アンケート特集

笑ったり、驚いたり、映画館でのリアクションはOK?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー

今回は、映画鑑賞中のリアクションについて調査しました。映画館で、おもしろいシーンや怖いシーンが出てきた時、皆さんはどんな風にリアクションしていますか?今回は、そんな映画館でのリアクションについて、自身のスタンス、周囲に求めるスタンスを聞いてみました。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1:映画を観る前、どこまで情報を入れる?
映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

アンケート回答人数:10代以上の女性476名

Q1:映画館で観ていて、おもしろいシーンが出てきて笑ってしまいそうな時、普段あなたはどうしていますか?

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3:リアクション編Q1

Q2:映画館で観ていて、おもしろいシーンが出てきて笑ってしまいそうな時、周囲にはどうして欲しいですか?

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3:リアクション編Q2

「遠慮なく笑ってもらってOK」が僅差で最多となりましたが、「笑っても良いが、一応周囲には気を使って欲しい」とほぼ半々の結果となりました。自然に反応して笑いたいところですが、やはり周囲の反応は気になってしまいますよね。

Q3:映画館で観ていて、怖いシーンが出てきた時、普段あなたはどうしていますか?

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3:リアクション編Q3

Q4:映画館で観ていて、怖いシーンが出てきた時、周囲にはどうして欲しいですか?

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3:リアクション編Q4

怖いシーンの場合、急に驚かされることも多く、身体が無意識に反応することもあって、コントロールするのはなかなか難しいですよね。周囲のリアクションによって「私と同じで怖いんだ」と安心する方もいれば、余計に怖くなる方もいるようで、笑えるシーンへのリアクションと少し受け止め方が違うようです。

Q5:皆さんの映画鑑賞における価値観について

■映画を観終えたらもう知らない人同士だけど、同じ映画を観て時間を共有しているので、皆で楽しく一体になりながら鑑賞したい。(10代後半)
■周囲で観ている人のリアクションも映画館での映画鑑賞ならではのことなので、私はそこまで神経質にはなりませんが、周囲の人は気にするかも知れないので極力抑えています。(10代後半)
■その映画の世界観にできる限り浸りたいと考えているため、なるべくリアクションは小さめにお願いしたい。もちろんその映画に対して笑ったり怖がったりするのは構わないので、よっぽど大声だったり、不自然なタイミングでリアクションされる他は良いと思う。(20代前半)
■私語やガサガサ物をいじるなど、映画と関係ない迷惑行為はやめて欲しいが、純粋に作品を楽しみたい気持ちは皆同じだと思うので、ちゃんの映画の世界に入り込んで、それぞれが自由な反応をするのは当たり前だと思う。(20代前半)
■自然な反応や我慢できないものは仕方ないが、声を出したり「びっくりした」と言葉を発したりするのは気が散るのでやめて欲しい。(20代前半)
■日本の映画館では静かにしていないといけないと思っている人が多く、声に出して笑ったりしないようにする人や、誰かの笑い声を嫌に思う人がいるのを不思議に思います。私は鑑賞中におもしろいシーンで周りから笑い声が聞こえると嬉しくなって、自分ももっと楽しくなります。怖い映画でも、誰かが驚いて声を上げてしまったのを聞くと、他の人もこのシーンは怖いんだと少し安心します。他の人のリアクションで映画がもっと楽しくなるので、周りの人がたくさんリアクションを取ってくれると嬉しい気持ちになります。(20代前半)
■映画に自然に反応するのは、映画を楽しんでいる証拠です。感情を表さないのは不自然です。(20代後半)
■応援上映ほどではないけど、常に喜怒哀楽のリアクションを取りたい派です!さすがに大声で歌われたり、私語をされるのは嫌だけど、日本でももう少し自由に映画を鑑賞できると良いなと思います。(20代後半)
■笑えるシーンで笑わなかったら逆に気になります。ただ大声でとかは公共の場ということを考えて欲しいと思います。自分は笑いそうな時や怖い時は控えめですが、リアクションしてしまいます。(20代後半)
■本当はもっと大きな声で笑ったり、泣いたり、手を叩いたりしながら楽しみたい。(20代後半)
■海外で映画を観た時に、観客の素直で自然な反応がとても心地良く感じ、まさに観客と映画が一体になったようでした。でも、日本は日本で静かに各々で受け止めている感じで好きです。どちらのスタイルでも自分を押し込めず映画が楽しめれば良いと思います。(20代後半)
■今の時代、応援上映などもあるので、抵抗ないです。普段ライブや舞台などにもよく行くので、映画だけ静かに観なければいけないという考えは古いかなと思います。ただ、一応周りには気を遣います。それより話し続けたり、スマホを見たりする方々のほうがよっぽど迷惑です。(30代前半)
■せっかくお金を払って大きなスクリーンで観ているので、飲食やリアクションなどは周りに配慮して観て欲しいと思います。(30代前半)
■日本の映画館はシーンとしていて、リアクションしてる人に対して冷たいと思う。最近は応援上映があるが、あそこまで行くと過剰な気がして参加したことはない。海外の映画館の反応を羨ましく思う。特に“スター・ウォーズ”やマーベル作品を観る時は、声を出してリアクションし、知らないお客さん達と一体感を味わいたいと思うことがある。食べる音やいびきをかいて寝ている人に比べたら、映画のリアクションは心地が良いと思う。(30代後半)
■映画にもよると思うけど、『翔んで埼玉』を埼玉県人と埼玉で鑑賞した時は、 劇場一丸で大ウケでした。そういう時はいくらウケても良いと思います。(30代後半)
■すごくビビリなのに、ホラー映画好きで観に行っちゃうから、イスから飛ぶぐらい驚いちゃう。同じ列の人が驚いてイスが揺れると、自分だけじゃないと思えて嬉しい。(30代後半)
■笑うのも泣くのもあまり我慢できないです! 見知らぬ人同士が、同じ場所、時間、作品を選んでることが何だか不思議で、それだけでも映画館で映画を観ることは価値があると思います。(40代前半)
■海外文化の中でなら大笑いしたいけど、日本の映画館で爆笑してる人がいると、ちょっとびっくりしてしまう。 怖い時は本当に我慢して欲しいです。声を出したり、大きくビクッとされると、それでまた怖くなってしまいます。(40代前半)
■必要以上に感情をさらけ出して周りと調和できていないのは問題ですが、観客の反応も含めて映画作品といった面もあるので、自然なリアクションは良いと思います。 大ヒットした『カメラを止めるな!』を観ている最中、周りのお客さんと同調したりする感覚があり、言葉を交わすわけではないけど、不思議な仲間意識みたいものが生まれ、それこそ作品の魅力だなと思いました。(50代)

皆さんそれぞれ価値観があるようですが、マナーを守った上で、リアクションすることを心掛けている方が多いことがわかりました。最近は、応援上映や、絶叫上映など映画に合わせた楽しみ方ができる上映回もありますし、今後も映画の楽しみ方はもさらに進化していきそうですね!

★リアクションしながら楽しみたい編集部オススメ作品

■『ミッドサマー』
2020年2月21日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー

■『カメラを止めるな!』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

カメラを止めるな!

■『パラノーマル・アクティビティ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

パラノーマル・アクティビティ(字幕版)

■『アフロ田中』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

アフロ田中

■『斉木楠雄のΨ難』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

斉木楠雄のΨ難

■『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン (字幕版)

■『クロユリ団地』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

クロユリ団地

■『ユリゴコロ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ユリゴコロ

■『地獄でなぜ悪い』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

地獄でなぜ悪い

■『なんちゃって家族』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

なんちゃって家族 (字幕版)

■『ヒメアノ~ル』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ヒメアノ~ル 通常版 [Blu-ray]

■『リンカーン/秘密の書』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

リンカーン/秘密の書 (字幕版)

■『ライト/オフ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ライト/オフ(字幕版)

© 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』実写&アニメーションポスター 『思い、思われ、ふり、ふられ』原作者:咲坂伊緒さんインタビュー

人気コミック「思い、思われ、ふり、ふられ」が、実写版、アニメ版となって劇場公開!今回は本作の原作者である咲坂伊緒にインタビューをさせて頂きました。若者を主人公にした数々の人気作を生み出した咲坂さんは普段どんな視点で社会を見ていらっしゃるのかなど、いろいろと質問をぶつけてみました。

映画『メカニカル・テレパシー』吉田龍一/白河奈々未/申芳夫/伊吹葵/青山雪菜/石田清志郎/時光陸/松井綾香/長尾理世/竹中博文 『メカニカル・テレパシー』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『メカニカル・テレパシー』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』チャド・マイケル・コリンズ 山猫は眠らない8 暗殺者の終幕

人気シリーズである本作は今回で8作目。実はこのシリーズのことはもちろん知っていましたが、本編を観たのは今作で初めてでした。というわけでこれまでのいきさつは知らずに観ましたが…

映画『2分の1の魔法』オリジナルノート&ステッカー 『2分の1の魔法』3名様 オリジナルグッズ(ノート&ステッカー)プレゼント

映画『2分の1の魔法』3名様 オリジナルグッズ(ノート&ステッカー)プレゼント

映画『糸』菅田将暉/小松菜奈

13歳で出会った高橋漣と園田葵の運命が複雑に絡み合っていくのですが、2人の物語に特化しているわけではなく、それぞれにいろいろな経験を経て成長していくストーリーになっているので…

映画『私がモテてどうすんだ』神尾楓珠 神尾楓珠(かみお ふうじゅ)

1999年1月21日東京都生まれ。主な出演作は、テレビドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』『左ききのエレン』『鈍色の箱の中で』『いいね!光源氏くん』などがあり…

【映画館における換気実験】 映画館の空気の流れが一目瞭然!<映画館における換気実証実験>実施

「映画館は密閉空間ではない」ということをわかりやすく理解して頂くため、専門家の指導のもと映画館内での空気の流れを“可視化”する実験が実施されました。

映画『ハニーボーイ』ノア・ジュプ ハニーボーイ

本作は、シャイア・ラブーフが“トランスフォーマー”シリーズで一躍スターの仲間入りをした後、飲酒などのトラブルを起こし、リハビリ施設で治療の一環として書き上げたという自伝的脚本を映画化したもの…

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン ジェームズ・ノートン

1985年7月18日イギリス、ロンドン生まれ。トルストイの『戦争と平和』をドラマ化したBBCのミニシリーズなどに出演して人気を博している。主な映画出演作に…

映画『ブレスレット 鏡の中の私』メリッサ・ゲール 心理学から観る映画19:あなたも知らぬ間に使ってる!?戦術的な自己呈示

「私は私のことを1番わかってる」「あなたのことは私が1番わかってる」なんてことを言ったり、考えたりすることは誰にでもありますよね。どれも正解に思えるし、どれも間違えていると思えます。それは人には表に見せている面、隠している面があるからです。そこで今回は、自己呈示について考えます。

おすすめ記事

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』チャド・マイケル・コリンズ
  2. 映画『糸』菅田将暉/小松菜奈

  3. 映画『ハニーボーイ』ノア・ジュプ
  4. 映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン
  5. 映画『ジョーンの秘密』ジュディ・デンチ/ベン・マイルズ
  6. 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』浜辺美波/北村匠海/福本莉子/赤楚衛二
  7. 映画『ブレスレット 鏡の中の私』メリッサ・ゲール
  8. 映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』
  9. 映画『もったいないキッチン』ダーヴィド・グロス/塚本ニキ
  10. 映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ/ブルーノ・ガンツ

部活・イベント

  1. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  4. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  5. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
PAGE TOP