アンケート特集

鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?

★前回の結果はこちら

アンケート回答人数:10代以上の女性701名

Q1:どっちの映画にそそられますか?

※シリーズ続編や原作の映画化等を除く

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査Q4

Q2:映画関連のインタビューや特集を読むとしたら、どのタイミングで読みたいですか?

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査Q5

映画を観た後にインタビューや特集を読む方が6割を越える結果となりました。鑑賞前にインタビューや特集記事を読んで、作品に興味を持つこともありますし、観賞後に読んでさらに作品のことを理解できることもありますよね。個人的には、鑑賞前に読んだ記事でも観賞後にもう一度読んで、新たな発見をすることも楽しみの1つになっています。

Q3:普段映画を観る前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

■映画を観る前にあまり情報を入れ過ぎないこと。ただし、洋画の場合ある程度情報を入れないと、観賞中に混乱してしまいがちなので気を付けています。(10代後半)
■観るものによりますが、声優さんは先に知っておきたいです。観ながら「あの声、誰だったかな」と、映画に集中できないこともあるので。(10代後半)
■良い評価も悪い評価も知らないほうが自然と楽しめる気がするので、私の価値観でその作品を観るため、レビューなどは見ないようにしています!(10代後半)
■無駄な先入観を持ってしまいそうなので、ストーリーのあらすじだけでなく、既に鑑賞した方々の感想もできるだけシャットアウトするようにしています。(20代前半)
■本当にすごく楽しみにしている映画の公開間際は、ネタバレを踏みたくないのでツイッターなどのSNSから離れるようにしています。逆に少し興味がある映画などは、ハッシュタグなどで鑑賞済みの人の感想を見たりします。(20代前半)
■キャストの雑誌インタビューなどで、「この映画のここを観て欲しい」といった情報が載っていることもあるので、事前にインタビューやあらすじは読むようにしています。原作ものであれば、原作も読んでから映画を観に行きます。(20代前半)
■必ず予告を何度も観てから映画を観るようにしています。「あ、あのシーンだ!」と思え、観ていて楽しいです。(20代前半)
■観た後はたくさん情報を仕入れるが、観る前はあまり調べずに観ます。ジャンルは確認し、嫌いなタイプじゃないかだけ確認してます。(20代前半)
■ツイッターでは検索しないようにしていますが、フォローしている映画情報アカウントからの情報のみ入手しています。(20代後半)
■観たい映画がある時は、うっかりネタバレを踏むかも知れないからツイッターを開かない。また、映画館のあるショッピングモールへは行かない、カフェなどでネタバレを知らない人から聞かされるパターンもあるので絶対に人の多いところへは出かけないを徹底してます。(20代後半)
■楽しみにしていて、期待が大きい映画ほど予告編を観ない。最近は特に予告編が良くできていて、「予告編で完成しちゃってるじゃん」と思うこともあるので、なるべく観ないです。ただ、ノーマークだった映画を知るツールとして予告編を観ることはあります。(20代後半)
■公式サイトだと、ここまでの情報ならネタバレにならないという線を守って情報公開されてるイメージなので、見るのは公式サイトにしています。(20代後半)
■ネタバレだけは避けるようにしています。ただ最近だと、関連ワードなど、思わねタイミングで核心に近い内容を見てしまうことがあるので、気をつけねばと思っています。(30代前半)
■実話を基にした作品で、事件とかテロ系の映画の時は勢力関係などの把握のために軽く事実を確認してから観ています。(30代前半)
■個人的には、あらすじを知っていたほうが集中して観られる気がします。特に時間がなくて、劇場で1回しか鑑賞できない作品に関しては、公式サイトなどで、あらすじやキャラクター情報は見るようにしてます。(30代前半)
■パンフレットを買っても、終わるまで読まない。キャストの服装や、パンフレットの写真だけでも、ストーリー展開が予想ついちゃったりするので。予告編やポスターも本当は見たくないです。キャストや監督が、どんな演技や撮り方をするのか、楽しみに観に行っています。(30代前半)
■知り過ぎないようにしていますが、監督と脚本は誰なのかは確認するようにしています。 限られた時間でなるべくたくさんの良い映画、中身が深い映画が観たいので最低限どんな作品か知ってから観るようにしています。(30代後半)
■キャストを重視して観る作品は俳優の演技に集中して楽しみたいのである程度の事前情報を入れておき(あらすじ含む)、作品自体に興味がある作品は、世界観に没入して未知の驚きを楽しみたいので極力ネタバレを踏んでしまいそうな事前情報は遮断するように努めています。(30代後半)
■普段は予告で興味を持った作品を観ることが多く、それ以上あらすじ、キャストを詳しく確認することはないです。ただ応援している役者さんが出演している作品については、かなり早い段階からチェックしてしまいます。テレビ番組の映画紹介は時々「見せすぎでは?」と思うこともあり、あまり多くを見てしまうと実際に映画館で観た時の感動が薄れてしまう気がします。(40代後半)

皆さんそれぞれこだわりの映画情報との接し方があり、その細やかな心掛けに驚きました!やはりネタバレは避けたいという方がほとんどでしたが、情報が溢れるこのご時世、情報との付き合い方は本当に難しいですよね(苦笑)。そんななかでも皆さん、「公式サイトの情報は見るけどSNSは見ない」「こういう作品の時だけあらすじ程度の情報を入れる」など、工夫されている方が多くいました。映画の情報を本当に全く何も知らずに観ることはかなり難しいのですが、上手く情報と付き合いながら、より映画を楽しめたら1番良いですよね。ぜひ今回の結果を参考に、ご自身の映画情報との付き合い方も今一度見直してみてはいかがでしょうか。

★繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品

■『ジョーカー』
2020年1月29日よりブルーレイ、DVD発売&レンタル開始、1月8日より先行デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ジョーカー(字幕版)

■『去年の冬、きみと別れ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

去年の冬、きみと別れ

■『鑑定士と顔のない依頼人』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

鑑定士と顔のない依頼人(字幕版)

■『白ゆき姫殺人事件』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

白ゆき姫殺人事件

■『インセプション』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

インセプション (字幕版)

■『バニラ・スカイ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

バニラ・スカイ (字幕版)

■『ファイト・クラブ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

ファイト・クラブ (字幕版)

■『シークレット・ウインドウ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

シークレット ウインドウ (字幕版)

■『ユージュアル・サスペクツ』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

ユージュアル・サスペクツ (字幕版)

■『ピエロがお前を嘲笑う』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ピエロがお前を嘲笑う(字幕版)

■『氷の微笑』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

氷の微笑 (字幕版)

トップのイメージ写真は、FineGraphicsさんによる写真ACの写真です。

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』ローラ・ダーン ローラ・ダーン

1967年2月10日アメリカ、カリフォルニア州生まれ。1991年『ランブリング・ローズ』で…

映画『PLAN 75』倍賞千恵子 倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)

1941年6月29日生まれ、東京都出身。松竹音楽舞踊学校を卒業後…

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

<ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3>『勝負をつけろ』 <ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3>チケットプレゼント 3組6名様ご招待

<ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3>チケットプレゼント 3組6名様ご招待

映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ セイント・フランシス

34歳で独身のブリジットは、子どもを持つ友達の存在や親からのプレッシャーを…

映画『ゴーストブック おばけずかん』新垣結衣 新垣結衣(あらがき ゆい)

1988年6月11日生まれ。沖縄県出身。主な映画出演作に『恋空』『ミックス。』『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』などがあり…

映画『ストーリ・オブ・マイ・ワイフ』レア・セドゥ/ハイス・ナバー 映画に隠された恋愛哲学とヒント集67:「結婚に愛は不要」は通じない!?

始まりに愛は不要、でも結婚を続けるには…

Netflix映画『グレイマン』ライアン・ゴズリング グレイマン

ライアン・ゴズリングとクリス・エヴァンスが共演する本作は、マーク・グリーニーの人気小説「暗殺者グレイマン」を原作に…

映画『L.A.コールドケース』フォレスト・ウィテカー フォレスト・ウィテカー

1961年7月15日アメリカ、テキサス州生まれ。テレビや舞台での活躍を経て1982年に映画デビュー。1988年に…

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見、ディワンダ・ワイズ ディワンダ・ワイズ

1984年5月30日アメリカ、メリーランド州出身。2022年公開の映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』では…

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

記事作成部活20220720:初秋最新作 一緒に記事を作りませんか?【記事作成部活】2022年8月度参加者募集

2022年8月は4回開催します。オンラインとリアル、それぞれテーマを変えて行います。

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

REVIEW

  1. 映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ
  2. Netflix映画『グレイマン』ライアン・ゴズリング
    グレイマン

  3. Amazon Prime Video映画『ムーンフォール』ハル・ベリー/パトリック・ウィルソン/ジョン・ブラッドリー
  4. 海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ <シーズン2>』ニコール・キッドマン/リース・ウィザースプーン /シェイリーン・ウッドリー/ローラ・ダーン/ゾーイ・クラビッツ
  5. 映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』
  6. 映画『コンビニエンス・ストーリー』成田凌/前田敦子
  7. ディズニープラス映画『プレデター:ザ・プレイ』
  8. 映画『TANG タング』二宮和也
  9. 映画『L.A.コールドケース』ジョニー・デップ
  10. 映画『長崎の郵便配達』イザベル・タウンゼンド
PAGE TOP