REVIEW

ホテル・エルロワイヤル

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ホテル・エルロワイヤル』クリス・ヘムズワース/ダコタ・ジョンソン

カリフォルニア州とネバダ州の州境の上に立つホテルが舞台で、道の上だけでなく、ホテルの中にも境界線が引かれていて、ホテル自体のユニークさにまず目がいきます。でも、意外にその後はその設定が活かされていないのですが、このホテルが昔とても栄えていて、そういう部分も存分に楽しんでもらおうとしていたホテルだったというのは想像できます。そんな人気ホテルも今ではすっかり廃れていて、どうやら1人のスタッフしか常駐していない様子。「お客が少なくても、1人で回すのは絶対に無理じゃない?」と思える規模のホテルに見えるんですが、そういうところを気にしている場合ではなくなってくるのでご安心を(笑)。というのも本作で大事なのは、宿泊客もホテルマンも皆怪しいというところ。皆それぞれにワケありなのですが、その真相が徐々に明かされていきます。「なるほど、そうだったのか!」という驚きと同時に、皆予想もしないきっかけでどんどんややこしい状況に巻き込まれていくのがおもしろい!そして、急に殺したり、殺されたりするので、展開が読めません。本作はキャストがすごく豪華で、ジェフ・ブリッジス、シンシア・エリヴォ、ダコタ・ジョンソン、ジョン・ハム、グザヴィエ・ドランなどが出演していて、中でもクリス・ヘムズワースを目当てに観るという人も多いですよね。前半なかなか出てこないので、ちょっと心配になりますが、クライマックスでしっかり活躍します。あと、『バイス』『ビリーブ 未来への大逆転』などにも出演し、これからの活躍が期待されるケイリー・スピーニーも掴みどころのないキャラクターとして存在感を発揮しています。ホテルマンを演じているルイス・プルマンもすごく美味しい役なので、ぜひご注目ください。142分という上映時間ですが、ハッとさせられる展開がペース良く入っているので観やすいと思いますよ。

デート向き映画判定
映画『ホテル・エルロワイヤル』ジェフ・ブリッジス/シンシア・エリヴォ

気まずくなるようなラブシーンはなく、R-15+はついているものの、目をふさぎたくなるような露骨な暴力シーンはあまりないので、デートで観ても大丈夫だと思います。ロマンチックな雰囲気になることはありませんが、読めない展開にハラハラドキドキするので、吊り橋効果もちょっとはあるかも知れません。後半になると、マッチョ好き女子の場合はクリス・ヘムズワースの胸筋と腹筋に釘付けになると思うので、彼に遠慮せずに堪能したい人は1人で観るか、女子同士で観るのをオススメします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ホテル・エルロワイヤル』ケイリー・スピーニー

R-15+となっているだけあり、それなりに刺激はあります。ワケありな人達ばかりが登場して、どんどんおかしな方向にこじれていくストーリーではありますが、複雑ではないので、15歳以上で興味があれば観てみてください。ホテルを舞台にした映画は、華やかな作品も多いですが、これはクライム・サスペンスなので、ハラハラドキドキを楽しんでください。

映画『ホテル・エルロワイヤル』ジェフ・ブリッジス/シンシア・エリヴォ/ダコタ・ジョンソン/ジョン・ハム/ケイリー・スピーニー/クリス・ヘムズワース/ルイス・プルマン

2019年4月19日ブルーレイ&DVD発売、レンタル開始
3月6日よりデジタル配信開始
R-15+
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
公式サイト

©2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉/舘ひろし アルキメデスの大戦

タイトルに“大戦”とありますが、戦争映画そのものではなく、戦争を起こさせまいと奔走した天才数学者の物語です。史実を基にしていますが、フィクションということで、歴史に詳しい人が観るのと、そうでない人が観るのとで…

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』松田翔太 松田翔太(まつだ しょうた)

1985年9月10日、東京都生まれ。父は松田優作、母は松田美由紀、兄は松田龍平。2005年にTVドラマ『ヤンキー母校に帰る 旅立ちの時・不良少年の夢』で…

映画『世界の涯ての鼓動』ジェームズ・マカヴォイ ジェームズ・マカヴォイ

1979年、スコットランドグスコー生まれ。1995年に“The Near Room(原題)”で映画デビュー。その後は、主にイギリス国内のテレビや舞台で活躍。2005年の『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』のタムナスさん役で有名になり…

映画『チャイルド・プレイ』 チャイルド・プレイ

“チャイルド・プレイ”シリーズ第1作目は1988年に公開されたとのことで、始まってからもう30年も経ったんですね。本作は大ヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の製作陣を迎え、新しい設定で…

映画『エクソシスト』 ワーナー・ブラザースが贈る新しいホラー体験【ワーナー ホラーエンターテイメント】が発足!

ワーナー・ブラザース映画が、ホラー作品をより多くの方に楽しんでもらいたいという思いから、このたび【ワーナー ホラーエンターテイメント】を立ち上げました! さらに公式Twitterアカウント<ワーナーホラー部>も始動。

映画『ニューヨーク 最高の訳あり物件』ハルク・ビルギナー ハルク・ビルギナー

1954年トルコ、イズミル生まれ。アンカラで自らの劇場を設立し、後にイスタンブールにも劇場を開く。トルコの国民的俳優で、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した…

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢

本作は、俳優としても活躍するジル・ルルーシュが監督と脚本(共同脚本:アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ)を務め、マチュー・アマルリック、ギョーム・カネといった、フランスの人気実力派俳優が出演しています。個人的に…

おすすめ記事

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

REVIEW

  1. 映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉/舘ひろし
  2. 映画『チャイルド・プレイ』
  3. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード
  4. 映画『五億円のじんせい』望月歩
  5. 映画『マーウェン』スティーヴ・カレル
    マーウェン

  6. 海外ドラマ『ギフテッド 新世代X-MEN誕生 シーズン2』ジェイミー・チャン/ナタリー・アリン・リンド
  7. 映画『ハッピー・デス・デイ 2U』ジェシカ・ロース
  8. 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』窪田正孝
  9. 映画『トイ・ストーリー4』
  10. 映画『ワイルドライフ』ジェイク・ギレンホール/キャリー・マリガン

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  2. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP