特集

映画で“食”について考えてみよう7:親の食習慣は子どもの食習慣の鏡

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『エイブのキッチンストーリー』ノア・シュナップ

今回は子ども(特に小中学生)の食事について考えていきたいと思います。大人にとっても参考になる点も多くあるので、ぜひ家族の食生活の向上に役立ててください。

親の食生活の歪みが子どもにも影響

子どもの食生活は、一緒に暮らす大人の考えや行動に大きく影響されてしまうため、大人に食を大切にする心がなければ、子どもにも食の大切さが伝わりません。例えば朝食欠食率については、小学生の親世代の多くを占めると考えられる30〜40代の欠食率が男性20%以上、女性15%以上で、その中には子どもと暮らしている大人も含まれています。厚生労働省による乳幼児栄養調査(平成27年)では、朝食欠食の親の子は同じく朝食欠食率が高いという結果が出ています。実際に小学生の朝食欠食率は、全体の20%となっており、この主な理由に「時間がないから」「食欲がないから」などが挙げられています。また、大人であれば朝食を抜いたとしても、途中で何かを口にしたり、早めに昼食をとることができますが、学校生活を送る子ども達は、いくらお腹が減ってもそのようなことはできません。そういった食生活の乱れの影響で、朝から体調不良を訴える、授業に集中できずボーッとしてしまう、無気力になってしまう、すぐイライラするといった子どもが増えています。

映画『エイブのキッチンストーリー』ノア・シュナップ

子どもの食習慣の注意ポイント

最初の章では、主に朝食について挙げましたが、その他にも大人が気を付けたい子どもの食習慣のポイントを紹介します。

■子どもの肥満
生活習慣病の下地となっていまうことはもちろん、成長期の骨や筋肉に過剰な負担がかかり、さまざまな障害や身体能力の低下にも繋がるため、太らせない、太らない生活習慣を送ることが大切です。

■低年齢化しつつあるダイエット志向
「憧れのタレントやモデルのようになりたい」「スレンダーな服が似合う体型になりたい」などの理由から、標準体重であるにも関わらず、痩せ過ぎの状態が子ども達の憧れとなっていることがあります。最も栄養を必要とする成長期の子どもが20歳前に無理なダイエット(食事制限)をすると、成長に必要な栄養素が不足します。特にカルシウム不足が続くと、骨密度のピークを迎えるはずの20歳に、70〜80代の骨のようにスカスカになってしまうこともあります。また、貧血が起きたり、生理が止まることもあるので、必要のないダイエットは避けるように導いてあげましょう。

<食事の注意ポイント>
◎間食について
成長が著しい子どもがある程度たくさん食べるのは当たり前のことですが、最近は子どもの生活リズムが崩れていることや食べている食品内容が原因による肥満も増えています。特にスナック菓子、砂糖を多く含む清涼飲料水や高カロリーな食品ばかりを食べていては、過剰に摂取したエネルギーを消費しきれなくなってしまいます。間食は*1日の総摂取エネルギーカロリーに対して1割程度に抑え、時間も不規則にならないようにすることが大切です

*1日の総摂取エネルギー:6〜9歳男の子or6〜11歳女の子=1400〜2000kcal、10〜11歳男の子1800〜2400kcal
上記は目安で、体型等でも前後します。詳しくはこちらをご覧ください。

◎偏食に注意
子どもが好きな食べ物を中心に食事メニューを固定化すると、栄養のバランスが悪くなります。ハンバーグのような歯ごたえのない食品は、あまり噛まなくても食べられるため、噛む力が弱くなったり、脳への刺激が少なく、脳の活性化に繋がらなくなってしまいます。

◎加工食品の摂り過ぎを避ける
品質改良材、結着材として加工食品(特にハムやソーセージなど)に多く含まれるリン酸塩は、体内のカルシウムとのバランスを崩し、ミネラルの吸収を阻害することもあります。また、この成分は、亜鉛の吸収を妨げ、味覚障害を起こしやすくなるとも言われています。さらに、加工食品にはさまざまな食品添加物が使用されていることが多く、アレルギーの一因となる場合もあります。便利な加工食品ですが、摂り過ぎには注意し、毎日の食卓にはできるだけ旬の食材を使うことがオススメです。

映画『エイブのキッチンストーリー』

大人の食生活が子どもに影響することを理解し、注意ポイントを意識することで、家族皆で健康増進にも努められます。これから迎えるクリスマスやお正月は特に生活習慣や食生活が乱れがちですが、「間食を摂り過ぎたから夜ご飯は軽めにしよう」「昨日はお肉をたくさん食べたから、今日は野菜を多めにしよう」など、バランスを意識し、調整することも大切です。もちろんイベントごとは家族団欒の大切な思い出にもなるので、食卓を囲みたくさん楽しんでくださいね!

<参考・引用資料>
三ッ井清貴「服部幸應の食育インストラクター養成講座 テキスト1、4」(がくぶん)
農林水産省Webサイト
本内容は、上記で語られている内容を一部引用しまとめたものです。

食にまつわる映画をチェック!

映画『エイブのキッチンストーリー』ノア・シュナップ

『エイブのキッチンストーリー』
2020年11月20日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

イスラエル系の母とパレスチナ系の父を持つ少年エイブは、文化や宗教の違いから対立する家族に悩まされ、料理を作ることが唯一の心の拠りどころだった。そんなある日、世界各地の味を掛け合わせたフュージョン料理を作るシェフと出会う。フュージョン料理を自身の複雑な背景と重ね合わせ、自分にしか作れない料理で家族を1つにできないかと考えるが…。

★食の注目POINT!!
エイブが大好きな家族のために、料理ととことん向き合う姿に胸を打たれます。また、食材を切ったり焼いたりする音、アップに写る包丁捌きなどを観ているとよりお腹が減ってきます(笑)。

『パパ、遺伝子組み換えってなあに?』
DVDレンタル・発売中/デジタル配信中

3人の子どもを持ったことで食について考えるようになった映画監督ジェレミー・セイファートは、“遺伝子組み換え生物=GMO”に興味を持ち、家族と友に遺伝子組み換え食品の謎を解く旅に出る。世界各国への取材を重ねるうちに、徐々に明るみになっていく食産業の実態にジェレミーは言葉を失う…。

★食の注目POINT!!
遺伝子組み換えの真相がわかると共に、食への関心も高めてくれる作品です。これを機に日本の食産業について興味を持ったり、買い物の際に食品表示を気にかけるなど、自分自身で気を付けるべき点も考えてみてください。

© 2019 Spray Filmes S.A.

TEXT by Shamy(NPO日本食育インストラクターPrimary)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華/河合優実/祷キララ サマーフィルムにのって

これは高校最後の夏休みに映画作りに励む若者達の青春ドラマで、一見素朴な日常を描いたほのぼのとした作品に思えますが…

映画『キャラクター』Fukase(SEKAI NO OWARI) Fukase(ふかせ)

1985年10月13日東京都生まれ。SEKAI NO OWARIのメンバーでボーカリスト。数々の楽曲…

映画『キネマの神様』沢田研二/菅田将暉 キネマの神様

“キネマの神様”というタイトルがストーリーの中のどんな作用を示しているのか想像しながら観て、改めてこれは広い意味で…

映画『女たち』篠原ゆき子 篠原ゆき子(しのはら ゆきこ)

1981年1月21日神奈川県出身。2005年、映画『中学生日記』で俳優デビュー。2011年、劇団ポツドールの舞台“おしまいのとき”で…

映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華さん&金子大地さんインタビュー 『サマーフィルムにのって』伊藤万理華さん&金子大地さんインタビュー

『サマーフィルムにのって』で、主人公ハダシを演じた伊藤万理華さんと、謎の青年、凛太郎を演じた金子大地さんにインタビューをさせて頂きました。お2人のお話から映画作りに対する姿勢や思い、いち映画ファンとしての熱が伝わってきました。

映画『モロッコ、彼女たちの朝』タイアップキャンペーン、料理 本格タジン鍋や、おしゃれなモロッコ雑貨を楽しめる!『モロッコ、彼女たちの朝』豪華タイアップキャンペーン

映画『モロッコ、彼女たちの朝』が、2021年8月13日より全国公開となります。そしてこのたび、映画の世界観を食と雑貨で楽しめる、人気店とのタイアップキャンペーンが決定!気になる内容をご紹介。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 映画 太陽の子

日本の原爆開発を背景に、若者達の揺れる想いと決意が描かれた本作。柳楽優弥、有村架純、三浦春馬、國村隼、田中裕子ら…

映画『シンプルな情熱』レティシア・ドッシュ レティシア・ドッシュ

1980年9月1日フランス、パリ生まれ。俳優、ダンサー、作家、演劇監督として…

映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ヴィン・ディーゼル/ミシェル・ロドリゲス ワイルド・スピード/ジェットブレイク

毎回ぶっ飛んだカーアクションシーンを披露してくれる本シリーズは、もうこれ以上の離れ技は残ってないんじゃないかなと…

映画『暮れ逢い』レベッカ・ホール レベッカ・ホール

1982年5月19日生まれ。イギリス系アメリカ人。2009年、ウディ・アレン監督の『それでも恋するバルセロナ』で…

部活・イベント

  1. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  2. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  3. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  4. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  5. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年

おすすめ記事

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

REVIEW

  1. 映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華/河合優実/祷キララ
  2. 映画『キネマの神様』沢田研二/菅田将暉
  3. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  4. 映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ヴィン・ディーゼル/ミシェル・ロドリゲス
  5. 映画『ジャングル・クルーズ』ドウェイン・ジョンソン/エミリー・ブラント/ジャック・ホワイトホール
  6. 映画『返校 言葉が消えた日』ワン・ジン
  7. 映画『アウシュヴィッツ・レポート』ノエル・ツツォル/ペテル・オンドレイチカ
  8. 海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1』ジェニファー・モリソン
  9. 映画『イン・ザ・ハイツ』
  10. 映画『復讐者たち』アウグスト・ディール
    復讐者たち

PAGE TOP