REVIEW

インディ・ジョーンズと運命のダイヤル【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』ハリソン・フォード

子どもの頃からインディ・ジョーンズの数々の冒険を観てきた世代としては、冒頭から「そうそう、コレコレコレ!」と炸裂するインディ節に一気に童心にかえり大興奮。アクションが最初から全開で、観る側のエンジンもフル稼働します!そして、時を経て老年のインディが登場すると哀愁たっぷり。でもでも、意図せず冒険に巻き込まれ、一気に現役に戻るインディのカッコ良さにまたしびれます。老いたインディだからといって、待ち受ける試練がマイルドになることはありません。敵との攻防戦はこれでもかといわんばかりに激しいバトルが何度も繰り返されます。中でもカーチェイスは仕掛けがユニーク!インディ達の動きを観ながら思わず、同じように身体が傾きます(笑)。
さらに映像技術の進歩を大いに感じる仕上がりです。描く時代の幅が広がってもキャラクター達が自然に映り、驚かされます。また、綿密に創作されたストーリーが秀逸。こちらが想像する何歩も先をいく展開に感激します。最後はウルっとさせられる上に仰天の展開。これで終わりかと思えばまたウルっとさせられ、感情の動きが忙しくなりますよ(笑)。キャストは、ハリソン・フォード、マッツ・ミケルセン、トビー・ジョーンズ、アントニオ・バンデラス、トーマス・クレッチマン、スタッフは製作総指揮にスティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、監督にジェームズ・マンゴールド、音楽にジョン・ウィリアムズと、重鎮揃い。映画史を築いてきた重鎮達の仕事は、やはり誰にも真似できない、追いつけない域の神業だなと改めて実感しました。
いろいろな意味で心に響く本作は、インディ世代はもちろん、今の子ども達や若者の心もつかむはず。「これが映画だ!」という雄叫びが聞こえてくるようなパワフルな本作をぜひ大きなスクリーンでご覧ください!

デート向き映画判定
映画『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』マッツ・ミケルセン

ご存知の通り、カップルで観て気まずい内容はなく、世代を問わず楽しめる作品です。ハラハラドキドキするシーンが満載で、アトラクション感覚で観られるので、初デートでも一緒に盛り上がりやすいと思います。ロマンチックでホッコリするシーンもちらっとあるので、心の距離が開き気味のベテランカップルも良い刺激にあやかれそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』ハリソン・フォード/フィービー・ウォーラー=ブリッジ

“インディ・ジョーンズ”シリーズは、1981年に公開された『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から始まり、本作で5作目となります。シリーズの過去の作品は地上波テレビでも何度も放映されているので、世代を超えて多くの方が小さい頃から観ているシリーズではないでしょうか。私も子どもの頃に初めて観て本当にワクワクした気持ちを今でも思い出します。また、映画好きになったきっかけとなる作品の一つでもあります。映画の醍醐味を存分に味わえる作品なので、若い世代の皆さんにもぜひ映画館で観て欲しい作品です。

映画『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』ハリソン・フォード/フィービー・ウォーラー=ブリッジ/アントニオ・バンデラス/ジョン・リス=デイヴィス/マッツ・ミケルセン

『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』
2023年6月30日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2023 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

TEXT by Myson


アメリカ・ロサンゼルスドルビーシアターにて行われた本作のUSプレミアでレジェンド達が大集合!

映画『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』USプレミア、ハリソン・フォード、ジェームズ・マンゴールド監督、スティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、ジョン・ウィリアムズ ほか

ハリソン・フォード:気分は最高です。やるべきことはやったと思う。この映画には本当に満足しています。
マッツ・ミケルセン:走って映画館に行ったほうがいい。映画館で見てください。これはジェットコースターのような映画です。
ジェームズ・マンゴールド監督:日本の皆さん、こんにちは。『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』を皆さんにお見せできることをとても嬉しく思っています。きっと気に入っていただけると思います。おもしろいし、アクションがいっぱい。想像力豊かな作品です。そしてもちろん、ハリソン・フォードが勇敢なインディ・ジョーンズとして戻ってきます。ハリソンが再び活躍する姿を見て、ジョン・ウィリアムズが鉛筆でピアノに書いたパワフルな音楽の美しさとパワーを感じることができるのは、とても嬉しいことだと思うのです。私にとって、“インディ・ジョーンズ”の映画は、映画へのラブレターであり、黄金時代のクラシック映画です。

映画『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』USプレミア、ジョン・ウィリアムズ

そして、御年91歳でまだまだ第一線で活躍する作曲家ジョン・ウィリアムズの指揮による“レイダース・マーチ”も披露されました。

映画『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』USプレミア、ハリソン・フォード、ジェームズ・マンゴールド監督、マッツ・ミケルセン、フィービー・ウォーラー=ブリッジ

見どころが数え切れないくらいある本作をお見逃しなく!


関連作:“インディ・ジョーンズ”シリーズ

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』シリーズ1作目

ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
Amazon Prime Videoで観る U-NEXTで観る Huluで観る

『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』シリーズ2作目

ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
Amazon Prime Videoで観る U-NEXTで観る Huluで観る

『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』シリーズ3作目

ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
Amazon Prime Videoで観る U-NEXTで観る Huluで観る

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』シリーズ4作目

ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
Amazon Prime Videoで観る U-NEXTで観る Huluで観る

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  2. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  3. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  4. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  5. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP