REVIEW

ある少年の告白

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ある少年の告白』ルーカス・ヘッジズ/セオドア・ペレリン

俳優として活躍し、監督としては『ザ・ギフト』に続き、2作目の長編として本作を撮ったのは、ジョエル・エドガートン。『ザ・ギフト』は何とも後味の悪い(褒め言葉)、パンチの効いた作品で、彼が次にどんな作品を撮るのか楽しみにしていた人も多いはず。そんなエドガートンは今回、原作者ガラルド・コンリーが回顧録として、矯正治療(コンバージョン・セラピー)での実体験を告白した「Boy Erased: A Memoir of Identity, Faith, and Family(消された少年:アイデンティティと信仰、家族の回想)」(2016/未訳)を映画化。この矯正治療は、強制的に性的指向やジェンダー・アイデンティティを変更させようとする科学的根拠のない治療で、鬱や深刻なトラウマをもたらすだけでなく、自殺率を上昇させるとも指摘されているそうです。米国では規制があるものの現在も継続されているところがあり、これまで約70万人の経験者のうち約35万人が未成年と言われています。本作に限らず他の作品でも、アメリカでは、LGBTQへの排他的な見方に宗教観が強く影響しているのがうかがえますが、本作は単純にLGBTQの問題を扱うだけでなく、「信仰とは何か」「神とは何か」を問う内容にもなっている点で優れています。そして、信仰と思い込んでいるものが大切な人との信頼関係を不安定なものにしていく様が鋭く描かれていて、主人公(ルーカス・ヘッジズ)が抱える問題を普遍的なテーマとして上手く昇華させています。これが実話だと思うと一層恐ろしくなりますが、原題の“BOY ERASED(消された少年)”という言葉から、その怖さがより伝わるのではないでしょうか。
ルーカス・ヘッジズ、グザヴィエ・ドラン、トロイ・シヴァン、ジョー・アルウィン、セオドア・ペレリンと、若手俳優の演技も見事で、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウ、ジョエル・エドガートンというベテラン勢に負けない演技力と存在感を発揮しているのも見どころ。映画としても、実態を知って頂く意味でもぜひ観て欲しい作品です。

デート向き映画判定
映画『ある少年の告白』ニコール・キッドマン/ラッセル・クロウ

かなり重い内容で実話を元にしていることもあり、浮かれた気分では観られない点で、初デートには向きません。また、価値観、家族観、人生観を問う内容なので、まだ関係が浅いと鑑賞後の会話にとても気を使うことになりそうです。逆に敢えて相手の本質を見抜きたい場合は、本作を一緒に観て語るのは良い策かも知れません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ある少年の告白』ルーカス・ヘッジズ/トロイ・シヴァン

PG-12なので12歳未満の人は保護者同伴で観賞ということになりますが、その前に皆さんの周囲ではどんな価値観の人がいるのかを考えるきっかけになる作品です。世代によって、社会的な価値観からいかに影響を受けて育ったかも異なるし、そういう時代の影響を受けた教育内容も異なるので、もしかしたらだいぶ感じ方、考え方が違うかも知れません。話し合うことで解決して欲しいとは思いますが、もし家族や身近な人に言いづらい問題を抱えていたら、不用意に話す前に本作を一緒に観て、相手がどんな考えを持っているのか探ってみるのも1つの手でしょう。

映画『ある少年の告白』ルーカス・ヘッジズ/ニコール・キッドマン/ラッセル・クロウ

『ある少年の告白』
2019年4月19日より全国公開
ビターズ・エンド
公式サイト

© 2018 UNERASED FILM, INC.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『囚われた国家』アシュトン・サンダース 囚われた国家

タイトルから社会派サスペンスというのはおわかり頂けると思いますが、そこにSF要素が入ることでより…

映画『フェアウェル』ツィ・マー ツィ・マー

1962年6月10日生まれ。香港出身の中国系アメリカ人で、カナダでも活躍中。主な出演作に『ラッシュアワー』(98)と『ラッシュアワー3』(07)、マイケル・ケインと共演した『愛の落日』…

映画『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴さんインタビュー 『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴さんインタビュー

シリーズ1作目『ケアニン~あなたでよかった~』の上映会は全国各地で行われ、1300回(2020年2月現在)を突破し、台湾や香港など海外にまで支持が拡大しています。この度、前作に引き続き本シリーズ2作目となる『ケアニン~こころに咲く花~』で主演を果たした戸塚純貴さんにインタビューをさせて頂きました。俳優さんという立場からできることはないかと考えられていて、映画作りについての思いなどもお聞きできました。

映画『サーホー』プラバース/シュラッダー・カプール “惚れた腫れた”が楽し過ぎる!インド映画特集

エネルギッシュな作品が多いインド映画ですが、その中で描かれるロマンスも情熱的。そして、「私、恋に落ちました!」「あなたが好き好き」というムードが全面的に表現される歌とダンスのシーンも観ていて爽快です(笑)。今回は、うっとりするを通り越して、笑いさえ込み上げてくる、ラブシーンが魅力のインド映画をご紹介します。

映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン フェアウェル

本作は、ルル・ワン監督自身の家族が実際に体験した出来事を描いています。2019年1月のサンダンス映画祭で、ルル・ワン監督はまだ無名だったにも関わらず、名だたる映像会社が配給権を巡り争奪戦を繰り広げ…

映画『デッド・ドント・ダイ』ダニー・グローヴァー ダニー・グローヴァー

1946年7月22日アメリカ、カリフォルニア州出身。『プレイス・イン・ザ・ハート』(84)で主要キャストに名を連ね、『刑事ジョン・ブック/目撃者』(85)、『カラーパープル』(85)などで高く評価される。“リーサル・ウェポン”シリーズは…

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー 笑ったり、驚いたり、映画館でのリアクションはOK?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3】

今回は、映画鑑賞中のリアクションについて調査しました。映画館で、おもしろいシーンや怖いシーンが出てきた時、皆さんはどんな風にリアクションしていますか?今回は、そんな映画館でのリアクションについて、自身のスタンス、周囲に求めるスタンスを聞いてみました。さらに、リアクションしながら楽しみたい編集部オススメ作品も紹介。

映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン ポップスター

14歳の時に同級生が起こした銃乱射事件に巻き込まれ、重傷を負いながらも生還したセレステは、姉のエリーと犠牲者への追悼曲を作り…

映画『囚われた国家』ジョン・グッドマン ジョン・グッドマン

1952年6月20日アメリカ、ミズーリ州生まれ。アメリカン・フットボール選手としてサウスウェスト・ミズーリ州立大学に進学したが、怪我によりプロフットボール選手としての道を断念し…

映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ/GACKT 思いっきり笑いたい!コメディ映画特集2020春

新型コロナウィルスの影響で、外出を控えている方も多いですよね。でも、この鬱々とした空気に呑まれてなるものかと思います!そこで今回は、編集部のマイソンとシャミが笑えるコメディ映画を厳選し、ご紹介します。すべてレンタル&発売中ですので、ぜひお家で観てください。

おすすめ記事

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー 笑ったり、驚いたり、映画館でのリアクションはOK?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3】

今回は、映画鑑賞中のリアクションについて調査しました。映画館で、おもしろいシーンや怖いシーンが出てきた時、皆さんはどんな風にリアクションしていますか?今回は、そんな映画館でのリアクションについて、自身のスタンス、周囲に求めるスタンスを聞いてみました。さらに、リアクションしながら楽しみたい編集部オススメ作品も紹介。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 総合ランキング>

海外30代俳優最終回は、ついに総合ランキングを発表!これまで発表した各部門ランキングの上位俳優が、…

映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 演技力部門編>

今回は俳優にとって重要な演技力部門の結果を発表します。認知度のある俳優も多いですが、皆さんはそれぞれの演技力をどう評価したのでしょうか?

映画『ボヘミアン・ラプソディ』来日、ラミ・マレック イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、海外30代俳優個性部門TOP15、ユーモア部門TOP10を発表します!30代はどんどん個性が発揮されてくる印象ですが、上位を争ったのは一体どの俳優なのでしょうか?結果に注目です!!

映画『グレイテスト・ショーマン』ザック・エフロン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外30代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外30代(1981年以降、1990年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記25名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP15&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』オースティン・ザユル 洋画あるある「ツッコミどころ編」

映画を観ていると、「何でやねん!」とツッコミを入れたくなるような、お約束と感じる設定に出くわすことがありますよね。そこで今回は、どれくらい皆さんがそう思って観ているのか調査しました!さらに、ツッコミながら楽しめる編集部オススメ作品も紹介。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは? 鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2】

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?「繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品」も紹介。

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー 女子100%共感!『スキャンダル』部活リポート

本作は、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”にまつわるスキャンダラスな実話を映画化したもので、テレビ界の帝王と呼ばれるFOXニュース・チャンネルのCEOによるハラスメント問題に対して、さまざまな立場の女性達がどう向き合うかを描いています。この度トーキョー女子映画部では本作の部活を実施。本作を観た皆さんが、女性目線でどのように感じたか、アンケート結果を発表します。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1 映画を観る前、どこまで情報を入れる?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1】

以前とある映画監督にインタビューした際、「(本当は映画を観る前に情報を入れずに)何も知らないで観て欲しい」とおっしゃっていました。トーキョー女子映画部スタッフも観る前に情報を極力入れないで観たい派なのですが、そういえば皆さんどうなんだろうと気になりました。今回のアンケートでは、映画ファンの方のスタンスはどういったタイプがあるのか調査!さらに、「何も知らずに観たら数倍楽しめる!アッと驚く編集部オススメ作品」も紹介。

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル あの人は敵?味方?転職した凄腕ジェシカの処世術がスゴい『SUITS:ジェシカ・ピアソン』部活リポート

本作は、人気海外ドラマ『SUITS/スーツ』のメインキャラクターの1人、ジェシカ・ピアソンを主人公にしたスピンオフです。今回の部活では、本家『SUITS/スーツ』を観たことがある方、ない方の両方に…

REVIEW

  1. 映画『囚われた国家』アシュトン・サンダース
  2. 映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン
    フェアウェル

  3. 映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン
    ポップスター

  4. 映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ
  5. 映画『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴/島かおり
  6. 映画『デッド・ドント・ダイ』ビル・マーレイ/アダム・ドライバー/クロエ・セヴィニー
  7. 映画『サーホー』プラバース
    サーホー

  8. 映画『最高の花婿 アンコール』メディ・サドゥアン/アリ・アビタン/フレデリック・チョウ/ヌーム・ディアワラ/フレデリック・ベル/ジュリア・ピアトン/エミリー・カーン/エロディー・フォンタン/パスカル・ンゾンジ/サリマタ・カマテ/タチアナ・ロホ/クローディア・タグボ
  9. 映画『ハリエット』シンシア・エリヴォ
    ハリエット

  10. 映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』波瑠/成田凌

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP