REVIEW

ロン 僕のポンコツ・ボット

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』

スマホよりも高性能で友達まで探してくれる最新式ロボット型デバイス“Bボット”。主人公バーニーが通う中学校では皆持っているような状況です。誕生日を迎えたバーニーもようやく“Bボット(ロン)”を手に入れますが、初っぱなから故障している様子。最初バーニーはロンを返品しようとしますが、他の“Bボット”と違ったユニークな反応を見せるロンを手放すのをやめたことで、大騒動に発展します。
スマホよりも高度な最新技術が搭載されている“Bボット”は、自分にピッタリの友達まで見つけてくれて、子ども達にとって最初は夢のようなデバイスに見えます。でも、ポンコツなロンという存在が出てくることで、「友達って何?」という根本的な問題が提起され、現代社会の歪みに焦点が当てられていきます。ロンはプログラム的にはポンコツな部分がありますが、バーニーの友達を見つけるという役目は徹底します。その方法は時にズレていることもありますが、それは裏返すともしかしたら今の世の中で友達の定義ってこういうことだよと、私達の感覚こそがズレているのではないかと気付かせてくれます。
こう書くと説教じみたストーリーに思えるかもしれませんが、そんなことはないのでご安心を。純粋に友達を欲しがっていたバーニーが、唯一の友達ロンを守るために奮闘する姿がシンプルに胸を打ちます。そこから意外な展開が生まれるラストにはウルウルせずにはいられません。今や乳幼児から高齢者まで、スマホなどの高性能デバイスを使うことは当たり前になってきましたが、これは子どもや若者だけでなく、大人にとっても大事なことに気付かせてくれる内容です。

デート向き映画判定
映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』

ネットを通じて見つけた友達、ネット上だけで繋がっている友達と、現代は交流を持てる機会が増えました。そんな関係も良いですが、本作はリアルな世界での付き合いに改めて焦点が当てられています。もちろんどちらが良くてどちらが悪いということではなく、人それぞれの価値観による部分ではありますが、カップルとしてはその点の価値観は近いと良いですよね。本作を一緒に観て、感想を述べあうとお互いにその部分の価値観がわかるのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』

キッズやティーンの皆さんにぜひ観て欲しい作品です。生まれた時からスマホやタブレットが周囲に当たり前にある状況の中で育つ皆さんにとって、友達の概念は大人とは異なると思います。だからこそ違った視点を知った上で、自分は友達とどんな関係を築いていきたいか、本作を観て改めて考えてみて欲しいと思います。人間が幸せに生きていこうとするならば、友達の存在は欠かせません。ネット上の友達だからダメ、リアルな世界の友達だから良いということではなく、上っ面だけの友達と本当の友達の違いを自分なりに考えるきっかけにしてもらえたら嬉しいです。

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』

『ロン 僕のポンコツ・ボット』
2021年10月22日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

©2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

※この作品はディズニーからのご招待を受け、試写会で鑑賞しました。

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ウィリアム・H・メイシー ウィリアム・H・メイシー【プロフィールと出演作一覧】

1950年3月13日アメリカ、フロリダ生まれ。1994年から放送されたTVシリーズ『ER 緊急救命室』に出演し…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 青春 18×2 君へと続く道【レビュー】

『余命10年』『新聞記者』を手掛けた藤井道人が、台湾で話題を呼んだシジミー・ライの紀行エッセイ「青春 18×2 日本慢車流浪記」を…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  3. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  4. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  5. 映画『陰陽師0』山﨑賢人

PRESENT

  1. 映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉
  2. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  3. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
PAGE TOP