特集

映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『あまくない砂糖の話』

私達は、生命の維持や成長のために毎日食事をします。体内に取り込まれた食べ物は、消化、分解、吸収され、吸収された物質は、エネルギー源となったり、体の組織を生成、生態機能を調整します。これらの一連の営みを“栄養”と言い、栄養のために必要な物質を“栄養素”と言います。今回はそんな栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

三大栄養素それぞれの役割とは?

★糖質
多く含まれる食材:穀類、いも類、はるさめ、コーンフレーク、パンなど
ごはんなどの穀類やいも類に多く含まれる栄養素で、主にエネルギー源として利用される重要な栄養素。なお、人の消化酵素で消化される糖質と、消化されない食物繊維を合わせたもののことを“炭水化物”と言います。糖質は1gあたり4kcalのエネルギーとなりますが、体内でエネルギーとして使うにはブドウ糖にまで分解する必要があります。ブドウ糖は肝臓でグリコーゲンとして蓄えられ、必要に応じてブドウ糖に分解される他、血液を通して筋肉やその他の組織に運ばれ、そこで分解される際に生じるエネルギーが生命活動のもとになります。ただし、過剰なブドウ糖は中性脂肪になって蓄積され、肥満の原因にもなるので、糖質の摂り過ぎには注意が必要です。
→食事のバランスについてはこちらを参考にしてみてください。

映画『あまくない砂糖の話』

★脂質
多く含まれる食材:植物油、ラード、牛脂、バターなど
脂質は、細胞膜、核酸、神経組織などの構成成分として必要な栄養素で、1gあたり9kcalのエネルギーとなります。高いエネルギー量となりますが、脂溶性ビタミン(水に溶けにくく油脂やアルコールに溶ける性質があるビタミン)の吸収も助ける重要な栄養素です。脂質は脂肪酸とグリセリンに分解され、小腸から吸収されます。そこで中性脂肪に再合成され、体の各部分に送られ、肝臓や筋肉、その他の組織で分解される時にエネルギーが発生し、生命活動のもとになります。中性脂肪は、貯蔵脂肪として皮下や臓器の周辺に蓄えられます。中性脂肪は、“脂肪”と呼ばれることが多く、“脂肪=太る”というイメージのある方も多いと思いますが、脂肪は内臓を守るためのクッションになったり、体温保持、体のラインを整えるなどの大切な役割も担っています。

★たんぱく質
多く含まれる食材:肉、魚、卵、牛乳、大豆など
たんぱく質は約20種類のアミノ酸が多数結合したもので、1gあたり4kcalのエネルギーとなります。アミノ酸の数、種類などによって体の中での働きが異なり、筋肉、臓器、血色素(ヘモグロビン)、酵素、ホルモンなどの合成に関わっていきます。アミノ酸のうち、体内で合成できない9種類(成人は8種類)は“必須アミノ酸”と呼ばれ、食事から摂る必要があり、主にまぐろ、かつお、あじ、サンマ、牛肉、鶏肉、卵、大豆、チーズなどに多く含まれています。たんぱく質が不足すると体を構成するたんぱく質が分解されて不足分を補うため、体力や免疫力が低下します。また、たんぱく質から分解されたアミノ酸は、一部尿素となって排泄されるため、摂り過ぎてしまうと腎臓に負担がかかってしまいます。

映画『あまくない砂糖の話』

上記内容から、どの栄養素も私達の体にとって必要不可欠なものであり、決して欠かせないものであることがわかると思います。他にも、三大栄養素には細かい役割がたくさんありますが、今回挙げた代表的な役割だけでも意識して食事を摂ってみてください。次回は、今回の栄養素の続編として、体の調子を整える働きをする“ビタミン”と“ミネラル”、そして第6の栄養素とも呼ばれる“食物繊維”の役割についてご紹介します。

<参考・引用資料>
三ッ井清貴「服部幸應の食育インストラクター養成講座 テキスト1」(がくぶん)
農林水産省Webサイト
本内容は、上記で語られている内容を一部引用しまとめたものです。

食にまつわる映画をチェック!

フード・ラック! 食運 特別版【初回限定生産】 Blu-ray

『フード・ラック!食運』
2021年3月24日よりブルーレイ&DVD発売・レンタル開始
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

下町に店を構える人気焼肉店の1人息子、良人の毎日の楽しみは、母の手料理を食べることだった。しかし、ある事件がきっかけで店は閉店し、成長した良人は家を飛び出し、母とも疎遠になっていた。そんなある日、グルメ情報サイトの立ち上げを任されることになった良人のもとに、母が倒れたと連絡が入り…。

★食の注目POINT!!
美味しそうな焼肉の映像は観ているだけでお腹が空いてしまうこと間違いなし!お肉は大切なたんぱく源。観賞後はお肉を食べに行くのも良いと思います。そして、物語のキーとなっているのが母の味。どんなに高級店に行っても、やっぱり母の味だけは母にしか出せないものだと感じさせてくれます。

あまくない砂糖の話(字幕版)

『あまくない砂糖の話』
DVDレンタル・発売中/デジタル配信中

人間は、1日に平均でスプーン40杯もの砂糖を摂取している。世の中にはヘルシーな食品があふれているはずなのに、なぜそんなに多くもの砂糖を摂取しているのか?オーストラリアの俳優デイモン・ガモーが自ら被験者となり、低脂肪ヨーグルト、穀物バー、フルーツジュース、シリアルなど、ヘルシーと言われる食品を60日間食べ続け、体や心がどのように変化していくのかを記録したドキュメンタリー。

★食の注目POINT!!
ヘルシーだと思っていた食品に実は大量の砂糖が潜んでいるという驚愕の事実を知ることができ、自分の食事を見直すきっかけになります。ダイエット中の方はもちろん、健康的な体を手に入れたい方にもオススメの1作です。

© 2014 Madman Production Company Pty Ltd, Old Mates Productions Pty Ltd, Screen Australia ALL RIGHTS RESERVED

TEXT by Shamy(NPO日本食育インストラクターPrimary)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エマの秘密に恋したら』タイラー・ホークリン タイラー・ホークリン

1987年9月11日アメリカ生まれ。DCユニバースを描いたシリーズ『SUPERGIRL/スーパーガール』(15~)のシーズン…

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン 俳優ファミリー特集Vol.1

この特集では親子、兄弟姉妹、親戚揃って活躍する俳優達をご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、シリーズ化して、随時お届けしようと思います。今回はその第1弾です。

映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ ビバリウム

「新居を探しに行ったらエライ目に遭ってもうた!」というストーリーで…

映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア バルトシュ・ビィエレニア

1992年5月15日ポーランド生まれ。2016年クラコフにある国立アカデミー・オブ・シアター・アーツを…

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン7』ジェシー・スペンサー ジェシー・スペンサー

1979年2月12日、オーストラリアのビクトリア州生まれ。主な出演作に、ドラマ…

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ
    ビバリウム

  2. 映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート
  3. 映画『ラーヤと龍の王国』
  4. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  5. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  6. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  7. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  8. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  9. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  10. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
PAGE TOP