取材&インタビュー

『ウィッシュ』プロデューサー:ピーター・デル・ヴェッコさん、フアン・パブロ・レイジェスさんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ウィッシュ』プロデューサー:ピーター・デル・ヴェッコさん、フアン・パブロ・レイジェスさんインタビュー

ディズニー100周年記念作品『ウィッシュ』のプロデューサー、ピーター・デル・ヴェッコさん、フアン・パブロ・レイジェスさんが来日。本作や『アナと雪の女王』など作品を通してみたディズニー・キャラクターの変化についてや、最近話題が絶えないAIに対する考え方など、質問をぶつけてみました。

<PROFILE>
ピーター・デル・ヴェッコ(写真左):プロデューサー
世界中に社会現象を巻き起こした『アナと雪の女王』、続編『アナと雪の女王2』を手掛けた。その他のプロデュース作品には『ラーヤと龍の王国』『プリンセスと魔法のキス』などがある。
フアン・パブロ・レイジェス(写真右):プロデューサー
大人気シリーズの2作目『アナと雪の女王2』や、第94回アカデミー賞®長編アニメーション作品賞に輝いた『ミラベルと魔法だらけの家』を手掛けた。

社会現象を巻き起こした『アナと雪の女王』で気づいた“ストーリーに必要な要素”

映画『ウィッシュ』

マイソン:
本作はディズニー100周年記念となる作品ということで、いつもよりこだわった点はありますか?逆に重責もあったと思うのですが、大変だった部分はありますか?

フアン・パブロ・レイジェスさん:
スタジオとしての重要性を考える前に、私自身もディズニー・アニメーションファンなわけです。ですから、ディズニーファンの皆さんにラブレターを書くような作品にしたいと思いました。同時にもちろん責任もあります。ストーリーに関しては、夢、スター(願い星)が人々のもとに下りてくるという設定があり、キャラクターもストーリーも曲も全部オリジナルにしたいと思いました。だから、その実現に向けてエネルギー、情熱を注入しました。

マイソン:
これまでのディズニー作品に一貫して描かれてきたメッセージが本作に凝縮されていると感じました。100年も続くなかで大切なことがしっかりと受け継がれてきた背景には、ディズニーで働く方達の間にどんな文化があるのでしょうか?

映画『ウィッシュ』プロデューサー:フアン・パブロ・レイジェスさんインタビュー
フアン・パブロ・レイジェスさん

フアン・パブロ・レイジェスさん:
本作はディズニーファンの皆さんに対するラブレターなのですが、作品を構想する上で、ディズニー作品がファンの方々にとってどのような意味を持っているのかと考えました。それはやっぱり、ファンの皆さんに希望と楽しさを提供することだと思うんです。ただ、押し付けではなく、クリエイティブな方法を通して、さりげなく愛を伝えるということだと思います。

ピーター・デル・ヴェッコさん:
社風とか社内の文化というよりは、その種、核となるものがあるんです。というのも、作品開発って、最初は本当に少人数で行われるんです。必要に応じて、アーティストやスタッフをどんどん起用して大きくなっていきます。ですから、リソースとなるものはディズニーの中にあるけれども、外にどんどん大きくなっていくので、核となる人達がそれを共有しているということだと思います。

映画『ウィッシュ』

マイソン:
なるほど。本作も然り、ディズニー・ヒロインのイメージが現代的な設定にだんだん変わってきているように感じます。今回のキャラクターで新しい価値観が加わった点があれば教えてください。

フアン・パブロ・レイジェスさん:
今回の主人公アーシャのコンセプトは、「星に願いを」であり、それに付随した行動をとるにしても、アーシャは一般の私達皆を象徴し、代弁するような存在です。彼女の在り方は、自分中心ではなく、利他的で、自分のコミュニティを大切にしたいという、多くの人の代弁者なわけです。これはどういったところからきているかというと、脚本を執筆したジェニファー・リーとアリソン・ムーアのかなり個人的な思いが反映されていると感じます。

映画『ウィッシュ』

マイソン:
『アナと雪の女王』は昨今のディズニー作品の中でも世界中で社会現象を巻き起こす大ヒットとなり、大きな転換期となったのではないかと感じます。同作を境目に感じた変化があれば教えてください。

ピーター・デル・ヴェッコさん:
私が『アナと雪の女王』のヒットの後に感じたことは、共感できる、信憑性のある話が必要だということです。その決断に同意をしなくても理解はできるということ。本作のヴィラン、マグニフィコ王にも同じことがいえます。彼はもともと人のために良いことをしていると信じていたわけですよね。その彼が圧力を受けてどう変わっていったかを、私達は観ることができます。アーシャもそもそもは同じところから始まっているけれど、同じ状況でもマグニフィコ王とは両極端な決断をします。彼女は私達のヒロインであり、フアンが言ったように利他的に動く決断をするわけです。

ディズニーでのAIの位置づけは?

映画『ウィッシュ』

マイソン:
本作では2Dの水彩画と3D CGがコラボレーションする世界観も美しいと話題です。ディズニー・アニメーションでは、これまでも最先端技術を取り入れてこられたと思いますが、昨今では、AIがクリエイティブな分野にも浸透してきました。メリットとデメリットなど、お2人はAIの存在をどう捉えていらっしゃいますか?

フアン・パブロ・レイジェスさん:
AIに関していうならば、私達ディズニーはアーティスト・ファーストですから、アーティストの目線が第一にあります。ストーリー、ビジュアルを作る過程で、AIはツールだと認識しています。AI自身、長年かけてどんどん進化していますが、あくまで私達が伝えたいことに効果的に使うツールです。

ピーター・デル・ヴェッコさん:
私自身もその進化を眺めてきて、何をもたらすかを考えるなかで、やはり大事なのはクリエイティブなツールとして、インスピレーションを助けるために、いろいろと提供することは必要だと思います。でも、アーティスト・ファーストというところは全くブレません。

マイソン:
使う側の問題と考えてらっしゃるんですかね。

映画『ウィッシュ』プロデューサー:ピーター・デル・ヴェッコさんインタビュー
ピーター・デル・ヴェッコさん

ピーター・デル・ヴェッコさん:
ウォルト・ディズニー自身も非常にクリエイティブなテクノロジーに関心があって、取り入れてきました。今、AIというと非常に範囲が広いので、こうだという定義はなかなか難しい部分はあります。ただ、アーティストにとって役立つものであれば、アーティストが仕事をずっとしていける環境を提供する上で、また表現の上で助かるものであれば、それを役立てることもできるかもしれないと考えています。

マイソン:
では最後の質問です。1作品に決めかねるとは思うのですが(笑)、お2人が一番好きなディズニー作品と理由を教えてください。

フアン・パブロ・レイジェスさん:
『美女と野獣』です。初めて私が映画館で観た作品です。そして、『眠れる森の美女』と『白雪姫』。この2作のスタイルは、ディズニー映画において非常に象徴的なものだと思います。本作『ウィッシュ』でもそれを讃えて、インスピレーションを受けています。水彩画のタッチは特にそうですよね。アーティストの力とテクノロジーがまさに融合した作品だと思います。

ピーター・デル・ヴェッコさん:
こういったキャラクターがたくさんいて、1作品を選ぶのはもちろん難しいですが、初めて観た作品『バンビ』を挙げます。一番覚えているのは、子どもながらに非常にクリエイティブな世界に入り込めたということです。子どもとしてもすごく創造力を広げることができました。その経験が助けになって、今いるクリエイティブな世界に進む素地が作られたと思います。

マイソン:
ありがとうございました!

2023年12月取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『ウィッシュ』

『ウィッシュ』
2023年12月15日より全国公開
監督:クリス・バック/ファウン・ヴィーラスンソーン
製作:ピーター・デル・ヴェッコ/フアン・パブロ・レイジェス
声の出演:生田絵梨花(アーシャ役)/福山雅治(マグニフィコ王役)/山寺宏一(バレンティノ役)/檀れい(アマヤ王妃役)/鹿賀丈史(サビーノ役)
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

魔法の力で国民の願いを叶えるというマグニフィコ王が治めるロサス王国では、一大イベントが開かれようとしていた。アーシャは、100歳になる祖父の願いが今度こそ叶えられるかもしれないとワクワクしていたが…。

公式サイト  ムビチケ購入はこちら REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2023 Disney. All Rights Reserved

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年12月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  2. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  3. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
PAGE TOP