イイ俳優セレクション

ベン・アフレック

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『AIR/エア』ベン・アフレック

1972年8月15日アメリカ生まれ。監督、俳優、脚本家、プロデューサーとして活躍し、アカデミー賞を2度受賞した経験がある。弟は俳優のケイシー・アフレック。1998年に出演した『恋におちたシェイクスピア』で、SAG賞キャスト賞を受賞。2006年のサスペンスドラマ『ハリウッドランド』では、不幸な運命の俳優役を演じて高い評価を受け、ベネチア国際映画祭で最優秀男優賞を受賞した。注目を集めたのは、マット・デイモンと脚本を共著し、共演した『グット・ウィル・ハンティング/旅立ち』で、2人はアカデミー賞脚本賞を始め、ゴールデン・グローブ賞、ヒューマニスタ賞などを受賞した。
2007年、『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で監督デビューを飾り、脚本も共同執筆した。同作はナショナル・ボード・オブ・レビューの新人監督賞を始め、批評家協会賞を受賞し、ハリウッド映画祭の年間最優秀新人監督賞も受賞した。2012年に監督、製作、主演を務めた『アルゴ』では、アカデミー賞のほか、ゴールデン・グローブ賞、英アカデミー賞(BFATA)の作品賞を受賞した。さらに、ベン・アフレック個人としても、ゴールデン・グローブ賞、BFTA賞、クリティックス・チョイス映画賞の監督賞を受賞した。2016年、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でブルース・ウェイン/バットマン役を演じ、2017年公開の『ジャスティス・リーグ』でも同役を演じた。
2000年にはマット・デイモン、クリス・ムーア、ショーン・ベイリーと共に製作会社ライブプラネット社を設立。また、2010年に米国基盤としては初の東コンゴ向けの支援と助成金提供の活動団体“東コンゴ・イニシアチブ(ECI)”を設立した。

イイ男セレクション/出演作

『青春の輝き』『バッド・チューニング』『チェイシング・エイミー』『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(兼脚本)『アルマゲドン』『恋におちたシェイクスピア』『200本のたばこ』『ドグマ』『レインディア・ゲーム』『偶然の恋人』『パール・ハーバー』『ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲』『チェンジング・レーン』『トータル・フィアーズ』『デアデビル』『ジーリ』『ペイチェック 消された記憶』『世界で一番パパが好き!』『恋のクリスマス大作戦』『クラークス2/バーガーショップ戦記』『ハリウッドランド』『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』『そんな彼なら捨てちゃえば?』『消されたヘッドライン』『ザ・タウン』(兼監督、脚本)『カンパニー・メン』『アルゴ』(兼監督)『トゥ・ザ・ワンダー』『ランナーランナー』『ゴーン・ガール』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『ザ・コンサルタント』『夜に生きる』(兼監督、脚本)『ジャスティス・リーグ』『トリプル・フロンティア』(Netflix映画)『マクマホン・ファイル』(Netflix映画)『ザ・ウェイバック』『最後の決闘裁判』『AIR/エア』(兼監督)など

監督のみ:『ゴーン・ベイビー・ゴーン』(兼脚本)など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の頃から注目していて、『アルマゲドン』のときがマックスカッコ良いなと思いました。ジェニファー・ロペスとのロマンスを騒がれた時など、一時期迷走している感はありましたが、最近は監督業も頑張っていて、復活した印象でホッとしています。『ザ・コンサルタント』の役がとてもおもしろいのですが、彼の役作りもすごく上手。監督、俳優として、これからもっと味が出てきそうですね。“ジャスティス・リーグ”シリーズでは、バットマンを演じていますが、マスクの下から覗くアゴがギュウギュウで釘付けになります(笑)。年を重ねた彼が、どう進化していくのか、これからも楽しみです。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『AIR/エア』
2023年4月7日より全国公開

映画『AIR/エア』マット・デイモン/ベン・アフレック/ジェイソン・ベイトマン/クリス・タッカー/ヴィオラ・デイヴィス

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『青春の輝き』

『モール・ラッツ』

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(出演、脚本)

『アルマゲドン』

『恋におちたシェイクスピア』

『パール・ハーバー』

『デアデビル』

『ペイチェック 消された記憶』

『ハリウッドランド』

『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』

『そんな彼なら捨てちゃえば?』

『ゴーン・ベイビー・ゴーン』(監督、脚本)

『消されたヘッドライン』

『カンパニー・メン』

『ザ・タウン』(出演、監督、脚本)

『アルゴ』(出演、監督)

『トゥ・ザ・ワンダー』


『ゴーン・ガール』

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

『ザ・コンサルタント』

『夜に生きる』(出演、監督、脚本)

『ジャスティス・リーグ』

『最後の決闘裁判』

©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES
©2010-JOHN WELLS PRODUCTIONS
©2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
©2012 REDBUD PICTURES, LLC
©2014 Twentieth Century Fox
© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENTINC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
©2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
© AMAZON CONTENT SERVICES LLC

from 2017/1/17

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP