特集

映画で“食”について考えてみよう3:まめに冷蔵庫内をチェックして食品ロス削減に貢献

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『もったいないキッチン』ダーヴィド・グロス/塚本ニキ

日本では、スーパーやコンビニなどが身近にあり、お金さえ出せばいつでも手軽に食材を購入することができます。でも、冷蔵庫の中にそのまま入れっぱなしで「気が付いたら賞味期限切れだった」「作ったけど量が多くて食べきれなかった」という経験が皆さんあるのではないでしょうか。今回は日本の食品ロスについてと、それを減らすために、私達が普段からできることを考えていきたいと思います。

日本は食品ロス大国

今日の日本の食料事情問題の1つとして、食べ残しや食品の廃棄が大きな問題となっています。家庭やレストランなどでの食べ残しの他に、消費期限や賞味期限切れによる廃棄が行われています。一般家庭での食品ロス率は3.7%と、一見あまり高くないと感じるかも知れませんが、食品廃棄物の約55%は一般家庭から発生するもので、企業のものと合わせると年間2550万トンの食品が廃棄されています。その中で本来食べられるのに捨てられる食品「食品ロス」の量は、年間612万トンにもなります。これは、日本人1人当たりの食品ロス量が1年で約48kgで、毎日お茶碗1杯分のご飯を捨てているのと同じ量に値し、世界でもかなり高い水準となっています。現在、世界には食事が満足に摂れず、栄養不足状態になっている人が、約8億人以上にものぼると言われています。日本では、自国での生産以外に世界中からさまざまな食料を集めることができますが、豊かな食生活を送るだけでなく、多くの人が平然と食べ残しや賞味期限切れなどで食品を廃棄していることは、大きな問題となっています。

映画『もったいないキッチン』

食品ロスを減らすために私達ができること

国としては、令和元年10月1日に「食品ロスの削減の推進に関する法律(略称:食品ロス削減推進法)」が施行され、令和2年3月には、食品ロス削減推進法に基づく基本方針が閣議決定され、現在、各企業や自治体でもさまざまな取り組みが行われています。では、私達が日常でできることにはどんなことがあるのでしょうか?

<家庭で気を付けること>
■賞味期限切れの場合でも、数字に頼り過ぎず、食品をよく見て、匂いを嗅ぐなど五感で判断するように意識する。
■調理のときは、食べられる分だけ作るようにする。食材が余った時は、使い切りレシピを検索するのもオススメ!
※食材を無駄にしないレシピは料理レシピサイト“クックパッド”の「消費者庁のキッチン」にて紹介されています。こちらもぜひ活用してください。
■生ゴミとして捨てていた野菜の皮や切れ端、魚のあらなどを活かした料理作りを心掛ける。
例:ブロッコリーの茎をスライスして焼いたり茹でて食べる/大根、にんじん、ごぼうなどの根菜類の皮には栄養が豊富なので、捨てずに料理に活かして食べる/魚のあらを出汁として使うなど
■食べきれなかった食品は、冷凍などの傷みにくい保存方法を検討する。

<購入時や外食の際に気を付けること>
■買い物の前に冷蔵庫の中の在庫を確認し、食べきれないほどの食材を買い過ぎないないようにする。
■陳列商品は奥から取るのではなく、陳列されている賞味期限の順番に買う。
■食べきれる量を注文or購入して、食べ残しを出さない。
※食べ残しが出てしまった場合、ドギーバッグ等で持ち帰ることができるかどうかを事前に確認しておくのも良いでしょう。

映画『もったいないキッチン』ダーヴィド・グロス/塚本ニキ

どれも一つひとつはとても簡単なことのように感じますが、これらをすべて実践することはとても大変です。まずは意識することから始め、少しずつ習慣化していくことを目指しましょう。今年は特に新型コロナウィルスの影響で、給食になるはずだった食材や牛乳が余ってしまったり、観光客の減少や物産展の中止により各地の美味しいものが余ってしまうなどのニュースをよく見かけました。そういった余った食材を積極的に購入することも大切なことだと思います。ぜひこれを機に食品ロスについて考え、まずは自宅のストック食材から見直してみてください!

<参考・引用資料>
三ッ井清貴「服部幸應の食育インストラクター養成講座 テキスト1、5」(がくぶん)
農林水産省Webサイト:食品ロス
消費者庁Webサイト
本内容は、上記で語られている内容を一部引用しまとめたものです。

食にまつわる映画をチェック!

映画『もったいないキッチン』ダーヴィド・グロス/塚本ニキ

『もったいないキッチン』
2020年8月8日より全国順次公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画監督であり“食材救済人”の異名も持つダーヴィド・グロスが、日本の“もったいない”精神に魅せられ、通訳兼旅のパートナーのニキと共に日本各地を旅しながら、食材を救済し、“もったいないキッチン”を各地でオープンしていくドキュメンタリー。

★食の注目POINT!!
廃棄食材だけで作られた料理は、どれも美味しそうなものばかり!そして、日本各地で廃棄食材をなくすために活動している人達がいることもわかります。

『ありあまるごちそう』
DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
食にまつわる映画特集1

120億人を養うことができると言われている世界経済状況で、飢えに苦しんでいる人がいるのはどうしてなのか?大量に作られて、大量に捨てられていく現実とその裏側にあるビジネス事情を露わにしていくドキュメンタリー。

★食の注目POINT!!
世界から見た食の問題に焦点が当てられ、食べる分と同じだけ食品が廃棄されている様子や、農業が盛んに行われている国なのに餓死者が多い国などの現状が映し出されています。

© UNITED PEOPLE ©Macky Kawana

TEXT by Shamy(NPO日本食育インストラクターPrimary)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

映画『サンドラの小さな家』 『サンドラの小さな家』5組10名様 特別試写会ご招待

映画『サンドラの小さな家』5組10名様 特別試写会ご招待

映画『野球少女』イ・ジュヨン 野球少女

最高134キロの球を投げる高校球児が、女子という理由だけでプロ球団への道を阻まれながらも、諦めずに挑み続ける…

Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ エミリー、パリへ行く

『セックス・アンド・ザ・シティ』のダーレン・スターが、今度はパリを舞台にしたドラマをリリー・コリンズ主演で…

映画『ターコイズの空の下で』麿赤兒 麿赤兒(まろ あかじ)

1943年2月23日生まれ、奈良県出身。早稲田大学中退。長男は…

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ラーヤと龍の王国』
  2. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  3. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  4. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  5. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  6. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  7. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  8. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
  9. 映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー
  10. 映画『ガンズ・アキンボ』ダニエル・ラドクリフ
PAGE TOP