REVIEW

星の子

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『星の子』芦田愛菜

努力してもどうにもならない、人間の力ではどうにもならないと絶望している時に、何でも良いからすがりたくなる気持ちは誰にでも起きます。そして何かの力が実際に働いたのかわからずとも、状況が好転すると、ついその時にすがったものを信じたくなるのは当然です。本作の主人公ちひろ(芦田愛菜)の両親はまさにそんな状況で、周囲から見ると怪しいとしか思えない宗教に入信してしまいます。無宗教の人が多い日本というお国柄もあるのかもしれませんが、身近な人間が熱心な信者になると不安になるというのはよくあることです。本作の中でも家族をその宗教から引き離そうとする人達も出てくるし、内心では心配しながらも本人の意志を尊重する人もいれば、あからさまに拒絶反応を示す人もいます。ただ、宗教がもたらすものを完全否定するわけでも肯定するわけでもなく、さまざまな角度から見た宗教と人を描いている点で、フラットに観ることができるストーリーになっています。
結局、人知を超えたことがこの世で全く起きていないとも証明できなければ、奇跡が神の仕業とも証明できないので、信じるか信じないかは本人次第です。ちひろの両親が行う儀式や日々の生活ぶりを観ていると、サミュエル・ベケットの「ゴドーを待ちながら」に重なる部分を感じましたが、見えない存在だからこそ信じ続けられるのではないでしょうか。それなのにそれを具現化し、具体的な象徴や対象としてしまうことで、あまりに人間的なものに見えてきて、ジャッジをしたくなる人が出てくるのかもしれません。本作の結末は一見とてもニュートラルで「??」となるかもしれませんが、この描写にこそ、結局人間は折り合いを付けて生きているという人間の本音が隠されているように思います。いろいろな解釈を楽しんでください。

デート向き映画判定
映画『星の子』芦田愛菜/岡田将生

私の身近でも、宗教が原因で別れたというカップルは何組かいます。信教の自由があるとはいえ、人知を超えた存在を扱っている事柄だからこそ、おろそかにできないし、端からはわからないことも多く、だからといって知ろうとするのも怖いと感じるでしょう。熱心な信者となると生活にも大きく関わってくるし、結婚を考えた場合に自分だけでなく、子ども達の影響も気になります。目を背けたくなる話題にされがちですが、気になる人は敢えて一緒に本作を観て話し合うきっかけにすると良いかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『星の子』芦田愛菜/永瀬正敏/原田知世

芦田愛菜が演じる主人公は中学3年生で、今までは親のいうことにあまり疑いを持たず素直に受け容れてきましたが、だんだん自我が芽生えてきて、それまで普通のことだと思ってきたことに迷いが出てきます。本作は宗教をテーマにしていますが、宗教でなくても、親の価値観や社会のスタンダードなどに置きかえて考えて観ることができます。家族や身近な人を大切にしつつ、自分はどうしたいかを考えることは大切です。本作を観て、シミュレーションしてみるのはいかがでしょうか。

映画『星の子』芦田愛菜

『星の子』
2020年10月9日より全国公開
東京テアトル、ヨアケ
公式サイト

© 2020「星の子」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ジョー・マンテロ ジョー・マンテロ

1962年12月27日アメリカ生まれ。俳優、監督として活躍中。“ The Normal Heart(原題)”など…

映画『ミナリ』スティーヴン・ユァン 『ミナリ』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『ミナリ』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥 ターコイズの空の下で

裕福な家庭で甘やかされて育った日本人青年のタケシは、ある日、実業家の祖父により外モンゴルの草原へ送り込まれ…

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ディラン・マクダーモット ディラン・マクダーモット

1961年10月26日アメリカ生まれ。ゴールデン・グローブ賞やエミー賞に…

映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー ステージ・マザー

テキサスの田舎町に住むごく普通の主婦メイベリンは、ある⽇、⻑らく疎遠だった息⼦のリッキーの訃報を受け…

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ダレン・クリス ダレン・クリス

1987年2月5日アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。『glee/グリー』…

映画『ガンズ・アキンボ』ダニエル・ラドクリフ ガンズ・アキンボ

ダニエル・ラドクリフが演じる主人公マイルズが、ある日、殺し合いを生配信する闇サイトで…

海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン1』ヴィオラ・デイヴィス 殺人を無罪にする方法

ヴィオラ・デイヴィス主演、『グレイズ・アナトミー』や『スキャンダル』を手掛けるションダ・ライムズが製作総指揮のドラマです。

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』デヴィッド・コレンスウェット デヴィッド・コレンスウェット

1993年7月8日アメリカ生まれ。俳優、脚本家として活躍中。2016年に…

映画『MISS ミス・フランスになりたい!』アレクサンドル・ヴェテール MISS ミス・フランスになりたい!

本作は、「ミス・フランスになりたい」という幼い頃からの夢を叶えるために…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

REVIEW

  1. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
  2. 映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー
  3. 映画『ガンズ・アキンボ』ダニエル・ラドクリフ
  4. 海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン1』ヴィオラ・デイヴィス
  5. 映画『MISS ミス・フランスになりたい!』アレクサンドル・ヴェテール
  6. 映画『あのこは貴族』門脇麦/水原希子
    あのこは貴族

  7. 映画『カポネ』トム・ハーディ
    カポネ

  8. 映画『モンテッソーリ 子どもの家』
  9. 映画『藁にもすがる獣たち』ペ・ソンウ
  10. 映画『ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日』ダニア・デ・ヴィラーズ
PAGE TOP