REVIEW

ビューティフル・ボーイ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ビューティフル・ボーイ』スティーヴ・カレル/ティモシー・シャラメ

本作は薬物依存症の実態を生々しく描いた親子のドラマで、実話をもとにしています。ティモシー・シャラメが依存症の若者ニックを演じ、その父デヴィッドをスティーヴ・カレルが演じています。アメリカでは若者の死因1位が薬物中毒というのもショックですが、父と息子はとても仲が良く、お互いに愛し合っていることはわかっていながら、それでも薬物依存から抜け出す、抜け出させるのは容易ではないことが実感できる内容になっています。心が内向きなニックの心情は、決して珍しいことではなく、私自身もこういう傾向を感じることがあります。だからこそ孤独を好む気持ちにも共感できる。でも、家族や友人達と触れあうことが嫌いなわけではないんです。ただ優しくされればされるほど、不思議と孤独感が増したり、人と接すれば接するほど疲れることもあって、これは自分ではどうしようもない感情です。ニックがこういう心情だったかはもちろんわからないし、想像の範囲ですが、父を愛しているからこそ心配をかけまいとして、自分の心の中だけに苦しみを抱えて、それに耐えきれなくなったのかも知れません。彼の場合は逃げ道がドラッグでしたが、人によってそれは様々。健全な逃げ道を探せれば良いですが、日常でドラッグが簡単に手に入る環境はやっぱり害だなとつくづく感じたし、誰もがいつ陥るかわからない点で他人事ではありません。日本でもさまざまなニュースから、徐々にドラッグの浸透が進んできて、意外に身近にあるのだと不安になりますが、それを使ってしまう人だけでなく、周囲の人間の在り方も考えさせられる作品となっています。

デート向き映画判定
映画『ビューティフル・ボーイ』ティモシー・シャラメ

薬物中毒と闘う親子の物語で、ロマンチックな展開はなく、デート向きではありません。ただ人間の心はとても複雑で、大人になるほど外面と内面にギャップができ、周囲には見せない顔があることがわかります。相手が何かに悩んでいるようなのに、それを隠そうとしているように思う人は、本作観賞をきっかけに、普段話しづらいことなどを話し合うのもアリかも知れません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ビューティフル・ボーイ』ティモシー・シャラメ

R-15なので15歳未満の人は観られません。高校生以上の人はニックと世代が近いし、彼が抱えている心情にリアルに共感できると思います。どんな性格の人でも、悩みを抱えて苦しむことはあって、いつでもそれを上手く突破できるとは限りません。そして優しい人、真面目な人こそ、自分の中にいろいろため込んでしまいます。でもそこで誤った方向に陥ってもっと辛い状況にならないように、自分だったらどうすれば良いのか、友達などがこういう状況になったら何ができるか、考えてみるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

映画『ビューティフル・ボーイ』スティーヴ・カレル/ティモシー・シャラメ

『ビューティフル・ボーイ』
2019年4月12日より全国公開
R-15
ファントム・フィルム
公式サイト

© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

映画『落下の解剖学』ザンドラ・ヒュラー/ミロ・マシャド・グラネール 落下の解剖学【レビュー】

雪山の山荘で暮らす家族に、ある日突然悲劇が起きます。目が不自由な息子ダニエルは…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  2. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  3. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  4. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮
  5. 映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP