取材&インタビュー

カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、フランスを代表する大女優が揃って来日『真実』

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『真実』ジャパンプレミア:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、是枝裕和監督/宮本信子、宮﨑あおい、佐々木みゆ(日本語吹き替え版)

映画『真実』来日ジャパンプレミア:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、是枝裕和監督/宮本信子、宮﨑あおい、佐々木みゆ(日本語吹き替え版)

昨年のカンヌ国際映画祭において、『万引き家族』で日本映画21年ぶりの快挙となる最高賞“パルムドール”を受賞した是枝裕和監督が、フランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュを主演にした映画『真実』を制作。そんな本作野公開日を間近にして、ドヌーヴとビノシュが来日し、監督とともに舞台挨拶を行いました。

映画『真実』ジャパンプレミア:是枝裕和監督

是枝監督は「こんな形で2人と映画を撮るなんて、撮り始めてからもまったく現実感のない夢のようなことだったんですけど、こうやって完成して3人で壇上に上がれるのが信じられないです。撮影自体も本当に楽しい時間を過ごすことができて、それが映画に映ってると思いますので、楽しんでください」とコメントしました。

映画『真実』ジャパンプレミア:カトリーヌ・ドヌーヴ

キャスティングされた時にどう思ったかと聞かれたドヌーヴは、「最初はまだ役のオファーのではなく、是枝監督をお目にかかる機会を得ました。その後、何度かお会いしまして、私のぜひ一緒に映画をやりたいという気持ちをわかってくださって、この役を頂いたんですが、私を配役して映画を考えてくださって本当に嬉しかったです」と振り返りました。現場での様子については、「最初は監督はフランス語を話さないし、私も日本語はできず、監督の通訳を介してしかコミュニケーションができなかったんですが、時間を一緒に過ごすにつれて、見た目でわかるようになってきました」と話しました。

映画『真実』ジャパンプレミア:ジュリエット・ビノシュ

是枝監督と映画を作るのが夢だったというビノシュは、「『誰も知らない』を通じて、是枝監督と出会った、発見したわけですが、監督の映画で子ども達が無邪気に描写されていて、人生のディテールが描かれている、そういった様子に私はとても感動しました。実際に監督にお会いしたところ、とても物静かですが、沈黙の中にお友達になれる友情、優しさ、鋭い観察眼を感じました。映画監督というのは、そういった耳と目のセンシビリティ、感受性が強いと思うんですけど、是枝監督はそういった資質の真髄がある方だと思います」と監督を絶賛しました。

映画『真実』ジャパンプレミア:カトリーヌ・ドヌーヴ、是枝裕和監督

全編フランスでの撮影を振り返り、是枝監督は「(撮影期間は)日本の倍の時間をかけて、ゆったり1日8時間、(1日でいうと)日本の半分くらいで撮影で、ゆっくりゆっくり同じ時間を共有しながら、映画を作っていきました。最初はそのリズム感が日本と違うので、もっと撮れるのにっていう時間があったんですが、慣れてくると撮ってない時間も含めて、同じ場所と時間を共有できたっていうことが本当に良かったなと思います」と語りました。

そして本作は日本語吹き替え版も制作されており、声を務めた宮本信子、宮﨑あおい、佐々木みゆも登壇しました。

映画『真実』ジャパンプレミア:宮本信子(日本語吹き替え版)

宮本信子は「このお話を頂いてから、一日中映画を拝見しておりました。ですから今日ドヌーヴさんとお会いして、何か懐かしい人にお会いしたような感覚があります」と挨拶。ドヌーヴという大女優の声を担当したことについては、「初めての吹き替えの仕事でした。声だけを入れるからこそ、ファビエンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)がどういう風な人物かを理解し、それをどう表現するかを考えて表現したつもりです」と述べました。

映画『真実』ジャパンプレミア:宮﨑あおい(日本語吹き替え版)

宮﨑あおいは「このお話を頂いてから、時間の許す限りこの映画を観ていて、ビノシュさんのお顔をずっとずっと観ていたので、昨日初めてお会いした時に本当に涙が出てきそうになって、固まってしまって、監督にずっと笑われて…。声を当てている間は、私はビノシュさんの気持ちを一緒に共有できていた感覚があるので、すごく幸せなお仕事でした」と喜びを表しました。

映画『真実』ジャパンプレミア:佐々木みゆ(日本語吹き替え版)

佐々木みゆは、「(声の仕事は)初めてだったんですけど、これはチャンスだと思って、頑張ってやってみたら、すごく楽しかったです」と答え、このしっかりした回答に会場が沸きました(笑)。まだ幼く可愛らしいみゆちゃんですが、強い意志を持ってお仕事をされていて、すごく頼もしいですね!

映画『真実』ジャパンプレミア:カトリーヌ・ドヌーヴ/宮本信子(日本語吹き替え版)
映画『真実』ジャパンプレミア:ジュリエット・ビノシュ、宮﨑あおい(日本語吹き替え版)

最後に是枝監督は、「映画の中に、いろんな“母と娘”を登場させて、それが娘と母に見えたり、昔の誰かと誰かの親子関係に見えたり、いろんな見え方をするように重層的に作ったつもりでいるので、そこに注目して観て頂けたらと思います」と締めました。

カトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュの競演が本当に素晴らしく、母と娘の関係性の奥深さ、温かさを感じられる作品となっています。日本語吹き替え版と両方観るのもおもしろそうですし、多くの方に楽しんで頂きたい作品です。

映画『真実』来日ジャパンプレミア:
2019年10月3日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『真実』カトリーヌ・ドヌーヴ/ジュリエット・ビノシュ/イーサン・ホーク

『真実』
2019年10月11日より全国公開
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定
ギャガ

©2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『グッドライアー 偽りのゲーム』イアン・マッケラン イアン・マッケラン

1939年5月25日、イギリス生まれ。舞台や映像における半世紀以上のキャリアの中で、50以上の国際的な演技賞に輝く。1990年、演劇に対する優れた功績が称えられ、ナイト爵が授けられた。1996年…

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ダニエル・クレイグ/クリス・エヴァンス/アナ・デ・アルマス/ジェイミー・リー・カーティス/トニ・コレット/ドン・ジョンソン/マイケル・シャノン/キース・スタンフィールド/キャサリン・ラングフォード/ジェイデン・マーテル/クリストファー・プラマー ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

「解決も何も真相は既にわかってるし」から始まり、名探偵ぶりはどこで発揮されるんだろうと思っていたら「そこから騙されてたのか!」と…

『ダウントン・アビー』日本語吹き替え版声優 一城みゆ希さんインタビュー

世界的に大ブームを起こした海外ドラマ『ダウントン・アビー』が劇場版になり再び話題になっていますが、本シリーズでマギー・スミスが演じたバイオレット役の声優を務めた一城みゆ希さんにインタビューをさせて頂きました。一城さんのお話からも、この作品の素晴らしさが伝わってきたとともに、声優さん達の熱い思いも伝わってきました。それくらい魅力的な作品なんだと改めて感じました。

映画『サヨナラまでの30分』上杉柊平 上杉柊平(うえすぎ しゅうへい)

1992年5月18日生まれ、東京都出身。2015年にドラマ『ホテルコンシェルジュ』で俳優デビューを飾る。主な出演作に…

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ダニエル・クレイグ ダニエル・クレイグ

1968年3月2日イイギリス、チェスター生まれ。リヴァプール近郊で育ち、ロンドンのナショナル・ユース・シアターとギルドホール音楽演劇学校で学び1991年に卒業。1992年ジョン・G・アヴィルドセン監督の…

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ フォー・ライフ

シリーズのノリはそのままに、主人公の“今”に合ったストーリーになっていて、ウィル・スミスが演じるマイクと、マーティン・ローレンスが演じるマーカスの個性にも…

殺人イメージ写真AC(包丁) 心理学から観る映画1-3:犯罪と脳

先天的な理由の一つとして、脳の神経構造の研究が行われています。果たして、連続殺人犯の脳と、一般の人の脳に違いはあるのでしょうか?

映画『風の電話』モトーラ世理奈/西島秀俊 風の電話

“風の電話”は、2011年に岩手県大槌町在住の庭師である佐々木格さんが、自宅の庭に設置した電話ボックスで、東日本大震災で多くの方がお亡くなりになり、故人と…

映画『パラサイト 半地下の家族』チェ・ウシク チェ・ウシク

1990年3月26日生まれ。大韓民国、ソウル特別市出身。幼少期にカナダに移住し、学生生活を過ごす。その後韓国に戻り、2011年にテレビドラマ『チャクペー相棒ー』で俳優デビューを飾る。その後…

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』オルガ・キュリレンコ/アレックス・ロウザー 9人の翻訳家 囚われたベストセラー

巧みなトリックとどんでん返しの繰り返しで、気持ち良く騙される快感を得られます。物語は、全世界待望のミステリー小説の新刊を世界同時出版するため、9名の翻訳家がフランスの人里離れた村にある要塞のような洋館に集められるところから…

おすすめ記事

【東京コミコン2018】オープニングセレモニー、エズラ・ミラー イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 個性・ユーモア部門ランキング>

今回は、海外20代俳優の個性部門TOP20、ユーモア部門TOP15を発表!若い時から個性やユーモアが光る俳優は、今後も演技の幅をどんどん広げていきそうな気がします。注目のランキング結果はいかに!?

映画『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』ティモシー・シャラメ イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 ルックス・セクシー部門ランキング>

今回からいよいよイイ男セレクションランキング海外俳優編がスタート!まずは20代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン ドラマを観ずに、劇場版『ダウントン・アビー』を観てみた結果を発表!

世界的に社会現象を巻き起こした人気ドラマ『ダウントン・アビー』が映画化され、2020年1月10日より劇場公開されます。本作の部活では…

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス トーキョー女子映画部が選ぶ 2019年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ2019年 ベスト5を発表します!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

REVIEW

  1. 映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ダニエル・クレイグ/クリス・エヴァンス/アナ・デ・アルマス/ジェイミー・リー・カーティス/トニ・コレット/ドン・ジョンソン/マイケル・シャノン/キース・スタンフィールド/キャサリン・ラングフォード/ジェイデン・マーテル/クリストファー・プラマー
  2. 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  3. 映画『風の電話』モトーラ世理奈/西島秀俊
    風の電話

  4. 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』オルガ・キュリレンコ/アレックス・ロウザー
  5. 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』アダム・ドライバー/ジョナサン・プライス
  6. 映画『ロマンスドール』高橋一生/蒼井優
  7. 映画『キャッツ』フランチェスカ・ヘイワード
    キャッツ

  8. 映画『サヨナラまでの30分』新田真剣佑/北村匠海
  9. 映画『私の知らないわたしの素顔』ジュリエット・ビノシュ/フランソワ・シビル
  10. 映画『ジョジョ・ラビット』ローマン・グリフィン・デイビス/タイカ・ワイティティ

部活・イベント

  1. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP