取材&インタビュー

カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、フランスを代表する大女優が揃って来日『真実』

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『真実』ジャパンプレミア:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、是枝裕和監督/宮本信子、宮﨑あおい、佐々木みゆ(日本語吹き替え版)

映画『真実』来日ジャパンプレミア:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、是枝裕和監督/宮本信子、宮﨑あおい、佐々木みゆ(日本語吹き替え版)

昨年のカンヌ国際映画祭において、『万引き家族』で日本映画21年ぶりの快挙となる最高賞“パルムドール”を受賞した是枝裕和監督が、フランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュを主演にした映画『真実』を制作。そんな本作野公開日を間近にして、ドヌーヴとビノシュが来日し、監督とともに舞台挨拶を行いました。

映画『真実』ジャパンプレミア:是枝裕和監督

是枝監督は「こんな形で2人と映画を撮るなんて、撮り始めてからもまったく現実感のない夢のようなことだったんですけど、こうやって完成して3人で壇上に上がれるのが信じられないです。撮影自体も本当に楽しい時間を過ごすことができて、それが映画に映ってると思いますので、楽しんでください」とコメントしました。

映画『真実』ジャパンプレミア:カトリーヌ・ドヌーヴ

キャスティングされた時にどう思ったかと聞かれたドヌーヴは、「最初はまだ役のオファーのではなく、是枝監督をお目にかかる機会を得ました。その後、何度かお会いしまして、私のぜひ一緒に映画をやりたいという気持ちをわかってくださって、この役を頂いたんですが、私を配役して映画を考えてくださって本当に嬉しかったです」と振り返りました。現場での様子については、「最初は監督はフランス語を話さないし、私も日本語はできず、監督の通訳を介してしかコミュニケーションができなかったんですが、時間を一緒に過ごすにつれて、見た目でわかるようになってきました」と話しました。

映画『真実』ジャパンプレミア:ジュリエット・ビノシュ

是枝監督と映画を作るのが夢だったというビノシュは、「『誰も知らない』を通じて、是枝監督と出会った、発見したわけですが、監督の映画で子ども達が無邪気に描写されていて、人生のディテールが描かれている、そういった様子に私はとても感動しました。実際に監督にお会いしたところ、とても物静かですが、沈黙の中にお友達になれる友情、優しさ、鋭い観察眼を感じました。映画監督というのは、そういった耳と目のセンシビリティ、感受性が強いと思うんですけど、是枝監督はそういった資質の真髄がある方だと思います」と監督を絶賛しました。

映画『真実』ジャパンプレミア:カトリーヌ・ドヌーヴ、是枝裕和監督

全編フランスでの撮影を振り返り、是枝監督は「(撮影期間は)日本の倍の時間をかけて、ゆったり1日8時間、(1日でいうと)日本の半分くらいで撮影で、ゆっくりゆっくり同じ時間を共有しながら、映画を作っていきました。最初はそのリズム感が日本と違うので、もっと撮れるのにっていう時間があったんですが、慣れてくると撮ってない時間も含めて、同じ場所と時間を共有できたっていうことが本当に良かったなと思います」と語りました。

そして本作は日本語吹き替え版も制作されており、声を務めた宮本信子、宮﨑あおい、佐々木みゆも登壇しました。

映画『真実』ジャパンプレミア:宮本信子(日本語吹き替え版)

宮本信子は「このお話を頂いてから、一日中映画を拝見しておりました。ですから今日ドヌーヴさんとお会いして、何か懐かしい人にお会いしたような感覚があります」と挨拶。ドヌーヴという大女優の声を担当したことについては、「初めての吹き替えの仕事でした。声だけを入れるからこそ、ファビエンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)がどういう風な人物かを理解し、それをどう表現するかを考えて表現したつもりです」と述べました。

映画『真実』ジャパンプレミア:宮﨑あおい(日本語吹き替え版)

宮﨑あおいは「このお話を頂いてから、時間の許す限りこの映画を観ていて、ビノシュさんのお顔をずっとずっと観ていたので、昨日初めてお会いした時に本当に涙が出てきそうになって、固まってしまって、監督にずっと笑われて…。声を当てている間は、私はビノシュさんの気持ちを一緒に共有できていた感覚があるので、すごく幸せなお仕事でした」と喜びを表しました。

映画『真実』ジャパンプレミア:佐々木みゆ(日本語吹き替え版)

佐々木みゆは、「(声の仕事は)初めてだったんですけど、これはチャンスだと思って、頑張ってやってみたら、すごく楽しかったです」と答え、このしっかりした回答に会場が沸きました(笑)。まだ幼く可愛らしいみゆちゃんですが、強い意志を持ってお仕事をされていて、すごく頼もしいですね!

映画『真実』ジャパンプレミア:カトリーヌ・ドヌーヴ/宮本信子(日本語吹き替え版)
映画『真実』ジャパンプレミア:ジュリエット・ビノシュ、宮﨑あおい(日本語吹き替え版)

最後に是枝監督は、「映画の中に、いろんな“母と娘”を登場させて、それが娘と母に見えたり、昔の誰かと誰かの親子関係に見えたり、いろんな見え方をするように重層的に作ったつもりでいるので、そこに注目して観て頂けたらと思います」と締めました。

カトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュの競演が本当に素晴らしく、母と娘の関係性の奥深さ、温かさを感じられる作品となっています。日本語吹き替え版と両方観るのもおもしろそうですし、多くの方に楽しんで頂きたい作品です。

映画『真実』来日ジャパンプレミア:
2019年10月3日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『真実』カトリーヌ・ドヌーヴ/ジュリエット・ビノシュ/イーサン・ホーク

『真実』
2019年10月11日より全国公開
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定
ギャガ

©2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

【映画館における換気実験】 映画館の空気の流れが一目瞭然!<映画館における換気実証実験>が実施

「映画館は密閉空間ではない」ということをわかりやすく理解して頂くため、専門家の指導のもと映画館内での空気の流れを“可視化”する実験が実施されました。

映画『ハニーボーイ』ノア・ジュプ ハニーボーイ

本作は、シャイア・ラブーフが“トランスフォーマー”シリーズで一躍スターの仲間入りをした後、飲酒などのトラブルを起こし、リハビリ施設で治療の一環として書き上げたという自伝的脚本を映画化したもの…

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン ジェームズ・ノートン

1985年7月18日イギリス、ロンドン生まれ。トルストイの『戦争と平和』をドラマ化したBBCのミニシリーズなどに出演して人気を博している。主な映画出演作に…

映画『ブレスレット 鏡の中の私』メリッサ・ゲール 心理学から観る映画19:あなたも知らぬ間に使ってる!?戦術的な自己呈示

「私は私のことを1番わかってる」「あなたのことは私が1番わかってる」なんてことを言ったり、考えたりすることは誰にでもありますよね。どれも正解に思えるし、どれも間違えていると思えます。それは人には表に見せている面、隠している面があるからです。そこで今回は、自己呈示について考えます。

映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』スワン・アルロー スワン・アルロー

1981年11月30日フランス、フォントネー=オー=ローズ生まれ。祖父が役者、父が舞台装置家、母が舞台監督&チーフキャスティングといった芸能一家で育つ。2010年…

映画『ジョーンの秘密』トム・ヒューズ トム・ヒューズ

1986年4月18日イギリス生まれ。2009年バーバリーのキャンペーンモデルに抜擢。アンソニー・ホプキンスやケネス・ブラナーなどの名優を送り出した王立演劇学校(=RADA)を卒業後…

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ ジーモン・モルツェ

1996年に俳優である両親の間にウィーンで生まれた。10歳でニコラウス・ライトナー監督のテレビドラマ“DIE ENTSCHEIDUNG(原題)”でデビューを果たす。その後テレビ番組“Hannas Entscheidung(原題)”(2012)“Die Freischwimmerin(原題)”…

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン 赤い闇 スターリンの冷たい大地で

物語の舞台は1933年で、ヒトラー、スターリンという名前が出てくるので戦争映画かと思いきやそうではありません。本作は、ヒトラーに取材した経験を持つ若き英国人記者ガレス・ジョーンズが…

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

映画『午前0時、キスしに来てよ』眞栄田郷敦 眞栄田郷敦(まえだ ごうどん)

2000年1月9日アメリカ生まれ。父は俳優の千葉真一、兄は俳優の新田真剣佑。2019年に映画『小さな恋のうた』で俳優デビューを飾る。また…

おすすめ記事

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『ハニーボーイ』ノア・ジュプ
  2. 映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン
  3. 映画『ジョーンの秘密』ジュディ・デンチ/ベン・マイルズ
  4. 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』浜辺美波/北村匠海/福本莉子/赤楚衛二
  5. 映画『ブレスレット 鏡の中の私』メリッサ・ゲール
  6. 映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』
  7. 映画『もったいないキッチン』ダーヴィド・グロス/塚本ニキ
  8. 映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ/ブルーノ・ガンツ
  9. 映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』林空雅
  10. 映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世

部活・イベント

  1. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  4. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  5. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
PAGE TOP