イイ俳優セレクション

ビートたけし【プロフィールと出演作一覧】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『首』ビートたけし

1947年1月18日東京都生まれ。1972年に「ビートたけし」として芸能の世界に足を踏み入れ、現在もその芸名で活躍を続けている。映画監督としては本名の「北野武」名義を使用。
漫才コンビ「ツービート」を結成し、1970年代後半の漫才ブームを牽引する人物の一人となる。役者としては、1983年に大島渚監督の『戦場のメリークリスマス』に出演し、世界的な評価を得た。1999年、時代劇『御法度』に出演し、その後『血と骨』『バトル・ロワイアル』『バトル・ロワイアルⅡ~鎮魂歌(レクイエム)~ 』などに出演。1989年、『その男、凶暴につき』で監督デビューを飾り、本作では主演も飾った。その後『3‐4×10月』『あの夏、いちばん静かな海。』『ソナチネ』『みんな~やってるか!』『キッズ・リターン』と立て続けに作品を発表。1997年に発表した『HANA‐BI』は、ベネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得したほか、国内外で数々の賞を受賞し、監督として世界的な評価を得た。1999年『菊次郎の夏』では、カンヌ国際映画祭のコンベ部門に初参加し、日英共同製作の『BROTHER』、そして『DoIls[ドールズ]』と世界的名声を確立していった。2003年、初の時代劇作品となった『座頭市』では、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を受賞した。続く『TAKESHIS’』の公開後には、イタリアのガリレオ2000賞文化特別賞を受賞した。2007年には、ベネチア国際映画祭が、北野監督13作目にあたる『監督・ばんざい!』を讃えて「監督・ばんざい!」賞を新設し、その第1回受賞者となった。2008年、モスクワ国際映画祭で特別功労賞、テッサロニキ国際映画祭ではゴールデン・アレクサンダー名誉賞を受賞した。その後も日本のヤクザ社会を舞台にした『アウトレイジ』、その続編『アウトレイジビヨンド』『龍三と七人の子分たち』など、ヒット作を次々と世に贈り出している。
2010年にはフランスの芸術文化勲章を受章。また、パリのカルティエ現代美術財団で個展「Beat Takeshi Klano,Gosse de peintre/絵描き小僧」展が開かれた。2015年には、仏シャンパーニュ騎士団から外国人として初となる「シャンベラン・ドヌール(名誉侍従)」を叙任され、2016年にはフランス政府から芸術分野での輝かしい功績を讃えられ、レジオン・ドヌール勲章「オフィシエ」を授与された。

イイ男セレクション/出演作

『夏の秘密』『戦場のメリークリスマス』『十階のモスキート』『哀しい気分でジョーク』『コミック雑誌なんかいらない!』『ほしをつぐもの』『修羅の伝説』『魚からダイオキシン!!』『教祖誕生』『JM』『GONIN』『御法度』『バトル・ロワイアル』『バトル・ロワイアルⅡ~鎮魂歌(レクイエム)~ 』『IZO』『血と骨』『ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発』『あなたへ』『劇場版 MOZU』『人生の約束』『女が眠る時』『ゴースト・イン・ザ・シェル』など

監督作:『その男、凶暴につき』『3-4X10月』『あの夏、いちばん静かな海。』『ソナチネ』『みんな~やってるか!』『HANA-BI』『菊次郎の夏』『BROTHER』『DoIls[ドールズ]』『座頭市』『TAKESHIS’』『監督・ばんざい!』『アキレスと亀』『アウトレイジ』『アウトレイジ ビヨンド』『龍三と七人の子分たち』『アウトレイジ 最終章』『』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

今年(2017年現在)で70歳とはビックリ!まだまだ若さがみなぎっていますよね。監督としては既に海外でも人気ですが、『ゴースト・イン・ザ・シェル』では俳優としてハリウッド進出して、日本人としてとても誇らしく思います。映画監督や俳優として活躍していても、メディアの前ではお笑い芸人として笑いを取ることを忘れない点もすごく尊敬します。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!


2023年11月23日より全国公開

映画『首』ビートたけし/西島秀俊/加瀬亮/浅野忠信/大森南朋/六平直政/小林薫

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『戦場のメリークリスマス』

『哀しい気分でジョーク』

『コミック雑誌なんかいらない!』

『その男、凶暴につき』(監督、出演)

『3-4X10月』(監督)

『あの夏、いちばん静かな海。』

『魚からダイオキシン!!』

『教祖誕生』

『ソナチネ』(監督)

『みんな〜やってるか!』(監督、出演)


『JM』

『GONIN』

『HANA-BI』(監督、出演)

『御法度』

『菊次郎の夏』(監督、出演)

『バトル・ロワイアル』

『BROTHER』(監督、出演)

『DoIls[ドールズ]』(監督)

『座頭市』(監督、出演)

『IZO』

『血と骨』

『TAKESHIS’』(監督、出演)

『監督・ばんざい!』(監督、出演)

『アキレスと亀』(監督、出演)

『アウトレイジ』(監督、出演)

『あなたへ』

『アウトレイジ ビヨンド』(監督、出演)

『劇場版 MOZU』

『龍三と七人の子分たち』(監督、出演)

『人生の約束』

『女が眠る時』

『ゴースト・イン・ザ・シェル』

『アウトレイジ 最終章』(監督、出演)

©2016 映画「女が眠る時」製作委員会
© MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会
©2023KADOKAWA ©T.N GON Co.,Ltd


上記の作品を U-NEXTで探す Huluで探す 
ぽすれん(ゲオ)で探す  TSUTAYA DISCASで探す

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年12月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事

from 2017/3/30

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP