REVIEW

裸足になって【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『裸足になって』リナ・クードリ

パピチャ 未来へのランウェイ』の主演リナ・クードリとムニア・メドゥール監督が再タッグを組んだ作品です。また、『コーダ あいのうた』でろう者の俳優で初めてアカデミー助演男優賞を獲得したトロイ・コッツァーが製作総指揮を務めています。
本作は『パピチャ〜』と同じく、内戦の傷跡が残るアルジェリアで、社会的に弱い立場ながら夢と希望を持って生きる女性達の姿を映しています。主人公は、バレエダンサーとして可能性を秘めたフーリア(リナ・クードリ)。フーリアは母に車を買うため、ある方法でコツコツと貯金をしています。でも、ある出来事がきっかけで大怪我を負い、トラウマを抱え、話せなくなってしまいます。本作は絶望の淵に立たされたフーリアが試練を乗り越え再生する物語です。
フーリアはリハビリをするなかで、ろう者の女性達と出会います。さまざまな事情を抱えながらも明るく過ごしている彼女達の姿にフーリアは励まされていきます。そんなフーリアに転機となる出来事が起きます。そして、フーリアにとって、ダンスが彼女の“言葉”となり、再び生きる意味を見出していきます。大怪我の前と後で、フーリアのダンスに違いが見えます。技術的な違いというよりも、フーリアにとってのダンスの意味が変わったのが伝わってきます。ここで、リナ・クードリの見事な表現力が発揮されています。
アルジェリアの治安が良くない点、警察が頼りにならない点も弱者が生きづらい状況を作っています。そうなると、国外に行くか、祖国に残るかという話題が付きもので、一見国外に出たほうが良いのではと思ってしまいます。ただ、フーリアの覚悟を観ていると、どういう状況であれ祖国で暮らしたいと思う気持ちは当事者にならないとわからないと実感します。この物語でフーリアは一度に多くのものを失います。それはどれもとても大きなものです。それでもアルジェリアで生きると決めた彼女が、最後に見せる姿はとても逞しく美しく映ります。今もアルジェリア、そして世界中で彼女のように戦う人々がいることを教えてくれる作品です。

デート向き映画判定
映画『裸足になって』リナ・クードリ

ロマンチックな展開はなく、シリアスな内容なので、1人でじっくり観るほうが向いていると思います。でも、フーリアが再生していく姿には勇気をもらえます。もしパートナーが、目指すものがありながら壁にぶつかったり、希望を失っていたら、一緒に観て、静かに励ますのも良いかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『裸足になって』リナ・クードリ

本作の主人公フーリアの日常を観て、平和に好きなことに時間を費やせる日常は当たり前ではない、とても貴重で有り難いことだと知るきっかけになると良いなと思います。もし、今打ち込めるものがあるなら、なぜそれをやりたいのか、夢中になれるのか改めて考えてみるのも良いでしょう。例えばフーリアのように自分が踊る真の意味、意義を見つけられたら、揺るぎない力を得られるように思います。

映画『裸足になって』リナ・クードリ

『裸足になって』
2023年7月21日より全国順次公開
ギャガ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©THE INK CONNECTION – HIGH SEA – CIRTA FILMS – SCOPE PICTURES FRANCE 2 CINÉMA – LES PRODUCTIONS DU CH’TIHI – SAME PLAYER, SOLAR ENTERTAINMENT

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP