イイ俳優セレクション

ジュリエット・ビノシュ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『5月の花嫁学校』ジュリエット・ビノシュ

1964年3月9日パリ生まれ。1983年パスカル・カネの“Liberty Bell(原題)”で映画初出演を飾る。1985年、アンドレ・テシネ監督『ランデヴー』では初主演を飾り、ロミー・シュナイダー賞を受賞しセザール賞主演女優賞にノミネートされた。1986年、『汚れた血』で再び同賞にノミネートされたことで国際的にも注目され、フィリップ・カウフマン監督『存在の耐えられない軽さ』(1988)のヒロインに抜擢された。1991年『ポンヌフの恋人』ではヨーロッパ映画賞を受賞。その後、ルイ・マル監督『ダメージ』(1992)などの英語作品にも出演。1993年『トリコロール/青の愛』でヴェネチア国際映画祭最優秀女優賞、1996年『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー賞助演女優賞、ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。そして2010年、『トスカーナの贋作』でカンヌ国際映画祭女優賞と世界三大映画祭で女優賞を制覇した。 名匠達ともコラボレーションも多く、主な出演作として、『ショコラ』『Paris』『夏時間の庭』『アクトレス~女たちの舞台~』『冬時間のパリ』『Vision』『ハイ・ライフ』『真実』などがある。

イイ男セレクション/出演作

『ランデヴー』『汚れた血』『存在の耐えられない軽さ』『ポンヌフの恋人』『ダメージ』『トリコロール/青の愛』『イングリッシュ・ペイシェント』『コード・アンノウン』『ショコラ』『隠された記憶』『パリ、ジュテーム』『こわれゆく世界の中で』『ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』『Paris』『夏時間の庭』『トスカーナの贋作』『陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル』『ジュリエット・ビノシュ in ラヴァーズ・ダイアリー』『マリー、もうひとつの人生』『コズモポリス』『カミーユ・クローデル ある天才彫刻家の悲劇』『おやすみなさいを言いたくて』『GODZILLA ゴジラ』『アクトレス~女たちの舞台~』『チリ33人 希望の軌跡』『ポリーナ、私を踊る』『ゴースト・イン・ザ・シェル』『冬時間のパリ』『Vision』『ハイ・ライフ』『真実』『私の知らないわたしの素顔』『5月の花嫁学校』“Le Quai de Ouistreham(原題)”など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

品がありつつもチャーミングさのある俳優でとても憧れます。安定した演技力はもちろん、存在感があるのでいつも目を惹きつけられます。(2021/8/20)

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『5月の花嫁学校』
2021年5月28日より全国公開

映画『5月の花嫁学校』ジュリエット・ビノシュ/ヨランド・モロー/ノエミ・ルヴォウスキー

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『汚れた血』

『存在の耐えられない軽さ』

『ポンヌフの恋人』

『ダメージ』

『トリコロール/青の愛』

『イングリッシュ・ペイシェント』

『ショコラ』

『こわれゆく世界の中で』

『PARIS』

『夏時間の庭』

『トスカーナの贋作』

『コズモポリス』

『おやすみなさいを言いたくて』

『GODZILLA ゴジラ』

『アクトレス~女たちの舞台~』

『チリ33人 希望の軌跡』

『ポリーナ、私を踊る』

『ゴースト・イン・ザ・シェル』

『冬時間のパリ』

『Vision』

『ハイ・ライフ』

『真実』

『私の知らないわたしの素顔』

©2012–COSMOPOLIS PRODUCTIONS INC. / ALFAMA FILMS PRODUCTION / FRANCE 2 CINEMA
© 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC
© paradox/newgrange pictures/zentropa international sweden 2013
PHOTO© Paradox/Terje Bringedal
©2014 CG CINÉMA – PALLAS FILM – CAB PRODUCTIONS – VORTEX SUTRA – ARTE France Cinéma – ZDF/ARTE – ORANGE STUDIO – RTS RADIO TELEVISION SUISSE – SRG SSR
© MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
© 2016 Everybody on Deck – TF1 Droits Audiovisuels – UCG Images – France 2 Cinema
©2018“Vision”LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
photo L. Champoussin © 3B-Bunbuku-Mi Movies-FR3
©2018 DIAPHANA FILMS-FRANCE 3 CINÉMA-SCOPE PICTURES
©CG CINEMA / ARTE FRANCE CINEMA / VORTEX SUTRA / PLAYTIME
© 2020 – LES FILMS DU KIOSQUE – FRANCE 3 CINÉMA – ORANGE STUDIO – UMEDIA

from 2021/8/20

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP