REVIEW

お母さんが一緒【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『お母さんが一緒』江口のりこ/内田慈/古川琴音/青山フォール勝ち(ネルソンズ)

REVIEW

弥生(江口のりこ)、愛美(内田慈)、清美(古川琴音)の3姉妹が主人公の本作は、ペヤンヌマキによる同名戯曲を、『ぐるりのこと。』『恋人たち』の橋口亮輔監督が脚色して映像化したドラマシリーズを再編集により映画化した作品です。姉妹は母の誕生日を機に親孝行をしようと、4人で温泉旅行にやってきます。でも、宿に着くなり弥生は文句ばかりで、宿を手配した愛美を責めます。愛美もネガティブパワー炸裂の母にそっくりな姉の弥生の愚痴を末っ子の清美に漏らします。そんななか、清美が用意した“プレゼント”が姉妹の間にさらなる波を立たせます。

映画『お母さんが一緒』江口のりこ/内田慈

本作は、橋口亮輔監督作としては9年ぶりの長編です。映画公式資料にある橋口監督のお話によると「原作が舞台作品なのでセリフ量が多いし、カチッと見せなければいけない要素も多い。力のある俳優さんでないと無理なんですね」という状況で、江口のりこは早々に名前が挙がっていたとのこと。ただ、超売れっ子なので数か月後に撮影では難しいだろうと思うなか、江口は脚本も読まずに橋口監督の新作ならといって二つ返事で受けたといいます。次女の愛美役には原作の舞台にも出演していた内田慈を起用し、作品のガイド役を期待したそうです。初の共同作業となる古川琴音については「本当にお芝居が好きな方」と橋口監督は語っています。こうしたキャスティングの甲斐あって、舞台演劇を観ているような熱量が伝わってきます。そして、この3人に負けじと存在感を発揮する、青山フォール勝ち(ネルソンズ)にも要注目。お笑い芸人としてのセンスが俳優としても活かされているのでしょうか、とても良い味を出しています。

映画『お母さんが一緒』江口のりこ/内田慈/古川琴音/青山フォール勝ち(ネルソンズ)

「お母さんと一緒」じゃなくて、「お母さんが一緒」というタイトルの意味がとても効いています。良くも悪くも母親という存在は大きいこと、母親は面倒くさい存在でありつつ偉大な存在であること、娘という立場は母の生き方から逃れられない部分があること、などなどさまざまな想像が膨らみます。観ているだけでもエネルギーを奪われるような姉妹のネガティブパワーに圧倒されながら、時折ネガティブ過ぎてクスッと笑える絶妙なユーモアが魅力的なストーリーです。舞台演劇が基となっている点で、映画であっても舞台を観ているような、良い意味での圧が保たれているからこそ、姉妹の世界観に巻き込まれる感覚を味わえます。女子としては「わかる、わかる」と「なんでやねん!」が入り混じる本作、ぜひ心の中でツッコミながらご覧ください。

デート向き映画判定

映画『お母さんが一緒』古川琴音/青山フォール勝ち(ネルソンズ)

クセが強い姉妹の激しいネガティブバトルが繰り広げられるので、かなりエネルギーを消耗します(笑)。とはいえ、女性の本音が直球で飛び交うので、パートナーに実状を知ってほしい場合は、本作の力を借りるのも1つの手かもしれません。そして、カップルのやり取りも一部参考になる部分があります。というわけで、カップルで観てもおもしろいのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『お母さんが一緒』江口のりこ/内田慈/古川琴音

シンプルなストーリーなので年齢問わず内容についていくことはできそうですが、心情の理解という点ではせめて思春期に入ってから観るほうがピンとくる部分が多いような気がします。母と娘で観るのも良いし、姉妹がいる方は姉妹で観るのも楽しそうです。

映画『お母さんが一緒』江口のりこ/内田慈/古川琴音/青山フォール勝ち(ネルソンズ)

『お母さんが一緒』
2024年7月12日より全国公開
クロックワークス
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2024松竹ブロードキャスティング

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年7月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP