REVIEW

ウーマン・トーキング 私たちの選択【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ウーマン・トーキング 私たちの選択』ルーニー・マーラ/クレア・フォイ/ジェシー・バックリーほか

女性が男性から暴行を受け、身を守らなくてはいけない状況に置かれた時、どんな選択肢があるのでしょうか。同時に、そこに留まる場合、不本意でも相手を赦すことが暗黙の条件になっていたら、女性に与えられた本当の選択肢とは何なのでしょうか。本作では、そんな状況下に置かれた女性達が集まり、どの選択が最善かを話し合う様子が描かれています。
本作はカナダの作家ミリアム・トウズによる「Women talking」を原作としています。映画の中の人々の生活には現代的なモノが見当たらず、少なくとも百年以上前のような出来事かと見まがいます。でも、実は物語の舞台は2010年であることがわかり驚きます。この原作は、ボリビアの宗教コミュニティ内で実際に起きた出来事から着想を得たとされています。この宗教コミュニティは“メノナイト”と呼ばれる人達で形成され、彼等は文明、俗世から距離を置いた生活を送っています。よって、恐らくコミュニティの外の情報も遮断され、厳格に宗教の教えにそって暮らしていると見られ、私達日本人の社会よりも一層男尊女卑が強く残っているのが見て取れます。
信仰心を強く持つ彼女達は、これまで信仰を基に正しいとされてきた選択をとってきました。でも、それでは自分も子どもも守れないという状況まで追い込まれています。また、強姦を繰り返す男達に対してもさまざまな感情を持っています。そんななか、自分達を傷つけた者を赦し、彼等を野放しにしてきた社会で妥協して生き続けるか、はたまた闘うか、村を去るかで議論します。始めは、赦す、闘う、去るの3択から始まりますが、やがてそれぞれの選択が何を意味するのか、その選択が何をもたらすのかという議論に発展していきます。彼女達の議論を聞いていると、女性に選択肢があるようで“ない”、厳密には妥協に過ぎないことがよくわかります。それでも、このままではいられない、いたくないという思いから、彼女達は前へ進もうと議論します。それぞれに抱えている思いも違い、見方も異なります。そんな彼女達がさまざまな視点で語る姿から多くのことを学べます。
悲しいのは、どの選択でも大きな犠牲を払うのは女性であること。結局は女性達にとって、どの選択が1番腹落ちするのかという次元です。ただ、それでも考え方次第で前進できるよう皆で話し合い、お互いの思い、意見を尊重する女性達の姿に共感します。また、女性達の話し合いに唯一参加している男性書記は、男女の教育格差を示す象徴となっています。男性のみに教育が施されてきた現状に疑問を投げかけ、その教育内容に変化を求める姿勢がうかがえます。同時に、男性をひとまとめに否定するのではなく、男性に正しい教育を施すことでまだ救いようがあるという希望と、女性達の寛容さと聡明さ、先見の明が見て取れます。そして、書記を務めるオーガスト(ベン・ウィショー)が教師である点にも意味を感じます。これからの男性はこれまでと異なる教育を受ける必要があることを伝えていくには、男性の理解者こそが適任であり、男女が敵対するのではなく理解していく大切さも物語っています。
本作には強姦や暴力の被害にあえぐ女性達が奮闘する物語という域を超えて学べることがたくさんあります。女性だけでなく男性や子ども達にも観てさまざまなことを考えるきっかけにして欲しい1作です。

デート向き映画判定
映画『ウーマン・トーキング 私たちの選択』ルーニー・マーラ/クレア・フォイ/ベン・ウィショー

デートのムードを盛り上げる内容ではないものの、とても大切なことがたくさん描かれています。性別や年齢に関係なく、大事な人とぜひ共有して欲しい作品です。初デートで語り合うには少し重い内容ながら、何度か映画を一緒に観たことがあるカップルは、本作を観て感想を述べ合うと、一層お互いの人間性を理解できるかもしれません。理解できない思想が見つかったとしても、映画のキャラクター達の話合いがヒントになれば理想的です。徐々に分かり合えるように何ができるか考えてみて突破口があれば、関係は続けられるのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ウーマン・トーキング 私たちの選択』

長きに渡り社会的に伝承されてきた価値観に疑問を呈することも必要です。今までは当たり前であってもすべて正しいとは限りません。誰もが幸せに安心して暮らせる社会にするには何が必要か、考えるきっかけにぜひ観て欲しい作品です。若い皆さんにはまだまだ希望が残されています。若い皆さんにとってたくさんの選択肢がある社会になれば良いなと思います。そんな思いが託された作品ともいえるでしょう。

映画『ウーマン・トーキング 私たちの選択』ルーニー・マーラ/クレア・フォイ/ジェシー・バックリー/フランシス・マクドーマンド

『ウーマン・トーキング 私たちの選択』
2023年6月2日より全国公開
パルコ、ユニバーサル映画
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2022 Orion Releasing LLC. All rights reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP