アンケート特集

笑ったり、驚いたり、映画館でのリアクションはOK?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー

今回は、映画鑑賞中のリアクションについて調査しました。映画館で、おもしろいシーンや怖いシーンが出てきた時、皆さんはどんな風にリアクションしていますか?今回は、そんな映画館でのリアクションについて、自身のスタンス、周囲に求めるスタンスを聞いてみました。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1:映画を観る前、どこまで情報を入れる?
映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

アンケート回答人数:10代以上の女性476名

Q1:映画館で観ていて、おもしろいシーンが出てきて笑ってしまいそうな時、普段あなたはどうしていますか?

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3:リアクション編Q1

Q2:映画館で観ていて、おもしろいシーンが出てきて笑ってしまいそうな時、周囲にはどうして欲しいですか?

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3:リアクション編Q2

「遠慮なく笑ってもらってOK」が僅差で最多となりましたが、「笑っても良いが、一応周囲には気を使って欲しい」とほぼ半々の結果となりました。自然に反応して笑いたいところですが、やはり周囲の反応は気になってしまいますよね。

Q3:映画館で観ていて、怖いシーンが出てきた時、普段あなたはどうしていますか?

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3:リアクション編Q3

Q4:映画館で観ていて、怖いシーンが出てきた時、周囲にはどうして欲しいですか?

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3:リアクション編Q4

怖いシーンの場合、急に驚かされることも多く、身体が無意識に反応することもあって、コントロールするのはなかなか難しいですよね。周囲のリアクションによって「私と同じで怖いんだ」と安心する方もいれば、余計に怖くなる方もいるようで、笑えるシーンへのリアクションと少し受け止め方が違うようです。

Q5:皆さんの映画鑑賞における価値観について

■映画を観終えたらもう知らない人同士だけど、同じ映画を観て時間を共有しているので、皆で楽しく一体になりながら鑑賞したい。(10代後半)
■周囲で観ている人のリアクションも映画館での映画鑑賞ならではのことなので、私はそこまで神経質にはなりませんが、周囲の人は気にするかも知れないので極力抑えています。(10代後半)
■その映画の世界観にできる限り浸りたいと考えているため、なるべくリアクションは小さめにお願いしたい。もちろんその映画に対して笑ったり怖がったりするのは構わないので、よっぽど大声だったり、不自然なタイミングでリアクションされる他は良いと思う。(20代前半)
■私語やガサガサ物をいじるなど、映画と関係ない迷惑行為はやめて欲しいが、純粋に作品を楽しみたい気持ちは皆同じだと思うので、ちゃんの映画の世界に入り込んで、それぞれが自由な反応をするのは当たり前だと思う。(20代前半)
■自然な反応や我慢できないものは仕方ないが、声を出したり「びっくりした」と言葉を発したりするのは気が散るのでやめて欲しい。(20代前半)
■日本の映画館では静かにしていないといけないと思っている人が多く、声に出して笑ったりしないようにする人や、誰かの笑い声を嫌に思う人がいるのを不思議に思います。私は鑑賞中におもしろいシーンで周りから笑い声が聞こえると嬉しくなって、自分ももっと楽しくなります。怖い映画でも、誰かが驚いて声を上げてしまったのを聞くと、他の人もこのシーンは怖いんだと少し安心します。他の人のリアクションで映画がもっと楽しくなるので、周りの人がたくさんリアクションを取ってくれると嬉しい気持ちになります。(20代前半)
■映画に自然に反応するのは、映画を楽しんでいる証拠です。感情を表さないのは不自然です。(20代後半)
■応援上映ほどではないけど、常に喜怒哀楽のリアクションを取りたい派です!さすがに大声で歌われたり、私語をされるのは嫌だけど、日本でももう少し自由に映画を鑑賞できると良いなと思います。(20代後半)
■笑えるシーンで笑わなかったら逆に気になります。ただ大声でとかは公共の場ということを考えて欲しいと思います。自分は笑いそうな時や怖い時は控えめですが、リアクションしてしまいます。(20代後半)
■本当はもっと大きな声で笑ったり、泣いたり、手を叩いたりしながら楽しみたい。(20代後半)
■海外で映画を観た時に、観客の素直で自然な反応がとても心地良く感じ、まさに観客と映画が一体になったようでした。でも、日本は日本で静かに各々で受け止めている感じで好きです。どちらのスタイルでも自分を押し込めず映画が楽しめれば良いと思います。(20代後半)
■今の時代、応援上映などもあるので、抵抗ないです。普段ライブや舞台などにもよく行くので、映画だけ静かに観なければいけないという考えは古いかなと思います。ただ、一応周りには気を遣います。それより話し続けたり、スマホを見たりする方々のほうがよっぽど迷惑です。(30代前半)
■せっかくお金を払って大きなスクリーンで観ているので、飲食やリアクションなどは周りに配慮して観て欲しいと思います。(30代前半)
■日本の映画館はシーンとしていて、リアクションしてる人に対して冷たいと思う。最近は応援上映があるが、あそこまで行くと過剰な気がして参加したことはない。海外の映画館の反応を羨ましく思う。特に“スター・ウォーズ”やマーベル作品を観る時は、声を出してリアクションし、知らないお客さん達と一体感を味わいたいと思うことがある。食べる音やいびきをかいて寝ている人に比べたら、映画のリアクションは心地が良いと思う。(30代後半)
■映画にもよると思うけど、『翔んで埼玉』を埼玉県人と埼玉で鑑賞した時は、 劇場一丸で大ウケでした。そういう時はいくらウケても良いと思います。(30代後半)
■すごくビビリなのに、ホラー映画好きで観に行っちゃうから、イスから飛ぶぐらい驚いちゃう。同じ列の人が驚いてイスが揺れると、自分だけじゃないと思えて嬉しい。(30代後半)
■笑うのも泣くのもあまり我慢できないです! 見知らぬ人同士が、同じ場所、時間、作品を選んでることが何だか不思議で、それだけでも映画館で映画を観ることは価値があると思います。(40代前半)
■海外文化の中でなら大笑いしたいけど、日本の映画館で爆笑してる人がいると、ちょっとびっくりしてしまう。 怖い時は本当に我慢して欲しいです。声を出したり、大きくビクッとされると、それでまた怖くなってしまいます。(40代前半)
■必要以上に感情をさらけ出して周りと調和できていないのは問題ですが、観客の反応も含めて映画作品といった面もあるので、自然なリアクションは良いと思います。 大ヒットした『カメラを止めるな!』を観ている最中、周りのお客さんと同調したりする感覚があり、言葉を交わすわけではないけど、不思議な仲間意識みたいものが生まれ、それこそ作品の魅力だなと思いました。(50代)

皆さんそれぞれ価値観があるようですが、マナーを守った上で、リアクションすることを心掛けている方が多いことがわかりました。最近は、応援上映や、絶叫上映など映画に合わせた楽しみ方ができる上映回もありますし、今後も映画の楽しみ方はもさらに進化していきそうですね!

★リアクションしながら楽しみたい編集部オススメ作品

■『ミッドサマー』
2020年2月21日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー

■『カメラを止めるな!』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

カメラを止めるな!

■『パラノーマル・アクティビティ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

パラノーマル・アクティビティ(字幕版)

■『アフロ田中』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

アフロ田中

■『斉木楠雄のΨ難』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

斉木楠雄のΨ難

■『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン (字幕版)

■『クロユリ団地』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

クロユリ団地

■『ユリゴコロ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ユリゴコロ

■『地獄でなぜ悪い』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

地獄でなぜ悪い

■『なんちゃって家族』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

なんちゃって家族 (字幕版)

■『ヒメアノ~ル』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ヒメアノ~ル 通常版 [Blu-ray]

■『リンカーン/秘密の書』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

リンカーン/秘密の書 (字幕版)

■『ライト/オフ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ライト/オフ(字幕版)

© 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたしの叔父さん』イェデ・スナゴー わたしの叔父さん

のどかで美しいデンマークの農場が舞台の本作。主人公は、27歳の女性クリスで…

映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし ヤクザと家族 The Family

人には人との繋がりが大切で、どんな環境どんな関係であっても、家族と呼べる関係が…

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

映画『日本独立』小林薫 小林薫(こばやし かおる)

1951年9月4日、京都府生まれ。1971年から80年までの間、唐十郎主催の状況劇場に…

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ キル・チーム

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化…

映画『青い、森』田中偉登 田中偉登(たなか たけと)

2000年1月24日生まれ、大阪府出身。2012年に『宇宙兄弟』で映画デビュー。以降…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン KCIA 南山の部長たち

1979年10月26日、韓国のパク・チョンヒ(朴正煕)大統領は、自らの側近だった中央情報部(通称:KCIA)の部長キム・ジェギュ(金載圭)に殺害…

映画『青い、森』門下秀太郎 門下秀太郎(かどした しゅうたろう)

1998年9月11日、長崎県生まれ。2016年、第3回SonyMusic×smart オーディションで…

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『わたしの叔父さん』イェデ・スナゴー
  2. 映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし
  3. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  4. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  5. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  6. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  7. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  8. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  9. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  10. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
PAGE TOP