ドラマ

あの人は敵?味方?転職した凄腕ジェシカの処世術がスゴい『SUITS:ジェシカ・ピアソン』部活リポート

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

海外ドラマ『SUITS:ジェシカ・ピアソン』
2020年2月1日よりU-NEXTにて独占配信中
U-NEXTサイト  

本作は、人気海外ドラマ『SUITS/スーツ』のメインキャラクターの1人、ジェシカ・ピアソンを主人公にしたスピンオフです。今回の部活では、本家『SUITS/スーツ』を観たことがある方、ない方の両方に『SUITS:ジェシカ・ピアソン』の最初の2話を鑑賞頂き、座談会を行いました。本家『SUITS/スーツ』を観ていたからこそ、観ていないからこそ、という両方の視点で、新作『SUITS:ジェシカ・ピアソン』の魅力がいろいろうかがえました!

※下記で“本家”と称しているのは、『SUITS/スーツ』オリジナル版を指します。
※発言者のところに★が付いている方は、本家『SUITS/スーツ』を観ていた方です。

ジェシカってとにかくスゴい人!

マイソン:まずは、本家『SUITS/スーツ』を観たことがない方から、『SUITS:ジェシカ・ピアソン』を観てみてどうでしたか?

Aさん:もとのドラマは名前を知っていたくらいで、まっさらな状態で観ました。最初は全然誰が誰だかわからなかったんですけど、だんだんジェシカ・ピアソンという人がスゴい人なんだというのがずつわかってきて、2話の途中で興味が出てきました。

Bさん:私は日本版の『SUITS/スーツ』を観てて、友達からはオリジナルの『SUITS/スーツ』のほうがおもしろいよって言われたんですけど(笑)、まだ観てなくて。『SUITS:ジェシカ・ピアソン』は、ジェシカ・ピアソンっていう人がスゴくて、権力争いをしていくんだなっていう印象がありました。

マイソン:確かにジェシカ・ピアソンってとにかくスゴい人なんだっていうのは今観た2話で充分に伝わってきましたね。どうスゴいのかはこれからのお楽しみって感じですね(笑)。では本家を観たことがある方はどうでしたか?

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ジーナ・トーレス/

Cさん★:知っているキャラクターがジェシカしかいなかったので、初めて観るドラマとあまり変わらなかったです。でもすごくおもしろくて、引き込まれました。プロローグが2ヶ月後の話で、まだ2話ではあの時点に戻っていなかったので、どう繋がっていくのか気になります。ちょっとした案件は1話完結で、ずっと引きづるストーリーもあるところは本家と同じで、おもしろく観られて楽しかったです。とにかくジェシカというと、ダイナマイト・ボディじゃないですか!

一同:ハハハハハ(笑)。

Cさん★:本家を観てる時から、ジェシカの衣装がほんと美しくって、全部お給料を服に使ってるんだろうなって思いながら観てました。靴もバッグもスゴいから。

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ジーナ・トーレス

Dさん★:私は単純にやっぱり“SUITS”シリーズっておもしろいんだなって、今観た『SUITS:ジェシカ・ピアソン』の続きも今すぐ観たいと思いました。本家のほうでは、メインのキャラクターではありつつ、やっぱり主人公はハーヴィーとマイクなので、ジェシカは特別好きっていうキャラクターではなかったんですが、『SUITS:ジェシカ・ピアソン』を観て、「ジェシカ、好き!」って思いました。で、ニューヨーク(本家のストーリー)では語られてなかったジェシカの従姉妹が出てきたりとか、正義感があるのはわかっていましたが、事務所の代表としての彼女を観てきたので、今作では1人の女性としての彼女の一面が出てくるのかなと楽しみです。

マイソン:じゃあ、ジェシカのパーソナルなストーリーになっているというところでさらにおもしろいということですね。Eさんはどうでしょう?

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター

Eさん★:本家からよりダークな感じで、ポリティカル・サスペンスになっていて、ミステリー系、サスペンス系が好きな方は好みそうな作風だと思いました。本家だとジェシカは事務所を守るために動いたりとか、敵対する事務所や弁護士と戦う場面とかが描かれていたんですけど、今作では社会問題や、政治にガッツリ絡む内容だったので、ジェシカ・ピアソンの新しい一面が観られました。あと私も従姉妹などパーソナルな一面が観られたのが新鮮でした。

マイソン:引き継いでいるところもあり、新しいところもあって。

Eさん★:はい、すごく良い感じで観させてもらいました。

Fさん★:私は本家もシーズン2か3くらいまでしか観ていないので、このスピンオフは初めて観るドラマという感じで観ました。ジェシカは本家だと事務所の代表なので、皆のお母さんという感じで、出来る子達をいかに上手くまとめるかという立場なんですけど、今作では弁護士資格を剥奪されて、ニューヨークも離れて、誰かの下で働くというところで、お母さん的な役割と違う一面があるんだなと感じました。彼氏が出てきたり、家族が出てきたり、貧しい地域の現状をどうしていくかみたいな問題も出てきたり、彼女の生い立ちに絡んでくるようなところが見えたなと思います。最近、黒人の人達が主人公だったり、焦点が当たるようなドラマが増えていて、私は音楽もそっち系が好きなので観ることが多いんです。本家は白人中心に描かれていますが、このスピンオフのほうがより興味を持って観られそうです。

マイソン:扱っている事件とか、出来事自体も本家と違うんですね。

Fさん★:本家は大きな会社とか、お金持ちの話を扱っていて、これはもっと生活に根づいた話というところで共感しやすいですね。

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ジーナ・トーレスほか

Gさん★:私はもともとジェシカがすごく好きで、さっきおっしゃったようにファッションとかすごく素敵だし、本家で描かれる事務所の中ではお母さんみたいな立場なんですけど、彼女はドーンと構えていて、器が大きくて面倒見も良いんです。ただ綺麗なことばっかりじゃなくて、汚いこともちゃんとやるから、すごく仲間としたら上にいてくれて安心できる人です。彼女だったらどこへいっても成功するだろうなと思います。でも、彼氏とはくっついたり別れたりしていて、最終的に仕事か愛を選ぶかというシーンも本家で出てくるんですけど、そういう選択を何度もした上で今に至っていて、途中で言っていたように「金儲けではなくて、人のためになることがしたい」っていうのが今の彼女の考えなので、これからそういうところが今までと違った展開で楽しみです。あとやっぱりジェシカ素敵だなと思いました。

マイソン:本家では肝っ玉母さん的な感じなんですね!

Eさん★:敵対すると絶対怖いです。

Dさん★:絶対潰されるっていう。

Cさん★:でも守ると決めたら守ってくれるので、頼りがいがあるんです。

マイソン:じゃあ味方なら良いけど敵に回すと怖い人なんですね。

1人でシカゴに乗り込んだジェシカ、誰が味方で敵かが気になる〜!

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』人物相関図

Aさん:皆さんが肝っ玉母さんとおっしゃっていたので、ジェシカは気になるんですけど、誰が味方で敵かがわからないなかで、徐々に皆ジェシカを信頼しつつあるのかなと。とにかく最初ジェシカがひとりぼっちという感じだったので、特定の人が気になるというよりは、それぞれのキャラクターが気になります。

Hさん:私はやっぱりジェシカですね。ジェシカの部下として働きたいなと思いました(笑)。従姉妹が登場しましたが、ジェシカは彼女に歩み寄ろうとしているのに、従姉妹は距離を置こうとしていて、その関係も気になりました。相関図を観ると、ジェシカが運転手のニックに疑念を持っているとあるので、そこも何が原因なのか気になります。

マイソン:ニックはプロローグで出てきた写真とかにも絡んでそうですもんね。Gさんはどうですか?

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ベサニー・ジョイ・レンツ
市長専属弁護士ケリー・アレン

Gさん★:ケリーが本家の中ではむっちゃ嫌な奴だったんですよ。それでもジェシカは今作で彼女を味方に付けるために策を練るところとかも、もしかしたらこの2人が今後ベスト・パートナーになるのかもと期待したり。あと秘書にした子も「絶対使える」と思って、気になります。

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』
広報担当デリック

Fさん★:私は広報のデリックが超イケメンだなと思いました(笑)。あのアシスタントになろうとしている子も移民なのかなという感じで、何となく流れとしてマイノリティとされている人達が活躍していくのかなと思ったり、ニックが敵なのか味方なのかが気になります。あと相関図に出ているルイス(本家にも登場するキャラクター)がスピンオフにも出てくるなんて意外です。本家ではメインキャラクターじゃないんですけど、このスピンオフでは貴重な役として入るんだ〜と思って。ちょっと憎めないけど、憎まれキャラというか、結果良いおっちゃんみたいな感じなので(笑)。

本家観たことある一同★:わかる〜(笑)。

マイソン:そういうキャラクターなんですね(笑)。そこは本家を観ていたからこそ楽しみなポイントですね。Eさんはどうでしょう?

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ジーナ・トーレス/サイモン・カシアニデス
市長専属ボディガード兼運転手ニック・ダマト(写真右)

Eさん★:秘書になる女の子とジェシカが、本家のハーヴィーとマイクみたいに師弟関係になるのかなというのがまず気になりました。あとシカゴ市長と運転手のニックが異母兄弟っていうのがいろいろ今後絡んでくるのかなと思って。最初、2人の顔が似過ぎてて、「今、どっち?」っていうのはありました。

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』モーガン・スペクター
シカゴ市長ボビー・ノヴァク

一同:わかる〜(笑)。

Dさん★:私もニックが完全に怪しいと疑ってるんですけど、正義の女のジェシカがあの証拠を…(Dさんによる推理)…がすごく気になっています。

マイソン:ほ〜!皆さん、ドラマの構成を把握した上での推理がスゴいですね(笑)!Cさんはどうですか?

Cさん★:私も一番ハンサムだと思った、広報のデリックでしたっけ?彼しか観てませんでした(笑)。

一同:ハハハハハ(笑)。

本家を観たことがある方から観た、スピンオフの魅力、“SUITS”シリーズの魅力

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ジーナ・トーレスほか

Cさん★:本家は、訴訟じゃなくて和解でお金を取るっていうのが新しいなと思って観てました。今回の『SUITS:ジェシカ・ピアソン』も和解で解決っていう風になっているので、“SUITS”の系譜をちゃんと引き継いでいるんだなと思いますね。訴訟するより和解で解決しようとするという方法が、本家を観ているとわかるんですけど、『SUITS:ジェシカ・ピアソン』から観る方もそこがわかっているほうがしっくりくるのかなと思います。

Dさん★:本家は誰もが知る大企業の訴訟のようなスケールの大きい話が基本で、「ニューヨークってこうだよね!」っていうのを楽しんできたのですが、『SUITS:ジェシカ・ピアソン』ではシカゴを舞台にした社会派になっていますよね。訴訟、弁護士っていうところは2話までだとあまりなかったので、本家のノリを期待していると物足りなくもあります。でもそこがスピンオフの良さであり、おもしろいところかなと思います。

マイソン:これも“SUITS”ですよと言われるよりは、視点が変わっているってわかって観たほうが良さそうですね。

Dさん★:スピンオフですと言われると、「ジェシカ・ピアソンに焦点を当てただけでしょ」って思っちゃうんですけど、観てみると「結構違うのね!」ってなるので、違っていると知って観たほうが良いかも知れないですね。

Hさん:私は本家は観ていないですけど、本家が弁護士の話だというのは知っていたので、『SUITS:ジェシカ・ピアソン』を観て、「思ったより裁判が出てこないんだな」と思っちゃいました。確かに違うというのは観る前に教えてもらってたほうが良いですね。

第107回部活:海外ドラマ『SUITS:ジェシカ・ピアソン』座談会の様子

Eさん★:シリーズで共通の魅力で言うと、1話完結っていうのはスッキリ感が良いなと思います。違いで見た魅力でいうと、本家はユーモラスなリーガルドラマですけど、こっちは政治ドラマで社会問題にガッツリ関わっていますよね。だから、ポリティカル・サスペンスとかが好きな方にオススメかなと思います。あと、こういうドラマって訴訟とか和解の場面で“何とか法”とか耳慣れない言葉が出てくるので、「聞いたことあるけど何だろう?」って思ったら、字幕と吹き替え両方で観ることもあるんですよね。

Dさん★:吹き替えのほうが情報量が増えるので、吹き替えのほうが話は理解しやすいですよね。

この後も普段観ている海外ドラマのお話などで盛り上がりました!皆さんのお話から、本家を観ていた方も、本家を観ずに『SUITS:ジェシカ・ピアソン』から観た方も、それぞれの視点で楽しんで頂けたようです。本家を知っているからこそ楽しめる部分もありつつ、別物として楽しむのもアリという意見も印象に残りました。今回の部活では2話だけ観ましたが、2話だけでだいぶ展開して、続きが気になるストーリーになっています。ジェシカ・ピアソンはすごくやり手で、性格や服装なども含めてカッコイイ女性なので、女子の皆さんに存分に楽しんでもらえると思います!

TEXT by Myson

海外ドラマ『SUITS:ジェシカ・ピアソン』
2020年2月1日よりU-NEXTにて独占配信中
U-NEXTサイト

シカゴ市を相手に‟住宅訴訟”を起こしていたさなか、相手の策略にはまりシカゴでの弁護⼠資格を失ってしまったジェシカは、敵対していたはずのシカゴ市⻑からフィクサーとしてスカウトされる。そのオファーを受け、恋人とともにシカゴに引っ越してきたジェシカは、さっそく仕事に取りかかろうとするが、周囲は彼女に反感や警戒心をむき出し。そんな敵ばかりの状況下で、彼女はあらゆる難問を解決していく。

© 2018 Universal Cable Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

  • 本家最新作『SUITS/スーツ シーズン8』も、U-NEXTにて配信中&DVD好評レンタル&発売中
  • U-NEXTの海外ドラマ最新情報ツイッター(@unext_kaidora)はこちら

2020.1.30 event

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『極主夫道 ザ・シネマ』玉木宏/川口春奈/志尊淳/古川雄大/玉城ティナ/松本まりか/滝藤賢一/安達祐実/吉田鋼太郎/稲森いずみ/竹中直人 極主夫道 ザ・シネマ

大人気コミックが実写映画化された本作は、まさに“王道コメディ”という感じで…

映画『帰らない日曜日』オデッサ・ヤング/ジョシュ・オコナー 帰らない日曜日

物語の舞台は1924年の母の日。母の日には、イギリス中のメイド達にも里帰りが許されます。でも…

映画『キャメラを止めるな!』第75回カンヌ国際映画祭、ミシェル・アザナヴィシウス監督、ロマン・デュリス、ベレニス・ベジョ、竹原芳子 ロマン・デュリス、ベレニス・ベジョら主要キャストと共に竹原芳子も登場!『キャメラを止めるな!』ワールドプレミア

日本で社会現象を起こした『カメラを止めるな!』を、『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス監督が『キャメラを止めるな!』としてリメイク!このたび第75回カンヌ国際映画祭のオープニング作品としてプレミア上映され、ロマン・デュリス、ベレニス・ベジョら主要キャストと共に竹原芳子も登場しました。

映画『ホリック xxxHOLiC』柴咲コウ 柴咲コウ(しばさき こう)

1981年8月5日生まれ。東京都出身。2000年に出演した『バトル・ロワイアル』で注目を集め…

Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ 「国内旅行についてしゃべろう」トーキョー女子映画部“リアル交流会”参加者募集

トーキョー女子映画部には“映画が好き”という共通項を持つ部員の方々が集まっています。その中でもさらに共通の関心事についておしゃべりすれば楽しいんじゃないかということで、今回のリアル交流会の話題は、「国内旅行」で実施します。国内旅行好きの皆さん、夏休みの計画を立てようとしている皆さん、この交流会で情報交換しませんか?

映画『私だけ聴こえる』松井至監督インタビュー 『私だけ聴こえる』松井至監督インタビュー

音のない世界と聴こえる世界の狭間で居場所を失ったコーダの子ども達の姿を追ったドキュメンタリー映画『私だけ聴こえる』。今回はその監督を務めた松井至さんに、本作制作の裏話や、監督が肌で感じたコーダの方々のリアルな意見について聞いてみました。

映画『アネット』マリオン・コティヤール マリオン・コティヤール

1975年9月30日生まれ。フランス、パリ出身。両親共に舞台俳優。幼少の頃から舞台に立ち…

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎 冬薔薇(ふゆそうび)

ゼロからの再スタートといえる伊藤健太郎が主演の本作は、阪本順次監督が彼からじっくり話を聞き…

映画『トップガン マーヴェリック』マイルズ・テラー マイルズ・テラー

1987年2月20日アメリカ、ペンシルベニア州生まれ。2010年にジョン・キャメロン・ミッチェル監督作…

映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:トム・クルーズ、ジェリー・ブラッカイマー(プロデューサー) 経験と知識と技術と誰にも負けない熱意でとことんリアルにこだわった傑作『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ&ジェリー・ブラッカイマー来日記者会見

36年もの間、多くのファンが待ち望んでいた『トップガン』の続編が遂に2022年5月27日より公開されます。公開を目前にして、主演のトム・クルーズ、製作のジェリー・ブラッカイマーが揃って来日を果たしました。

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  2. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2
  5. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真

おすすめ記事

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ 働く20代部員限定「仕事とキャリアについて話そう」“リアル交流会”vol.2参加者募集

トーキョー女子映画部では部員さん同士の交流機会を増やすべく、さまざまな交流会を企画しています。そして、この度【働く20代部員限定】で“仕事”“キャリア”をテーマにした交流会を開催します。

Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ 24歳以下部員限定「就職について話そう」“リアル交流会”vol.1参加者募集

今回は新たな交流会企画の第1弾として、【24歳以下の部員の方限定】で“就職”をテーマにした交流会を開催します。

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『極主夫道 ザ・シネマ』玉木宏/川口春奈/志尊淳/古川雄大/玉城ティナ/松本まりか/滝藤賢一/安達祐実/吉田鋼太郎/稲森いずみ/竹中直人
  2. 映画『帰らない日曜日』オデッサ・ヤング/ジョシュ・オコナー
  3. 映画『キャメラを止めるな!』第75回カンヌ国際映画祭、ミシェル・アザナヴィシウス監督、ロマン・デュリス、ベレニス・ベジョ、竹原芳子
  4. 映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎
  5. 映画『ゴースト・フリート 知られざるシーフード産業の闇』
  6. 映画『20歳のソウル』神尾楓珠
    20歳のソウル

  7. 映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』フィル・ティペット
  8. 映画『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』
  9. 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン
  10. 映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ
PAGE TOP