REVIEW

ポルトガル、夏の終わり

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ポルトガル、夏の終わり』イザベル・ユペール/マリサ・トメイ

ポルトガルの世界遺産シントラの町が舞台となっていて、自然に囲まれたのどかで美しい風景を見ているだけで行ってみたくなります。本作は、主人公フランキーの呼びかけによって集まった家族とその友人が織り成す群像劇ですが、皆が到着した朝からその日の夕方にかけての時間だけで、とてもドラマチックな人間模様が映し出されていきます。キャラクター達の会話から、フランキーは普段女優として活躍しているのがわかりますが、彼女は病を抱えていて余命わずかです。だからこそ、残される家族達を思い、最後の世話焼きなのか、いろいろな思いを胸に家族を集めます。彼女の思惑通りにいくかどうかは映画を観てのお楽しみですが、彼女が思っているほど物事は簡単ではないにしても、家族それぞれが今目の前にある問題に向き合っていく姿が、何だか優しさに包まれているような雰囲気に見えるのが不思議です。イザベル・ユペール、ブレンダン・グリーソン、マリサ・トメイ、ジェレミー・レニエ、グレッグ・キニアといった実力派が揃い、物語の大半は会話劇で構成されていますが、ラストにおいては言葉で語らず画で魅せるシーンになっていて、フランキーが辿ってきた道や家族の繋がりを象徴しているかのようでとても情緒的です。そして、何といってもフランキーを演じるイザベル・ユペールの演技と彼女が醸し出すムードがあってこその完成度の高さに圧倒されます。神秘的なムードに包まれた美しい情景とともに優雅に流れる時間を味わってください。

デート向き映画判定
映画『ポルトガル、夏の終わり』イザベル・ユペール

人生の終わりを迎えようとする女性とその家族、友人の物語で、主人公夫婦や、その子ども達も大人です。夫婦とは何ぞやという会話もいろいろ出てくるので、大人のカップルや夫婦で観るととても親近感が湧くと思います。夫婦の価値観、男女の価値観を見つめ直すきっかけになるので、普段話しづらいことも映画の感想を述べるなかで伝えてみてはどうでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ポルトガル、夏の終わり』イザベル・ユペール/ブレンダン・グリーソン/マリサ・トメイ/ジェレミー・レニエ/パスカル・グレゴリー/ヴィネット・ロビンソン/グレッグ・キニア

ティーンのキャラクターも登場するので、彼女の目線で観るのも良いですが、大人になってから観るほうがより感情移入しやすいとは思います。でも、心と言葉が裏腹なところを表情からうかがったり、抽象的な描写の中にある意味を見つけるのが好きな人には楽しめる作品だと思います。読書が好きな人、絵画が好きな人の好みにもハマりそうな気がします。興味があれば観てみてください。

『ポルトガル、夏の終わり』
2020年8月14日より全国順次公開
ギャガ
公式サイト

© 2018 SBS PRODUCTIONS / O SOM E A FÚRIA © 2018 Photo Guy Frerrandis / SBS Productions

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP