食育

映画で“食”について考えてみよう9:栄養素の特徴を理解して健康増進&ダイエットに役立てよう

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『世界で一番しあわせな食堂』チュー・パック・ホング

前回は三大栄養素について紹介しましたが、今回はその三大栄養素の働きを助けるのに必要不可欠なビタミン、ミネラル、食物繊維についてご紹介します。

体の調子を整えるビタミン、ミネラル、食物繊維

★ビタミン
旬の野菜にはビタミンが多く含まれているので、新鮮なうちにたっぷり食べるのがオススメです。ビタミンにはいくつも種類があり、それぞれ違う特徴があります。下記の代表的なビタミンとその特徴、含まれる食材を知り、日常的に摂取するよう心掛けてください。

<代表的なビタミン>
■ビタミンA

特徴:目の健康を維持し、眼精疲労を予防する。皮膚の粘膜を強くし、ウイルスの侵入を防ぐので、風邪予防にも効果的。
含まれる食材:にんじん、ほうれん草、かぼちゃなどの緑黄色野菜、レバー、バター、チーズなど

■ビタミンC
特徴:メラニン色素の増加を予防、美白効果。ガン細胞の増殖を防ぎ、高い抗酸化作用など、さまざまな面からガンを予防。
含まれる食材:ブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜、イチゴ、キウイ、みかんなどの果実、さつまいもなど

■ビタミンE
特徴:自律神経を安定させる。シミ予防、肩こりにも効果あり。ガン、動脈硬化の予防力あり。
含まれる食材:アーモンド、落花生、かぼちゃ、たらこ、コーン油、ひまわり油など

映画『世界で一番しあわせな食堂』アンナ=マイヤ・トゥオッコ/チュー・パック・ホング

★ミネラル
ビタミンと共に体の機能維持や調整に働く栄養素。日々の食生活でミネラルが不足すると、老化現象を加速させる症状が現れてくるので注意が必要です。

<代表的なミネラル>
カルシウム
特徴:体内のカルシウムの99%は歯や骨を作っており、残りの1%は血液や筋肉に含まれ、出血時に血液を固めたり、筋肉をスムーズに動かす働きをしている。また、カルシウムにはイライラを解消する効果もある。
含まれる食材:桜エビ、乳製品、ひじき、もめん豆腐、小魚、海藻類、モロヘイヤ、小松菜など


特徴:体内の鉄の量は4gで、そのうち約65%は血液中に存在。赤血球のヘモグロビン成分として酸素を体全体に送り届ける重要な働きをしている。さらに、酸素を活性化させる成分として、エネルギーを生む手助けもしている。また、疲労回復や成長促進効果もある。
含まれる食材:ひじき、レバー、油揚げ、小松菜、ほうれん草、魚介類など

映画『世界で一番しあわせな食堂』

★食物繊維
整腸作用やコレステロール吸収の抑制などの働きがさまざまな生理作用をもたらすことが明らかになり、近年、“第6の栄養素”として注目されています。食物繊維には、根菜類などに含まれる不溶性のものと、果実や海藻類に含まれる水溶性の2つがあり、どちらもバランス良く摂取することが大切です。また、少量でも満腹感を得られるので、ダイエットにも効果的です。

■不溶性食物繊維
特徴:便を柔らかくしたり量を増やすなど、便通を整えると共に、腸の中にある有害物質を排出働きがある。
含まれる食材:ごぼう、茹でたたけのこ、かぼちゃ、大豆、海藻、イモ類、豆類など

■水溶性食物繊維
特徴:腸内からのコレステロール吸収を防げ、動脈硬化を予防したり、血糖値の上昇を抑え、糖尿病を防ぐ効果も期待されている。
含まれる食材:りんご、柑橘類などの果物、こんぶ、わかめなどの海藻類、こんにゃくなど

野菜や果物には、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。今回紹介した内容を参考に、毎日野菜は350g(うち緑黄色野菜120g)、果物は200gを目標にして積極的に食べるようにしましょう。また、各栄養素の特徴を少しずつ知ることでより栄養バランスへの意識も変わるので、ぜひ気になったものだけでも覚えて日常に役立ててください。

<参考・引用資料>
三ッ井清貴「服部幸應の食育インストラクター養成講座 テキスト1」(がくぶん)
農林水産省Webサイト
本内容は、上記で語られている内容を一部引用しまとめたものです。

食にまつわる映画をチェック!

映画『世界で一番しあわせな食堂』アンナ=マイヤ・トゥオッコ/チュー・パック・ホング/カリ・ヴァーナネン/ルーカス・スアン/ヴェサ=マッティ・ロイリ

『世界で一番しあわせな食堂』
2021年2月19日より全国順次公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

舞台はフィンランド北部の小さな村。そこでフィンランド人女性のシルカが、1人で食堂を経営している。ある日、中国から恩人を探しにやって来た料理人のチェンとその息子ニュニョがお店を訪れる。しばらく滞在することになったチェン親子だが、あることをきっかけにチェンがシルカの食堂で料理を振る舞うことになり…。

★食の注目POINT!!
中国出身のチェンの作る料理は、見た目が良いのはもちろん、滋養強壮にも役立ち、食べた人々をどんどん元気にしていきます。料理を楽しむことも大事ですが、自分の体にとって今最適な料理or栄養素は何なのか、考えながら食べることの大切さも感じられる作品です。

のんちゃん のり弁

『のんちゃんのり弁』
DVDレンタル・発売中/デジタル配信中

ダメ亭主に愛想を尽かし、娘を連れて実家の京島に出戻った小巻は、なかなか仕事が見つからず困っていた。そんな時、娘のために作ったのり弁が評判を呼び、お弁当屋を開くことを決意する…。

★食の注目POINT!!
1人の女性の人生再生物語としても楽しめる本作ですが、食のポイントとしてはやはりお弁当に注目!彩りの良いお弁当は、さまざまな食材が入り栄養豊富ということなので、毎日の料理でも意識してみてください。

©Marianna Films

TEXT by Shamy(NPO日本食育インストラクターPrimary)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『5月の花嫁学校』ジュリエット・ビノシュ/ノエミ・ルヴォウスキー 5月の花嫁学校

第2次世界大戦後の理想の良妻賢母を育成する家政学校を舞台にした物語。フランスを代表する名優ジュリエット・ビノシュが…

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』クリストファー・ウォーケン クリストファー・ウォーケン

1943年3月31日、アメリカ生まれ。1978年『ディア・ハンター』で…

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ザ・スイッチ』ヴィンス・ヴォーン ヴィンス・ヴォーン

1970年3月28日アメリカ、ミネソタ州生まれ。1996年、カルトの傑作と称えられた『スウィンガーズ』に出演で…

映画『茜色に焼かれる』尾野真千子 茜色に焼かれる

本作は、7年前に理不尽な交通事故により夫を亡くした母と息子の物語。144分と長めの作品ではありますが…

映画『騙し絵の牙』松岡茉優 松岡茉優(まつおか まゆ)

1995年2月16日生まれ。東京都出身。2008年、『おはスタ』で“おはガール”として…

映画『いのちの停車場』吉永小百合/松坂桃李/広瀬すず/西田敏行 いのちの停車場

医師の仕事は、患者の病気や怪我を治すことというイメージはどうしてもありますが…

映画『ドリームランド』フィン・コール フィン・コール

1995年11月9日イギリス、ロンドン出身。俳優である兄ジョー・コールの後を追うように…

映画『ハチとパルマの物語』レオニド・バーソフ 『ハチとパルマの物語』10組20名様 キャスト登壇付き東京プレミア試写会ご招待

映画『ハチとパルマの物語』10組20名様 キャスト登壇付き東京プレミア試写会ご招待

映画『テスラ エジソンが恐れた天才』カイル・マクラクラン カイル・マクラクラン

1959年2月22日アメリカ、ワシントン州ヤキマ生まれ。映画『デューン/砂の惑星』で…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

REVIEW

  1. 映画『5月の花嫁学校』ジュリエット・ビノシュ/ノエミ・ルヴォウスキー
  2. 映画『茜色に焼かれる』尾野真千子
  3. 映画『いのちの停車場』吉永小百合/松坂桃李/広瀬すず/西田敏行
  4. 映画『ペトルーニャに祝福を』ゾリツァ・ヌシェヴァ
  5. 映画『しあわせのマスカット』福本莉子
  6. 映画『地獄の花園』永野芽郁/広瀬アリス/菜々緒/川栄李奈/大島美幸/勝村政信/松尾諭/丸山智己/遠藤憲一/小池栄子
    地獄の花園

  7. 映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン
    ファーザー

  8. 映画『ジェントルメン』マシュー・マコノヒー/ミシェル・ドッカリー
  9. 映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』西めぐみ
  10. 映画『大綱引の恋』三浦貴大/中村優一
    大綱引の恋

PAGE TOP