどものすごく速いバイクのどっちを選ぶ? / A:速いほう
Q:今日誕生日の人がこの会場にいます。今までで1番最高だった誕生日を教えて / A:このあいだの誕生日。バスタブの中に入ってた。しかも1人じゃなかった
Q:主人がハーレーに乗っていましたがバイクの楽しさがわからず、売るようにお願いしたら、本当に売ってしまいました。そんな私にバイクの楽しさを教えてください。 / A:バイクがあれば旦那さんは家から出て行ってくれるでしょ
Q:最近のマイブームは何? / A:ジャズ。チャールズ・ミンガス
Q:まだ叶えていない夢は何? / A:ウォーキング・デッドのシーズン10
Q:最近感動したことは? / A:レディーガガの映画『アリー/ スター誕生』

『サウスパーク』が好きっていうのがカワイイのと、誕生日のエピソードには会場から「ヒュー、ヒュー」という声があがってました(笑)。個人的には、旦那さんがハーレーを売ってしまった方へのアドバイスが生々しくて笑えました。ほんとユーモアたっぷり。

次にはっぴのプレゼントがありましたが、リアクションがおもしろすぎ。はっぴの前を着物みたいにピッタリ閉じて、会場がざわついたのに応えて、開けたり閉じたりでおちょくる仕草が何ともお茶目。

次に日本と言えばコレということで、「箱の中身は何だろな」ゲームを実施。またもお茶目なリアクションが見られました。

この後は抽選で当たった方がステージに上がり、ノーマンと記念撮影ができるというコーナーがあったのですが、当初5人だけ撮影できる予定だったのが、ノーマンのご厚意で相当な数の方が撮影に参加されました。本当に太っ腹!

ワイルドな雰囲気に、綺麗な顔立ち、そしてキュートな性格と、ギャップ萌え必至のノーマン・リーダス。バイクにまたがる彼は本当に素敵なので、ぜひ本作も観てみてください。

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』来日ファンミーティング:
2019年4月19日取材 PHOTO&TEXT by Myson

『ライドwithノーマン・リーダス』
シーズン1&2Huluにて配信中
シーズン3はHuluにて2019年独占配信決定
公式サイト

© 2018 AMC Film Holdings LLC. All rights reserved.

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

Netflix映画『ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム』エドガー・ラミレス ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム

本作は、リック・リメンダーとグレッグ・トッキーニのグラフィックノベルを原作に、『トランスポーター3 アンリミテッド』や『96時間/リベンジ』などを手掛けたオリヴィエ・メガトン監督が映画化。舞台は…

映画『SKIN/スキン』ジェイミー・ベル SKIN/スキン

本作の前に作られた短編も観ることができたのですが、短い間にドラマが凝縮されていて、この物語が伝えたいことがバシッと表現された衝撃的なラストに圧倒されました。そして、その世界に存在する…

映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル WAVES/ウェイブス

2部構成となっている本作の前半は“タイラーの罪”と題して、裕福な家庭に長男として生まれたタイラーの物語が綴られています。一家が裕福であるのは父の苦労と努力の…

映画『ルース・エドガー』ナオミ・ワッツ/オクタヴィア・スペンサー/ケルヴィン・ハリソン・Jr. ルース・エドガー

人種差別に関する映画はたくさんありますが、こういった視点のものはあまりなかったのではないでしょうか。勉強もスポーツも万能で…

水間ロン、アーティスト写真 『燕 Yan』水間ロンさんインタビュー

日本と台湾の高雄を舞台に、離ればなれになった家族がそれぞれの苦しく切ない感情を抱えながら、もがき成長する姿が描かれたヒューマンドラマ『燕 Yan』。今回は本作で初主演を飾り、さらに企画と脚本にも携わっている水間ロンさんにリモート取材させて頂きました。企画段階から本作へ参加した感想や、また、水間さん自身、中国の大連出身で、日本の大阪育ちという経歴をお持ちということで、ご自身のアイデンティティ形成についても聞いてみました。

映画『罪と女王』トリーヌ・ディルホム/グスタフ・リン 罪と女王

いや〜いろんな意味でゾッとしました。それくらいドラマチックで、映画だからこそ描ける“罪”であって欲しい衝撃的な内容です。主人公は…

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

映画『燕 Yan』水間ロン 水間ロン(みずま ろん)

1989年生まれ。中国、大連出身、大阪育ち。大学を卒業後に上京し、俳優活動を始める。主なテレビドラマ出演作に…

映画『生きてるだけで、愛。』趣里/菅田将暉 心理学から観る映画12-2:自己注目が抑うつを引き起こす

人間というものを理解しようとする時、“自己”という概念がとても重要になります。自分をどう認知しているか、自分をどう見せたいか、自分はどう見られていると思うか…など、あらゆる視点やとらえ方が、心の健康及び病に影響をもたらします。そこで今回は自己注目と抑うつの関係について考察します。

映画『未成年』キム・ヘジュン/パク・セジン 未成年

不倫の末に妊娠してしまった女性の子どもと、不倫相手の娘が高校で同級生というなさそうでありそうな…

おすすめ記事

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

映画『レヴェナント:蘇えりし者』ジャパンプレミア、レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 演技力部門編>

今回は演技力部門のランキングを発表します!これだけ演技派揃いの俳優の中でトップに輝いたのは誰だった…

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は個性・ユーモア部門のランキングを発表します。どの俳優もなかなかの個性派ですが、果たして結果はどうなったのでしょうか!?

映画『ケープタウン』来日会見、オーランド・ブルーム イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外40代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外40代(1971年以降、1980年以前の生まれ=数え年で40代)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい方を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス・セクシー部門の結果を発表します!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

REVIEW

  1. Netflix映画『ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム』エドガー・ラミレス
  2. 映画『SKIN/スキン』ジェイミー・ベル
    SKIN/スキン

  3. 映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル
  4. 映画『ルース・エドガー』ナオミ・ワッツ/オクタヴィア・スペンサー/ケルヴィン・ハリソン・Jr.
  5. 映画『罪と女王』トリーヌ・ディルホム/グスタフ・リン
    罪と女王

  6. 映画『未成年』キム・ヘジュン/パク・セジン
    未成年

  7. 映画『アンティークの祝祭』カトリーヌ・ドヌーヴ
  8. 映画『デッド・ドント・ダイ』ビル・マーレイ/アダム・ドライバー/クロエ・セヴィニー
  9. 映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ
  10. 映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン
    ポップスター

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP