REVIEW

ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』トニ・セルヴィッロ

歴史的に芸術作品と政治がいかに絡まり合っていたかを紐解くドキュメンタリー。正直なところ、もう少し知識を持って観れば、もっと理解が深まったはずと感じたので、皆さんにはせめて公式サイトでキーワードだけでもチェックしておくことをオススメします。もっと言うと、パンフレットに登場人物の紹介が載っているなら、鑑賞後に買うのではなく、観賞前に買って目を通してから観るほうが良いと思います。それにしても、世界的な芸術作品が政治や戦争の名の下に、ヒトラーやその部下、周囲の人達の個人的な欲によって奪われ、利用されていたとは悲しいですね。今でもなお、正当な持ち主のもとに返ることなく行方不明になっている作品が多くあるようで、子孫の代まで闘いを余儀なくされていますが、それだけ芸術作品に力があるということなんですよね。だからこそ、パブロ・ピカソが遺した「壁を飾るために描くのではない。絵は盾にも矛にもなる、戦うための手段だ」という言葉が胸に刺さります。皮肉にも、私のような美術、芸術に疎い人間は、こういった悲しい歴史を本作のような映画を通して知ることで、芸術作品の価値の高さに改めて気付かされるわけですが、権力、武力ではない“武器”だってあるのだということを、今平和な時代にいる私達はもっと自覚しなければいけないのだなとも感じます。

デート向き映画判定
映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』アドルフ・ヒトラー

アートに興味のあるカップルなら、こういった視点の映画を観るのも、会話のネタが増えて良いのではないでしょうか。一方、そこまで美術にも歴史にもくわしくない人を誘うと、人物名や芸術作品の名前などが多数出てくるので、取り残されてしまう可能性があります。誘う人を選ぶ映画だという意味では、デート向きとは言えないかなと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』

歴史の授業で習う範囲を越えて、もっとコアな内容に触れており、美術という観点から綴られているドキュメンタリーなので、歴史を知る入口として、こういうところから興味を広げていくのもアリだと思います。ただ、そもそも基本的な歴史的知識がないとついていけない内容なので、せめて中学生以上向けかなと思います。

映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』

『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』
2019年4月19日より全国順次公開
クロックワークス、アルバトロス・フィルム
公式サイト

©2018 – 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アド・アストラ』ブラッド・ピット 『アド・アストラ』5組10名様 ゲスト登壇ジャパンプレミアイベント 特別試写会ご招待

映画『アド・アストラ』5組10名様 ゲスト登壇ジャパンプレミアイベント 特別試写会ご招待

映画『ロケットマン』タロン・エガ-トン タロン・エガートン(タロン・エジャトン)

1989年11月10日イギリス、バーケンヘッド生まれ。2012年にRADA(英国王立演劇学校)を卒業し、ITVの『オックスフォードミステリー ルイス警部』で役者デビュー。ロイヤル・コートとナショナル・シアターで上演された…

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』 『エセルとアーネスト ふたりの物語』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『ガーンジー島の読書会の秘密』リリー・ジェームズ ガーンジー島の読書会の秘密

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』『スリー・ビルボード』を手掛けたプロデューサー達による作品ということでクオリティは心配ご無用。リリー・ジェームズ、ミキール・ハースマンを始めとする名優達が…

映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア 存在のない子供たち

両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日も知らず、法的には社会に存在すらしていない少年ゼイン。彼は両親とたくさんの妹、弟と中東の貧民窟で暮らしていて、学校には通わず…

映画『葬式の名人』高良健吾 高良健吾(こうら けんご)

1987年11月12日、熊本県生まれ。2005年『ごくせん』で俳優デビューし、2006年に『ハリヨの夏』で映画初出演。2008年『蛇とピアス』で全身タトゥーと顔に15個のピアスを付けた青年役を演じた。その後…

映画『MEG ザ・モンスター』クリフ・カーティス クリフ・カーティス

1968年、ニュージーランド生まれ。マオリ族の血を引いている。ニュージーランドのドラマスクールで学んだ後、スイスへ渡り勉強を続ける。帰国後…

おすすめ記事

映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督 久々の里帰りで会ったお父さんに異変!家族として受け入れられる?『おいしい家族』部活リポート

2019年7月31日、『おいしい家族』の完成披露試写会が行われ、トーキョー女子映画部の正式部員皆で参加させて頂きました。当日は、主演の松本穂香さん、ふくだももこ監督が登壇…

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

REVIEW

  1. 映画『ガーンジー島の読書会の秘密』リリー・ジェームズ
  2. 映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア
  3. 映画『アス』ルピタ・ニョンゴ/ウィンストン・デューク
    アス

  4. 映画『引っ越し大名!』星野源/高橋一生/高畑充希
  5. 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット
  6. 映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ
    ドッグマン

  7. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  8. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  9. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  10. 映画『天気の子』
    天気の子

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP