日記

映画との新しい関わり方

  • follow us in feedly
  • RSS
Pixabayによる写真:映画用カメラ(クラシック)イメージ

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。

昨年から新型コロナウィルス感染症が流行し、まだまだその影響は続いていますが、皆さんお元気ですか?なんと前回の日記から半年も経っていました(苦笑)。本当にあっという間の1年だったなと改めて思います。

映画業界も大きな打撃を受け、数々の映画が公開延期となりました。この日記を書いている1月4日にも、また緊急事態宣言の可能性が報じられ、せっかく年末年始の目玉作品で活気づこうとしていた矢先、今後の映画の興行はどうなっていくのか、コロナ禍が収束するまで持ちこたえられるのか心配な状況です。また落ち着いたら元の状況に戻るのかもしれませんが、弊社に限らず映画関係の仕事に携わっている方々は、今後のことをいろいろと模索していることと思います。

弊社もコロナ禍でいろいろ考えさせられているのはもちろんですが、実はそのだいぶ前から次なるステップを考えていました。今私が大学院で勉強しているのもそのためです。お気づきの方もいらっしゃると思いますが、トーキョー女子映画部サイトでは、急に心理学やキャリア(マイソン担当)、食育(シャミ担当)やらの企画ページができましたよね。唐突に思われているかもしれませんが(笑)、こういった記事は今後弊社がやろうとしていることの礎を築くためでもあります。

私は幼い頃に映画に魅了されてからずっと映画に救われてきましたが、娯楽の範囲を越えた映画の可能性を感じてきました。きっと映画好きの皆さんの中にも同じように感じていらっしゃる方がいると思いますが、映画は心を癒してくれたり、悩んでいる時に心を楽にしてくれたり、一方で豊富な知識や考えるきっかけを与えてくれます。

私はそういった映画体験をたくさんしてきて、映画をメンタルヘルスや教育の分野でも活かしたいという思いを長らく抱いてきました。十数年前からどうやったら実現できるのか考え始めて、何から手を付ければ良いのかわからないまま、多忙な日々に忙殺されて何年も経ってしまいましたが、ようやく約4年前に心理学をちゃんと勉強してみようと動き出しました。

Pixabayによる写真:大学院イメージ

高校卒業後に行った大学では英文学科だったので、今回大学院に入る前に改めて心理学系の大学に編入しましたが、それだけでは全く足りず、大学院に進学したわけですが、大学院まで進んで本当に良かったなと思っています。

大学院はやっぱり内容が濃い!予習やレポートがとても大変ですが、それだけ得るものも大きいです。専門家との距離も近いし、学問の世界がどんなものなのかについても多くの情報を得られます。自分が勉強や研究をする目的も明確なので、やる気も出るし、学ぶことってこんなにおもしろいんだと改めて実感しています。

今、私はまさに商業映画をどうやったらメンタルヘルスや教育分野で活用できるかを研究していますが、やっと入口に立てたところです。大学院では人間科学研究科にいるので、映画に絡めた研究をしている私は完全に畑違いですが(苦笑)、だからこそ普段の生活では会うことのない方達からバンバン良い刺激をいただいています。映画に関係がなくても、心理学そのものが興味深いので学んでいておもしろいし、自分が不器用な理由も自分なりの解釈ではだいぶ解明されたような気がします(笑)。

というわけで、まだまだ研究、挑戦は続きます!ちょこちょこと日記でも進捗を書いていこうと思っていますので、ご興味があれば読んで頂けると嬉しいです。あと、映画や海外ドラマの話題以外に、心理学やキャリア、勉強について情報発信(というかただのつぶやきも含め)するために、私のツイッターアカウントも作成しました。そちらも良かったら覗いてみてください。

使用写真は、PixabayのPublicDomainPicturesさん、AnnaliseArtさんによる写真です。

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き9】印象深い怖い映画と思い出

小さい頃に観てトラウマになりそうだった映画という話題から、怖いけど笑える映画、胸糞映画などのお話に…

海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之 SHOGUN 将軍【レビュー】

真田広之ハリウッド初主演&プロデュース作品ということで、観る前から注目していた方も多いのではないでしょうか。本作は…

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『リバウンド』アン・ジェホン アン・ジェホン【プロフィールと出演作一覧】

1986年3月31日韓国生まれ。2009年、短編映画でデビューを飾る。主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  2. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  3. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之
  4. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  5. 映画『関心領域』

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP