REVIEW

アジアの天使

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アジアの天使』池松壮亮/チェ・ヒソ/オダギリジョー/キム・ミンジェ/キム・イェウン/佐藤凌

石井裕也が監督を務め、池松壮亮、オダギリジョーが出演する本作は、韓国を舞台に描かれ、95%以上の韓国スタッフ、キャストのチームで作られました。妻を亡くしたばかりの剛(池松壮亮)は幼い息子(佐藤凌)を連れて、兄が待つ韓国へ着の身着のままでやってきます。でも、兄の透(オダギリジョー)から剛に韓国に来て一緒に仕事をしようと誘ったにも関わらず、透はのらりくらりとしていて、剛の不安を煽るばかり。ただ、透は自信たっぷりで剛は透を信じて仕事を手伝います。そんななか、3人の運命を狂わす出来事が起き…。ここからは映画でご覧いただくとして、剛親子にとっては言葉も全く通じない韓国で不安ばかりの状況ですが、新たな出会いによって改めて哀しみと向き合い、人生を見つめ直すきっかけを得ていきます。また剛達と出会うソル(チェ・ヒソ)、ジョンウ(キム・ミンジェ)、ポム(キム・イェウン)きょうだいも、それぞれ抱えていた思いをお互いにぶつけ、再び心を通わせていきます。
石井裕也監督作には一貫して人生の苦い部分がリアルに描かれていて、本作にもそれは貫かれています。ただ、苦いだけで終わらず、自分で切り拓く余地があることや、人との出会いによって人は癒されていくことを物語っていて、温かさが伝わってくる作品となっています。そして、葛藤の末にすぐに答えを見つけられなくても、ゆっくりゆっくり進めばいいじゃないかというメッセージも込められていて、何だかホッとさせられます。そして、タイトルになっている“アジアの天使”が、必ずしもイメージ通りではないところが逆に救いとなっている点もユニークで、だからこそ人間次第なんだと思わせる説得力にもなっています。本作は自分が大切にしていたものを失い、どうすれば良いかわからずに心がさまよう人達の姿を描いています。コロナ禍の世界には今そういった人で溢れていると思いますが、ふと心を少し軽くしてくれる作品です。

デート向き映画判定
映画『アジアの天使』池松壮亮/オダギリジョー

ずっと今のままじゃいられないとわかっていても、怖くて前に進めない人はたくさんいると思います。既に好きな人がいるけど最初の一歩が踏み出せない人、まだ相手もおらず、そもそも恋ができるかわからない状況で自信がなくなっている人は、少し前向きな気持ちになれると思います。1人でじっくり観るのもオススメですし、友達以上恋人未満の2人なら背中を押してもらえそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アジアの天使』池松壮亮/チェ・ヒソ/オダギリジョー/キム・ミンジェ/キム・イェウン/佐藤凌

皆さんは、剛の息子、学ぶの目線、ソルの妹ポムの目線が、身近に感じられるのではないでしょうか。基本的には大人向けの作品ではありますが、幼い頃に大事な人を亡くして寂しい思いをしている学やポムの気持ちは、誰にでも共感できると思います。親や自分を大切にしてくれる人を気遣って、逆に自分の気持ちを言えないでいる人もいると思いますが、本作を一緒に観ることで普段は言えないことを言えるきっかけにできるかもしれません。

映画『アジアの天使』池松壮亮/チェ・ヒソ/オダギリジョー/キム・ミンジェ/キム・イェウン/佐藤凌

『アジアの天使』
2021年7月2日より全国公開
クロックワークス
公式サイト

©2021 The Asian Angel Film Partners

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP