日記

映画好きという共通点、最強

  • follow us in feedly
  • RSS

今私がこうやって、映画に関わるお仕事をさせて頂いていることに日々感謝の思いでいっぱいなのですが、振り返ると何がここまで導いてきてくれたかって、「映画好き」という、ただそれだけのような気がします。

物心がついた頃から、父の影響で映画を観るようになっていましたが、小学校の卒業アルバムには、既にエンタメの世界に入りたいという思いを綴っていました。当時はまだ何が何やらわかっていなかったので、たしか「芸能人のマネージャーになりたい」と書いてあったと思います。今思うと、マネージャー業には全く向いていない性格なんですけどね(笑)。

まあ当時はそこまで深く考えていなかったと思いますが、徐々に“映画”というキーワードが軸となり、中学生の頃には映画の世界に入りたいとはっきり意識するようになっていました。でも、まだまだ知識がないので、裏方さんや、今私達がやらせて頂いているような映画を紹介する媒体のお仕事は思いつかず、映画のお仕事で思いついたのは、映画監督か俳優。監督は作品に対して1人と、人数の割合的に少ないから、俳優のほうがまだ間口が広いかなと安易な考えに至ったと記憶しています。

その割には演劇部に入ることもなく、中高とガッツリ、バスケットボール部だったんですけどね(笑)。演技したいわけではなく、ほんとに映画の世界に入りたいというだけでした。

そんなこんなで、でもまだまだ真意に辿り着くことなく、あらゆる経緯を辿り、今に至るわけですが(話が相当長くなるので、経緯はまた追々小分けに語ります)、いろいろ振り返ると、なんだかんだで映画が好きという共通点が、たくさんの素敵な出会いに結び付けてくれているなと実感します。数え上げると本当にキリがないほど、映画が好きという共通点で話に華が咲き、お仕事のお話を頂いてとか、お友達になったり…ということがたくさんあり、こんなに幸せなことはないなと思います。

それにトーキョー女子映画部こそ、「映画好き」という繋がりがあってこそですからね。部員の皆さんとの出会いも本当に奇跡だなと思っています。

今メイク講座で告知中のTAKE先生も、実はそんな1人。私が大学生の時に短期留学していたロサンゼルスで出会った仲間の1人です。まさかこんなに大人になるまで連絡を取り合うことになるとは当時思ってもみませんでしたが、TAKE先生も映画が好きでアメリカで特殊メイクを習っていたほど、行動力が抜群。彼が帰国した時に、当時の友達皆に自ら連絡を取ってくれたからこそ、まだこうして一緒に楽しいことに取り組めています。本当に感謝!

で、ちょうど先日打合せで会った際に、当時渡米したきっかけのお話を聞かせてもらったのですが、思っていた以上の行動力に驚きました。メイク講座を受ける機会がある方は、ぜひレッスン後などに質問してみてください(笑)。

TAKE先生の他にも、私の周囲にいらっしゃる映画好きの方々は、皆さん本当に個性派ばかり。少なからず、映画が大好きな人って、こういうところに映画の影響が良い方向で出ているんだろうなと勝手に推測。

そんな感覚が通じ合うからこそ、おもしろいことをおもしろがる、おもしろくなさそうなこともおもしろくしようとする感覚で気が合うのかなと思います。

私の場合はおもしろいことを思いついた気でいても、まだまだそれを皆さんに存分に楽しんでもらう術が磨き切れていないので要領がよろしくないなと自覚していますが、心強い味方が周囲にいることを思うだけで、諦めずに私も頑張らないと、と思えます。

不安に押しつぶされそうな時も、もうダメかなと思う時も、この「映画好き」という共通項を持つ関係に何度助けられたことか。このご恩をいつも忘れずにいなければと思った、今日この頃です。

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』スーザン・サランドン スーザン・サランドン【プロフィールと出演作一覧】

1946年10月9日アメリカ、ニューヨーク生まれ。1970年、『ジョー』でデビュー。以降、『ロッキ…

映画『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー 『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー

今回は映画『ハピネス』に出演している山崎まさよしさんと篠原哲雄監督にお話を伺いました。『月とキャベツ』や『影踏み』などでもお仕事をされているお二人に改めてご一緒された感想など直撃。

映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか 湖の女たち【レビュー】

物語の主な登場人物は、100歳の寝たきり老人が不可解な死を遂げたことで疑惑を向けられる人達と…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  2. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉
  3. Netflixドラマ『マスクガール』
  4. 映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか
  5. 映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP