取材&インタビュー

J.J.エイブラムス監督らが、本作のレジェンド達を称賛『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見:デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、アンソニー・ダニエルズ、J.J.エイブラムス監督(脚本)、キャスリーン・ケネディ(製作/ルーカスフィルム社長)、クリス・テリオ(脚本)/BB-8(ビービーエイト)、R2-D2(アールツーディーツー)、D-O(ディーオー)

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見:デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、アンソニー・ダニエルズ、J.J.エイブラムス監督(脚本)、キャスリーン・ケネディ(製作/ルーカスフィルム社長)、クリス・テリオ(脚本)/BB-8(ビービーエイト)、R2-D2(アールツーディーツー)、D-O(ディーオー)

42年にわたるスカイウォーカー家の物語が遂に本作で完結します。そんな本作の公開を目前にして、キャスト、スタッフが来日しました。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見:アンソニー・ダニエルズ

シリーズ全作に出演しているC-3PO役、アンソニー・ダニエルズは、「ミナサン、コンニチハ!私がスター・ウォーズで演じているキャラクターは、600万の言語を自在に操ります。残念ながらその中に日本語は含まれていません。また日本に戻ってこられて、本作について皆さんと語り合えることを大変嬉しく思います」と挨拶し、さっそく会場を笑いで包みこみました。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見:キャスリーン・ケネディ(製作/ルーカスフィルム社長)

ルーカスフィルムの社長で本作の製作を務めたキャスリーン・ケネディは、公開間近となった心境を聞かれると、「今回私達全員が自分達が抱えられる以上の非常に大きな責任を負っていると考えています。“スター・ウォーズ”は、42年以上にわたる神話であり、映画史上最も大事な、映画の歴史を作っている重要な一部だと思います。私達はその中に関わっていて、多くの人達がそれによって結ばれているという非常に大事な作品になっています。そして、私達全員がその一部になれたこと、その完結編を観るということをとても光栄に思っています。ここにいるJ.J.とクリスに大変感謝していますが、彼らのおかげで非常に重要なものができあがったと感じています。これをやっと皆さんと分かち合えることにワクワクしています」と、そのプレッシャーと喜びを明かしました。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見:デイジー・リドリー

“スター・ウォーズ”は自身の人生をどのように変えたのか、自身にとってどんな意味を持っているかと聞かれたデイジーは、「まず役者として数年間、しっかりと雇用されたというのには喜びもあり、こういう仕事ですので落ちつくことができました。ただこの作品に関わり始めた時にこれほどの大きな存在になるとは、おそらく自分でも想像していませんでした。自分の人生と“スター・ウォーズ”とを考えると、今は分けて考えることができません。それだけ大きな存在で、家族のような環境の中で安全にいろんなことを試すことができました。笑って、泣くこともできました。ここにいらっしゃる方々を含め、本当に素晴らしい方々と素晴らしいレガシーの一部としてこの作品に関われたことを大変光栄に思っています」と話しました。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見:オスカー・アイザック

同じ質問に対してオスカーは「この3部作に関われたことは、自分にとってとても謙虚な気持ちにさせられる経験でした。さきほどキャスリーンさんがおっしゃったように、人一人よりもこの“スター・ウォーズ”の存在は大きく、映画というものよりも実は大きいものではないかと、それくらい世界規模の文化的な現象だと思うからです。その物語に自分が貢献することができ、サーガの帰結を観ることができたというのは大変誇りに思います。そしてどんな風に人生が変わったかというと、世界中の方々と触れあう機会を得たということが一つです。こうして来日して皆さんとお会いすることもできました。それを誇りに思います」と答えました。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見:ジョン・ボイエガ

ジョンは「自分は“スター・ウォーズ”ファンだったので、この作品に参加することで、この作品に関わる前に抱いていた、一種のベールのようなものがとれたと思うんですね。それまではファンとして観ていましたが、実際にこのような作品がどのように作られていくのかという過程や作業内容を知って、大変インスピレーションを受けました。キャスリーンさん、J.J.さんがどうやってコラボレーションして、アイデアを交換して作り上げていくのかという過程も見ることができて、自分にとっては魔法のような出来事でした。私はこの映画を観たり、ゲームをしたりしていたんですけども、制作のプロセス自体はわかっていなかったので実際にそれに参加して、作品の一部になれたのは、大変素晴らしい経験です」と振り返りました。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見:デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、アンソニー・ダニエルズ、J.J.エイブラムス監督(脚本)、キャスリーン・ケネディ(製作/ルーカスフィルム社長)、クリス・テリオ(脚本)/BB-8(ビービーエイト)、R2-D2(アールツーディーツー)、D-O(ディーオー)
仲睦まじいのが伝わってきますね。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』公開直後にレイア姫を演じていたキャリー・フィッシャーが亡くなりましたが、彼女を本作に登場させることについて、監督にとってどれだけ重要だったのかを聞かれると、J.J.監督は「スカイウォーカーのサーガを終わらせるのに、レイア姫なしではできない。これが私達が思ったことです。非常に彼女の存在は重要なので、新しいキャストにしたくないし、デジタル・キャラクターを使いたくないということがありました。だから『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の時に撮りためたフッテージを使って、キャリーが出ているところを新しくしていきました。これは非常に感傷的なものでしたし、実際に人がいないという状況でシーンを作るのは奇妙な感じもしました。でも、私達皆キャラクターも好きですし、女優キャリー・フィッシャーも大好きだったんですね。やはり彼女が亡くなったことは本当に悲しいことだったんですが、フッテージを使うことでオーディエンスにとっても最後この完結作でレイア姫に出会えるので、ぜひとも皆さんに楽しんで頂きたいと思います」と、コメントしました。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見:アンソニー・ダニエルズ、R2-D2(アールツーディーツー)
アンソニーのR2-D2を見る立ち姿がやっぱりC-3POですね!

またJ.J.監督が、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』来日会見で、東京の高田馬場から惑星の名前“タコダナ”を付けたことから、今回も日本からインスピレーションを受けた要素は作品に入っているかを聞かれると、監督は「私が初めて日本に来た時に泊まったユースホステルが高田馬場にありました。今回の作品の中では、カイロ・レンのマスクがちょっと割れたりするところで金継ぎという日本の伝統技法を使っています。そういう欠陥があっても隠さずに、むしろそれを祝福するという意味があるんですね。あとレン騎士団というのが出てきますが、これは黒澤明監督の作品から影響を受けています。また、私の友達の村上隆さんもこの作品に出ています。それ以外にもデザインや、友達がちょっとバックに出ていたり、日本のスピリットというのはすごく大事にしています。私は25年前に初めて来た時から日本をずっと大好きで、子ども達もつれてきていますし、そういった意味で日本に関わりがあり、お礼を言いたいと思います」と、日本への親しみを表してくれました。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見:クリス・テリオ(脚本)

9作の一番最後という完結編を書くというのはどんな感覚だったか聞かれたクリスは「より良いアイデアのために口論するという形で書いていったわけですが、皆で部屋にいて、これがこういう風だったら良い最後だなとわかった瞬間があります。ですが、どうやってそこに至るか、至るまでのプロセスを書くのはとても大変でしたし、“スター・ウォーズ”ファンとしてとても悲しい気持ちになりました。その結末に至るような素晴らしいものを書かなければいけないという思ったわけですが、私達としてはエンディングにふさわしいストーリーが書けたと思っています。願わくは1977年にジョージ・ルーカスが始めたスピリットを受け継いだものであれば良いなと願っています」と複雑な心境だったことを明かしました。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見:J.J.エイブラムス監督

さらにJ.J.監督は「ここには大勢のライターがいらっしゃるので、書くということを議論することがいかに退屈なことかおわかりになると思います。とにかく非常に難しいプロセスであったことは間違いありません。クリスと2人でいろいろな議論を重ねて、2年をかけて、制作前からポスト・プロダクションに至るまで最高のバージョンにしようということで、私達がとても大事に思っているからこそ大変だったんですけど、大変でなかったら良いものはできないと思います。なので、そういうハードルを越えて作り上げることができました」と付け加えました。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見:BB-8(ビービーエイト)、D-O(ディーオー)
本作から登場する、BB-8の相棒のような存在D-O(ディーオー)も登壇。

本シリーズについては、ファンがいろいろな憶測をして盛り上がるのが恒例になっていますが、そういったファンのクレイジーな発想を作品に取り入れようと思ったことがあるかという質問が出ました。クリスは「いろんなファンの方の説を聞いて、私達はそれについて議論をしたりしたんです。おもしろいなと思ったし、クレイジーだし、なかなか良いものもあると思いました。でもどれも使ってはいません。J.J.も私も“スター・ウォーズ”ファンなので、脚本について話し合う時は、脚本家同士としても、ファン同士としても話します。なので、ファンがいろいろなセオリーを考えていることには気がついています。そしてここで、今まで言えなかったことを言いたいと思います。アンソニーさんはずっとこのシリーズに出演されています。彼が私にとってまたJ.J.にとって、本当の意味でのインスピレーションになってくださったんです。私が一番始めに観た“スター・ウォーズ”シリーズは、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)で、まだ本当に子どもだったんですが、その時以来ずっと彼の声が私の頭の中にありました。さきほど言った悲しさというのは、もうC-3POのセリフを書けないという悲しさもあります。これはJ.J.も同じだと思います。それほどC-3PO、アンソニーさんは、“スター・ウォーズ”シリーズのハートであり魂であったという風に思います」と話しました。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見:アンソニー・ダニエルズ、クリス・テリオ、キャスリーン・ケネディ

J.J.監督も「クリスが言ってくれてとても嬉しく思います。私達はこの舞台にレジェンドと一緒に座っています。映画の中で彼の顔は1回も見えないわけで、常にコスチュームの下にいるわけです。彼のパフォーマンス、声も彼のものなんですけど、“スター・ウォーズ”で最初に登場するキャラクターでもあるわけです。導入としてC-3POが登場していて、この映画で笑っていいんだというトーンを彼が作ってくれていて、そういうすべてを顔を隠したまま、全然見せないまま演じるというのは役者としてとても難しいと思います。なので、語り尽くせないくらいの見事な彼のパフォーマンスを讃えたいと思います」とアンソニーを称賛しました。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見:デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、アンソニー・ダニエルズ、J.J.エイブラムス監督(脚本)、キャスリーン・ケネディ(製作/ルーカスフィルム社長)、クリス・テリオ(脚本)/BB-8(ビービーエイト)、R2-D2(アールツーディーツー)、D-O(ディーオー)

「これで終わっちゃうのか〜」とファンだけでなく、スタッフ、キャストもいろいろな思いを抱えているんだなとしみじみと感じた会見でした。J.J.エイブラムス監督は、「ILMの最高のVFXになっていると思います」とも語っていましたが、映像や迫力はもちろん、ストーリー、キャラクター…すべてにフォースが込められた本作、ぜひ大きなスクリーンで堪能してください!

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見:
2019年12月12日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』キャリー・フィッシャー/マーク・ハミル/アダム・ドライバー/デイジー・リドリー/ジョン・ボイエガ/オスカー・アイザック/アンソニー・ダニエルズ/ナオミ・アッキー/ドーナル・グリーソン/リチャード・E・グラント/ルピタ・ニョンゴ/ケリー・ラッセル/ヨーナス・スオタモ/イアン・マクダーミド/ビリー・ディー・ウィリアムズ

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』
2019年12月20日より全国公開
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

映画『日本独立』小林薫 小林薫(こばやし かおる)

1951年9月4日、京都府生まれ。1971年から80年までの間、唐十郎主催の状況劇場に…

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ キル・チーム

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化…

映画『青い、森』田中偉登 田中偉登(たなか たけと)

2000年1月24日生まれ、大阪府出身。2012年に『宇宙兄弟』で映画デビュー。以降…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン KCIA 南山の部長たち

1979年10月26日、韓国のパク・チョンヒ(朴正煕)大統領は、自らの側近だった中央情報部(通称:KCIA)の部長キム・ジェギュ(金載圭)に殺害…

映画『青い、森』門下秀太郎 門下秀太郎(かどした しゅうたろう)

1998年9月11日、長崎県生まれ。2016年、第3回SonyMusic×smart オーディションで…

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  2. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  3. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  4. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  5. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  6. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  7. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  8. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  9. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  10. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

PAGE TOP