特集

みんなが映画好きになったきっかけの作品特集4

  • follow us in feedly
  • RSS
月のブランコイメージ写真AC

今回の連載最終回です。今回も「うん、それそれ!」と思う作品が出てきますよ!→連載第1回から読む

小さいジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひ観てみてください。

Mr.&Mrs. スミス

中学生当時に、最寄り駅に貼られていたポスターのブラピの美しさにクラっとなり、映画を観に行きました。そこから、映画とハリウッドスターに夢中になる日々が今日まで続いてます。(匿名希望)

Mr.& Mrs.スミス (字幕版)

イエスマン “YES”は人生のパスワード

ちょうどいろいろと考える事が重なっていた時期に、イエスマンを観て、ポジティブ シンキングを学びました。映画館で映画鑑賞するおもしろさと喜びを知りました。(akiko)

イエスマン”YES”は人生のパスワード (字幕版)

グレムリン

運命的な出会いは1984年の暮れ。小学生時分のこと。母のお陰で年に数回行っていた映画館。それまでは繁華街に出たついでくらいの気持ちで何とは無しに観ていたのですが、その映画の劇場看板を見て一変。初めて自分の意思で観たいと親に懇願した作品でした。観終わると、「こんな世界が世の中にあったなんて…」と驚き、私の自我は目覚めてしまったのです。当時は字幕と映像を同時に追うことが大変でした…。暗闇に隔離された空間。そして、世界一杯に響き渡る音響。異世界に誘われて数時間別人になったような気分になります。一人なようで一人ではない、不思議な一体感のあるその空間は、他の世界にはない共有の文化世界。私は84年以来ずっとその世界に憧れて、紡がれ続けているたくさんの世界を知りたくて、今でも足しげく劇場に通っております。映画と観ている観客の様子とその時の自分。たくさんの世界を知っている私の人生は最高の人生です。(エミさん)

グレムリン(字幕版)

ゴースト ニューヨークの幻

若い頃、会社帰りに友達と映画を観ていました。『ゴースト〜』は何となく観た映画でしたが、物語も主人公の女性(デミ・ムーア)も素敵で衝撃を受けました。翌日、美容院に行き、初めて女優さんの真似をして、ショートカットにしてしまいました。10㎝以上カットした私に周りの人は驚き、意外にも褒めてくれました。その映画が暫く忘れられず、映画は何て素敵なことを見せてくれるのだろうと、次々と映画を観に行くようになりました。(エヴァ)

ゴースト/ニューヨークの幻 (字幕版)

セブン

こういう系の映画を観たことがなく衝撃で、その後も『キューブ』など同系統の作品を観るきっかけになったので、今でも時々観返しています。何度観ても、やはり衝撃です。(Alice)

セブン (字幕版)

つぐない

イアン・マキューアンの「贖罪」を読んでいた時に、その映画化作品『つぐない』が公開され、読んでも観ても素晴らしい作品が存在することを知って虜になりました。『つぐない』は私の映画ブログの最初の記事なんですが、それ以来、今まで11年以上、新作映画やその原作本の記事を細々と書き続けています。(kerakuten)

つぐない (字幕版)

ニューイヤーズ・イブ

生まれて初めて「何度も見返したくなる作品」に出会ったから。「映画=暇つぶし」としてしか捉えていなかったのですが、この作品に出会って、それ以降は作品だけでなく劇場での過ごし方や作品に対しての見方も変わってきました。映画=イイ時間の過ごし方。そんな風に私の中で変わっていきました。(yuminnie)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ニューイヤーズ・イブ (字幕版)

パルプ・フィクション

以前は地上波で放送していれば観るくらいでしたが、ある時に父が自宅で『パルプ・フィクション』を鑑賞していて、一緒に観てみました。難解でよく理解ができなかったのですが、父が解説してくれて観返すことで1度目ではわからなかったことが次々と理解でき、その楽しさが忘れられずどんどんと映画を観ることにのめり込んでいきました。(匿名希望)

パルプ・フィクション (字幕版)

ペーパー・ムーン

小学生時代に両親が好きな古い映画の再上映によく連れていってもらっていました。西部劇やヘップバーン、ヴィヴィアン・リーには特に心が動かなかったのですが、銀座で観た『ペーパー・ムーン』の親子の(ストーリー上は親子ではありませんが)愛情、葛藤を、主人公の女の子の目線で一緒に観ることができて、一気に引き込まれました。アニメ映画やハリウッド映画も観に連れていってもらっていましたが、初めて心がつかまれたのは『ペーパー・ムーン』です。(匿名希望)

ペーパー・ムーン (字幕版)

ラ・ラ・ランド

初めのシーンからもう音楽も映像も素敵過ぎて、ずっと目が釘付けでした!映像は色も鮮やかでどこを切り取ってもワクワクします。ラストは気づくと涙がこぼれていました…。観終わってから、「こんなに映画って心が動かされるものなのか!映画1本だけで人生が見られたり、伝えたいことが表現できるのか!」と感銘を受けて、映画を観るようになりました。(どっこい)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ラ・ラ・ランド(字幕版)

ロボコップ

1990年前後は、話題作には映画館に行列ができていました。当時、大学生だった私は、年上のお友達に誘われて観に行きましたが、大きなスクリーンで迫力の映像、音声にすっかり映画好きになりました。今に比べるとずっと貧弱な設備でしたが、迫力のアクションシーンはテレビでは味わえないですし、ハリウッド映画の魅力にはまってしまいました。当時、『テルマ&ルイーズ』や『ボディガード』などのドラマ系も人気作品がたくさんあり、映画館へ行くのはとても楽しみでした。(あけぼの)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ロボコップ (字幕版)

遠い空の向こうに

それまで、洋画にはそこまで興味のなかった私を一気に洋画好きに変えてくれたのがこの作品。中学生の頃、この作品を観せてくれた英語の先生には感謝してもしきれません。夢に溢れた少年達が、どんなに馬鹿にされても真っ直ぐに夢を貫き通す姿に、当時同じくらいの年齢だった私は心を掴まれました。迷っていた進路も、自分自身で切り開こうと親に意思を貫き通す勇気を与えてもらった作品。躓いた時には必ず観る作品。それが本作です。この作品をきっかけに、ジェイクのファンにもなりました!(みぃ)

遠い空の向こうに (字幕版)

君が生きた証

急に『あの頃ペニー・レインと』を観たくなり、近所のTSUTAYAに行ったところ、借りられていました。『君が生きた証』は、ビリー・クラダップがギターを弾いている作品ということで、たまたま手に取った映画でした。内容がとても素晴らしく、劇中歌を口ずさむようになりました。共演のアントン・イェルチン君について調べると、ちょうど2ヶ月ほど前に亡くなったという事実を知りました。そこからもう一度この作品を観直すと涙が止まらず、1週間、何度も何度も泣きながら繰り返し観ました。彼の生きた証を心に刻もうと思って。アントン・イェルチン君の一挙手一投足を追っていたら完全に彼の虜になってしまい、それ以来彼と、映画にのめり込むようになりました。今では涙を流さずにサントラを聴くことができますし、映画好きになって数年経ちますが、あれほど一つの作品に夢中になったことはありません。特別な作品です。(murdoch)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

君が生きた証(字幕版)

耳をすませば

これまでアニメは短編ものや、何話か続くシリーズものしか観たことがなかったなかで、ジブリという作品に衝撃を受けた。その上で、『耳をすませば』は大人になってもまた観てしまう作品だから、年齢を重ねてまた楽しめる。(ゆーない)

耳をすませば [DVD]

素晴らしき日

当時、海外ドラマ『ER』のDr.ダグラス・ロス役で人気急上昇中だったジョージ・クルーニーの大好きな作品。バツイチ子持ち同士の恋愛もので、ジョージらしさ100%で安心して楽しく観られます。当時機内で鑑賞しました。元々海外ドラマが好きだったのですが、ここから徐々に私の映画人生が始まりましたね。(ダリル)

素晴らしき日 (字幕版)

どんな映画が自身の映画好きのきっかけになるかって、本当にさまざまですね。私の映画好きのきっかけの映画って何だったかなと考えてみましたが、かなり小さい頃から父の影響で映画を観ていて、物心がついた頃にはもう映画好きになっていました。でも、節目節目で映画の魅力に気付かされたきっかけとなる作品は多くあります。その件については、以前特集を掲載していますので、ぜひこちらも読んで頂けると嬉しいです。改めて、今回投稿頂いた皆さん、ありがとうございました!そして、これからまた多くの方々が映画好きになってくれることを祈ってます!

トップのイメージ写真は、acworksさんによる写真ACからの写真です。

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『SNS-少女たちの10日間-』 SNS-少女たちの10日間-

SNSが普及した昨今、ネット上で子ども達が危険な目に遭っていることが問題視されています。これは…

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』安藤政信 安藤政信(あんどう まさのぶ)

1975年5月19日、神奈川県生まれ。1996年、北野武監督&脚本作…

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介 るろうに剣心 最終章 The Final

大人気の本シリーズもいよいよ最終章です。本作は最終章2部作のうちの1作目。物語は…

映画『トムとジェリー』クロエ・グレース・モレッツ クロエ・グレース・モレッツ

1997年2月10日アメリカ生まれ。現在、カリフォルニア州ロサンゼルスに在住。2010年『キック・アス』で…

映画『SNS-少女たちの10日間-』 ここだけの話16:最近観た、いろんな意味で衝撃的だった映画(2021年春)

今回は、最近観た映画の中で、いろんな意味で衝撃的、印象的だった映画について、ツラツラとお話しています。気楽に聞いて頂けると嬉しいです。

Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス/ マ・レイニーのブラックボトム

物語の舞台は1927年夏のシカゴ。”ブルースの母”といわれた実在の歌手マ・レイニーと彼女のバンドメンバーが…

映画『水を抱く女』ヤコブ・マッチェンツ ヤコブ・マッチェンツ

1984年1月1日ドイツ、ベルリン生まれ。2008年、デニス・ガンゼル監督作…

Netflix映画『私というパズル』ヴァネッサ・カービー/シャイア・ラブーフ 私というパズル

私は毎度なるべく映画についての内容、情報を入れずに観るので、余計に…

Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス ヴィオラ・デイヴィス

1965年8月11日アメリカ生まれ。2008年、『ダウト~あるカトリック学校で~』で…

映画『AVA/エヴァ』ジェシカ・チャステイン AVA/エヴァ

主人公は、完璧な容姿と知性、圧倒的な戦闘能力を持つ暗殺者のエヴァで…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

REVIEW

  1. 映画『SNS-少女たちの10日間-』
  2. 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介
  3. Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス/
  4. Netflix映画『私というパズル』ヴァネッサ・カービー/シャイア・ラブーフ
  5. 映画『AVA/エヴァ』ジェシカ・チャステイン
    AVA/エヴァ

  6. Netflix映画『彼女』水原希子/さとうほなみ
    彼女

  7. 映画『約束の宇宙』エヴァ・グリーン
    約束の宇宙

  8. 映画『パーム・スプリングス』アンディ・サムバーグ/クリスティン・ミリオティ
  9. 映画『ザ・バッド・ガイズ』マ・ドンソク/キム・サンジュン/キム・アジュン/チャン・ギヨン
  10. 映画『ドリームランド』マーゴット・ロビー
PAGE TOP