REVIEW

ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ

映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』トニ・セルヴィッロ

歴史的に芸術作品と政治がいかに絡まり合っていたかを紐解くドキュメンタリー。正直なところ、もう少し知識を持って観れば、もっと理解が深まったはずと感じたので、皆さんにはせめて公式サイトでキーワードだけでもチェックしておくことをオススメします。もっと言うと、パンフレットに登場人物の紹介が載っているなら、鑑賞後に買うのではなく、観賞前に買って目を通してから観るほうが良いと思います。それにしても、世界的な芸術作品が政治や戦争の名の下に、ヒトラーやその部下、周囲の人達の個人的な欲によって奪われ、利用されていたとは悲しいですね。今でもなお、正当な持ち主のもとに返ることなく行方不明になっている作品が多くあるようで、子孫の代まで闘いを余儀なくされていますが、それだけ芸術作品に力があるということなんですよね。だからこそ、パブロ・ピカソが遺した「壁を飾るために描くのではない。絵は盾にも矛にもなる、戦うための手段だ」という言葉が胸に刺さります。皮肉にも、私のような美術、芸術に疎い人間は、こういった悲しい歴史を本作のような映画を通して知ることで、芸術作品の価値の高さに改めて気付かされるわけですが、権力、武力ではない“武器”だってあるのだということを、今平和な時代にいる私達はもっと自覚しなければいけないのだなとも感じます。

デート向き映画判定
映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』アドルフ・ヒトラー

アートに興味のあるカップルなら、こういった視点の映画を観るのも、会話のネタが増えて良いのではないでしょうか。一方、そこまで美術にも歴史にもくわしくない人を誘うと、人物名や芸術作品の名前などが多数出てくるので、取り残されてしまう可能性があります。誘う人を選ぶ映画だという意味では、デート向きとは言えないかなと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』

歴史の授業で習う範囲を越えて、もっとコアな内容に触れており、美術という観点から綴られているドキュメンタリーなので、歴史を知る入口として、こういうところから興味を広げていくのもアリだと思います。ただ、そもそも基本的な歴史的知識がないとついていけない内容なので、せめて中学生以上向けかなと思います。

映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』

『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』
2019年4月19日より全国順次公開
クロックワークス、アルバトロス・フィルム
公式サイト

©2018 – 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved

TEXT by Myson

関連記事

新着記事

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス バイク好き夫を持つ女性へのアドバイスがシュール過ぎ(笑)『ライドwithノーマン・リーダス』来日

2019年4月19日、『ライドwithノーマン・リーダス』新シーズン配信を記念して、ノーマン・リーダスが来日し、ファンミーティングを行いました。お茶目なノーマン全開です。

映画『キングダム』山﨑賢人 山﨑賢人(やまざき けんと)

1994年9月7日、東京都生まれ。2010年にTVドラマ『熱海の捜査官』で俳優デビューし、2011年の映画『管制塔』で初主演を飾る。その後…

東京ディズニーリゾートにて『トイ・ストーリー4』の世界を楽しめる【ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4】が開催!

ディズニー/ピクサーの大傑作“トイ・ストーリー”シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』が、7月12日に全国公開となります。そして、このたび、東京ディズニーリゾートでは…

海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ 女医フォスター 夫の情事、私の決断

「夫が浮気してるかも?」と疑い始めてから、それを突き止めようとしたり、突き止めたと思ったらそこから夫との駆け引きが始まったり…

映画『ブラックパンサー』チャドウィック・ボーズマン チャドウィック・ボーズマン

1976年アメリカ、サウスカロライナ州生まれ。ワシントンDCのハワード大学卒業後、英オックスフォードのブリティッシュ・アメリカン・ドラマ・アカデミーでも…

映画『シャザム!』ジャック・ディラン・グレイザー ジャック・ディラン・グレイザー

アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。アダレイ・スクール・フォー・ザ・パフォーミング・アーツのアダレイ・レパートリー・シアター・アンサンプル(ARTE)に迎えられ…

映画【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19】ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』 【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19】ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』5組10名様 一般試写会ご招待

【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19】ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』5組10名様 一般試写会ご招待

おすすめ記事

映画『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ 映画好き女子のお気に入りは?本作俳優&クイーンのメンバーについて調査『ボヘミアン・ラプソディ』

伝説のバンド“クイーン”の知られざる姿を描き、国内では興行収入128.5億円(2019年4月12日現在)を突破し、社会現象を巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディ』。今回のアンケートでは、本作の出演俳優やクイーンのメンバーについて映画好き女子の反応を探ってみました!

映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ 鑑賞後に答え合わせがしたくなる!『マローボーン家の掟』

映画『マローボーン家の掟』スニークプレビュー部活今回は当部初の“男女ペア限定部活”として、さらにこれまた初の“スニークプレビュー”として、部活を行いました。タイトルや内容などは一切伏せて、“震撼スリラー”というヒントだけを出して募集をかけましたが、皆さんドキドキしながら参加して頂いたようで…

REVIEW

  1. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  2. 映画『バースデー・ワンダーランド』
  3. 映画『パパは奮闘中!』ロマン・デュリス
  4. 映画『リアム16歳、はじめての学校』ジュディ・グリア/ダニエル・ドエニー
  5. 映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』トニ・セルヴィッロ
  6. 映画『幸福なラザロ』アドリアーノ・タルディオーロ
    幸福なラザロ

  7. 映画『僕たちのラストステージ』スティーヴ・クーガン/ジョン・C・ライリー
  8. 映画『愛がなんだ』岸井ゆきの/成田凌
    愛がなんだ

  9. 映画『ある少年の告白』ルーカス・ヘッジズ/セオドア・ペレリン
  10. 映画『キングダム』山﨑賢人/吉沢亮/橋本環奈
    キングダム

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP