取材&インタビュー

“1作目制作当時はB級アクション映画の扱いだった”シュワルツェネッガーが振り返る『ターミネーター:ニュー・フェイト』来日

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』来日記者会見:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナ

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』来日記者会見:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナ

『ターミネーター:ニュー・フェイト』の日本劇場公開目前の2019年11月5日、本作のメインキャストが揃って来日しました。アーノルド・シュワルツェネッガーは、「東京に戻ることができて大変嬉しく思っています。私はボディビルのチャンピオンとして1972年から日本に来ており、エクササイズを皆さんにお披露目してきました。それ以降も映画のプロモーションや休暇で来たり、おもしろいCMにも参加させて頂いてます。そして毎回帰る際には”I’ll be back!”と言っています。毎回来させて頂いているのは、それほど日本が大切な市場だということを認識しているからです。本当に日本には素晴らしい映画ファンがいらっしゃるので、映画のPRにくる度に楽しい滞在をさせて頂いてます。そしてこのように素晴らしいキャストの方と来られたことを嬉しく思っています」と挨拶しました。

リンダ・ハミルトンは、「私は来日2度目になります。初めて来たのは、『タイタニック』のワールドプレミアでした(当時の夫ジェームズ・キャメロン監督に同行)。今回私が再来日するのに、すごく良いタイミングだと思っています。これから何度も日本を訪れたいと思っていますが、次回はツーリストとしていろんなところに行きたいです。皆さんご招待頂きましてありがとうございます」と、笑顔を見せました。

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』来日記者会見:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン

アーノルドとリンダが”ターミネーター”シリーズで再共演し、揃って来日するという、ファンにはたまらない状況が今回実現しましたが、そのことについて聞かれたシュワルツェネッガーは「この映画は、私達が誇りを持ってご紹介させて頂くものとなっています。ジェームズ・キャメロンが新しいストーリーを作り、素晴らしい作家達が実行し書き起こし、素晴らしい監督であるティム・ミラーがこの作品を監督しました。これはとても複雑で難しい作品なんですが、ティム・ミラー監督が個々の演技を深く掘り返し、必要なスタント、アクション、VFX、SFXに関しても、深い理解を持っていることによって、この規模のスコープを理解して、皆誇りに思って、ぜひ皆さんにご覧頂きたい作品として、日本で紹介できることを嬉しく思います」と話しました。

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』来日記者会見:リンダ・ハミルトン

リンダは「今回アーノルドと一緒に日本に来られて本当に嬉しく思っています。35年来の友情を培ってきて、そこには信頼があるわけですね。またお互いに遊べる自由があるところもあると思います。これほど長い間こういう形で一緒にできる方はなかなかいません。そういう意味でさらに信頼が広がっていき、お互いにユーモアも増えていったと思います。そういった2人の間にある歴史がそういうことを可能にしたのだと思います」と振り返りました。

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』来日記者会見:ガブリエル・ルナ

今回新たに参加し、最新最強のターミネーターREV-9を演じたガブリエルは、「本当に小さい頃から”ターミネーター”の大ファンでした。こうして参加できるのは夢が叶ったような気持ちです。”ジャーニー”というバンドのボーカリストが亡くなって、後継者を探していた際に、ジャーニーのものすごくファンだという方がリードシンガーになったという例があるんですね。自分もそれと同じような気持ちがしています。すごく熱いファンだからこそ、ターミネーターをやる機会を与えられたような気がするし、嘘みたいに思うと同時にすごく感謝の気持ちでいっぱいです。さきほどリンダさんがおっしゃったように、アーノルドさんとリンダさんのお2人の友情を、この目で目撃できたこと、そして彼らの素晴らしい仕事ぶりを観ているだけでいろいろなことを吸収し、学びになったことが素晴らしい体験でした」と感動を言葉にしました。

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』来日記者会見:マッケンジー・デイヴィス

マッケンジーは、「このシリーズに参加できたことは喜びの一言につきます。特にこの作品のリンダさん、アーノルドさんが育んできた歴史を継承していく作品でもありますし、そういう作品に彼らとともに共演できたということが素晴らしい体験でした。もちろんサラ・コナーの強い、いつまでも時間と戦い続ける女性像にいつも感銘を受けていましたし、その物語に参加できたことも等しく喜びですし、またティム・ミラー監督とご一緒できたことも本当に素晴らしかったです。彼はビジュアル面で、例えばVFX、SFX、スタントといったことにとても才能があると同時に、キャラクターというものを非常にみて映画を作られています。ターミネーターは、1本目と”T2”を観るにつけ、やはりキャラクターとストーリーに対するフォーカスの精度みたいなものがこれらの作品を特別なものにしていたと思うので、それをテンプレートにして私達もこの素晴らしい作品を作ることができました」と話しました。

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』来日記者会見:ナタリア・レイエス

ナタリアは「この映画に参加できたことはギフトであり、とても光栄なことでした。世界的に有名な大きなシリーズで、私の故郷から遠く離れた国でも非常に皆さんに愛されている、非常に大切なストーリーであり、現在でも有意義なストーリーに参加できて光栄に思っています。そして素晴らしいキャストとご一緒できました。特にアーノルドとリンダは伝説的な方々ですが、伝説の役柄の裏にある人間に直接会えて、彼らの自己抑制の高さ、そしてものすごく自分達のパワーを意識している、その意識の高さ、それをより良いことに使おうという意志の高さにも感銘を受けました。今回自分がラテン系の人間としてこのシリーズに参加しているという責任も感じているんですね。多様性ということで、今ハリウッド映画はどんどん変わってきているということで、いろいろな人に入る余地があるということを示していると思います」と、本作へのさまざまな思いを語りました。

アーノルドはリンダについて、「疑う余地もなく、リンダは歴史を築きました。彼女は1984年(『ターミネーター』1作目)に、女性のアクションヒーロー像というとても高い基準を設けられた方です。1991年(『ターミネーター2』)、その高い水準をさらなる高みに持っていかれました。またアクションに関しては、リンダが見せてくれたような迫力と質の高い、説得力のあるアクションをそれまで目にしたことはなかったと思います。ということから、ジェームズ・キャメロンが新しいストーリーを作った時、リンダ・ハミルトンを復帰させるということにリスクがあったんですね。『ターミネーター2』で彼女が作り上げた非常に高い質のものを28年近く経ってまたあの高い基準に到達できるのか、ということになるからです。でも結果として私は彼女に圧倒されました。非常に大きなアクションシーンで彼女の姿を観て、”信じられない!”と思いました。まさに期待した水準を遥かに超えたもので、60歳という年齢であの見事な、普通ではない、素晴らしい動きを見せ、筋肉も蓄え、武器などもプロのように操り、軍事的なトレーニングもすべて行いながら、献身的に先進的に彼女は準備を整えていました。その彼女の姿勢が私達に素晴らしいインスピレーションを与えてくれました。これはあまり言いたくないんですが、今回彼女があまりにも重要な資産になっているので、過去の”ターミネーター”作品すべてに彼女が出ていなかったことは間違いではなかったかと思います」と大絶賛しました。

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』来日記者会見:リンダ・ハミルトン

リンダは難しかったシーンについて、「”I’ll be back”というセリフを言うシーンが本当に難しかったです。35年間、私の頭の中であの言葉はアーノルドの声で響いているわけです。なので、何度も何度もトライしましたが、言う度に監督から”ダメ。アーノルドみたいだ”と言われました(笑)」と振り返りました。こういった話しぶりからも、リンダのチャーミングな面がすごく伝わってきました。ワイルドだけどエレガント、そしてチャーミングな方で、人としてめちゃめちゃカッコ良いなと思いました。だからサラ・コナーもめちゃめちゃカッコイイんだなと納得です!

ガブリエルは感動的だったシーンについて、「アーノルドさんの手の大きさを見てください。僕の頭ほどあるんですよね。その手で何度も何度も殴られて、僕はタフで何の影響も受けていないという演技をしなければいけないんだけど、頭の中では本当に童心に返って、楽しくて楽しくて仕方がない瞬間でした」と、ファンとしても興奮した共演シーンを振り返りました。

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』来日記者会見:アーノルド・シュワルツェネッガー

また1作目が作られた時、これほどの作品になると思っていたかと聞かれたアーノルドは、「1作目を作った時点で、誰もこれだけこのシリーズが長くなると思っていなかったと思います。当時これはとても小さな作品、B級アクション映画として考えられていました。スタジオにとっても主要な作品ではなく、これを制作することに恥ずかしさを感じていたかも知れません。ただ、編集段階に入ると、その内容を観て、スタジオ側も圧倒されて、批評家達も圧倒されました。そして実際にこの作品はタイム誌の1年間のトップ10に入りました。1作目の公開で需要が高まり、作品のあまりの人気から、実際に『ターミネーター2』が作られたわけですが、1990年にジェームズ・キャメロンがもう1作作ろうということで手掛けられました。ですので、当時は誰もこのような形でシリーズ化され、6作品も作られるとは想像していませんでしたし、私自身は4作目の時はカリフォルニア州知事をやっていたので参加していませんけどね。また、私はこのシリーズにとても影響を受けています。1作目に出た当時の私はアクション映画で主演をする役者になろうとしている段階で、『コナン・ザ・グレート』やその2作目に出ていました。映画というのは、観客の皆さんが認めてくださることが重要だと思うんですね。観客の皆さんが観て欲してくださることで、私自身このような大成功を遂げているようなシリーズに関わることができ、感謝しています。そしてジェームズ・キャメロンにも感謝したいと思います。彼が私を信頼してくださり、私が1作目でターミネーターを演じるように説得してくださったんです。当時私はターミネーターには関心はなくて、1作目のカイル・リースを演じたかったんですけど、ジェームズ・キャメロンの説得により、ターミネーターを演じることになりました。これもジェームズ・キャメロンの素晴らしいビジョンのおかげだと感謝しています」と、本シリーズの裏話を披露してくれました。

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』来日記者会見:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナ

最後に、「過去に戻れるとしたら何か変えたいことはありますか?」という質問に対してリンダは、「1984年の『ターミネーター』の時の私(サラ・コナー)の髪型を変えたいです(笑)」と答え、会場に笑いを呼びました。続けて「さかのぼれるのであれば、2016年の今の大統領(トランプ大統領)の選挙をやり直したいです」と答えました。

アーノルドは、「戻れるなら、100年くらい前の時代の人々に、原油とか化石燃料をあまり使わないように説得をしたいと思います。今私達が使っている燃料のせいで、700万人の人々が命を落としていたり、温室ガスを発生させていたり、水を汚染させたり、環境へとてつもないダメージを与えています。私達が燃料というものを見る時に、電動自動車だったり、水素で走る車なり、可能性を持っていければと思います」と環境問題に取り組んでいる活動家としての一面を覗かせました。

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』来日記者会見:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン

シュワルツェネッガーとリンダ・ハミルトンが揃った姿や、本作で新しい風を吹き込んだ3人のキャストを目にして、いち映画ファンとしても感動的な記者会見でした。本シリーズは運命を変えるために戦うストーリーですが、今日のお話から、出演者や制作者達の運命にも大きな影響があったんだなと改めて感じ、本シリーズが映画史に与えた影響の大きさを実感しました。その中でも本作は、本シリーズでまた節目となる作品になっています。これは見逃すわけにはいきませんね。

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』来日記者会見:
2019年11月5日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』アーノルド・シュワルツェネッガー/リンダ・ハミルトン/マッケンジー・デイヴィス/ナタリア・レイエス/ガブリエル・ルナ/ディエゴ・ボネータ

『ターミネーター:ニュー・フェイト』
2019年11月8日より全国公開
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ エジソンズ・ゲーム

本作は、まだ炎で灯りを付けていた時代に“電流戦争”で火花を散らした、トーマス・エジソンとジョージ・ウェスティングハウスの物語…

映画『サムライマラソン』長谷川博己 長谷川博己(はせがわ ひろき)

1977年3月7日、東京都生まれ。舞台“カリギュラ”“ヘンリー六世”“海辺のカフカ”などに出演し、2011年に『鈴木先生』で民放連続ドラマ初主演を飾る。その後…

映画『許された子どもたち』内藤瑛亮監督インタビュー 『許された子どもたち』内藤瑛亮監督インタビュー

初の長編映画『先生を流産させる会』が物議を醸し、その後も『パズル』『ライチ☆光クラブ』『ミスミソウ』など、犯罪に手を染めてしまう少年少女をテーマとした作品を手掛け、このたび8年ぶりに自主映画『許された子どもたち』を制作した内藤瑛亮監督にリモート取材をさせて頂きました。本作を自主制作した経緯や、デリケートなテーマを扱う上で気を付けていることなどをお聞きしました。

映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン ポップスター

14歳の時に同級生が起こした銃乱射事件に巻き込まれ、重傷を負いながらも生還したセレステは、姉のエリーと犠牲者への追悼曲を作り…

映画『お名前はアドルフ?』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/クリストフ=マリア・ヘルプスト/ユストゥス・フォン・ドホナーニ/カロリーネ・ペータース お名前はアドルフ?

物語の舞台はドイツにある一軒家。学校の教師であるエリザベトと、哲学者で文学教授の夫シュテファンの家…

映画『七つの会議』野村萬斎 野村萬斎(のむら まんさい)

1966年4月5日、東京都生まれ。東京芸術大学音楽学部卒業。狂言師で、重要無形文化財総合指定者。「狂言ござる乃座」主宰。人間国宝の祖父である故六世野村万蔵と父の万作に師事し…

映画『15年後のラブソング』クリス・オダウド クリス・オダウド

1979年10月9日、アイルランド生まれ。ライブの舞台から映画、テレビなどで活躍する作家兼パフォーマー。2012年に出演した『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』での演技が評価され…

映画『レヴェナント:蘇えりし者』ジャパンプレミア、レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 演技力部門編>

今回は演技力部門のランキングを発表します!これだけ演技派揃いの俳優の中でトップに輝いたのは誰だった…

映画『ザ・サークル』エマ・ワトソン 心理学から観る映画12-1:自分への誹謗中傷を無視できない理由

インターネットやSNSが普及してから、誹謗中傷を原因とする自殺が社会問題の1つに加わりました。「傷付く可能性がわかっているなら、ネットやSNSを見なければ良い」という考えの人もいますが、それがわかっていても見てしまうのは、なぜなのでしょうか?

映画『15年後のラブソング』ローズ・バーン/イーサン・ホーク/クリス・オダウド 15年後のラブソング

交際15年の事実婚カップルにだって、何があるかわからない!本作に登場するアニー(ローズ・バーン)とダンカン(クリス・オダウド)は一見平穏に暮らすカップル。でも…

おすすめ記事

映画『レヴェナント:蘇えりし者』ジャパンプレミア、レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 演技力部門編>

今回は演技力部門のランキングを発表します!これだけ演技派揃いの俳優の中でトップに輝いたのは誰だった…

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ渦のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ渦の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は個性・ユーモア部門のランキングを発表します。どの俳優もなかなかの個性派ですが、果たして結果はどうなったのでしょうか!?

映画『ケープタウン』来日会見、オーランド・ブルーム イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外40代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外40代(1971年以降、1980年以前の生まれ=数え年で40代)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい方を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス・セクシー部門の結果を発表します!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

「勝手にキャスティング企画!」ということで、あの名作をリメイクするとしたら誰をキャスティングしたら良いか、皆さんと妄想してみました。第1回は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。主人公マーティ・マクフライと、ドクことエメット・ブラウン博士は、誰が演じるのが良いか、俳優の名前とキャスティング理由を挙げて頂きました。

映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン 映画好き女子が選んだ“私のベストワン韓国映画”特集2020春

韓流ドラマ、K-POPと、韓国発のエンタテインメントは根強い人気です。そして、韓国映画にも名作がたくさんあります。そこで今回は、これまで劇場公開された作品で、正式部員の皆さんがそれぞれにベスト1だと思う映画を投稿して頂きました…

REVIEW

  1. 映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ
  2. 映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン
    ポップスター

  3. 映画『お名前はアドルフ?』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/クリストフ=マリア・ヘルプスト/ユストゥス・フォン・ドホナーニ/カロリーネ・ペータース
  4. 映画『15年後のラブソング』ローズ・バーン/イーサン・ホーク/クリス・オダウド
  5. 映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』シアーシャ・ローナン/ティモシー・シャラメ
  6. Netflie映画『ラブバード』イッサ・レイ/クメイル・ナンジアニ
    ラブバード

  7. 映画『燕 Yan』水間ロン/山中崇
    燕 Yan

  8. Netflix映画『僕のミッシー』デヴィッド・スペード/ローレン・ラプカス
    僕のミッシー

  9. Netflix映画『オールデイ・アンド・ア・ナイト:終身刑となった僕』ジェフリー・ライト/アシュトン・サンダース
  10. Netflix映画『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』リーア・ルイス

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP