アンケート特集

鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?

★前回の結果はこちら

アンケート回答人数:10代以上の女性701名

Q1:どっちの映画にそそられますか?

※シリーズ続編や原作の映画化等を除く

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査Q4

Q2:映画関連のインタビューや特集を読むとしたら、どのタイミングで読みたいですか?

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査Q5

映画を観た後にインタビューや特集を読む方が6割を越える結果となりました。鑑賞前にインタビューや特集記事を読んで、作品に興味を持つこともありますし、観賞後に読んでさらに作品のことを理解できることもありますよね。個人的には、鑑賞前に読んだ記事でも観賞後にもう一度読んで、新たな発見をすることも楽しみの1つになっています。

Q3:普段映画を観る前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

■映画を観る前にあまり情報を入れ過ぎないこと。ただし、洋画の場合ある程度情報を入れないと、観賞中に混乱してしまいがちなので気を付けています。(10代後半)
■観るものによりますが、声優さんは先に知っておきたいです。観ながら「あの声、誰だったかな」と、映画に集中できないこともあるので。(10代後半)
■良い評価も悪い評価も知らないほうが自然と楽しめる気がするので、私の価値観でその作品を観るため、レビューなどは見ないようにしています!(10代後半)
■無駄な先入観を持ってしまいそうなので、ストーリーのあらすじだけでなく、既に鑑賞した方々の感想もできるだけシャットアウトするようにしています。(20代前半)
■本当にすごく楽しみにしている映画の公開間際は、ネタバレを踏みたくないのでツイッターなどのSNSから離れるようにしています。逆に少し興味がある映画などは、ハッシュタグなどで鑑賞済みの人の感想を見たりします。(20代前半)
■キャストの雑誌インタビューなどで、「この映画のここを観て欲しい」といった情報が載っていることもあるので、事前にインタビューやあらすじは読むようにしています。原作ものであれば、原作も読んでから映画を観に行きます。(20代前半)
■必ず予告を何度も観てから映画を観るようにしています。「あ、あのシーンだ!」と思え、観ていて楽しいです。(20代前半)
■観た後はたくさん情報を仕入れるが、観る前はあまり調べずに観ます。ジャンルは確認し、嫌いなタイプじゃないかだけ確認してます。(20代前半)
■ツイッターでは検索しないようにしていますが、フォローしている映画情報アカウントからの情報のみ入手しています。(20代後半)
■観たい映画がある時は、うっかりネタバレを踏むかも知れないからツイッターを開かない。また、映画館のあるショッピングモールへは行かない、カフェなどでネタバレを知らない人から聞かされるパターンもあるので絶対に人の多いところへは出かけないを徹底してます。(20代後半)
■楽しみにしていて、期待が大きい映画ほど予告編を観ない。最近は特に予告編が良くできていて、「予告編で完成しちゃってるじゃん」と思うこともあるので、なるべく観ないです。ただ、ノーマークだった映画を知るツールとして予告編を観ることはあります。(20代後半)
■公式サイトだと、ここまでの情報ならネタバレにならないという線を守って情報公開されてるイメージなので、見るのは公式サイトにしています。(20代後半)
■ネタバレだけは避けるようにしています。ただ最近だと、関連ワードなど、思わねタイミングで核心に近い内容を見てしまうことがあるので、気をつけねばと思っています。(30代前半)
■実話を基にした作品で、事件とかテロ系の映画の時は勢力関係などの把握のために軽く事実を確認してから観ています。(30代前半)
■個人的には、あらすじを知っていたほうが集中して観られる気がします。特に時間がなくて、劇場で1回しか鑑賞できない作品に関しては、公式サイトなどで、あらすじやキャラクター情報は見るようにしてます。(30代前半)
■パンフレットを買っても、終わるまで読まない。キャストの服装や、パンフレットの写真だけでも、ストーリー展開が予想ついちゃったりするので。予告編やポスターも本当は見たくないです。キャストや監督が、どんな演技や撮り方をするのか、楽しみに観に行っています。(30代前半)
■知り過ぎないようにしていますが、監督と脚本は誰なのかは確認するようにしています。 限られた時間でなるべくたくさんの良い映画、中身が深い映画が観たいので最低限どんな作品か知ってから観るようにしています。(30代後半)
■キャストを重視して観る作品は俳優の演技に集中して楽しみたいのである程度の事前情報を入れておき(あらすじ含む)、作品自体に興味がある作品は、世界観に没入して未知の驚きを楽しみたいので極力ネタバレを踏んでしまいそうな事前情報は遮断するように努めています。(30代後半)
■普段は予告で興味を持った作品を観ることが多く、それ以上あらすじ、キャストを詳しく確認することはないです。ただ応援している役者さんが出演している作品については、かなり早い段階からチェックしてしまいます。テレビ番組の映画紹介は時々「見せすぎでは?」と思うこともあり、あまり多くを見てしまうと実際に映画館で観た時の感動が薄れてしまう気がします。(40代後半)

皆さんそれぞれこだわりの映画情報との接し方があり、その細やかな心掛けに驚きました!やはりネタバレは避けたいという方がほとんどでしたが、情報が溢れるこのご時世、情報との付き合い方は本当に難しいですよね(苦笑)。そんななかでも皆さん、「公式サイトの情報は見るけどSNSは見ない」「こういう作品の時だけあらすじ程度の情報を入れる」など、工夫されている方が多くいました。映画の情報を本当に全く何も知らずに観ることはかなり難しいのですが、上手く情報と付き合いながら、より映画を楽しめたら1番良いですよね。ぜひ今回の結果を参考に、ご自身の映画情報との付き合い方も今一度見直してみてはいかがでしょうか。

★繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品

■『ジョーカー』
2020年1月29日よりブルーレイ、DVD発売&レンタル開始、1月8日より先行デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ジョーカー(字幕版)

■『去年の冬、きみと別れ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

去年の冬、きみと別れ

■『鑑定士と顔のない依頼人』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

鑑定士と顔のない依頼人(字幕版)

■『白ゆき姫殺人事件』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

白ゆき姫殺人事件

■『インセプション』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

インセプション (字幕版)

■『バニラ・スカイ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

バニラ・スカイ (字幕版)

■『ファイト・クラブ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

ファイト・クラブ (字幕版)

■『シークレット・ウインドウ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

シークレット ウインドウ (字幕版)

■『ユージュアル・サスペクツ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

ユージュアル・サスペクツ (字幕版)

■『ピエロがお前を嘲笑う』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ピエロがお前を嘲笑う(字幕版)

■『氷の微笑』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

氷の微笑 (字幕版)

トップのイメージ写真は、FineGraphicsさんによる写真ACの写真です。

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

映画『日本独立』小林薫 小林薫(こばやし かおる)

1951年9月4日、京都府生まれ。1971年から80年までの間、唐十郎主催の状況劇場に…

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ キル・チーム

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化…

映画『青い、森』田中偉登 田中偉登(たなか たけと)

2000年1月24日生まれ、大阪府出身。2012年に『宇宙兄弟』で映画デビュー。以降…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン KCIA 南山の部長たち

1979年10月26日、韓国のパク・チョンヒ(朴正煕)大統領は、自らの側近だった中央情報部(通称:KCIA)の部長キム・ジェギュ(金載圭)に殺害…

映画『青い、森』門下秀太郎 門下秀太郎(かどした しゅうたろう)

1998年9月11日、長崎県生まれ。2016年、第3回SonyMusic×smart オーディションで…

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  2. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  3. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  4. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  5. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  6. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  7. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  8. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  9. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  10. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

PAGE TOP