REVIEW

ある少年の告白

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ある少年の告白』ルーカス・ヘッジズ/セオドア・ペレリン

俳優として活躍し、監督としては『ザ・ギフト』に続き、2作目の長編として本作を撮ったのは、ジョエル・エドガートン。『ザ・ギフト』は何とも後味の悪い(褒め言葉)、パンチの効いた作品で、彼が次にどんな作品を撮るのか楽しみにしていた人も多いはず。そんなエドガートンは今回、原作者ガラルド・コンリーが回顧録として、矯正治療(コンバージョン・セラピー)での実体験を告白した「Boy Erased: A Memoir of Identity, Faith, and Family(消された少年:アイデンティティと信仰、家族の回想)」(2016/未訳)を映画化。この矯正治療は、強制的に性的指向やジェンダー・アイデンティティを変更させようとする科学的根拠のない治療で、鬱や深刻なトラウマをもたらすだけでなく、自殺率を上昇させるとも指摘されているそうです。米国では規制があるものの現在も継続されているところがあり、これまで約70万人の経験者のうち約35万人が未成年と言われています。本作に限らず他の作品でも、アメリカでは、LGBTQへの排他的な見方に宗教観が強く影響しているのがうかがえますが、本作は単純にLGBTQの問題を扱うだけでなく、「信仰とは何か」「神とは何か」を問う内容にもなっている点で優れています。そして、信仰と思い込んでいるものが大切な人との信頼関係を不安定なものにしていく様が鋭く描かれていて、主人公(ルーカス・ヘッジズ)が抱える問題を普遍的なテーマとして上手く昇華させています。これが実話だと思うと一層恐ろしくなりますが、原題の“BOY ERASED(消された少年)”という言葉から、その怖さがより伝わるのではないでしょうか。
ルーカス・ヘッジズ、グザヴィエ・ドラン、トロイ・シヴァン、ジョー・アルウィン、セオドア・ペレリンと、若手俳優の演技も見事で、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウ、ジョエル・エドガートンというベテラン勢に負けない演技力と存在感を発揮しているのも見どころ。映画としても、実態を知って頂く意味でもぜひ観て欲しい作品です。

デート向き映画判定
映画『ある少年の告白』ニコール・キッドマン/ラッセル・クロウ

かなり重い内容で実話を元にしていることもあり、浮かれた気分では観られない点で、初デートには向きません。また、価値観、家族観、人生観を問う内容なので、まだ関係が浅いと鑑賞後の会話にとても気を使うことになりそうです。逆に敢えて相手の本質を見抜きたい場合は、本作を一緒に観て語るのは良い策かも知れません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ある少年の告白』ルーカス・ヘッジズ/トロイ・シヴァン

PG-12なので12歳未満の人は保護者同伴で観賞ということになりますが、その前に皆さんの周囲ではどんな価値観の人がいるのかを考えるきっかけになる作品です。世代によって、社会的な価値観からいかに影響を受けて育ったかも異なるし、そういう時代の影響を受けた教育内容も異なるので、もしかしたらだいぶ感じ方、考え方が違うかも知れません。話し合うことで解決して欲しいとは思いますが、もし家族や身近な人に言いづらい問題を抱えていたら、不用意に話す前に本作を一緒に観て、相手がどんな考えを持っているのか探ってみるのも1つの手でしょう。

映画『ある少年の告白』ルーカス・ヘッジズ/ニコール・キッドマン/ラッセル・クロウ

『ある少年の告白』
2019年4月19日より全国公開
ビターズ・エンド
公式サイト

© 2018 UNERASED FILM, INC.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

映画『ある町の高い煙突』渡辺大 渡辺大(わたなべ だい)

1984年8月1日東京都生まれ。2002年に『新春ワイド時代劇壬生義士伝』で俳優デビュー後、テレビドラマ、映画で活躍。2018年には…

映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク 神と共に 第二章:因と縁

第一章から語られている概念は共通していながら、視点がガラリと変わって、本作のほうが人間のダークな面にフォーカスした内容になっています。でも、だからこそ人間味が感じられるストーリーになっていて…

映画『きみと、波にのれたら』 きみと、波にのれたら

爽やかな青春ラブストーリーという枠に留まらず、予期せず辛い経験をした若いカップルが心に大きな傷を抱えながら、それを…

映画『アラジン』メナ・マスード メナ・マスード

1992年エジプト生まれ、カナダで育つ。ライアソン大学の演劇プログラムを卒業後、テレビシリーズ『ニキータ』や『コンバット・ホスピタル 戦場救命』などのドラマや短編映画など…

映画『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー 『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー

今回は実際に日立鉱山で起きた出来事を映画化した『ある町の高い煙突』で、キーパーソンとなる加屋淳平役を演じた渡辺大さんにインタビューをさせて頂きました。今回の役柄についてや、俳優という職業について、お話を伺いました。

映画『新聞記者』北村有起哉 北村有起哉(きたむら ゆきや)

1974年4月29日、東京都生まれ。1998年に舞台“めざめ”と映画『カンゾー先生』でデビュー。以降、舞台と映像の両方で活躍中。劇団☆新感線の“メタルマクベス”や…

おすすめ記事

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

東京国際映画祭レッドカーペット『カメラを止めるな!』 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【国内編】

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第2弾!今回は映画好き女子が信頼を寄せる日本の映画賞と映画祭について、結果を発表します!

第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【世界編】

今回はカンヌ国際映画祭の時期にちなんで、国内、海外で開催される数々の映画祭・映画賞についてのアンケートを行いました。今回はその第1弾として、映画好き女子が信頼を寄せる映画祭やアメリカの映画賞についての結果を発表します!

REVIEW

  1. 映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク
  2. 映画『きみと、波にのれたら』
  3. 新聞記者

  4. クリス・ヘムズワース/テッサ・トンプソン
  5. 映画『ザ・ファブル』岡田准一/木村文乃/山本美月
    ザ・ファブル

  6. 映画『パピヨン』チャーリー・ハナム/ラミ・マレック
    パピヨン

  7. 映画『ある町の高い煙突』井手麻渡/渡辺大
  8. 映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン
  9. 映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』ソフィー・ターナー/ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/ジェシカ・チャステイン/ニコラス・ホルト/エヴァン・ピーターズ/コディ・スミット=マクフィー/アレクサンドラ・シップ/タイ・シェリダン
  10. 映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』二宮慶多/水野哲志/奥村門土/中島セナ

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP