REVIEW

ホテル・エルロワイヤル

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ホテル・エルロワイヤル』クリス・ヘムズワース/ダコタ・ジョンソン

カリフォルニア州とネバダ州の州境の上に立つホテルが舞台で、道の上だけでなく、ホテルの中にも境界線が引かれていて、ホテル自体のユニークさにまず目がいきます。でも、意外にその後はその設定が活かされていないのですが、このホテルが昔とても栄えていて、そういう部分も存分に楽しんでもらおうとしていたホテルだったというのは想像できます。そんな人気ホテルも今ではすっかり廃れていて、どうやら1人のスタッフしか常駐していない様子。「お客が少なくても、1人で回すのは絶対に無理じゃない?」と思える規模のホテルに見えるんですが、そういうところを気にしている場合ではなくなってくるのでご安心を(笑)。というのも本作で大事なのは、宿泊客もホテルマンも皆怪しいというところ。皆それぞれにワケありなのですが、その真相が徐々に明かされていきます。「なるほど、そうだったのか!」という驚きと同時に、皆予想もしないきっかけでどんどんややこしい状況に巻き込まれていくのがおもしろい!そして、急に殺したり、殺されたりするので、展開が読めません。本作はキャストがすごく豪華で、ジェフ・ブリッジス、シンシア・エリヴォ、ダコタ・ジョンソン、ジョン・ハム、グザヴィエ・ドランなどが出演していて、中でもクリス・ヘムズワースを目当てに観るという人も多いですよね。前半なかなか出てこないので、ちょっと心配になりますが、クライマックスでしっかり活躍します。あと、『バイス』『ビリーブ 未来への大逆転』などにも出演し、これからの活躍が期待されるケイリー・スピーニーも掴みどころのないキャラクターとして存在感を発揮しています。ホテルマンを演じているルイス・プルマンもすごく美味しい役なので、ぜひご注目ください。142分という上映時間ですが、ハッとさせられる展開がペース良く入っているので観やすいと思いますよ。

デート向き映画判定
映画『ホテル・エルロワイヤル』ジェフ・ブリッジス/シンシア・エリヴォ

気まずくなるようなラブシーンはなく、R-15+はついているものの、目をふさぎたくなるような露骨な暴力シーンはあまりないので、デートで観ても大丈夫だと思います。ロマンチックな雰囲気になることはありませんが、読めない展開にハラハラドキドキするので、吊り橋効果もちょっとはあるかも知れません。後半になると、マッチョ好き女子の場合はクリス・ヘムズワースの胸筋と腹筋に釘付けになると思うので、彼に遠慮せずに堪能したい人は1人で観るか、女子同士で観るのをオススメします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ホテル・エルロワイヤル』ケイリー・スピーニー

R-15+となっているだけあり、それなりに刺激はあります。ワケありな人達ばかりが登場して、どんどんおかしな方向にこじれていくストーリーではありますが、複雑ではないので、15歳以上で興味があれば観てみてください。ホテルを舞台にした映画は、華やかな作品も多いですが、これはクライム・サスペンスなので、ハラハラドキドキを楽しんでください。

映画『ホテル・エルロワイヤル』ジェフ・ブリッジス/シンシア・エリヴォ/ダコタ・ジョンソン/ジョン・ハム/ケイリー・スピーニー/クリス・ヘムズワース/ルイス・プルマン

2019年4月19日ブルーレイ&DVD発売、レンタル開始
3月6日よりデジタル配信開始
R-15+
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
公式サイト

©2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』カミーラ・ディーキンさん(プロデューサー)インタビュー 『エセルとアーネスト ふたりの物語』カミーラ・ディーキンさん(プロデューサー)インタビュー

本作は、「スノーマン」「風が吹くとき」で世界中に知られるレイモンド・ブリッグズ自身が両親のストーリーを描いた絵本を映画化。ポール・マッカートニーがエンディング曲を書き下ろしていることでも話題になっています。今回、プロデューサーを務めた、カミーラ・ディーキンさんにお話をお伺いしました。

映画『ホテル・ムンバイ』デヴ・パテル ホテル・ムンバイ

本作は、インドの5つ星ホテルで実際に起きた無差別テロからの奇跡の脱出劇を映画化したものです。こういう紛争で多くの犠牲者が出る状況を観ると…

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』松尾スズキ 『108~海馬五郎の復讐と冒険~』10組20名様 トークイベント付き試写会ご招待

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』10組20名様 トークイベント付き試写会ご招待

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス ジョーカー

良い意味で“バットマン”シリーズ、DCシリーズかどうかはどうでも良いと思えてしまうくらい強烈な映画です。これまでいろいろな作品で観てきたゴッサム・シティを…

映画『トールキン 旅のはじまり』コルム・ミーニイ コルム・ミーニイ

1953年、アイルランド生まれ。テレビシリーズ『新スター・トレック』(87〜94)『スター・トレック/ディープ・スペース・ナイン』(93〜99)で長きに渡り、マイルズ・オブライエン役を演じ、世界的に広く知られている。1993年…

映画『ガーンジー島の読書会の秘密』ミキール・ハースマン ミキール・ハースマン

1981年7月18日オランダ、アムステルフェーン生まれ。14歳のときにTVシリーズ“Voor hete vuren(原題)”で俳優デビューし、長寿番組“Goede tijden, slechte tijden(原題)”や“Kees & Co(原題)”“Spargen(原題)”などに出演。20代半ばまではオランダで活動していたが…

映画『宮本から君へ』池松壮亮 宮本から君へ

こんなに野性味溢れる作品だとは思っておらず、またこんなにヘビーな話だとは思っておらず、良い意味で観るだけでもエネルギーをむちゃくちゃ消費…

映画『トールキン 旅のはじまり』アンソニー・ボイル アンソニー・ボイル

英国王立ウェールズ音楽大学の大学生だった時に舞台”ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部”のオーディションでスコーピウス・マルフォイ役に抜擢され…

映画『引っ越し大名!』初日舞台挨拶、高橋一生 高橋一生(たかはし いっせい)

1980年12月9日、東京都生まれ。10代の頃から数々の映画、TVドラマ、舞台に出演。1995年『耳をすませば』で、天沢聖司の声を担当。2012年、舞台“4four”の演技において…

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎 寛 一 郎(かんいちろう)

1996年8月16日生まれ。東京都出身。父親は俳優の佐藤浩市で、祖父は三國連太郎。2018年、瀬々敬久監督の『菊とギロチン』で俳優デビューし…

おすすめ記事

映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督 久々の里帰りで会ったお父さんに異変!家族として受け入れられる?『おいしい家族』部活リポート

2019年7月31日、『おいしい家族』の完成披露試写会が行われ、トーキョー女子映画部の正式部員皆で参加させて頂きました。当日は、主演の松本穂香さん、ふくだももこ監督が登壇…

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『ホテル・ムンバイ』デヴ・パテル
  2. 映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス
    ジョーカー

  3. 映画『宮本から君へ』池松壮亮
    宮本から君へ

  4. 映画『アド・アストラ』ブラッド・ピット
  5. 映画『下忍 赤い影』寛 一 郎/結木滉星
    下忍 赤い影

  6. 映画『HELLO WORLD』
    HELLO WORLD

  7. 映画『おいしい家族』松本穂香/板尾創路/浜野謙太
    おいしい家族

  8. 映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』
  9. 映画『シンクロ・ダンディーズ!』ロブ・ブライトン/ルパート・グレイヴス/ジム・カーター/シャーロット・ライリー
  10. 映画『アイネクライネナハトムジーク』三浦春馬/多部未華子

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP