アンケート特集

鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?

★前回の結果はこちら

アンケート回答人数:10代以上の女性701名

Q1:どっちの映画にそそられますか?

※シリーズ続編や原作の映画化等を除く

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査Q4

Q2:映画関連のインタビューや特集を読むとしたら、どのタイミングで読みたいですか?

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査Q5

映画を観た後にインタビューや特集を読む方が6割を越える結果となりました。鑑賞前にインタビューや特集記事を読んで、作品に興味を持つこともありますし、観賞後に読んでさらに作品のことを理解できることもありますよね。個人的には、鑑賞前に読んだ記事でも観賞後にもう一度読んで、新たな発見をすることも楽しみの1つになっています。

Q3:普段映画を観る前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

■映画を観る前にあまり情報を入れ過ぎないこと。ただし、洋画の場合ある程度情報を入れないと、観賞中に混乱してしまいがちなので気を付けています。(10代後半)
■観るものによりますが、声優さんは先に知っておきたいです。観ながら「あの声、誰だったかな」と、映画に集中できないこともあるので。(10代後半)
■良い評価も悪い評価も知らないほうが自然と楽しめる気がするので、私の価値観でその作品を観るため、レビューなどは見ないようにしています!(10代後半)
■無駄な先入観を持ってしまいそうなので、ストーリーのあらすじだけでなく、既に鑑賞した方々の感想もできるだけシャットアウトするようにしています。(20代前半)
■本当にすごく楽しみにしている映画の公開間際は、ネタバレを踏みたくないのでツイッターなどのSNSから離れるようにしています。逆に少し興味がある映画などは、ハッシュタグなどで鑑賞済みの人の感想を見たりします。(20代前半)
■キャストの雑誌インタビューなどで、「この映画のここを観て欲しい」といった情報が載っていることもあるので、事前にインタビューやあらすじは読むようにしています。原作ものであれば、原作も読んでから映画を観に行きます。(20代前半)
■必ず予告を何度も観てから映画を観るようにしています。「あ、あのシーンだ!」と思え、観ていて楽しいです。(20代前半)
■観た後はたくさん情報を仕入れるが、観る前はあまり調べずに観ます。ジャンルは確認し、嫌いなタイプじゃないかだけ確認してます。(20代前半)
■ツイッターでは検索しないようにしていますが、フォローしている映画情報アカウントからの情報のみ入手しています。(20代後半)
■観たい映画がある時は、うっかりネタバレを踏むかも知れないからツイッターを開かない。また、映画館のあるショッピングモールへは行かない、カフェなどでネタバレを知らない人から聞かされるパターンもあるので絶対に人の多いところへは出かけないを徹底してます。(20代後半)
■楽しみにしていて、期待が大きい映画ほど予告編を観ない。最近は特に予告編が良くできていて、「予告編で完成しちゃってるじゃん」と思うこともあるので、なるべく観ないです。ただ、ノーマークだった映画を知るツールとして予告編を観ることはあります。(20代後半)
■公式サイトだと、ここまでの情報ならネタバレにならないという線を守って情報公開されてるイメージなので、見るのは公式サイトにしています。(20代後半)
■ネタバレだけは避けるようにしています。ただ最近だと、関連ワードなど、思わねタイミングで核心に近い内容を見てしまうことがあるので、気をつけねばと思っています。(30代前半)
■実話を基にした作品で、事件とかテロ系の映画の時は勢力関係などの把握のために軽く事実を確認してから観ています。(30代前半)
■個人的には、あらすじを知っていたほうが集中して観られる気がします。特に時間がなくて、劇場で1回しか鑑賞できない作品に関しては、公式サイトなどで、あらすじやキャラクター情報は見るようにしてます。(30代前半)
■パンフレットを買っても、終わるまで読まない。キャストの服装や、パンフレットの写真だけでも、ストーリー展開が予想ついちゃったりするので。予告編やポスターも本当は見たくないです。キャストや監督が、どんな演技や撮り方をするのか、楽しみに観に行っています。(30代前半)
■知り過ぎないようにしていますが、監督と脚本は誰なのかは確認するようにしています。 限られた時間でなるべくたくさんの良い映画、中身が深い映画が観たいので最低限どんな作品か知ってから観るようにしています。(30代後半)
■キャストを重視して観る作品は俳優の演技に集中して楽しみたいのである程度の事前情報を入れておき(あらすじ含む)、作品自体に興味がある作品は、世界観に没入して未知の驚きを楽しみたいので極力ネタバレを踏んでしまいそうな事前情報は遮断するように努めています。(30代後半)
■普段は予告で興味を持った作品を観ることが多く、それ以上あらすじ、キャストを詳しく確認することはないです。ただ応援している役者さんが出演している作品については、かなり早い段階からチェックしてしまいます。テレビ番組の映画紹介は時々「見せすぎでは?」と思うこともあり、あまり多くを見てしまうと実際に映画館で観た時の感動が薄れてしまう気がします。(40代後半)

皆さんそれぞれこだわりの映画情報との接し方があり、その細やかな心掛けに驚きました!やはりネタバレは避けたいという方がほとんどでしたが、情報が溢れるこのご時世、情報との付き合い方は本当に難しいですよね(苦笑)。そんななかでも皆さん、「公式サイトの情報は見るけどSNSは見ない」「こういう作品の時だけあらすじ程度の情報を入れる」など、工夫されている方が多くいました。映画の情報を本当に全く何も知らずに観ることはかなり難しいのですが、上手く情報と付き合いながら、より映画を楽しめたら1番良いですよね。ぜひ今回の結果を参考に、ご自身の映画情報との付き合い方も今一度見直してみてはいかがでしょうか。

★繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品

■『ジョーカー』
2020年1月29日よりブルーレイ、DVD発売&レンタル開始、1月8日より先行デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ジョーカー(字幕版)

■『去年の冬、きみと別れ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

去年の冬、きみと別れ

■『鑑定士と顔のない依頼人』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

鑑定士と顔のない依頼人(字幕版)

■『白ゆき姫殺人事件』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

白ゆき姫殺人事件

■『インセプション』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

インセプション (字幕版)

■『バニラ・スカイ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

バニラ・スカイ (字幕版)

■『ファイト・クラブ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

ファイト・クラブ (字幕版)

■『シークレット・ウインドウ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

シークレット ウインドウ (字幕版)

■『ユージュアル・サスペクツ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

ユージュアル・サスペクツ (字幕版)

■『ピエロがお前を嘲笑う』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ピエロがお前を嘲笑う(字幕版)

■『氷の微笑』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

氷の微笑 (字幕版)

トップのイメージ写真は、FineGraphicsさんによる写真ACの写真です。

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ブックセラーズ』 ブックセラーズ

文化的な歴史のなかで、本には長い歴史があります。今では…

映画『モンスターハンター』ミラ・ジョヴォヴィッチ ミラ・ジョヴォヴィッチ

1975年12月17日、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国生まれ。1998年に『トゥー・ムーン』で…

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告

本作は、とある事情で娘一家の家に移り住むことになったおじいちゃん(ロバート・デ・ニーロ)と、おじいちゃんに部屋を取られ…

映画『スプリー』ジョー・キーリー スプリー

SNSでバズろうと躍起になり、我を失う若者を描いた本作は、サンダンス映画祭で話題を呼び、全米では33館という小規模の公開ながら…

映画『すばらしき世界』六角精児 六角精児(ろっかく せいじ)

1962年6月24日生まれ。兵庫県出身。1982年に劇団”善人会議(現・扉座)”の旗揚げに参加し、…

Netflix映画『彼女』インタビュー:廣木隆一監督&さとうほなみさん Netflix映画『彼女』廣木隆一監督、さとうほなみさんインタビュー

Netflix映画『彼女』の廣木隆一監督、さとうほなみさんにインタビュー。監督、主演の立場から、本作の魅力をいろいろと語っていただきました。お2人の楽しい掛け合いから、撮影現場でも和気あいあいとされていたのかなというのが伝わってきました。

映画『SNS-少女たちの10日間-』 SNS-少女たちの10日間-

SNSが普及した昨今、ネット上で子ども達が危険な目に遭っていることが問題視されています。これは…

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』安藤政信 安藤政信(あんどう まさのぶ)

1975年5月19日、神奈川県生まれ。1996年、北野武監督&脚本作…

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介 るろうに剣心 最終章 The Final

大人気の本シリーズもいよいよ最終章です。本作は最終章2部作のうちの1作目。物語は…

映画『トムとジェリー』クロエ・グレース・モレッツ クロエ・グレース・モレッツ

1997年2月10日アメリカ生まれ。現在、カリフォルニア州ロサンゼルスに在住。2010年『キック・アス』で…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

REVIEW

  1. 映画『ブックセラーズ』
  2. 映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー
  3. 映画『スプリー』ジョー・キーリー
    スプリー

  4. 映画『SNS-少女たちの10日間-』
  5. 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介
  6. Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス/
  7. Netflix映画『私というパズル』ヴァネッサ・カービー/シャイア・ラブーフ
  8. 映画『AVA/エヴァ』ジェシカ・チャステイン
    AVA/エヴァ

  9. Netflix映画『彼女』水原希子/さとうほなみ
    彼女

  10. 映画『約束の宇宙』エヴァ・グリーン
    約束の宇宙

PAGE TOP