REVIEW

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』クリス・プラット

ストーリー展開はほぼ毎回同じなのに、なぜか観たくなるし、必ず観るし、不思議ですね(笑)。お約束の展開が許される、というか歓迎されるのは、やっぱり恐竜のリアルさと迫力が毎度文句ナシの出来栄えだからでしょう。ストーリー展開が毎度同じとはいえ、恐竜達が“ジュラシック・ワールド”があった島を飛び出し、人間が住む街に出てきてしまっている点で本作はとてもユニークです。今回は「この状況はマジでヤバイぞ」という感覚を観ている側も体感できます。
そして、本作がシリーズ最終章といわれているだけあって、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム、サム・ニールが演じた歴代のキャラクターを含め、シリーズ前作に引き続きクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、オマール・シーが演じるキャラクターが勢揃いしている点でも特別感があります。恐竜の種類としても強者が増えていて、ハラハラドキドキするシーンが頻発します。
本作もアトラクション感覚で楽しめる要素は満載で、充実感がありますよ。これこそ映画館で観ないともったいないシリーズなので、ぜひ1度は大きなスクリーンで観てください。

デート向き映画判定
映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』ローラ・ダーン

知らない人はいないくらい知名度の高いシリーズなので、説明不要でデートに誘いやすいですね。いかにもデートに誘っていますという感じを出したくない場合も、「今度の作品で最終章みたいだから、一緒に観に行かない?」とあくまで映画を観る目的なのだというスタンスも取れそうです。照れ屋な方はそんなスタンスで誘ってみてはいかがでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』クリス・プラット/ブライス・ダラス・ハワード/ジェフ・ゴールドブラム/サム・ニール/ディワンダ・ワイズ
『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』

キッズの皆さんは、本作で活躍する子どもキャラクターの目線で観る方も多いと思いますが、彼女にはある大きな秘密が隠されていて、未来の科学でそんなことが起こるかもしれないと想像しながら観てもおもしろいですよ。本当に今も地球のどこかで生き残りがいるんじゃないかと思えるくらいリアルな恐竜達を実寸大スケールで観られる機会を逃さないでください!

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』
2022年7月29日より全国公開
東宝東和
公式サイト

© 2021 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.
© 2021 Universal Studios and Storyteller Distribution LCC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  2. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  3. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  4. 映画『ザ・タワー』
  5. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP