イイ俳優セレクション

佐藤隆太(さとう りゅうた)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『シャイロックの子供たち』佐藤隆太

1980年2月27日生まれ。東京都出身。1999年、舞台“BOYS TIME”でデビュー。その後、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』『海猿』などの話題作に出演し、『ROOKIES』でドラマ初主演を飾る。舞台では、“ビロクシー・ブルース”にて初主演し、“騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談”(蜷川幸雄演出)、“高校中パニック!小激突!!”(宮藤官九郎演出)、“足跡姫~時代錯誤冬幽霊~”(野田秀樹演出)などに出演。ほか映画出演作には、『間宮兄弟』『漫才ギャング』『天地明察』『悪夢ちゃんThe夢ovie』『TOKYO TRIBE』『鋼の錬金術師』『ひるなかの流星』『今日も嫌がらせ弁当』などがある。TVドラマでは、『ウチの夫は仕事ができない』『カンナさーん』『下北沢ダイハード』などに出演したほか、『ライオングータッチ』でMCを務めるなど、ジャンル問わず活躍している。

イイ男セレクション/出演作

『世にも奇妙な物語・映画の特別編』『あしたはきっと』『リボルバー青い春』『さよなら、クロ』『ROCKERS』『木更津キャッツアイ~日本シリーズ~』『ジャンプ』『ローレライ』『いぬのえいが』『まだまだあぶない刑事』『ブース』『憑神』『LIMIT OF LOVE 海猿』『間宮兄弟』『ダメジン』『東京フレンズ The Movie』『木更津キャッツアイワールドシリーズ』『7月24日通りのクリスマス』『ガチ☆ボーイ』『ROOKIES-卒業-』『THE LAST MESSAGE 海猿』『おにいちゃんのハナビ』『漫才ギャング』『ロック~わんこの島~』『ツナグ』『天地明察』『BRAVE HEARTS 海猿』『キタキツネ物語~明日へ』『TOKYO TRIBE』『悪夢ちゃん The夢ovie』『ひるなかの流星』『鋼の錬金術師』『輪違屋糸里 京女たちの幕末』『今日も嫌がらせ弁当』『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』『シャイロックの子供たち』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

『ROOKIES』の先生役が今でも好きですが、熱い爽やかな印象で好感が持てます。まだ駆け出しの頃だと思いますが、ブラッド・ピットが来日した記者会見で、俳優の1人として記者席に座り、手を挙げて質問を投げていたのを覚えていますが、あの彼がこんなに売れっ子になったんだな~と勝手にしみじみとしちゃいます。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『シャイロックの子供たち』
2023年2月17日より全国公開

映画『シャイロックの子供たち』阿部サダヲ/上戸彩/玉森裕太/柳葉敏郎/杉本哲太/佐藤隆太/柄本明/橋爪功/佐々木蔵之介

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『リボルバー青い春』

『さよなら、クロ』

『ROCKERS』

『木更津キャッツアイ~日本シリーズ~』

『まだまだあぶない刑事』

『憑神』

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『間宮兄弟』

『木更津キャッツアイワールドシリーズ』

『7月24日通りのクリスマス』

『ガチ☆ボーイ』

『ROOKIES-卒業-』

『おにいちゃんのハナビ』

『漫才ギャング』

『ロック~わんこの島~』

『ツナグ』

『天地明察』

『BRAVE HEARTS 海猿』

『TOKYO TRIBE』

『悪夢ちゃん The夢ovie』

『ひるなかの流星』

『鋼の錬金術師』

『輪違屋糸里 京女たちの幕末』

『今日も嫌がらせ弁当』

『鋼の錬金術師 完結編』

©2017 荒川弘/SQUARE ENIX ©2017 映画『鋼の錬金術師』製作委員会
© 2018 銀幕維新の会/「輪違屋糸里」製作委員会
© 2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
© 2023映画「シャイロックの子供たち」製作委員会

関連記事

from 2017/11/27

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マッチング』土屋太鳳 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年2月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年2月】のアクセスランキングを発表!

映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ DOGMAN ドッグマン【レビュー】

本作はリュック・ベッソンが実際の事件に着想を得て脚本、監督を担当し、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズを主演に迎えて制作した…

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マッチング』土屋太鳳
  2. 映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
  3. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  4. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  5. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP