イイ男セレクション

ジョン・グッドマン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『囚われた国家』ジョン・グッドマン

1952年6月20日アメリカ、ミズーリ州生まれ。アメリカン・フットボール選手としてサウスウェスト・ミズーリ州立大学に進学したが、怪我によりプロフットボール選手としての道を断念し、専攻を演劇に変更後、演劇学で学位を取得した。その後ブロードウェイで活躍し、『ゴドーを待ちながら』で批評家から大絶賛され、ディナーショーや児童演劇、オフ・ブロードウェイに活躍の場を広げた。さらにデヴィット・マメット作『アメリカン・バッファロー』でウエストエンドデビューを果たす。1993年には、人気TVシリーズ『ロザンヌ』でゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞、エミー賞にノミネートされた。また『キングフィッシュ/大統領への挑戦』『欲望という名の電車』『バートン・フィンク』でもエミー賞にノミネートされている。1991年には『夢を生きた男 ザ・ベーブ』で主演し、その名を世に知らしめ、映画界でも活躍するようになる。2007年に『Studio 60 on the Sunset Strip』でゲスト男優賞部門でエミー賞を受賞。2010年にジャック・ケヴォーキアン(末期病患者の積極的安楽死の肯定者)の伝記映画『死を処方する男 ジャック・ケヴォーキアンの真実』で、エミー賞テレビ映画助演男優賞、全米映画俳優組合賞テレビ映画・ミニシリーズ部門の男優賞にノミネートされた。2013年には『アルゴ』『フライト』『人生の特等席』での演技が評価され、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞スポットライト賞を受賞。そのほか映画出演作に『赤ちゃん泥棒』『ステラ』『熱き愛に時は流れて』『アラクノフォビア』『ボロワーズ 床下の小さな住人たち』『救命士』女教皇ヨハンナ』『スピード・レーサー』『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』『ミケランジェロ・プロジェクト』『ザ・ギャンブラー/熱い賭け』『クーパー家の晩餐会』など多くの作品がある。また『モンスターズ・インク』では、主要キャラクター、サリーの声を担当するなど、声優としても人気がある。現在は家族と共ににロサンゼルスとニューオーリンズを拠点に活動中。

イイ男セレクション/出演作

『愛に向って走れ』『ナーズの復讐』『チャド C.H.U.D.』『ビッグ・リボウスキ』『ビッグ・イージー』『赤ちゃん泥棒』『バーグラー/危機一髪』『パンチライン』『熱き愛に時は流れて』『シー・オブ・ラブ』『オールウェイズ』『ステラ』『アラクノフォビア』『ラルフ一世はアメリカン』『バートン・フィンク』『夢を生きた男/ザ・ベーブ』『マチネー/土曜の午後はキッスで始まる』『ボーン・イエスタデイ』『フリントストーン/モダン石器時代』『キングフィッシュ/大統領への挑戦』『欲望という名の電車』『あなたに逢いたい』『マザーナイト』『ボロワーズ/床下の小さな住人たち』『悪魔を憐れむ歌』『ブルース・ブラザース2000』『ビッグ・リボウスキ』『デスリミッツ』『救命士』『2999年異性への旅』『オー・ブラザー!』『コヨーテ・アグリー』『ジュエルに気をつけろ!』『ストーリーテリング』『ビヨンド the シー 夢見るように歌えば』『ビューティフルメモリー』『スピード・レーサー』『お買いもの中毒な私!』『エレクトリック・ミスト 霧の捜査線』『死を処方する男 ジャック・ケヴォーキアンの真実』『アーティスト』『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』『アルゴ』『人生の特等席』『フライト』『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』『ミケランジェロ・プロジェクト』『ザ・ギャンブラー/熱い賭け』『クーパー家の晩餐会』『10 クローバーフィールド・レーン』『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』『キングコング:髑髏島の巨神』『パトリオット・デイ』『アトミック・ブロンド』『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』『囚われた国家』など

声の出演:『ラマになった王様』『モンスターズ・インク』『ボブ・ディランの頭のなか』『ジャングル・ブック2』『モンスターズ・ユニバーシティ』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

優しそうな雰囲気とずんぐりむっくりした体格で存在感が抜群。脇役で出ていても印象に残ります。ベテランなので出演作がたくさんあり、全てを記憶しているわけではありませんが、『10 クローバーフィールド・レーン』の役は灰汁が強くて新鮮でした。そして、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』では、B級映画制作会社のトップを演じていて、豪快な演技がキャラクターをすごく魅力的にしています。年を重ねて、この体型だと身体が心配ですが、まだまだ頑張って欲しいです。

Recommended by Myson

©2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
Photo by Alison Rosa ©2012 Long Strange Trip LLC
©2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
©2015 Trumbo Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
© 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
© 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
© 2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION
© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

from 2016/6/13

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

映画『日本独立』小林薫 小林薫(こばやし かおる)

1951年9月4日、京都府生まれ。1971年から80年までの間、唐十郎主催の状況劇場に…

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ キル・チーム

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化…

映画『青い、森』田中偉登 田中偉登(たなか たけと)

2000年1月24日生まれ、大阪府出身。2012年に『宇宙兄弟』で映画デビュー。以降…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン KCIA 南山の部長たち

1979年10月26日、韓国のパク・チョンヒ(朴正煕)大統領は、自らの側近だった中央情報部(通称:KCIA)の部長キム・ジェギュ(金載圭)に殺害…

映画『青い、森』門下秀太郎 門下秀太郎(かどした しゅうたろう)

1998年9月11日、長崎県生まれ。2016年、第3回SonyMusic×smart オーディションで…

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ 天空の結婚式

2016年にイタリアの下院議会で同性カップルの結婚に準ずる権利を認めるシビル・ユニオン法が…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  2. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  3. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  4. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  5. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  6. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  7. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  8. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  9. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  10. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

PAGE TOP