REVIEW

ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』トニ・セルヴィッロ

歴史的に芸術作品と政治がいかに絡まり合っていたかを紐解くドキュメンタリー。正直なところ、もう少し知識を持って観れば、もっと理解が深まったはずと感じたので、皆さんにはせめて公式サイトでキーワードだけでもチェックしておくことをオススメします。もっと言うと、パンフレットに登場人物の紹介が載っているなら、鑑賞後に買うのではなく、観賞前に買って目を通してから観るほうが良いと思います。それにしても、世界的な芸術作品が政治や戦争の名の下に、ヒトラーやその部下、周囲の人達の個人的な欲によって奪われ、利用されていたとは悲しいですね。今でもなお、正当な持ち主のもとに返ることなく行方不明になっている作品が多くあるようで、子孫の代まで闘いを余儀なくされていますが、それだけ芸術作品に力があるということなんですよね。だからこそ、パブロ・ピカソが遺した「壁を飾るために描くのではない。絵は盾にも矛にもなる、戦うための手段だ」という言葉が胸に刺さります。皮肉にも、私のような美術、芸術に疎い人間は、こういった悲しい歴史を本作のような映画を通して知ることで、芸術作品の価値の高さに改めて気付かされるわけですが、権力、武力ではない“武器”だってあるのだということを、今平和な時代にいる私達はもっと自覚しなければいけないのだなとも感じます。

デート向き映画判定
映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』アドルフ・ヒトラー

アートに興味のあるカップルなら、こういった視点の映画を観るのも、会話のネタが増えて良いのではないでしょうか。一方、そこまで美術にも歴史にもくわしくない人を誘うと、人物名や芸術作品の名前などが多数出てくるので、取り残されてしまう可能性があります。誘う人を選ぶ映画だという意味では、デート向きとは言えないかなと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』

歴史の授業で習う範囲を越えて、もっとコアな内容に触れており、美術という観点から綴られているドキュメンタリーなので、歴史を知る入口として、こういうところから興味を広げていくのもアリだと思います。ただ、そもそも基本的な歴史的知識がないとついていけない内容なので、せめて中学生以上向けかなと思います。

映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』

『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』
2019年4月19日より全国順次公開
クロックワークス、アルバトロス・フィルム
公式サイト

©2018 – 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

映画『ある町の高い煙突』渡辺大 渡辺大(わたなべ だい)

1984年8月1日東京都生まれ。2002年に『新春ワイド時代劇壬生義士伝』で俳優デビュー後、テレビドラマ、映画で活躍。2018年には…

映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク 神と共に 第二章:因と縁

第一章から語られている概念は共通していながら、視点がガラリと変わって、本作のほうが人間のダークな面にフォーカスした内容になっています。でも、だからこそ人間味が感じられるストーリーになっていて…

映画『きみと、波にのれたら』 きみと、波にのれたら

爽やかな青春ラブストーリーという枠に留まらず、予期せず辛い経験をした若いカップルが心に大きな傷を抱えながら、それを…

映画『アラジン』メナ・マスード メナ・マスード

1992年エジプト生まれ、カナダで育つ。ライアソン大学の演劇プログラムを卒業後、テレビシリーズ『ニキータ』や『コンバット・ホスピタル 戦場救命』などのドラマや短編映画など…

映画『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー 『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー

今回は実際に日立鉱山で起きた出来事を映画化した『ある町の高い煙突』で、キーパーソンとなる加屋淳平役を演じた渡辺大さんにインタビューをさせて頂きました。今回の役柄についてや、俳優という職業について、お話を伺いました。

映画『新聞記者』北村有起哉 北村有起哉(きたむら ゆきや)

1974年4月29日、東京都生まれ。1998年に舞台“めざめ”と映画『カンゾー先生』でデビュー。以降、舞台と映像の両方で活躍中。劇団☆新感線の“メタルマクベス”や…

おすすめ記事

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

東京国際映画祭レッドカーペット『カメラを止めるな!』 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【国内編】

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第2弾!今回は映画好き女子が信頼を寄せる日本の映画賞と映画祭について、結果を発表します!

第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【世界編】

今回はカンヌ国際映画祭の時期にちなんで、国内、海外で開催される数々の映画祭・映画賞についてのアンケートを行いました。今回はその第1弾として、映画好き女子が信頼を寄せる映画祭やアメリカの映画賞についての結果を発表します!

REVIEW

  1. 映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク
  2. 映画『きみと、波にのれたら』
  3. 新聞記者

  4. クリス・ヘムズワース/テッサ・トンプソン
  5. 映画『ザ・ファブル』岡田准一/木村文乃/山本美月
    ザ・ファブル

  6. 映画『パピヨン』チャーリー・ハナム/ラミ・マレック
    パピヨン

  7. 映画『ある町の高い煙突』井手麻渡/渡辺大
  8. 映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン
  9. 映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』ソフィー・ターナー/ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/ジェシカ・チャステイン/ニコラス・ホルト/エヴァン・ピーターズ/コディ・スミット=マクフィー/アレクサンドラ・シップ/タイ・シェリダン
  10. 映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』二宮慶多/水野哲志/奥村門土/中島セナ

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP