REVIEW

ボブという名の猫2 幸せのギフト

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ボブという名の猫2 幸せのギフト』ルーク・トレッダウェイ/クリスティーナ・トンテリ=ヤング

前作で、猫のボブと出会い、薬物依存を克服しベストセラー作家の仲間入りを果たしたジェームズ。本作の冒頭では、ベストセラー作家となったジェームズと、変わらず彼の肩に乗っているボブの姿が映りますが、物語の軸は薬物依存克服後もまだジェームズが苦しい日々を送っていた頃のクリスマスの出来事です。前作はジェームズの再起の物語でしたが、本作はジェームズとボブの両方に訪れた危機を描いています。
前作の内容だけでも彼らの辛さがしみじみと伝わってきますが、本作で語られる彼らに起こった別の理不尽な出来事に一層胸が痛みます。でも、同時に彼らを救おうと行動する人々もたくさんいることが描かれていて、生きていく上で人はどちらに目を向けるべきなのかヒントをもらえます。
そして本作でもボブの愛らしさにすごく心を癒されます。BBCの報道によると、ボブは2020年6月15日に亡くなったとのことで、本当に寂しいですが、本作でもボブ自身として出演していますので、作品でぜひ彼に会ってください。

デート向き映画判定
映画『ボブという名の猫2 幸せのギフト』ルーク・トレッダウェイ/クリスティーナ・トンテリ=ヤング

ジェームズとボブの姿や、彼らを支える周囲の人々の姿を観ると、優しい人間になりたい、なろうと思えます。観ていて辛くなる部分もありますが、優しさと愛に溢れるストーリーなので、デートの雰囲気も良くしてくれるでしょう。喧嘩中のカップルやマンネリカップルも、本作を観るとお互いの存在の愛おしさを再確認できて、一層良い関係に発展させられるかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ボブという名の猫2 幸せのギフト』ルーク・トレッダウェイ

動物が好きな方はもちろん、これまであまり興味がなかった方も、本作を観ると動物と触れあいたくなるのではないでしょうか。言葉は通じなくても心は通じるということがよくわかると思います。そして、こちらが世話をしていると思っていても、本当はこちらが救われている、いろいろなことを教わっているのだと感じられるはずです。また、世の中にはいろいろな人間がいて、敵視したくなる人もいますが、味方もたくさんいることが伝わってくるストーリーです。孤独で辛い思いをしている方は観てみてください。

映画『ボブという名の猫2 幸せのギフト』ルーク・トレッダウェイ

『ボブという名の猫2 幸せのギフト』
2022年2月25日より全国公開
コムストック・グループ
公式サイト

© 2020 A GIFT FROM BOB PRODUCTION LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson


ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

なんて素敵なストーリーなんでしょう!ポスタービジュアルがポップな印象なので、猫ちゃんと飼い主の楽しい日々を描いたほのぼのとした作品なのかと思っていたら、良い意味で予想を裏切られました。猫チャンと飼い主の心温まるストーリーというところは予想通りですが、描かれているのは一日いちにちを生き伸びるために必死に闘っていた彼らの姿です。そして驚くべきことに本作は実話を基にしています。
主人公のジェームズ(ルーク・トレッダウェイ)は、薬物依存で家族にも見放され、ホームレス生活を送っています。彼はストリート・ミュージシャンをしていますが、部屋を借りて充分な食べ物を得るほどは稼げません。でも、そんな彼の状況を見かねた支援員のヴァル(ジョアンヌ・フロガット)によって、彼は部屋を借り、薬物依存から抜け出すための更正プログラムを受けることになります。そんなある日、一匹の猫が彼の部屋に舞い込んできます。それがこの後ジェームズの親友となるボブ。ボブとジェームズがどんな風に絆を深めていくのかは本編を観ていただければと思いますが、ボブは本当に特別な猫というか、猫の姿をした天使だと思わずにはいられません。そして、ジェームズの人柄の良さもミラクルを引き出す要因だと感じます。辛い過去があり薬物依存に陥ってしまいましたが、彼の優しさは失われておらず、自分がどんなに大変な時でもボブや周囲の人を大事にする姿に心を打たれます。そんな彼だからこそボブは彼の元にやってきて、彼にミラクスを起こしたのだなと思います。
またボブの仕草や行動がとてもチャーミングで、ジェームズとハイタッチをしたり、まるで人間の言葉を理解しているような反応をしたり、それだけでも驚きます。さらに本作でボブ自身がほとんどのシーンを演じているというから驚き。本当に賢い猫チャンです。
本作は猫好きな方はもちろん、特別猫が好きというのでなくても、彼らの姿を観ているだけで本当に心が救われます。いろいろな気づきも与えてくれるので、どん底な気分の時にこそ観て欲しい1作です。

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』
ブルーレイ&DVDレンタル、販売中/デジタル配信中
公式サイト

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  2. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  3. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
PAGE TOP