アンケート特集

笑ったり、驚いたり、映画館でのリアクションはOK?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー

今回は、映画鑑賞中のリアクションについて調査しました。映画館で、おもしろいシーンや怖いシーンが出てきた時、皆さんはどんな風にリアクションしていますか?今回は、そんな映画館でのリアクションについて、自身のスタンス、周囲に求めるスタンスを聞いてみました。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1:映画を観る前、どこまで情報を入れる?
映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

アンケート回答人数:10代以上の女性476名

Q1:映画館で観ていて、おもしろいシーンが出てきて笑ってしまいそうな時、普段あなたはどうしていますか?

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3:リアクション編Q1

Q2:映画館で観ていて、おもしろいシーンが出てきて笑ってしまいそうな時、周囲にはどうして欲しいですか?

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3:リアクション編Q2

「遠慮なく笑ってもらってOK」が僅差で最多となりましたが、「笑っても良いが、一応周囲には気を使って欲しい」とほぼ半々の結果となりました。自然に反応して笑いたいところですが、やはり周囲の反応は気になってしまいますよね。

Q3:映画館で観ていて、怖いシーンが出てきた時、普段あなたはどうしていますか?

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3:リアクション編Q3

Q4:映画館で観ていて、怖いシーンが出てきた時、周囲にはどうして欲しいですか?

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3:リアクション編Q4

怖いシーンの場合、急に驚かされることも多く、身体が無意識に反応することもあって、コントロールするのはなかなか難しいですよね。周囲のリアクションによって「私と同じで怖いんだ」と安心する方もいれば、余計に怖くなる方もいるようで、笑えるシーンへのリアクションと少し受け止め方が違うようです。

Q5:皆さんの映画鑑賞における価値観について

■映画を観終えたらもう知らない人同士だけど、同じ映画を観て時間を共有しているので、皆で楽しく一体になりながら鑑賞したい。(10代後半)
■周囲で観ている人のリアクションも映画館での映画鑑賞ならではのことなので、私はそこまで神経質にはなりませんが、周囲の人は気にするかも知れないので極力抑えています。(10代後半)
■その映画の世界観にできる限り浸りたいと考えているため、なるべくリアクションは小さめにお願いしたい。もちろんその映画に対して笑ったり怖がったりするのは構わないので、よっぽど大声だったり、不自然なタイミングでリアクションされる他は良いと思う。(20代前半)
■私語やガサガサ物をいじるなど、映画と関係ない迷惑行為はやめて欲しいが、純粋に作品を楽しみたい気持ちは皆同じだと思うので、ちゃんの映画の世界に入り込んで、それぞれが自由な反応をするのは当たり前だと思う。(20代前半)
■自然な反応や我慢できないものは仕方ないが、声を出したり「びっくりした」と言葉を発したりするのは気が散るのでやめて欲しい。(20代前半)
■日本の映画館では静かにしていないといけないと思っている人が多く、声に出して笑ったりしないようにする人や、誰かの笑い声を嫌に思う人がいるのを不思議に思います。私は鑑賞中におもしろいシーンで周りから笑い声が聞こえると嬉しくなって、自分ももっと楽しくなります。怖い映画でも、誰かが驚いて声を上げてしまったのを聞くと、他の人もこのシーンは怖いんだと少し安心します。他の人のリアクションで映画がもっと楽しくなるので、周りの人がたくさんリアクションを取ってくれると嬉しい気持ちになります。(20代前半)
■映画に自然に反応するのは、映画を楽しんでいる証拠です。感情を表さないのは不自然です。(20代後半)
■応援上映ほどではないけど、常に喜怒哀楽のリアクションを取りたい派です!さすがに大声で歌われたり、私語をされるのは嫌だけど、日本でももう少し自由に映画を鑑賞できると良いなと思います。(20代後半)
■笑えるシーンで笑わなかったら逆に気になります。ただ大声でとかは公共の場ということを考えて欲しいと思います。自分は笑いそうな時や怖い時は控えめですが、リアクションしてしまいます。(20代後半)
■本当はもっと大きな声で笑ったり、泣いたり、手を叩いたりしながら楽しみたい。(20代後半)
■海外で映画を観た時に、観客の素直で自然な反応がとても心地良く感じ、まさに観客と映画が一体になったようでした。でも、日本は日本で静かに各々で受け止めている感じで好きです。どちらのスタイルでも自分を押し込めず映画が楽しめれば良いと思います。(20代後半)
■今の時代、応援上映などもあるので、抵抗ないです。普段ライブや舞台などにもよく行くので、映画だけ静かに観なければいけないという考えは古いかなと思います。ただ、一応周りには気を遣います。それより話し続けたり、スマホを見たりする方々のほうがよっぽど迷惑です。(30代前半)
■せっかくお金を払って大きなスクリーンで観ているので、飲食やリアクションなどは周りに配慮して観て欲しいと思います。(30代前半)
■日本の映画館はシーンとしていて、リアクションしてる人に対して冷たいと思う。最近は応援上映があるが、あそこまで行くと過剰な気がして参加したことはない。海外の映画館の反応を羨ましく思う。特に“スター・ウォーズ”やマーベル作品を観る時は、声を出してリアクションし、知らないお客さん達と一体感を味わいたいと思うことがある。食べる音やいびきをかいて寝ている人に比べたら、映画のリアクションは心地が良いと思う。(30代後半)
■映画にもよると思うけど、『翔んで埼玉』を埼玉県人と埼玉で鑑賞した時は、 劇場一丸で大ウケでした。そういう時はいくらウケても良いと思います。(30代後半)
■すごくビビリなのに、ホラー映画好きで観に行っちゃうから、イスから飛ぶぐらい驚いちゃう。同じ列の人が驚いてイスが揺れると、自分だけじゃないと思えて嬉しい。(30代後半)
■笑うのも泣くのもあまり我慢できないです! 見知らぬ人同士が、同じ場所、時間、作品を選んでることが何だか不思議で、それだけでも映画館で映画を観ることは価値があると思います。(40代前半)
■海外文化の中でなら大笑いしたいけど、日本の映画館で爆笑してる人がいると、ちょっとびっくりしてしまう。 怖い時は本当に我慢して欲しいです。声を出したり、大きくビクッとされると、それでまた怖くなってしまいます。(40代前半)
■必要以上に感情をさらけ出して周りと調和できていないのは問題ですが、観客の反応も含めて映画作品といった面もあるので、自然なリアクションは良いと思います。 大ヒットした『カメラを止めるな!』を観ている最中、周りのお客さんと同調したりする感覚があり、言葉を交わすわけではないけど、不思議な仲間意識みたいものが生まれ、それこそ作品の魅力だなと思いました。(50代)

皆さんそれぞれ価値観があるようですが、マナーを守った上で、リアクションすることを心掛けている方が多いことがわかりました。最近は、応援上映や、絶叫上映など映画に合わせた楽しみ方ができる上映回もありますし、今後も映画の楽しみ方はもさらに進化していきそうですね!

★リアクションしながら楽しみたい編集部オススメ作品

■『ミッドサマー』
2020年2月21日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー

■『カメラを止めるな!』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

カメラを止めるな!

■『パラノーマル・アクティビティ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

パラノーマル・アクティビティ(字幕版)

■『アフロ田中』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

アフロ田中

■『斉木楠雄のΨ難』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

斉木楠雄のΨ難

■『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン (字幕版)

■『クロユリ団地』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

クロユリ団地

■『ユリゴコロ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ユリゴコロ

■『地獄でなぜ悪い』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

地獄でなぜ悪い

■『なんちゃって家族』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

なんちゃって家族 (字幕版)

■『ヒメアノ~ル』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ヒメアノ~ル 通常版 [Blu-ray]

■『リンカーン/秘密の書』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

リンカーン/秘密の書 (字幕版)

■『ライト/オフ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ライト/オフ(字幕版)

© 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バズ・ライトイヤー』ノート&ステッカー 『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『1640日の家族』メラニー・ティエリー/ガブリエル・パヴィ 『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ ブラック・フォン

公式サイトでは「恐怖が同時進行する」という表現を使っている点はまさにその通りで…

映画『死刑にいたる病』中山美穂 中山美穂(なかやま みほ)

1970年3月1日生まれ。1985年に俳優デビュー。同年歌手デビューも果たし…

映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの 神は見返りを求める

𠮷田恵輔監督作ということで、絶対心が掻き乱されるのだろうと思いながら観たら…

映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』リウ・ハオツン リウ・ハオツン

2000年5月生まれ。2022年『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』で俳優デビュー。本作には…

コラボインタビュー1:アーク・フィルムズ、ブエナワイカ 映画配給さんにインタビュー【アーク・フィルムズ】×【ブエナワイカ】

今回は、日本初上陸のマルタ製作映画を配給するアーク・フィルムズの相川さんと、ペルー映画を専門に配給するブエナワイカの長沢さんにインタビューをさせていただきました。なんと、相川さんも小学生の頃に6年間ほどペルーに在住していたそうで、ペルー繋がりもあり、不思議なご縁を感じるインタビューとなりました。どうやって作品を買い付けるのかといったことなど、普段は聞けないお話をたくさんしていただきました。

映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー 彼女たちの革命前夜

1970年のロンドンで、女性解放運動の活動家達が“ミス・ワールド”開催に対して抗議運動を…

映画『流浪の月』広瀬すず 広瀬すず(ひろせ すず)

1998年6月19日静岡県生まれ。姉は俳優の広瀬アリス。2013年、『幽かな彼女』で…

映画『ルッツ 海に生きる』ジェスマーク・シクルーナ ルッツ 海に生きる

タイトルにある“ルッツ”は、主人公が祖父から代々受け継いで使っている小さな木製の漁船のこと…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu 編集部にカモン!【記事作成部活】2022年7月度参加者募集

【記事作成部活】では、トーキョー女子映画部WEBサイト内の記事作成に参加できます!

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ
  2. 映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの
  3. 映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー
  4. 映画『ルッツ 海に生きる』ジェスマーク・シクルーナ
  5. 映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ
  6. 映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン
  7. 映画『炎の少女チャーリー』ライアン・キーラ・アームストロング
  8. 映画『ザ・ロストシティ』サンドラ・ブロック/チャニング・テイタム
  9. 映画『PLAN 75』倍賞千恵子
    PLAN 75

  10. 映画『三姉妹』ムン・ソリ/チャン・ユンジュ
    三姉妹

PAGE TOP