REVIEW

『神様のえこひいき』みんなのレビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

【あらすじ】
天野弥白は、想いを寄せる親友の七原ケンタに勇気を出して告白するも、その直後に交通事故に遭ってしまう。しかし、神様の“えこひいき”により、ケンタ好みの女の子、天堂神楽に生まれ変わって新しい生活を送ることに…。果たして神楽(=弥白)は、ケンタを振り向かせることができるのか!?

りんちゃんがとっても可愛いなと思いました!いろんな恋愛の形があるんだなと思います。人を好きになるって理屈ではないのかなと感じます。1話1話結構まとまってる気がして観やすいと思います。あと続きを観たくさせるのがうまいと感じます。(さくらもち/20代前半)

原作を読んだことがなくどんな物語なのだろうとドキドキしながら再生しました。最初は、「あ!ファンタジー…?」と思って観てたのですが進むにつれて、深みがありメッセージ性もあり、大人でも子どもでもわかりやすく楽しめるドラマだなぁと思いました。続きもとても気になるので観ようと思います!! (coco/20代前半)

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/窪塚愛流

まず、総じて桜田ひよりちゃんが可愛い!まだ元の神楽ちゃんのキャラクターは謎に包まれたまま、弥白くんin神楽ちゃんのお姿しかみられていないですが、喋り方も仕草も表情も全部可愛い。藤原大祐くんが演じる弥白くんは、今のところケンタ(窪塚愛流)への告白に緊張しているお姿が主なので、全力で素直で天真爛漫な弥白くんのキャラクターを演じる大祐くんをもっとみたい~!と思いました。W主演といっても3話まででは大祐くんの出番が少なすぎるので……!今後に期待ですが!そして、新井舞良ちゃん演じる鈴ちゃんのハツラツさやどこまでも真っ直ぐな性格と、神楽ちゃんを可愛がる鈴ちゃんの画がとっても可愛く、癒されます。バカ正直な弥白くんだけでは物語が進まなそうなところを、鈴ちゃんがちゃんと進める役割を担ってくれている印象も。ケンタくんは優しくて、周りの人を想っている良い子なのに、手が早いところに定期的にビックリして未だについていけないキャラクターなのですが、印象的だったのは3話で神楽の反対側にお顔を向けて寝ていたシーン。今まではわざとこちら側を向いて寝ていたのか……?!と思うとそのあざとさにやられました。人たらし……! 原作を知らず、あらすじだけを読んで観始めましたが、現実離れした設定でもコミカルに可愛らしくお話が進むので、とても楽しく観ることができました。有難うございました!(ゆ/20代前半)

とてもおもしろかったです!古川さんのファンなので、今回はどんな演技をしているのか気になったのですが、これまでの古川さんとはまた違う一面が垣間見れたりして、今後どう主人公達と関わっていくのか先が気になる1話でした!(ひななゆり/20代前半/1話のみ鑑賞)

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』桜田ひより/新井舞良

原作を知らない状況で見させていただきました! よくある甘酸っぱい“ラブコメ”ではなく、恋愛の対象も多様性が求められる時代で、神様に出会える非現実的な部分と、現代のリアルな恋愛の模様をおもしろく、テンポよく描かれていたので、1話としてはとても観やすかったです! 正直、ありきたりな展開が多い実写化の恋愛ドラマかなと思って観始めましたが、最後はどう着地するのかとても気になりました!(MinMin/20代前半/2話まで鑑賞)

<1話>男子高校生が男子高校生に告白するシーンの「こ、これはBのLってやつですか!?」は同性愛者にどう聞こえるか、ちょっと怖くなりました。恋愛はいつでもエンタメになり得ますが、エンタメ化されるために毒性を好きになるわけじゃないのに、とレズの心が靄つきます。恋とは何か、の本質を知るためとはいえ、その茶化しは誰かを傷付ける可能性があるように感じました。古川雄輝は一見胡散臭い神様がよく似合います。文字通りこんなに浮世離れしているのにポップで美しいのは彼だからこそ。主人公が男でも女でもかわいいに振り切っているのも好きでした。
<2話>窪塚愛琉が演じる七原ケンタがチャラ男ムーヴかましているときの声がめちゃくちゃ窪塚洋介に似ていてこれが血筋なのかと感動。マジでイケ散らかしムーヴ最高なのでずっとモテ男をやっていて欲しい…。入れ代わり、同性愛、友人が突然目の前で事故に遭った、等々全体的に難しい内容だからか芝居にぎこちなさを感じるものの、配信ドラマだから出来る攻めた内容は好印象。ドラマOPの映像・音楽も素敵です。須田景凪の複雑な音楽が、複雑な人間関係を表しているように感じます。
<3話>「たまたま同性を好きになっただけ」はマジョリティ側のエゴです。ちゃんと“相手”を好きになったんじゃあないでしょうか。性別なんて関係ないよ、と言うことなんでしょうが、その前提が果たして必要なのか悩みます。よく商業BL作品にある「男が好きなんじゃなくてお前が好き」みたいな言い草がありますが、それに似ているように感じました。 新井舞良が演じた鳥居鈴の真っ直ぐさはすごく好きです。作中、告白を断る鈴がこの先そのことで傷付くような展開がなければいいけれど…とハラハラしたので続きを観ます。
<全体を通して>右近については、たとえ腐女子でも言っていいことと悪い事が世の中にはあるのにと感じるところがありました。一方、神様のセリフはどれも神様らしさのある深さと、神様らしからぬ軽妙なポップさのバランス感覚が絶妙で好きにならざるを得ませんでした。こんなに横文字を使う神様ははじめてかも…?好きという気持ちは持つ方も持たれる方もどこかしらでしんどさがあるので、神様が言う「それが嫌なら恋などやめておけ」は真理だなと思いました。(真山.com/20代後半)

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』桜田ひより/古川雄輝

始めに神様がえこひいきした過程がしっかり説明があったのですんなり物語に納得ができました。こんなにも想わせてくれるケンタくん(窪塚愛流)は女ったらしというより人間ったらしのとても魅力的な人です。教室の窓から見える景色や道路等がとても美しくあたしもこの地域に住んでみたいです。そして性別を越えてこんなにも誰かを大好きでいられるのを羨ましく思いました。窪塚洋介さんの息子さんの愛流くん。まだ演技にたどたどしさはありますがこれからの活躍が期待大の役者さんです。女だから、男だからという概念を取っ払う今の時代にとても合ったお話です。舞良ちゃんの真っ直ぐで芯の通った感じ、ひよりちゃんのくるくる変わる愛くるしい表情見ていて気持ちがいいです。この恋の行方がどうなるのか4話からの続きもめっちゃ気になります。(ゆうら)

男女入れ替わりの新感覚ラブストーリー。寂れた神社で日々暇を持て余してる神様役の古川雄輝さんがマジで眩しかったぁ。 似合いすぎて、拝みたくなりました。お付の右近ちゃんも可愛いし、これから先もとても気になります。(y.n/40代前半)

告白して事故に遭うところから始まり衝撃的でした。 同性を好きになり告白した側、告白された側の気持ちを初めて考えた気がします。神様と右近ちゃんが出てきたり、キャストの初々しさで、かなりポップに描かれていていました。登場人物と同世代はもちろん、LGBTを理解できていない世代の人にも観てもらいたいです。 純粋な弥白に対し、ケンタくん(窪塚愛流)のチャラさが最高でした。(匿名希望/40代後半)

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良

シンプルなBLものと思いきや、女の子になって相手を振り向かせようという展開はありそうでなかったので、とても新鮮でした。高校生達の恋愛模様は大人目線だととても可愛いらしく、昔の甘酸っぱい記憶を思い出しました(笑)。藤原大祐、窪塚愛流、桜田ひよりらフレッシュなキャストも魅力的で、さらにこの中ではベテランに入る古川雄輝の神様役もとても美しかったです!どんな結末を迎えるのか、まだまだ先の展開が気になります。(シャミ)

私は一足お先に全8話を鑑賞させていただきました。まずメインのキャラクター4人がそれぞれの立場で悩む姿や、彼等が抱く素直な疑問が表現されたセリフによって、改めてアイデンティティって何だろうと考えさせられるストーリーにとても惹かれました。当然ながらジェンダーとアイデンティティは切っても切れない関係ですが、ジェンダーという枠を超えて、人間の“身体と中身”について問う場面も多く、人間という生き物の奥深さを感じることもできます。
そして、本人の問題だけでなく、家族や周囲の人々にどんな影響があるかという点にも言及していて、表面的な問題解決に終わらせず現実的に描いているところで、大人が観ても見応えがある作品となっています。 また、藤原大祐、桜田ひより、窪塚愛流、新井舞良の演技がすごく良かったです。良い意味であどけなさもあり、等身大で演じていて、どのキャラクターも魅力的。彼等と同世代の方はもちろん、親世代にもオススメの作品です。(マイソン)


最後に「続きが観たいか」という質問で、
 ・すごく観たくなった
 ・観たくなった
 ・続きにあまり興味が湧かなかった
の3択で聞いてみたところ、下記のような結果になりました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』続き観たい度グラフ

すごく観たくなった 64% + 観たくなった 36% =続きが観たい100%

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝

『神様のえこひいき』
2022年3月19日よりHuluにて独占配信中
毎週土曜、新エピソード2話ずつ配信<全8話>
公式サイト 

©小村あゆみ/集英社・HJ ホールディングス

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『Sin Clock』窪塚洋介 Sin Clock

会社をクビになり、離婚して息子とも離れて暮らす主人公の高木(窪塚洋介)は…

海外ドラマ『ウォーキング・デッド ファイナル・シーズン』ジェフリー・ディーン・モーガン ジェフリー・ディーン・モーガン

1966年4月22日アメリカ生まれ。1991年に『赤いドレスの女』でデビュー。テレビを中心にキャリ…

映画『FALL/フォール』グレイス・フルトン どっちも勘弁!高さの恐怖と深さの恐怖特集

今回は、高さや深さで魅せる映画をご紹介。高い、低い、深いというシンプルな設定だけで、こんなにドラマチックになるのだなと感心します。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』室井滋 室井滋(むろい しげる)

1958年10月22日生まれ。富山県出身。 1981年、『風の歌を聴け』でデビュー。『居酒屋ゆうれい』(1995)…

映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ 崖上のスパイ

『紅いコーリャン』をはじめ、数々の大ヒット作を手掛けてきたチャン・イーモウ監督が手掛けた本格スパイ・サスペンス。1934年…

中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン 『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『君だけが知らない』キム・ガンウ キム・ガンウ

1978年7月11日、韓国生まれ。2001年にドラマ『あなたは愛と言う 私は欲望だと思う』でデビュー。映画『シルミド』…

映画『スクロール』北村匠海/中川大志 スクロール

1991年生まれ、高校から執筆活動を始めた橋爪駿輝が、2017年に作家デビューを果たした小説「スクロール」(講談社)を映画化…

映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉 木村拓哉(きむら たくや)

1972年11月13日生まれ。東京都出身。主な映画出演作に…

映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚 エゴイスト

『エゴイスト』というタイトルから、人間の影の部分が描かれているのかと思いきや…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『恋とニュースのつくり方』レイチェル・マクアダムス 新年にやる気がわくサクセスストーリー特集

今回は、新年にやる気がわくサクセスストーリーのオススメ作品を正式部員の皆さんから募りました。素敵なサクセスストーリーを観て、やる気をアップしましょう!

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トーキョー女子映画部が選ぶ 2022年ベスト10

年末恒例の本企画は、今回から作品はBEST10に変更、俳優はMVPとして1名選出することにしましたマイソンとシャミがそれぞれ選んだ作品を、ぜひ冬休みにご覧ください。

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット 十数億円を稼ぐ名馬を逃す!?リアル一口馬主が語る醍醐味&新人騎手『ドリーム・ホース』に感動のコメント!!

実は日本でもジャンのように馬主になれるってご存じでしたか?今回は『ドリーム・ホース』をリアル体験中ともいえる…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン 映画好きが選んだジェームズ・キャメロン監督人気作品ランキング

『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』など、数々の名作を手掛てきたジェームズ・キャメロン。今回は、これまでジェームズ・キャメロンが監督を務めた作品で、どの作品が好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『Sin Clock』窪塚洋介
    Sin Clock

  2. 映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ
  3. 映画『スクロール』北村匠海/中川大志
    スクロール

  4. 映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚
    エゴイスト

  5. 映画『バビロン』ブラッド・ピット/ディエゴ・カルバ
    バビロン

  6. 映画『すべてうまくいきますように』ソフィー・マルソー/アンドレ・デュソリエ
  7. 映画『バイオレント・ナイト』デヴィッド・ハーバー/アレックス・ハッセル
  8. 映画『ピンク・クラウド』ヘナタ・ジ・レリス
  9. 映画『金の国 水の国』
  10. 映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉/綾瀬はるか

PRESENT

  1. 中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン
  2. 映画『レッドシューズ』朝比奈彩
  3. 映画『いつかの君にもわかること』ジェームズ・ノートン/ダニエル・ラモント
PAGE TOP