REVIEW

ウィロー

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『ウィロー』ワーウィック・デイヴィス/ジョアンヌ・ウォーリー/ルビー・クルス/エリン・ケリーマン/エリー・バンバー/アマール・チャーダ・パテル/トニー・レヴォロリ

本作は、ジョージ・ルーカスが原案、製作総指揮の映画『ウィロー』(1988)年の続編としてルーカスフィルムによって作られました。映画『ウィロー』で監督を務めたロン・ハワードが製作に名を連ねる他、ルーカスフィルムの社長キャスリーン・ケネディや『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の脚本を手掛けたジョナサン・カスダンなども製作に名を連ねています。また、映画と同じく、ウィロー役をワーウィック・デイヴィス、ソーシャ役をジョアンヌ・ウォーリーが務めています。物語の舞台は映画『ウィロー』でウィローやマッドマーティガン(映画ではヴァル・キルマーが演じる)が命懸けで守ったエローラが大人になった20年後の世界。エローラは再び命を狙われることがないよう、自分自身でさえエローラであることを知らずに生きていて、ソーシャとウィローだけが誰がエローラであるかを知っている状況です。ソーシャにはマッドマーティガンとの間に男女の双子がいて、2人も大きくなっています。ただ、マッドマーティガンの姿はありません。

海外ドラマ『ウィロー』ワーウィック・デイヴィス

続編ということで当然ながら映画からの流れが多く含まれるため、映画を観てからこのドラマを観るほうが断然楽しめます。また、魔法使いのお話でありながら、魔法は簡単には使えないという設定で精神論的なメッセージが多いのも印象的です。男女の双子、キャラクター達が善悪で揺れる展開は、スター・ウォーズ的で、ルーカスフィルムらしいなと感じます。一方で、エローラが純真無垢なお姫様的なヒロインというよりも、強気なじゃじゃ馬娘でサバサバしているのが新鮮。ティル・アスリーンのプリンセスであるキットも姫というよりは戦士で、ステレオタイプのファンタジーが持つ世界観から脱却を試みているのが伝わってきます。そして、一見ファミリー向けの作品かと思いきや視聴推奨年齢は「12+=12歳以上」となっていて、アクションシーンがふんだんに出てきます。
物語の展開はややゆっくり感じるところがあります。これは、時間の経過が具体的に描かれていないからかもしれません。また、思ったほど人間関係のハラハラドキドキがないのでドロドロな展開が好きな方はやや物足りないと思う可能性がある一方、心穏やかに安心して観られるともいえます。

海外ドラマ『ウィロー』ワーウィック・デイヴィス/ジョアンヌ・ウォーリー/ルビー・クルス/エリン・ケリーマン/エリー・バンバー/アマール・チャーダ・パテル/トニー・レヴォロリ

本章は各キャラクターの本質が目覚める過程を主に描いている段階といえて、物語としてはまだ若干地味ではありつつ、序章であると考えると第2章に期待が膨らみます。マッドマーティガンも多くの謎を秘めたまま話題にはあがってくるので、今後の展開に大きな影響をもっていそうです。このドラマが何章で描かれる予定であるかは、最終話のエンドロールにヒントがあるのでお見逃しなく。

海外ドラマ『ウィロー』ワーウィック・デイヴィス/ジョアンヌ・ウォーリー/ルビー・クルス/エリン・ケリーマン/エリー・バンバー/アマール・チャーダ・パテル/トニー・レヴォロリ

『ウィロー』
2022年11月30日よりディズニープラス「スター」にて配信中
公式サイト

© 2022 Lucasfilm Ltd.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

映画『落下の解剖学』ザンドラ・ヒュラー/ミロ・マシャド・グラネール 落下の解剖学【レビュー】

雪山の山荘で暮らす家族に、ある日突然悲劇が起きます。目が不自由な息子ダニエルは…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  2. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  3. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  4. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮
  5. 映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP