イイ男セレクション

岸部一徳(きしべ いっとく)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『轢き逃げ -最高の最悪な日-』岸部一徳

1947年京都府生まれ。1967年にGS“ザ・タイガース”のメンバーとしてデビュー。1990年に映画『死の棘』(小栗康平監督)で第14回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。近年の主な映画出演作に『舞妓はレディ』『FOUJITA』『団地』『アウトレイジ 最終章』『北の桜守』などがあり、ドラマでは『医龍-Team Medical Dragon-』シリーズ、『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズ、『99.9-刑事専門弁護士-』シリーズなどに出演している。

イイ男セレクション/出演作

『炎の肖像』『天使を誘惑』『スローなブギにしてくれ』『えきすとら』『だいじょうぶマイ・フレンド』『細雪』『時をかける少女』『ときめきに死す』『お葬式』『さびしんぼう』『ひとひらの雪』『花いちもんめ。』『必殺! III 裏か表か』『キネマの天地』『首都消失』『吉原炎上』『ゴルフ夜明け前』『その男、凶暴につき』『死の棘』『大誘拐 RAINBOW KIDS』『天河伝説殺人事件』『ふたり』『あいつ』『女殺油地獄』『青春デンデケデケデケ』『はるか、ノスタルジィ』『僕らはみんな生きている』『水の旅人 侍KIDS』『病院で死ぬということ』『帰って来た木枯し紋次郎』『教祖誕生』『マークスの山』『EAST MEETS WEST』『あした』『風のかたみ』『八つ墓村』『いちご同盟』『ご存知!ふんどし頭巾』『D坂の殺人事件』『鮫肌男と桃尻女』『39 刑法第三十九条』『お受験 OJUKEN』『ざわざわ下北沢』『顔』『長崎ぶらぶら節』『五条霊戦記 GOJOE』『新・仁義なき戦い』『青の瞬間』『真夜中まで』『陰陽師』『助太刀屋助六』『チキン・ハート』『ぼくんち』『ぷりてぃ・ウーマン』『ゲロッパ!』『座頭市』『東京原発』『ラブドガン』『69 sixty nine』『ミラーを拭く男』『娘道成寺 蛇炎の恋』『ニワトリはハダシだ』『ヴィタール』『レディ・ジョーカー』『火火』『埋もれ木』『いつか読書する日』『亡国のイージス』『寝ずの番』『フラガール』『暗いところで待ち合わせ』『犬神家の一族』『バッテリー』『アルゼンチンババア』『22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語』『HERO』『象の背中』『転々』『犬と私の10の約束』『相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン』『カメレオン』『ハッピーフライト』『GSワンダーランド』『大阪ハムレット』『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』『のんちゃんのり弁』『BOX 袴田事件 命とは』『十三人の刺客』『信さん・炭坑町のセレナーデ』『相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜』『まほろ駅前多田便利軒』『大鹿村騒動記』『天地明察』『少年H』『上京ものがたり』『共喰い』『人類資金』『舞妓はレディ』『まほろ駅前狂騒曲』『ゆずり葉の頃』『FOUJITA』『団地』『TAP THE LAST SHOW』『アウトレイジ 最終章』『北の桜守』『空飛ぶタイヤ』『轢き逃げ -最高の最悪な日-』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

出ているだけで安心感。間違いない(笑)。

Recommended by Myson

©2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
©2019映画「轢き逃げ」製作委員会

from 2018/6/6

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

映画『ある町の高い煙突』渡辺大 渡辺大(わたなべ だい)

1984年8月1日東京都生まれ。2002年に『新春ワイド時代劇壬生義士伝』で俳優デビュー後、テレビドラマ、映画で活躍。2018年には…

映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク 神と共に 第二章:因と縁

第一章から語られている概念は共通していながら、視点がガラリと変わって、本作のほうが人間のダークな面にフォーカスした内容になっています。でも、だからこそ人間味が感じられるストーリーになっていて…

映画『きみと、波にのれたら』 きみと、波にのれたら

爽やかな青春ラブストーリーという枠に留まらず、予期せず辛い経験をした若いカップルが心に大きな傷を抱えながら、それを…

映画『アラジン』メナ・マスード メナ・マスード

1992年エジプト生まれ、カナダで育つ。ライアソン大学の演劇プログラムを卒業後、テレビシリーズ『ニキータ』や『コンバット・ホスピタル 戦場救命』などのドラマや短編映画など…

映画『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー 『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー

今回は実際に日立鉱山で起きた出来事を映画化した『ある町の高い煙突』で、キーパーソンとなる加屋淳平役を演じた渡辺大さんにインタビューをさせて頂きました。今回の役柄についてや、俳優という職業について、お話を伺いました。

映画『新聞記者』北村有起哉 北村有起哉(きたむら ゆきや)

1974年4月29日、東京都生まれ。1998年に舞台“めざめ”と映画『カンゾー先生』でデビュー。以降、舞台と映像の両方で活躍中。劇団☆新感線の“メタルマクベス”や…

おすすめ記事

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

東京国際映画祭レッドカーペット『カメラを止めるな!』 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【国内編】

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第2弾!今回は映画好き女子が信頼を寄せる日本の映画賞と映画祭について、結果を発表します!

第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【世界編】

今回はカンヌ国際映画祭の時期にちなんで、国内、海外で開催される数々の映画祭・映画賞についてのアンケートを行いました。今回はその第1弾として、映画好き女子が信頼を寄せる映画祭やアメリカの映画賞についての結果を発表します!

REVIEW

  1. 映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク
  2. 映画『きみと、波にのれたら』
  3. 新聞記者

  4. クリス・ヘムズワース/テッサ・トンプソン
  5. 映画『ザ・ファブル』岡田准一/木村文乃/山本美月
    ザ・ファブル

  6. 映画『パピヨン』チャーリー・ハナム/ラミ・マレック
    パピヨン

  7. 映画『ある町の高い煙突』井手麻渡/渡辺大
  8. 映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン
  9. 映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』ソフィー・ターナー/ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/ジェシカ・チャステイン/ニコラス・ホルト/エヴァン・ピーターズ/コディ・スミット=マクフィー/アレクサンドラ・シップ/タイ・シェリダン
  10. 映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』二宮慶多/水野哲志/奥村門土/中島セナ

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP