取材&インタビュー

カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、フランスを代表する大女優が揃って来日『真実』

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『真実』ジャパンプレミア:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、是枝裕和監督/宮本信子、宮﨑あおい、佐々木みゆ(日本語吹き替え版)

映画『真実』来日ジャパンプレミア:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、是枝裕和監督/宮本信子、宮﨑あおい、佐々木みゆ(日本語吹き替え版)

昨年のカンヌ国際映画祭において、『万引き家族』で日本映画21年ぶりの快挙となる最高賞“パルムドール”を受賞した是枝裕和監督が、フランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュを主演にした映画『真実』を制作。そんな本作野公開日を間近にして、ドヌーヴとビノシュが来日し、監督とともに舞台挨拶を行いました。

映画『真実』ジャパンプレミア:是枝裕和監督

是枝監督は「こんな形で2人と映画を撮るなんて、撮り始めてからもまったく現実感のない夢のようなことだったんですけど、こうやって完成して3人で壇上に上がれるのが信じられないです。撮影自体も本当に楽しい時間を過ごすことができて、それが映画に映ってると思いますので、楽しんでください」とコメントしました。

映画『真実』ジャパンプレミア:カトリーヌ・ドヌーヴ

キャスティングされた時にどう思ったかと聞かれたドヌーヴは、「最初はまだ役のオファーのではなく、是枝監督をお目にかかる機会を得ました。その後、何度かお会いしまして、私のぜひ一緒に映画をやりたいという気持ちをわかってくださって、この役を頂いたんですが、私を配役して映画を考えてくださって本当に嬉しかったです」と振り返りました。現場での様子については、「最初は監督はフランス語を話さないし、私も日本語はできず、監督の通訳を介してしかコミュニケーションができなかったんですが、時間を一緒に過ごすにつれて、見た目でわかるようになってきました」と話しました。

映画『真実』ジャパンプレミア:ジュリエット・ビノシュ

是枝監督と映画を作るのが夢だったというビノシュは、「『誰も知らない』を通じて、是枝監督と出会った、発見したわけですが、監督の映画で子ども達が無邪気に描写されていて、人生のディテールが描かれている、そういった様子に私はとても感動しました。実際に監督にお会いしたところ、とても物静かですが、沈黙の中にお友達になれる友情、優しさ、鋭い観察眼を感じました。映画監督というのは、そういった耳と目のセンシビリティ、感受性が強いと思うんですけど、是枝監督はそういった資質の真髄がある方だと思います」と監督を絶賛しました。

映画『真実』ジャパンプレミア:カトリーヌ・ドヌーヴ、是枝裕和監督

全編フランスでの撮影を振り返り、是枝監督は「(撮影期間は)日本の倍の時間をかけて、ゆったり1日8時間、(1日でいうと)日本の半分くらいで撮影で、ゆっくりゆっくり同じ時間を共有しながら、映画を作っていきました。最初はそのリズム感が日本と違うので、もっと撮れるのにっていう時間があったんですが、慣れてくると撮ってない時間も含めて、同じ場所と時間を共有できたっていうことが本当に良かったなと思います」と語りました。

そして本作は日本語吹き替え版も制作されており、声を務めた宮本信子、宮﨑あおい、佐々木みゆも登壇しました。

映画『真実』ジャパンプレミア:宮本信子(日本語吹き替え版)

宮本信子は「このお話を頂いてから、一日中映画を拝見しておりました。ですから今日ドヌーヴさんとお会いして、何か懐かしい人にお会いしたような感覚があります」と挨拶。ドヌーヴという大女優の声を担当したことについては、「初めての吹き替えの仕事でした。声だけを入れるからこそ、ファビエンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)がどういう風な人物かを理解し、それをどう表現するかを考えて表現したつもりです」と述べました。

映画『真実』ジャパンプレミア:宮﨑あおい(日本語吹き替え版)

宮﨑あおいは「このお話を頂いてから、時間の許す限りこの映画を観ていて、ビノシュさんのお顔をずっとずっと観ていたので、昨日初めてお会いした時に本当に涙が出てきそうになって、固まってしまって、監督にずっと笑われて…。声を当てている間は、私はビノシュさんの気持ちを一緒に共有できていた感覚があるので、すごく幸せなお仕事でした」と喜びを表しました。

映画『真実』ジャパンプレミア:佐々木みゆ(日本語吹き替え版)

佐々木みゆは、「(声の仕事は)初めてだったんですけど、これはチャンスだと思って、頑張ってやってみたら、すごく楽しかったです」と答え、このしっかりした回答に会場が沸きました(笑)。まだ幼く可愛らしいみゆちゃんですが、強い意志を持ってお仕事をされていて、すごく頼もしいですね!

映画『真実』ジャパンプレミア:カトリーヌ・ドヌーヴ/宮本信子(日本語吹き替え版)
映画『真実』ジャパンプレミア:ジュリエット・ビノシュ、宮﨑あおい(日本語吹き替え版)

最後に是枝監督は、「映画の中に、いろんな“母と娘”を登場させて、それが娘と母に見えたり、昔の誰かと誰かの親子関係に見えたり、いろんな見え方をするように重層的に作ったつもりでいるので、そこに注目して観て頂けたらと思います」と締めました。

カトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュの競演が本当に素晴らしく、母と娘の関係性の奥深さ、温かさを感じられる作品となっています。日本語吹き替え版と両方観るのもおもしろそうですし、多くの方に楽しんで頂きたい作品です。

映画『真実』来日ジャパンプレミア:
2019年10月3日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『真実』カトリーヌ・ドヌーヴ/ジュリエット・ビノシュ/イーサン・ホーク

『真実』
2019年10月11日より全国公開
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定
ギャガ

©2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP