特集

映画で“食”について考えてみよう3:まめに冷蔵庫内をチェックして食品ロス削減に貢献

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『もったいないキッチン』ダーヴィド・グロス/塚本ニキ

日本では、スーパーやコンビニなどが身近にあり、お金さえ出せばいつでも手軽に食材を購入することができます。でも、冷蔵庫の中にそのまま入れっぱなしで「気が付いたら賞味期限切れだった」「作ったけど量が多くて食べきれなかった」という経験が皆さんあるのではないでしょうか。今回は日本の食品ロスについてと、それを減らすために、私達が普段からできることを考えていきたいと思います。

日本は食品ロス大国

今日の日本の食料事情問題の1つとして、食べ残しや食品の廃棄が大きな問題となっています。家庭やレストランなどでの食べ残しの他に、消費期限や賞味期限切れによる廃棄が行われています。一般家庭での食品ロス率は3.7%と、一見あまり高くないと感じるかも知れませんが、食品廃棄物の約55%は一般家庭から発生するもので、企業のものと合わせると年間2550万トンの食品が廃棄されています。その中で本来食べられるのに捨てられる食品「食品ロス」の量は、年間612万トンにもなります。これは、日本人1人当たりの食品ロス量が1年で約48kgで、毎日お茶碗1杯分のご飯を捨てているのと同じ量に値し、世界でもかなり高い水準となっています。現在、世界には食事が満足に摂れず、栄養不足状態になっている人が、約8億人以上にものぼると言われています。日本では、自国での生産以外に世界中からさまざまな食料を集めることができますが、豊かな食生活を送るだけでなく、多くの人が平然と食べ残しや賞味期限切れなどで食品を廃棄していることは、大きな問題となっています。

映画『もったいないキッチン』

食品ロスを減らすために私達ができること

国としては、令和元年10月1日に「食品ロスの削減の推進に関する法律(略称:食品ロス削減推進法)」が施行され、令和2年3月には、食品ロス削減推進法に基づく基本方針が閣議決定され、現在、各企業や自治体でもさまざまな取り組みが行われています。では、私達が日常でできることにはどんなことがあるのでしょうか?

<家庭で気を付けること>
■賞味期限切れの場合でも、数字に頼り過ぎず、食品をよく見て、匂いを嗅ぐなど五感で判断するように意識する。
■調理のときは、食べられる分だけ作るようにする。食材が余った時は、使い切りレシピを検索するのもオススメ!
※食材を無駄にしないレシピは料理レシピサイト“クックパッド”の「消費者庁のキッチン」にて紹介されています。こちらもぜひ活用してください。
■生ゴミとして捨てていた野菜の皮や切れ端、魚のあらなどを活かした料理作りを心掛ける。
例:ブロッコリーの茎をスライスして焼いたり茹でて食べる/大根、にんじん、ごぼうなどの根菜類の皮には栄養が豊富なので、捨てずに料理に活かして食べる/魚のあらを出汁として使うなど
■食べきれなかった食品は、冷凍などの傷みにくい保存方法を検討する。

<購入時や外食の際に気を付けること>
■買い物の前に冷蔵庫の中の在庫を確認し、食べきれないほどの食材を買い過ぎないないようにする。
■陳列商品は奥から取るのではなく、陳列されている賞味期限の順番に買う。
■食べきれる量を注文or購入して、食べ残しを出さない。
※食べ残しが出てしまった場合、ドギーバッグ等で持ち帰ることができるかどうかを事前に確認しておくのも良いでしょう。

映画『もったいないキッチン』ダーヴィド・グロス/塚本ニキ

どれも一つひとつはとても簡単なことのように感じますが、これらをすべて実践することはとても大変です。まずは意識することから始め、少しずつ習慣化していくことを目指しましょう。今年は特に新型コロナウィルスの影響で、給食になるはずだった食材や牛乳が余ってしまったり、観光客の減少や物産展の中止により各地の美味しいものが余ってしまうなどのニュースをよく見かけました。そういった余った食材を積極的に購入することも大切なことだと思います。ぜひこれを機に食品ロスについて考え、まずは自宅のストック食材から見直してみてください!

<参考・引用資料>
三ッ井清貴「服部幸應の食育インストラクター養成講座 テキスト1、5」(がくぶん)
農林水産省Webサイト:食品ロス
消費者庁Webサイト
本内容は、上記で語られている内容を一部引用しまとめたものです。

食にまつわる映画をチェック!

映画『もったいないキッチン』ダーヴィド・グロス/塚本ニキ

『もったいないキッチン』
2020年8月8日より全国順次公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画監督であり“食材救済人”の異名も持つダーヴィド・グロスが、日本の“もったいない”精神に魅せられ、通訳兼旅のパートナーのニキと共に日本各地を旅しながら、食材を救済し、“もったいないキッチン”を各地でオープンしていくドキュメンタリー。

★食の注目POINT!!
廃棄食材だけで作られた料理は、どれも美味しそうなものばかり!そして、日本各地で廃棄食材をなくすために活動している人達がいることもわかります。

『ありあまるごちそう』
DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
食にまつわる映画特集1

120億人を養うことができると言われている世界経済状況で、飢えに苦しんでいる人がいるのはどうしてなのか?大量に作られて、大量に捨てられていく現実とその裏側にあるビジネス事情を露わにしていくドキュメンタリー。

★食の注目POINT!!
世界から見た食の問題に焦点が当てられ、食べる分と同じだけ食品が廃棄されている様子や、農業が盛んに行われている国なのに餓死者が多い国などの現状が映し出されています。

© UNITED PEOPLE ©Macky Kawana

TEXT by Shamy(NPO日本食育インストラクターPrimary)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フリー・ガイ』ワールドプレミア、ライアン・レイノルズ/ジョー・キーリー/ショーン・レヴィ監督他 ライアン・レイノルズ、ジョー・キーリーら豪華キャスト&スタッフ集結!『フリー・ガイ』ワールドプレミア開催

ライアン・レイノルズ主演最新作『フリー・ガイ』が、8月13日より全国公開。公開を目前に控えた8月3日(※日本時間8月4日)、ニューヨークにてワールドプレミアが開催されました!主演のライアン・レイノルズをはじめ、ジョー・キーリー、ショーン・レヴィ監督ら超豪華メンバーが集結し、本作について語りました。

映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』マーゴット・ロビー/イドリス・エルバ/ジョン・シナ/ジョエル・キナマン ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結

前作から一気にキャラクターが増えて、最初から賑やかなムードが漂う今作は、最初から容赦なくどんどんキ…

映画『キネマの神様』菅田将暉/野田洋次郎 野田洋次郎(のだ ようじろう)

1985年7月5日東京都生まれ。ロックバンドRADWIMPSのヴォーカル、ギター、ピアノを担当。2016年の映画『君の名は。』では…

【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】ジム・ジャームッシュ監督 ジム・ジャームッシュ監督初となる大規模特集上映【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】全国で拡大上映!

現在、好評開催中のジム・ジャームッシュ監督の特集上映【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】。8月6日より、新たにヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺、8月13日より池袋シネマ・ロサでの拡大上映が決定。さらに、全国各地の劇場で続々と上映開始!

映画『すべてが変わった日』ダイアン・レイン/ケビン・コスナー すべてが変わった日

物語の舞台は1963年。冒頭では主人公のマーガレット(ダイアン・レイン)とジョージ(ケビン・コスナー)が、息子夫婦と孫と共にモンタナ州の牧場でのどかに暮らす姿が映し出されます。でも…

海外ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー シーズン1』ワイアット・ラッセル ワイアット・ラッセル

1986年7月10日アメリカ生まれ。俳優のカート・ラッセルとゴールディ・ホーンを両親に持つ。ドラマ…

映画『オールド』NYプレミア、M.ナイト・シャマラン/ガエル・ガルシア・ベルナル/ヴィッキー・クリープス/アレックス・ウルフ/トーマシン・マッケンジー M.ナイト・シャマラン監督、ガエル・ガルシア・ベルナルらが登場!『オールド』NYプレミア開催

M.ナイト・シャマラン監督の最新作『オールド』が、8月27日より全国公開となります。先日本作のNYプレミアが開催され、M.ナイト・シャマラン監督をはじめ、ガエル・ガルシア・ベルナル、アレックス・ウルフ、エリザ・スカンレン、トーマシン・マッケンジーらが登場しました。

映画『スペース・プレイヤーズ』レブロン・ジェームズ 『スペース・プレイヤーズ』5組10名様 試写会ご招待

映画『スペース・プレイヤーズ』5組10名様 試写会ご招待

映画『明日に向かって笑え!』リカルド・ダリン/ルイス・ブランドーニ/ベロニカ・ジナス 明日に向かって笑え!

舞台は2001年のアルゼンチンの田舎町で、主人公のフェルミン(リカルド・ダリン)と町民達は…

映画『ファーザー』イモージェン・プーツ イモージェン・プーツ

1989年6月3日イギリス、ロンドン生まれ。2007年、傑作ホラー『28週後…』の演技で…

部活・イベント

  1. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  2. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  3. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  4. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  5. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年

おすすめ記事

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

REVIEW

  1. 映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』マーゴット・ロビー/イドリス・エルバ/ジョン・シナ/ジョエル・キナマン
  2. 映画『すべてが変わった日』ダイアン・レイン/ケビン・コスナー
  3. 映画『明日に向かって笑え!』リカルド・ダリン/ルイス・ブランドーニ/ベロニカ・ジナス
  4. 映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華/河合優実/祷キララ
  5. 映画『キネマの神様』沢田研二/菅田将暉
  6. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  7. 映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ヴィン・ディーゼル/ミシェル・ロドリゲス
  8. 映画『ジャングル・クルーズ』ドウェイン・ジョンソン/エミリー・ブラント/ジャック・ホワイトホール
  9. 映画『返校 言葉が消えた日』ワン・ジン
  10. 映画『アウシュヴィッツ・レポート』ノエル・ツツォル/ペテル・オンドレイチカ
PAGE TOP