取材&インタビュー

『メモリーズ・オブ・サマー』アダム・グジンスキ監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『メモリーズ・オブ・サマー』アダム・グジンスキ監督インタビュー

「子どもは生まれた時から完全に親を頼り切って生きる。でも100%信頼している親を、果たして信頼し続けて良いんだろうか」という監督が抱いた疑問がきっかけとなった本作。キャラクター設定がすごく綿密な印象の作品ですが、今回監督の意図が詳しくお聞きできて、なるほどと思うことばかりでした。

<PROFILE>
アダム・グジンスキ
1970年生まれ、ポーランドのコニン出身。ウッチ映画大学でヴォイチェフ・イエジー・ハスの指導を受け、1996年に短篇“Pokuszenie”を発表。1998年には、父親のいない少年を主人公にした短編“ヤクプ Jakub”がカンヌ国際映画祭学生映画部門で最優秀映画賞を受賞したほか、数々の映画祭で受賞する。短篇“Antichryst”(2002)を手がけた後、2006年、初の長編映画“Chlopiec na galopujacym koniu”を発表し、作家の男とその妻、7歳の息子の静かなドラマを描いたこのモノクロ映画は、カンヌ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門に正式出品された。

親のエゴに気付いた子どもはどうなる?

映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ

マイソン:
子どもと大人の狭間と言えば、12歳はもちろん、15歳、17歳もある意味狭間かなと思いますが、主人公の年齢を12歳にした理由は何ですか?

アダム・グジンスキ監督:
おっしゃる通り、12歳は大人と子どもの中間ですが、それより少し上の年齢でないということは、まだ自分の考えというものを言葉で表現できない、あるいは、ある種の大人の難しいテーマや、大人の感情というものにまだ対峙できない年齢であるということです。つまり、彼は黙っていることになるわけで、自分の問題を名指しすることができないんですね。そのことがこの映画のテーマであって、夏休みの間に彼は急速に大人になっていき、初めてお母さんに対峙できる状態になっていくんです。もし主人公があと2歳年齢が上だったら、「なんで、お母さん夜出かけて行くの?誰と会ってるの?」って母親にはっきり聞いたと思うんですよ。でも、彼はまだ実際に何が起きているのか、100%理解できてない。何か悪いことが母親に起きていて、家に父親がいないことを巡って、母親と父親の関係が何か悪いシチュエーションになっていることはわかっているんですけど、それを名指しできない年齢ということで12歳にしました。

映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ

マイソン:
なるほど!冒頭シーンでかなり引き込まれたのですが、最初の段階からあのシーンにすると決めていたのでしょうか?もしくは、編集していく上で、組み立てていったのでしょうか?

アダム・グジンスキ監督:
シナリオを書いた時から考えていました。強烈な出だしにしたいと思ったんです。例えば、お母さんと子どもが自転車に乗って田園風景を走っているところから始めてもかまわないわけですけど、ああいうシーンで始まることによって、何かが最後に起きるということを観客に予想させることができます。あまりにも強烈に何かを押しつけ過ぎる、何かを強く約束してしまうので、ある種のリスクではあるんですけどね。でも、とにかく一旦そうやって始めておいて、その中でどれだけのことを物語ることができるか、自分に対して、一種の課題を押しつけてみたわけです。観客に対する約束を守るようにするにはどうすれば良いか、自分の課題をはっきりさせるために、ああいう冒頭にしました。

マイソン:
次にキャラクターについてお伺いしたいのですが、マイカという少女ついて、こだわりや注意した点はありますか?

映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキほか

アダム・グジンスキ監督:
マイカは、主人公の少年に深い感情的な関係を結ぶことができるんじゃないかと期待を抱かせた存在です。彼女のほうが少し年長ですから、彼女との結びつきは必ずしも自然ではありません。もしかしたら彼女は、自分より年長の男性で、もっと危険なニオイのする男のほうに惹かれていくかも知れないわけです。そのことは、主人公の母親の振る舞いの反映でもあるわけで、このマイカという存在を通して、主人公の女性全体に対する見方が急速に変わっていきます。母親に対して彼は思うように言いたいことが言えないんですが、マイカに対しては自分の言いたいことをかなりドラスティックに表現します。それは本当は自分が母親に対して言いたいことなのかも知れないし、家の中で何か起きているっていうことが、マイカとの関係に対してもやはり影響してくる。そういう重ね合いを狙いました。

マイソン:
劇中で“お母さんがどんどん綺麗になっていく”様子が描かれていましたが、こういったお母さんの変化は、息子の立場からしてどういう心境なのでしょうか?やっぱり複雑な心境ですよね(笑)。

映画『メモリーズ・オブ・サマー』アダム・グジンスキ監督インタビュー

アダム・グジンスキ監督:
もしも母親が綺麗になっていく理由が父親以外の男性だったら、これは子どもにとって非常に辛い状況ですよね。この場合、母親が自分の中に眠っている女性性を自分自身で発見して、より女性らしくなっていきます。つまり夫に開拓できない女性性を、別の男性がきっかけで発見していくわけですから、主人公の少年も何となくそれを感じているわけです。でも彼はそういう母親に対して忠実でないといけないと思っていると同時に、父親に対しても忠実でなければいけないと思っているんです。結局彼は板挟みになって、それぞれの親が自分のエゴのために彼を使っていたというか、両親の思うように自分がなるよう望まれていたっていうことに気付いて、彼自身も絶望的な気持ちになっていく、そういうことだと思います。

2019年4月26日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ/ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ

『メモリーズ・オブ・サマー』
2019年6月1日より全国順次公開
監督・脚本:アダム・グジンスキ
出演:マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ/ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ
配給:マグネタイズ/配給協力:コピアポア・フィルム

12歳のピョトレックは、母と一緒にポーランドの小さな町で新学期までの夏休みを過ごしていた。父は出稼ぎで外国に滞在中だったが、ピョトレックは母との時間を楽しんでいた。だがやがて母はピョトレックを家に置いて、毎晩出かけるようになり、2人の間に不穏な空気が流れる。そんな矢先、父が帰ってくるのだが…。

公式サイト  映画批評&デート向き映画判定

© 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SILESIA FILM, EC1 Łódź -Miasto Kultury w Łodzi

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『総理の夫』田中圭/中谷美紀 総理の夫

政治家とその家族からは、政界がどう映っているのかを知ることができ…

映画『Mr.ノーバディ』ボブ・オデンカーク ボブ・オデンカーク

1962年10月22日、アメリカ生まれ。俳優、コメディアン、放送作家、映画監督、脚本家として幅広く活躍中。2009年からスタートした…

映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』​ファン・スクリーニング・イベント、トム・ハーディ、アンディ・サーキス監督 ​トム・ハーディ&アンディ・サーキス監督が登場!『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』世界最初の​ファン・スクリーニング・イベント開催

トム・ハーディ主演の映画『ヴェノム』の続編『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』が、2021年に劇場公開!このたび、ロンドンにて世界最初の​ファン・スクリーニング・イベントが行われ、会場に​トム・ハーディとアンディ・サーキス監督、さらにトムの愛犬ブルーも登場しました。

映画『空白』古田新太/松坂桃李 空白

初期の宣伝では、古田新太が演じる主人公の狂気が前面に出されていたこともあり、観る前のイメージとは…

映画『グリーンランドー地球最後の2日間ー』スコット・グレン スコット・グレン

1941年1月26日アメリカ生まれ。1980年に『アーバン・カウボーイ』で注目され…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season1』“無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇”メイキング、山下敦弘監督 『MIRRORLIAR FILMS Season1』山下敦弘監督インタビュー

今回は『MIRRORLIAR FILMS Season1』で、“無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇”のメガホンをとった山下敦弘監督にリモートでお話を伺いました。長編映画も手掛ける監督に短編の好きな点やフィルム撮影の良さ、この10年間での映画業界の変化について聞いてみました。

映画『クーリエ:最高機密の運び屋』ベネディクト・カンバーバッチ/メラーブ・ニニッゼ クーリエ:最高機密の運び屋

本作は、キューバ危機の舞台裏で繰り広げられた知られざる実話を基に、核戦争回避のために命を懸けた男達の葛藤と決断をスリリングに描いた…

映画『テーラー 人生の仕立て屋』ディミトリス・イメロス ディミトリス・イメロス

1967年6月12日ギリシャ、アテネ生まれ。ギリシャの演劇学校とロシア舞台芸術アカデミーで演劇を学ぶ。2001年から…

映画『MINAMATA―ミナマター』ジョニー・デップ MINAMATA―ミナマター

広辞苑によると、水俣病とは有機水銀中毒による神経疾患で、四肢の感覚障害、運動失調、言語障害、視野狭窄、震えなどをおこし…

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』スーザン・サランドン/サム・ニール サム・ニール

1947年9月14日イギリス、北アイルランド生まれ。1993年のスティーヴン・スピルバーグ監督の大ヒット作『ジュラシック・パーク』で…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  2. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  3. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  4. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  5. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣

おすすめ記事

Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ 好きな★☆を語ろう!トーキョー女子映画部“交流会”参加者募集

この度、皆さんからのご要望が多かった“交流会”を開催することにしました。この“交流会”は作品鑑賞はせずに自由に会話していただく機会として実施します。

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『総理の夫』田中圭/中谷美紀
    総理の夫

  2. 映画『空白』古田新太/松坂桃李
    空白

  3. 映画『クーリエ:最高機密の運び屋』ベネディクト・カンバーバッチ/メラーブ・ニニッゼ
  4. 映画『MINAMATA―ミナマター』ジョニー・デップ
  5. 映画『スイング・ステート』スティーヴ・カレル
  6. 映画『アイダよ、何処へ?』ヤスナ・ジュリチッチ
  7. 映画『レミニセンス』ヒュー・ジャックマン
  8. 映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー/ジュディ・デンチ
  9. 映画『スパイラル:ソウ オールリセット』クリス・ロック
  10. 映画『先生、 私の隣に座っていただけませんか?』黒木華/柄本佑
PAGE TOP