特集

映画で“食”について考えてみよう5:誰かと一緒に食事をすることで、栄養の吸収率がUP!?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『大統領の料理人』カトリーヌ・フロ

皆さんは食事をする理由について考えたことがありますか?私達が食事をすることの1番の理由は、生きていくために欠かすことのできないエネルギーと栄養を補給するためですが、実はそれだけではない大切な理由があります。

食事は人と人とのコミュニケーションを深める場

人間は、自分でエネルギーを生産することができないため、食事を摂ることでエネルギーと栄養を補給しています。私達が生きていくために必要なエネルギーは糖質、たんぱく質、脂質、そして、生理機能を調節するために必要なビタミン、ミネラルなどの栄養素も食べ物から摂取することが必要です。つまり、食事は生命維持のため、子ども達が成長していくために、必要不可欠なものなのです。
では、生きるために必要な栄養分の含まれた食事をただ摂取していれば良いのでしょうか?そんなことはありません。私達は空腹を感じると食事をし、食べることで食欲が満たされます。ですが、1人で黙々と食べるのと親しい人と一緒に食べるのとでは、同じ食事でも得られる満足感が大きく異なります。家族や友人と食事をすると、とても楽しく、心が和み、食欲も増します。食事は、家族団欒をはじめ、人と人とのコミュニケーションを深める場であり、人を幸せにする場としての役割も果たしていると言えます。また、同じ食事内容でも「おいしい」と感じながら味わうことで、栄養の吸収率が変わることもわかっています。人間は、「おいしい」と感じることで脳が刺激され、胃酸や消化酵素などが分泌され、栄養を効率的に吸収するための態勢ができあがります。つまり、誰かと楽しく食事をすることで、栄養の吸収力が高まり、ストレスも解消、さらに精神的安定感や充実感も得られるという良いことずくしなのです!

映画『大統領の料理人』カトリーヌ・フロ/ジャン・ドルメッソン

子どもは食卓で食文化やマナーを学ぶ

近年、核家族化やライフスタイルの多様化により、家族が揃って食事をする機会が減り、食生活も多様化しています。1人で食事をする“孤食”や、同じ食卓に集まっていても、家族がそれぞれ別々のものを食べる“個食”が増え、家族揃って生活リズムを共有することが難しくなっています。しかし、家族で一緒に食事をすることは、子ども達の人格を養う大切な時間でもあります。食前食後の挨拶はもちろん、箸の上げ下ろし、食器の持ち方、食べる時の姿勢、食べ物を口に入れたまま喋らない、不快な音を立てない、食べ物を口に入れたまま喋らない、不快な音を立てない、好き嫌いをしない、出されたものを残さず食べるなどのマナーや、食べ物に感謝する心、食べ物を大切にする心を育むことができます。また、それ以外にもさまざまな食材や調理法を通して、日本の食習慣や食文化についても学ぶことができ、日常の食事の場が大切な子育ての場にもなっているのです。
食事の回数は、1日3回で年間1095回にもなります。このチャンスを逃すことなく、最低朝晩の2回は家族でゆっくりと食事をする時間を持つことが理想です。子どもの心身の発達に重要な3〜8歳の間は特に重要で、健全な人間性を育成するためにもなるべく家族で食卓を囲むことを目指しましょう。

映画『大統領の料理人』カトリーヌ・フロ

上記で挙げた内容から、誰かと一緒に食事をすることは、心身の健康を向上させたり、子どものしつけにもなることが理解できたと思います。その他の食事をする理由として、“病気にならないために適正な食事を摂ること”も挙げられますが、こちらはまた別の機会に詳しく紹介したいと思います。今はコロナ禍で大勢が集まって食事を摂ることは難しいですが、家族やたまに会う友人との食事機会などを大切にして、ぜひ楽しい食事をするように心掛けてみてください!

<参考・引用資料>
三ッ井清貴「服部幸應の食育インストラクター養成講座 テキスト4」(がくぶん)
農林水産省Webサイト
本内容は、上記で語られている内容を一部引用しまとめたものです。

食にまつわる映画をチェック!

『大統領の料理人』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

片田舎で小さなレストランを営んでいたオルタンス・ラボリはスカウトされ、フランス大統領官邸のプライベートキッチンを任されることに。規律で縛られた官邸内は何をするにも窮屈で、同僚の官邸料理人たちは彼女を疎ましく思っている。そんななかめげずに大統領が満足する料理を作ることに専念する彼女の仕事ぶりはやがて認められてくるのだが…。

★食の注目POINT!!
大統領の日々の料理についてメインで描かれていて、料理を通じて築かれていく大統領との絆や、主人公の料理に対するポリシーが見えてきます。

『そらのレストラン』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中

北海道せたな町で暮らす亘理は、大好きな家族と仲間達と共に幸せに暮らしていた。そこに、東京からやってきた若者や、札幌の天才シェフも仲間に加わり、亘理はあることを思いつく。それは、せたな町のおいしいものをもっとたくさんの人に届けるため1日限定のレストランを開くことだった…。

★食の注目POINT!!
せたな町のおいしいものはもちろん、時が経てば経つほど深まっていく人間関係にも注目!人は決して1人では生きられないことも見えてきます。

Les Saveurs du Palais ©2012 –Armoda Films- Vendome Production –Wild Bunch – France 2 Cinema

TEXT by Shamy(NPO日本食育インストラクターPrimary)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン 俳優ファミリー特集Vol.1

この特集では親子、兄弟姉妹、親戚揃って活躍する俳優達をご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、シリーズ化して、随時お届けしようと思います。今回はその第1弾です。

映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ ビバリウム

「新居を探しに行ったらエライ目に遭ってもうた!」というストーリーで…

映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア バルトシュ・ビィエレニア

1992年5月15日ポーランド生まれ。2016年クラコフにある国立アカデミー・オブ・シアター・アーツを…

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン7』ジェシー・スペンサー ジェシー・スペンサー

1979年2月12日、オーストラリアのビクトリア州生まれ。主な出演作に、ドラマ…

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ
    ビバリウム

  2. 映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート
  3. 映画『ラーヤと龍の王国』
  4. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  5. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  6. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  7. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  8. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  9. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  10. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
PAGE TOP