REVIEW

ある少年の告白

映画『ある少年の告白』ルーカス・ヘッジズ/セオドア・ペレリン

俳優として活躍し、監督としては『ザ・ギフト』に続き、2作目の長編として本作を撮ったのは、ジョエル・エドガートン。『ザ・ギフト』は何とも後味の悪い(褒め言葉)、パンチの効いた作品で、彼が次にどんな作品を撮るのか楽しみにしていた人も多いはず。そんなエドガートンは今回、原作者ガラルド・コンリーが回顧録として、矯正治療(コンバージョン・セラピー)での実体験を告白した「Boy Erased: A Memoir of Identity, Faith, and Family(消された少年:アイデンティティと信仰、家族の回想)」(2016/未訳)を映画化。この矯正治療は、強制的に性的指向やジェンダー・アイデンティティを変更させようとする科学的根拠のない治療で、鬱や深刻なトラウマをもたらすだけでなく、自殺率を上昇させるとも指摘されているそうです。米国では規制があるものの現在も継続されているところがあり、これまで約70万人の経験者のうち約35万人が未成年と言われています。本作に限らず他の作品でも、アメリカでは、LGBTQへの排他的な見方に宗教観が強く影響しているのがうかがえますが、本作は単純にLGBTQの問題を扱うだけでなく、「信仰とは何か」「神とは何か」を問う内容にもなっている点で優れています。そして、信仰と思い込んでいるものが大切な人との信頼関係を不安定なものにしていく様が鋭く描かれていて、主人公(ルーカス・ヘッジズ)が抱える問題を普遍的なテーマとして上手く昇華させています。これが実話だと思うと一層恐ろしくなりますが、原題の“BOY ERASED(消された少年)”という言葉から、その怖さがより伝わるのではないでしょうか。
ルーカス・ヘッジズ、グザヴィエ・ドラン、トロイ・シヴァン、ジョー・アルウィン、セオドア・ペレリンと、若手俳優の演技も見事で、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウ、ジョエル・エドガートンというベテラン勢に負けない演技力と存在感を発揮しているのも見どころ。映画としても、実態を知って頂く意味でもぜひ観て欲しい作品です。

デート向き映画判定
映画『ある少年の告白』ニコール・キッドマン/ラッセル・クロウ

かなり重い内容で実話を元にしていることもあり、浮かれた気分では観られない点で、初デートには向きません。また、価値観、家族観、人生観を問う内容なので、まだ関係が浅いと鑑賞後の会話にとても気を使うことになりそうです。逆に敢えて相手の本質を見抜きたい場合は、本作を一緒に観て語るのは良い策かも知れません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ある少年の告白』ルーカス・ヘッジズ/トロイ・シヴァン

PG-12なので12歳未満の人は保護者同伴で観賞ということになりますが、その前に皆さんの周囲ではどんな価値観の人がいるのかを考えるきっかけになる作品です。世代によって、社会的な価値観からいかに影響を受けて育ったかも異なるし、そういう時代の影響を受けた教育内容も異なるので、もしかしたらだいぶ感じ方、考え方が違うかも知れません。話し合うことで解決して欲しいとは思いますが、もし家族や身近な人に言いづらい問題を抱えていたら、不用意に話す前に本作を一緒に観て、相手がどんな考えを持っているのか探ってみるのも1つの手でしょう。

映画『ある少年の告白』ルーカス・ヘッジズ/ニコール・キッドマン/ラッセル・クロウ

『ある少年の告白』
2019年4月19日より全国公開
ビターズ・エンド
公式サイト

© 2018 UNERASED FILM, INC.

TEXT by Myson

関連記事
  • イイ男セレクション/ルーカス・ヘッジズ
  • イイ男セレクション/グザヴィエ・ドラン
  • イイ男セレクション/トロイ・シヴァン
  • イイ男セレクション/ラッセル・クロウ
  • イイ男セレクション/ジョー・アルウィン

新着記事

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス バイク好き夫を持つ女性へのアドバイスがシュール過ぎ(笑)『ライドwithノーマン・リーダス』来日

2019年4月19日、『ライドwithノーマン・リーダス』新シーズン配信を記念して、ノーマン・リーダスが来日し、ファンミーティングを行いました。お茶目なノーマン全開です。

映画『キングダム』山﨑賢人 山﨑賢人(やまざき けんと)

1994年9月7日、東京都生まれ。2010年にTVドラマ『熱海の捜査官』で俳優デビューし、2011年の映画『管制塔』で初主演を飾る。その後…

東京ディズニーリゾートにて『トイ・ストーリー4』の世界を楽しめる【ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4】が開催!

ディズニー/ピクサーの大傑作“トイ・ストーリー”シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』が、7月12日に全国公開となります。そして、このたび、東京ディズニーリゾートでは…

海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ 女医フォスター 夫の情事、私の決断

「夫が浮気してるかも?」と疑い始めてから、それを突き止めようとしたり、突き止めたと思ったらそこから夫との駆け引きが始まったり…

映画『ブラックパンサー』チャドウィック・ボーズマン チャドウィック・ボーズマン

1976年アメリカ、サウスカロライナ州生まれ。ワシントンDCのハワード大学卒業後、英オックスフォードのブリティッシュ・アメリカン・ドラマ・アカデミーでも…

映画『シャザム!』ジャック・ディラン・グレイザー ジャック・ディラン・グレイザー

アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。アダレイ・スクール・フォー・ザ・パフォーミング・アーツのアダレイ・レパートリー・シアター・アンサンプル(ARTE)に迎えられ…

映画【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19】ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』 【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19】ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』5組10名様 一般試写会ご招待

【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19】ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』5組10名様 一般試写会ご招待

おすすめ記事

映画『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ 映画好き女子のお気に入りは?本作俳優&クイーンのメンバーについて調査『ボヘミアン・ラプソディ』

伝説のバンド“クイーン”の知られざる姿を描き、国内では興行収入128.5億円(2019年4月12日現在)を突破し、社会現象を巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディ』。今回のアンケートでは、本作の出演俳優やクイーンのメンバーについて映画好き女子の反応を探ってみました!

映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ 鑑賞後に答え合わせがしたくなる!『マローボーン家の掟』

映画『マローボーン家の掟』スニークプレビュー部活今回は当部初の“男女ペア限定部活”として、さらにこれまた初の“スニークプレビュー”として、部活を行いました。タイトルや内容などは一切伏せて、“震撼スリラー”というヒントだけを出して募集をかけましたが、皆さんドキドキしながら参加して頂いたようで…

REVIEW

  1. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  2. 映画『バースデー・ワンダーランド』
  3. 映画『パパは奮闘中!』ロマン・デュリス
  4. 映画『リアム16歳、はじめての学校』ジュディ・グリア/ダニエル・ドエニー
  5. 映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』トニ・セルヴィッロ
  6. 映画『幸福なラザロ』アドリアーノ・タルディオーロ
    幸福なラザロ

  7. 映画『僕たちのラストステージ』スティーヴ・クーガン/ジョン・C・ライリー
  8. 映画『愛がなんだ』岸井ゆきの/成田凌
    愛がなんだ

  9. 映画『ある少年の告白』ルーカス・ヘッジズ/セオドア・ペレリン
  10. 映画『キングダム』山﨑賢人/吉沢亮/橋本環奈
    キングダム

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP