REVIEW

BLUE/ブルー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『BLUE/ブルー』松山ケンイチ

ボクシング映画はこれまでもたくさん作られてきましたが、この作品はこれまでのボクシング映画のイメージを覆す部分が魅力的です。本作は、吉田恵輔監督自身が30年間続けてきたボクシングを題材に自ら脚本を書き上げて作った作品。1人のボクサーの物語というよりも、ボクシングに何らかの形で携わる人々の群像劇ともいえて、あらゆる目線でボクシングというスポーツ、それに魅了される人々を眺められる作品となっています。
そして、勝ち負けの定義はもちろん、何が正しくて何が間違っているかという枠組でも、既成概念を揺さぶり、人それぞれの生き様を称賛する内容になっていて、優しさが大いに感じられます。男同士の複雑な感情のぶつかり合いが描かれている辺りは、良い意味で男臭くて期待通りであると同時に、ちょいちょい入ってくるユーモラスなシーンは、親近感を湧かせます。本作を観ると、何となくボクシングに魅了される人達の気持ちもわかるような気がしてきます(笑)。普段はボクシング映画を観ませんという方も観やすいと思うので、本作でボクシング映画デビューしてみるのもアリですよ。

デート向き映画判定
映画『BLUE/ブルー』松山ケンイチ/木村文乃

ボクシングというスポーツは命懸けなので、それを傍らで見守るほうも気苦労が多そうですよね。本作にはボクサーと交際している女性も登場するので、彼女目線でも観られます。またボクシングに限らなくても、相手の意志を尊重すべきか止めるべきかで葛藤することは誰にでもあると思います。そんな時は、本作を観ると自分達を少し俯瞰して観られるかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『BLUE/ブルー』松山ケンイチ/東出昌大

「カッコ良いって何だろう?」「強いってどういうことだろう?」と改めて問題提起をしてくれる作品です。若い頃はネットやテレビなど外から入ってくる情報の影響もあり、世間一般の物差しであらゆるものを見ていることが多いかもしれませんが、本作を観ると「これでいいんだ」「そういう人もいるんだ」と思えるはず。ボクシングでは負けっぱなしの瓜田(松山ケンイチ)のカッコ良さはどこからくるのかにもぜひ注目してください。

映画『BLUE/ブルー』松山ケンイチ/木村文乃/柄本時生/東出昌大

『BLUE/ブルー』
2021年4月9日より全国公開
ファントム・フィルム
公式サイト

©2021『BLUE/ブルー』製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  2. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  3. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
PAGE TOP