取材&インタビュー

『メモリーズ・オブ・サマー』アダム・グジンスキ監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『メモリーズ・オブ・サマー』アダム・グジンスキ監督インタビュー

「子どもは生まれた時から完全に親を頼り切って生きる。でも100%信頼している親を、果たして信頼し続けて良いんだろうか」という監督が抱いた疑問がきっかけとなった本作。キャラクター設定がすごく綿密な印象の作品ですが、今回監督の意図が詳しくお聞きできて、なるほどと思うことばかりでした。

<PROFILE>
アダム・グジンスキ
1970年生まれ、ポーランドのコニン出身。ウッチ映画大学でヴォイチェフ・イエジー・ハスの指導を受け、1996年に短篇“Pokuszenie”を発表。1998年には、父親のいない少年を主人公にした短編“ヤクプ Jakub”がカンヌ国際映画祭学生映画部門で最優秀映画賞を受賞したほか、数々の映画祭で受賞する。短篇“Antichryst”(2002)を手がけた後、2006年、初の長編映画“Chlopiec na galopujacym koniu”を発表し、作家の男とその妻、7歳の息子の静かなドラマを描いたこのモノクロ映画は、カンヌ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門に正式出品された。

親のエゴに気付いた子どもはどうなる?

映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ

マイソン:
子どもと大人の狭間と言えば、12歳はもちろん、15歳、17歳もある意味狭間かなと思いますが、主人公の年齢を12歳にした理由は何ですか?

アダム・グジンスキ監督:
おっしゃる通り、12歳は大人と子どもの中間ですが、それより少し上の年齢でないということは、まだ自分の考えというものを言葉で表現できない、あるいは、ある種の大人の難しいテーマや、大人の感情というものにまだ対峙できない年齢であるということです。つまり、彼は黙っていることになるわけで、自分の問題を名指しすることができないんですね。そのことがこの映画のテーマであって、夏休みの間に彼は急速に大人になっていき、初めてお母さんに対峙できる状態になっていくんです。もし主人公があと2歳年齢が上だったら、「なんで、お母さん夜出かけて行くの?誰と会ってるの?」って母親にはっきり聞いたと思うんですよ。でも、彼はまだ実際に何が起きているのか、100%理解できてない。何か悪いことが母親に起きていて、家に父親がいないことを巡って、母親と父親の関係が何か悪いシチュエーションになっていることはわかっているんですけど、それを名指しできない年齢ということで12歳にしました。

映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ

マイソン:
なるほど!冒頭シーンでかなり引き込まれたのですが、最初の段階からあのシーンにすると決めていたのでしょうか?もしくは、編集していく上で、組み立てていったのでしょうか?

アダム・グジンスキ監督:
シナリオを書いた時から考えていました。強烈な出だしにしたいと思ったんです。例えば、お母さんと子どもが自転車に乗って田園風景を走っているところから始めてもかまわないわけですけど、ああいうシーンで始まることによって、何かが最後に起きるということを観客に予想させることができます。あまりにも強烈に何かを押しつけ過ぎる、何かを強く約束してしまうので、ある種のリスクではあるんですけどね。でも、とにかく一旦そうやって始めておいて、その中でどれだけのことを物語ることができるか、自分に対して、一種の課題を押しつけてみたわけです。観客に対する約束を守るようにするにはどうすれば良いか、自分の課題をはっきりさせるために、ああいう冒頭にしました。

マイソン:
次にキャラクターについてお伺いしたいのですが、マイカという少女ついて、こだわりや注意した点はありますか?

映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキほか

アダム・グジンスキ監督:
マイカは、主人公の少年に深い感情的な関係を結ぶことができるんじゃないかと期待を抱かせた存在です。彼女のほうが少し年長ですから、彼女との結びつきは必ずしも自然ではありません。もしかしたら彼女は、自分より年長の男性で、もっと危険なニオイのする男のほうに惹かれていくかも知れないわけです。そのことは、主人公の母親の振る舞いの反映でもあるわけで、このマイカという存在を通して、主人公の女性全体に対する見方が急速に変わっていきます。母親に対して彼は思うように言いたいことが言えないんですが、マイカに対しては自分の言いたいことをかなりドラスティックに表現します。それは本当は自分が母親に対して言いたいことなのかも知れないし、家の中で何か起きているっていうことが、マイカとの関係に対してもやはり影響してくる。そういう重ね合いを狙いました。

マイソン:
劇中で“お母さんがどんどん綺麗になっていく”様子が描かれていましたが、こういったお母さんの変化は、息子の立場からしてどういう心境なのでしょうか?やっぱり複雑な心境ですよね(笑)。

映画『メモリーズ・オブ・サマー』アダム・グジンスキ監督インタビュー

アダム・グジンスキ監督:
もしも母親が綺麗になっていく理由が父親以外の男性だったら、これは子どもにとって非常に辛い状況ですよね。この場合、母親が自分の中に眠っている女性性を自分自身で発見して、より女性らしくなっていきます。つまり夫に開拓できない女性性を、別の男性がきっかけで発見していくわけですから、主人公の少年も何となくそれを感じているわけです。でも彼はそういう母親に対して忠実でないといけないと思っていると同時に、父親に対しても忠実でなければいけないと思っているんです。結局彼は板挟みになって、それぞれの親が自分のエゴのために彼を使っていたというか、両親の思うように自分がなるよう望まれていたっていうことに気付いて、彼自身も絶望的な気持ちになっていく、そういうことだと思います。

2019年4月26日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ/ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ

『メモリーズ・オブ・サマー』
2019年6月1日より全国順次公開
監督・脚本:アダム・グジンスキ
出演:マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ/ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ
配給:マグネタイズ/配給協力:コピアポア・フィルム

12歳のピョトレックは、母と一緒にポーランドの小さな町で新学期までの夏休みを過ごしていた。父は出稼ぎで外国に滞在中だったが、ピョトレックは母との時間を楽しんでいた。だがやがて母はピョトレックを家に置いて、毎晩出かけるようになり、2人の間に不穏な空気が流れる。そんな矢先、父が帰ってくるのだが…。

公式サイト  映画批評&デート向き映画判定

© 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SILESIA FILM, EC1 Łódź -Miasto Kultury w Łodzi

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン 俳優ファミリー特集Vol.1

この特集では親子、兄弟姉妹、親戚揃って活躍する俳優達をご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、シリーズ化して、随時お届けしようと思います。今回はその第1弾です。

映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ ビバリウム

「新居を探しに行ったらエライ目に遭ってもうた!」というストーリーで…

映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア バルトシュ・ビィエレニア

1992年5月15日ポーランド生まれ。2016年クラコフにある国立アカデミー・オブ・シアター・アーツを…

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン7』ジェシー・スペンサー ジェシー・スペンサー

1979年2月12日、オーストラリアのビクトリア州生まれ。主な出演作に、ドラマ…

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ
    ビバリウム

  2. 映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート
  3. 映画『ラーヤと龍の王国』
  4. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  5. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  6. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  7. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  8. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  9. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  10. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
PAGE TOP