特集

みんなが映画好きになったきっかけの作品特集4

  • follow us in feedly
  • RSS
月のブランコイメージ写真AC

今回の連載最終回です。今回も「うん、それそれ!」と思う作品が出てきますよ!→連載第1回から読む

小さいジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひ観てみてください。

Mr.&Mrs. スミス

中学生当時に、最寄り駅に貼られていたポスターのブラピの美しさにクラっとなり、映画を観に行きました。そこから、映画とハリウッドスターに夢中になる日々が今日まで続いてます。(匿名希望)

Mr.& Mrs.スミス (字幕版)

イエスマン “YES”は人生のパスワード

ちょうどいろいろと考える事が重なっていた時期に、イエスマンを観て、ポジティブ シンキングを学びました。映画館で映画鑑賞するおもしろさと喜びを知りました。(akiko)

イエスマン”YES”は人生のパスワード (字幕版)

グレムリン

運命的な出会いは1984年の暮れ。小学生時分のこと。母のお陰で年に数回行っていた映画館。それまでは繁華街に出たついでくらいの気持ちで何とは無しに観ていたのですが、その映画の劇場看板を見て一変。初めて自分の意思で観たいと親に懇願した作品でした。観終わると、「こんな世界が世の中にあったなんて…」と驚き、私の自我は目覚めてしまったのです。当時は字幕と映像を同時に追うことが大変でした…。暗闇に隔離された空間。そして、世界一杯に響き渡る音響。異世界に誘われて数時間別人になったような気分になります。一人なようで一人ではない、不思議な一体感のあるその空間は、他の世界にはない共有の文化世界。私は84年以来ずっとその世界に憧れて、紡がれ続けているたくさんの世界を知りたくて、今でも足しげく劇場に通っております。映画と観ている観客の様子とその時の自分。たくさんの世界を知っている私の人生は最高の人生です。(エミさん)

グレムリン(字幕版)

ゴースト ニューヨークの幻

若い頃、会社帰りに友達と映画を観ていました。『ゴースト〜』は何となく観た映画でしたが、物語も主人公の女性(デミ・ムーア)も素敵で衝撃を受けました。翌日、美容院に行き、初めて女優さんの真似をして、ショートカットにしてしまいました。10㎝以上カットした私に周りの人は驚き、意外にも褒めてくれました。その映画が暫く忘れられず、映画は何て素敵なことを見せてくれるのだろうと、次々と映画を観に行くようになりました。(エヴァ)

ゴースト/ニューヨークの幻 (字幕版)

セブン

こういう系の映画を観たことがなく衝撃で、その後も『キューブ』など同系統の作品を観るきっかけになったので、今でも時々観返しています。何度観ても、やはり衝撃です。(Alice)

セブン (字幕版)

つぐない

イアン・マキューアンの「贖罪」を読んでいた時に、その映画化作品『つぐない』が公開され、読んでも観ても素晴らしい作品が存在することを知って虜になりました。『つぐない』は私の映画ブログの最初の記事なんですが、それ以来、今まで11年以上、新作映画やその原作本の記事を細々と書き続けています。(kerakuten)

つぐない (字幕版)

ニューイヤーズ・イブ

生まれて初めて「何度も見返したくなる作品」に出会ったから。「映画=暇つぶし」としてしか捉えていなかったのですが、この作品に出会って、それ以降は作品だけでなく劇場での過ごし方や作品に対しての見方も変わってきました。映画=イイ時間の過ごし方。そんな風に私の中で変わっていきました。(yuminnie)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ニューイヤーズ・イブ (字幕版)

パルプ・フィクション

以前は地上波で放送していれば観るくらいでしたが、ある時に父が自宅で『パルプ・フィクション』を鑑賞していて、一緒に観てみました。難解でよく理解ができなかったのですが、父が解説してくれて観返すことで1度目ではわからなかったことが次々と理解でき、その楽しさが忘れられずどんどんと映画を観ることにのめり込んでいきました。(匿名希望)

パルプ・フィクション (字幕版)

ペーパー・ムーン

小学生時代に両親が好きな古い映画の再上映によく連れていってもらっていました。西部劇やヘップバーン、ヴィヴィアン・リーには特に心が動かなかったのですが、銀座で観た『ペーパー・ムーン』の親子の(ストーリー上は親子ではありませんが)愛情、葛藤を、主人公の女の子の目線で一緒に観ることができて、一気に引き込まれました。アニメ映画やハリウッド映画も観に連れていってもらっていましたが、初めて心がつかまれたのは『ペーパー・ムーン』です。(匿名希望)

ペーパー・ムーン (字幕版)

ラ・ラ・ランド

初めのシーンからもう音楽も映像も素敵過ぎて、ずっと目が釘付けでした!映像は色も鮮やかでどこを切り取ってもワクワクします。ラストは気づくと涙がこぼれていました…。観終わってから、「こんなに映画って心が動かされるものなのか!映画1本だけで人生が見られたり、伝えたいことが表現できるのか!」と感銘を受けて、映画を観るようになりました。(どっこい)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ラ・ラ・ランド(字幕版)

ロボコップ

1990年前後は、話題作には映画館に行列ができていました。当時、大学生だった私は、年上のお友達に誘われて観に行きましたが、大きなスクリーンで迫力の映像、音声にすっかり映画好きになりました。今に比べるとずっと貧弱な設備でしたが、迫力のアクションシーンはテレビでは味わえないですし、ハリウッド映画の魅力にはまってしまいました。当時、『テルマ&ルイーズ』や『ボディガード』などのドラマ系も人気作品がたくさんあり、映画館へ行くのはとても楽しみでした。(あけぼの)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ロボコップ (字幕版)

遠い空の向こうに

それまで、洋画にはそこまで興味のなかった私を一気に洋画好きに変えてくれたのがこの作品。中学生の頃、この作品を観せてくれた英語の先生には感謝してもしきれません。夢に溢れた少年達が、どんなに馬鹿にされても真っ直ぐに夢を貫き通す姿に、当時同じくらいの年齢だった私は心を掴まれました。迷っていた進路も、自分自身で切り開こうと親に意思を貫き通す勇気を与えてもらった作品。躓いた時には必ず観る作品。それが本作です。この作品をきっかけに、ジェイクのファンにもなりました!(みぃ)

遠い空の向こうに (字幕版)

君が生きた証

急に『あの頃ペニー・レインと』を観たくなり、近所のTSUTAYAに行ったところ、借りられていました。『君が生きた証』は、ビリー・クラダップがギターを弾いている作品ということで、たまたま手に取った映画でした。内容がとても素晴らしく、劇中歌を口ずさむようになりました。共演のアントン・イェルチン君について調べると、ちょうど2ヶ月ほど前に亡くなったという事実を知りました。そこからもう一度この作品を観直すと涙が止まらず、1週間、何度も何度も泣きながら繰り返し観ました。彼の生きた証を心に刻もうと思って。アントン・イェルチン君の一挙手一投足を追っていたら完全に彼の虜になってしまい、それ以来彼と、映画にのめり込むようになりました。今では涙を流さずにサントラを聴くことができますし、映画好きになって数年経ちますが、あれほど一つの作品に夢中になったことはありません。特別な作品です。(murdoch)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

君が生きた証(字幕版)

耳をすませば

これまでアニメは短編ものや、何話か続くシリーズものしか観たことがなかったなかで、ジブリという作品に衝撃を受けた。その上で、『耳をすませば』は大人になってもまた観てしまう作品だから、年齢を重ねてまた楽しめる。(ゆーない)

耳をすませば [DVD]

素晴らしき日

当時、海外ドラマ『ER』のDr.ダグラス・ロス役で人気急上昇中だったジョージ・クルーニーの大好きな作品。バツイチ子持ち同士の恋愛もので、ジョージらしさ100%で安心して楽しく観られます。当時機内で鑑賞しました。元々海外ドラマが好きだったのですが、ここから徐々に私の映画人生が始まりましたね。(ダリル)

素晴らしき日 (字幕版)

どんな映画が自身の映画好きのきっかけになるかって、本当にさまざまですね。私の映画好きのきっかけの映画って何だったかなと考えてみましたが、かなり小さい頃から父の影響で映画を観ていて、物心がついた頃にはもう映画好きになっていました。でも、節目節目で映画の魅力に気付かされたきっかけとなる作品は多くあります。その件については、以前特集を掲載していますので、ぜひこちらも読んで頂けると嬉しいです。改めて、今回投稿頂いた皆さん、ありがとうございました!そして、これからまた多くの方々が映画好きになってくれることを祈ってます!

トップのイメージ写真は、acworksさんによる写真ACからの写真です。

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ダニエル・クレイグ ダニエル・クレイグ

1968年3月2日イイギリス、チェスター生まれ。リヴァプール近郊で育ち、ロンドンのナショナル・ユース・シアターとギルドホール音楽演劇学校で学び1991年に卒業。1992年ジョン・G・アヴィルドセン監督の…

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ フォー・ライフ

シリーズのノリはそのままに、主人公の“今”に合ったストーリーになっていて、ウィル・スミスが演じるマイクと、マーティン・ローレンスが演じるマーカスの個性にも…

殺人イメージ写真AC(包丁) 心理学から観る映画1-3:犯罪と脳

先天的な理由の一つとして、脳の神経構造の研究が行われています。果たして、連続殺人犯の脳と、一般の人の脳に違いはあるのでしょうか?

映画『風の電話』モトーラ世理奈/西島秀俊 風の電話

“風の電話”は、2011年に岩手県大槌町在住の庭師である佐々木格さんが、自宅の庭に設置した電話ボックスで、東日本大震災で多くの方がお亡くなりになり、故人と…

映画『パラサイト 半地下の家族』チェ・ウシク チェ・ウシク

1990年3月26日生まれ。大韓民国、ソウル特別市出身。幼少期にカナダに移住し、学生生活を過ごす。その後韓国に戻り、2011年にテレビドラマ『チャクペー相棒ー』で俳優デビューを飾る。その後…

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』オルガ・キュリレンコ/アレックス・ロウザー 9人の翻訳家 囚われたベストセラー

巧みなトリックとどんでん返しの繰り返しで、気持ち良く騙される快感を得られます。物語は、全世界待望のミステリー小説の新刊を世界同時出版するため、9名の翻訳家がフランスの人里離れた村にある要塞のような洋館に集められるところから…

映画『サヨナラまでの30分』萩原健太郎監督インタビュー 『サヨナラまでの30分』萩原健太郎監督インタビュー

本作は、1年前に死んだバンドのボーカル・アキ(新田真剣佑)と、人付き合いが苦手な大学生、颯太(北村匠海)が1つの体を共有するというユニークな青春音楽ラブストーリー。今回、本作でメガホンを執った萩原健太郎監督にインタビューをさせて頂きました。監督のこだわり、俳優さん達について、そしてアメリカと日本の映画作りの違いなど、いろいろなお話を聞けました。

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ステラン・スカルスガルド ステラン・スカルスガルド

1951年6月13日、スウェーデン生まれ。1968年、TVシリーズの主演に抜擢され俳優デビューし、1972年ストックホルム王立劇場の一員となり…

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、トム・フーパー(監督)、デブラ・ヘイワード(プロデューサー)/【日本語吹き替え版】葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次、大貫勇輔、大竹しのぶ、蔦谷好位置(音楽プロデューサー) トム・フーパー監督が8歳の頃に一目惚れしたミュージカルを映画化『キャッツ』来日ジャパンプレミア

日本での劇場公開目前となる2020年1月22日、本作を監督したトム・フーパー、主人公ヴィクトリア役を演じたフランチェスカ・ヘイワード、プロデューサーのデブラ・ヘイワードが来日し、日本語版吹き替えキャスト達とともにジャパンプレミアを行いました…

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ジョナサン・プライス ジョナサン・プライス

1947年6月1日イギリス生まれ。ロンドンの王立演劇学校で学び、ブロードウェイにも進出してトニー賞などを受賞。1985年、テリー・ギリアム監督作『未来世紀ブラジル』で…

おすすめ記事

【東京コミコン2018】オープニングセレモニー、エズラ・ミラー イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 個性・ユーモア部門ランキング>

今回は、海外20代俳優の個性部門TOP20、ユーモア部門TOP15を発表!若い時から個性やユーモアが光る俳優は、今後も演技の幅をどんどん広げていきそうな気がします。注目のランキング結果はいかに!?

映画『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』ティモシー・シャラメ イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 ルックス・セクシー部門ランキング>

今回からいよいよイイ男セレクションランキング海外俳優編がスタート!まずは20代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン ドラマを観ずに、劇場版『ダウントン・アビー』を観てみた結果を発表!

世界的に社会現象を巻き起こした人気ドラマ『ダウントン・アビー』が映画化され、2020年1月10日より劇場公開されます。本作の部活では…

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス トーキョー女子映画部が選ぶ 2019年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ2019年 ベスト5を発表します!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『風の電話』モトーラ世理奈/西島秀俊
    風の電話

  3. 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』オルガ・キュリレンコ/アレックス・ロウザー
  4. 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』アダム・ドライバー/ジョナサン・プライス
  5. 映画『ロマンスドール』高橋一生/蒼井優
  6. 映画『キャッツ』フランチェスカ・ヘイワード
    キャッツ

  7. 映画『サヨナラまでの30分』新田真剣佑/北村匠海
  8. 映画『私の知らないわたしの素顔』ジュリエット・ビノシュ/フランソワ・シビル
  9. 映画『ジョジョ・ラビット』ローマン・グリフィン・デイビス/タイカ・ワイティティ
  10. 映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』フェリシティ・ジョーンズ/エディ・レッドメイン

部活・イベント

  1. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP