REVIEW

アバター:ウェイ・オブ・ウォーター【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』ゾーイ・サルダナ

13年前の2009年、本シリーズ1作目を映画館で観た時も初めての映像体験に感銘を受けました。ジェームズ・キャメロン監督は、“アバター”シリーズ以外にも、これまで『ターミネーター』『ターミネーター2』『エイリアン2』『アビス』『タイタニック』など映画史に名を残す名作を数々生んできました。映像技術の開発から取り組み、毎度新たな映像体験を生もうとする挑戦から、キャメロン監督が、映画館でしか体験できない作品を作ることに並々ならぬこだわりを持っていることがうかがえます。そんなキャメロン監督の新たな挑戦となる今作は、私達の期待を越える出来栄えとなっています。
今作でまず感銘を受けるのはやはり壮大で美しい映像です。私はIMAXで鑑賞しましたが、没入感が半端ない!1作目ではパンドラの大自然を大きな身体の鳥に乗って浮遊するシーンが豪快で爽快でしたが、今作では空を縦横無尽に飛び交う姿はもちろんのこと、海中のシーンが見事に描かれています。
そして、映像としての圧倒的没入感があると同時に、物語は普遍的なテーマで描かれていて、私達の身近なストーリーとして感情を揺さぶられます。今作から、ジェイク(サム・ワーシントン)とネイティリ(ゾーイ・サルダナ)の子ども達が登場し、新たな視点が加わることで、物語に一層深みが増しています。また、このストーリーが、私達の体をどういう概念で捉えているかを示すセリフがとても印象的です。それは内面に目を向ける、外見は違っても皆同じ命であるというようなメッセージにも感じられ、多様性について考えるきっかけを与えてくれます。同時に、“アバター”というタイトルの意味、その概念を一層深く掘り下げるストーリーとなっていて、この物語を通して、人間とは何か、生きるとは何かについて改めて考えさせられます。来日記者会見で、“I see you.”というセリフについて問われた際、キャメロン監督は、「人間は人生の中で、見られたい、認識されたい。コミュニティの中で、家族であり、親であり、子どもであり、自分の存在を認識して欲しい、理解して欲しいんです。人生において、何かをしたい、何かになりたいという気持ちが人間にはあります」と語っていました。まさに今作は、その意味が込められた内容となっています。
驚異の映像はもちろん、深いストーリーも含めてこの世界をぜひ、必ず映画館で1度体感してください。5作目まで制作されることが決まっているそうなので、今後も楽しみにしましょう!

デート向き映画判定
映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ

誰もが知る名作の続編なので、デートにも誘いやすいですね。できれば1作目を観てから今作を観たほうが理解が深まるので、どちらかが未見の場合は一緒に復習しておくと良いでしょう。家族が大きなテーマとなっているので、夫婦で観るのもオススメです。3時間を越える上映時間ですが、映像にもストーリーにも没入できるのであっという間だと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』

上映時間が3時間越えなので、幼児は集中力が持つかわかりませんが、小学校高学年以上で普段も集中力に自信があるなら、完走できるのではないでしょうか。登場する動物達も個性豊かで魅力的なので見とれてしまいます。臨場感と没入感が本当にスゴいので、海の中に自分が入って一緒に泳いでいるような感覚を体感できます。若いうちに映画館でしか味わえないこの極上の感覚をぜひ体感して、映画ファンになって欲しいです。

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』ゾーイ・サルダナ

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』
2022年12月16日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

© 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP