特集

ジワジワきてます!東南アジア映画特集2022

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『プアン/友だちと呼ばせて』トー・タナポップ/アイス・ナッタラット

この夏は、『恋するボクとゾンビの呪い』『プアン/友だちと呼ばせて』『復讐は私にまかせて』など、東南アジア作品が続けて公開となります。そこで、今回皆さんに注目していただきたい東南アジアの映画を集めてみました。新作はもちろん、旧作にもぜひ注目してください。

※東南アジア=“ASEAN(東南アジア諸国連合)”に加盟の10ヵ国(インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス)を対象としています。

最新作をチェック!

映画『義足のボクサー GENSAN PUNCH』尚玄

義足のボクサー GENSAN PUNCH

2022年6月10日より全国公開中
監督:ブリランテ・メンドーサ
出演:尚玄/ロニー・ラザロ/ビューティー・ゴンザレス/南果歩
公式サイト
製作国:フィリピン、日本合作

『ローサは密告された』など、不条理な社会でもがきながら懸命に生きる人々を撮り続けてきたフィリピンの名匠ブリランテ・メンドーサによる最新作。物語は、プロボクシングライセンスが取得できない日本からフィリピンへと渡り、プロボクサーを目指した“義足のボクサー”の感動の実話をもとに描かれている。

映画『恋するボクとゾンビの呪い』マーティン・エスクデーロ/ローレン・ヤン

恋するボクとゾンビの呪い

2022年7月16日より全国順次公開
監督:ブリランテ・メンドーサ
出演:マーティン・エスクデーロ/ローレン・ヤン/カービー・ザモーラ/マリアン・リヴェラ/ロデリック・パウラーテ/ユージン・ドミンゴ/オデット・カーン
公式サイト
製作国:フィリピン

恋愛、ゾンビ、連続殺人事件などの要素が詰まった愛すべきハートフル・ゾンビムービー⁉
日本で開催された<したまちコメディ映画祭in台東>の他、各国のファンタジー映画祭で上映された話題作。あることをきっかけに呪いにかかってしまった主人公のレミントン。さらに、街で起きた殺人事件に巻き込まれながら、呪いを解くために奔走するが…。

映画『プアン/友だちと呼ばせて』トー・タナポップ/アイス・ナッタラット

プアン/友だちと呼ばせて

2022年8月5日より全国順次公開
監督:バズ・プーンピリヤ
製作総指揮:ウォン・カーウァイ
出演:トー・タナポップ/アイス・ナッタラット/プローイ・ホーワン/ヌン・シラパン/ヴィオーレット・ウォーティア/オークベープ・チュティモン
公式サイト
製作国:タイ

バッド・ジーニアス 危険な天才たち』のバズ・プーンピリヤ監督とアジアの巨匠、ウォン・カーウァイがタッグを組み、サンダンス映画祭で絶賛された注目作。
NYでバーを経営するボスは、バンコクで暮らす友人のウードから数年ぶりに電話を受け、ある告白をされる。バンコクに戻ったボスがウードから頼まれたのは、元恋人達を訪ねる旅の運転手で…。

映画『復讐は私にまかせて』マルティーノ・リオ/ラディア・シェリル

復讐は私にまかせて

2022年8月20日より全国順次公開
PG-12
監督:エドウィン
出演:マルティーノ・リオ/ラディア・シェリル/ラトゥ・フェリーシャ/レザ・ラハディアン
公式サイト
製作国:インドネシア、シンガポール、ドイツ

第74回ロカルノ国際映画祭金豹賞受賞作。主人公は向かうところ敵なしの若きケンカ野郎のアジョと、伝統武術のシラットを駆使する女ボディガードのイトゥン。そんな2人のラブストーリーと共に、アクション、コメディ、エロス、ホラーのエッセンスが散りばめられた復讐ドラマが描かれる。

既に配信中やブルーレイ、DVDがリリースされている作品は、ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びます。

新作関連作品

『プアン/友だちと呼ばせて』バズ・プーンピリヤ監督の過去作品

バッド・ジーニアス 危険な天才たち

製作国:タイ
RVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

『義足のボクサー GENSAN PUNCH』ブリランテ・メンドーサ監督の過去作品

アルファ 殺しの権利

製作国:フィリピン
Amazonプライムビデオで観る

ローサは密告された

製作国:フィリピン
Amazonプライムビデオで観る

その他のオススメ東南アジア映画

愛しのゴースト

製作国:タイ
RVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

夏至

製作国:ベトナム

サイゴン・クチュール

製作国:ベトナム
RVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

the EYE 【アイ】

製作国:タイ

シアター・プノンペン

製作国:カンボジア
Amazonプライムビデオで観る

ソン・ランの響き

製作国:ベトナム
RVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

第三夫人と髪飾り

製作国:ベトナム
RVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

TATSUMI マンガに革命を起こした男

製作国:シンガポール
RVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

タレンタイム〜優しい歌

製作国:マレーシア
Amazonプライムビデオで観る

ホームステイ ボクと僕の100日間

製作国:タイ
RVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

マッハ!!!!!!!!

製作国:タイ


気になる作品はありましたか?日本と同じアジア圏とはいえ、東南アジアの作品はまた一味違う雰囲気のある作品が多いので、ぜひこれを機にチェックしてみてください。また、東南アジアでは映画産業がどんどん盛んになっている国もあるようなので、今後日本にももっとたくさんの作品が入ってくることを期待しましょう。

©2022「義足のボクサー GENSAN PUNCH」製作委員会公式サイト
©2021 Jet Tone Contents Inc. All Rights Reserved.
© 2021 PALARI FILMS. PHOENIX FILMS. NATASHA SIDHARTA. KANINGA PICTURES. MATCH FACTORY PRODUCTIONS GMBH. BOMBERO INTERNATIONAL GMBH. ALL RIGHTS RESERVED
© 2011 AN ORIGIN8 MEDIA PRODUCTION ALLRIGHTS RESERVED.

TEXT by Shamy

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP