ぶきよう宇宙人の日記 by マイソン

映画好きという共通点、最強

  • follow us in feedly
  • RSS

今私がこうやって、映画に関わるお仕事をさせて頂いていることに日々感謝の思いでいっぱいなのですが、振り返ると何がここまで導いてきてくれたかって、「映画好き」という、ただそれだけのような気がします。

物心がついた頃から、父の影響で映画を観るようになっていましたが、小学校の卒業アルバムには、既にエンタメの世界に入りたいという思いを綴っていました。当時はまだ何が何やらわかっていなかったので、たしか「芸能人のマネージャーになりたい」と書いてあったと思います。今思うと、マネージャー業には全く向いていない性格なんですけどね(笑)。

まあ当時はそこまで深く考えていなかったと思いますが、徐々に“映画”というキーワードが軸となり、中学生の頃には映画の世界に入りたいとはっきり意識するようになっていました。でも、まだまだ知識がないので、裏方さんや、今私達がやらせて頂いているような映画を紹介する媒体のお仕事は思いつかず、映画のお仕事で思いついたのは、映画監督か俳優。監督は作品に対して1人と、人数の割合的に少ないから、俳優のほうがまだ間口が広いかなと安易な考えに至ったと記憶しています。

その割には演劇部に入ることもなく、中高とガッツリ、バスケットボール部だったんですけどね(笑)。演技したいわけではなく、ほんとに映画の世界に入りたいというだけでした。

そんなこんなで、でもまだまだ真意に辿り着くことなく、あらゆる経緯を辿り、今に至るわけですが(話が相当長くなるので、経緯はまた追々小分けに語ります)、いろいろ振り返ると、なんだかんだで映画が好きという共通点が、たくさんの素敵な出会いに結び付けてくれているなと実感します。数え上げると本当にキリがないほど、映画が好きという共通点で話に華が咲き、お仕事のお話を頂いてとか、お友達になったり…ということがたくさんあり、こんなに幸せなことはないなと思います。

それにトーキョー女子映画部こそ、「映画好き」という繋がりがあってこそですからね。部員の皆さんとの出会いも本当に奇跡だなと思っています。

今メイク講座で告知中のTAKE先生も、実はそんな1人。私が大学生の時に短期留学していたロサンゼルスで出会った仲間の1人です。まさかこんなに大人になるまで連絡を取り合うことになるとは当時思ってもみませんでしたが、TAKE先生も映画が好きでアメリカで特殊メイクを習っていたほど、行動力が抜群。彼が帰国した時に、当時の友達皆に自ら連絡を取ってくれたからこそ、まだこうして一緒に楽しいことに取り組めています。本当に感謝!

で、ちょうど先日打合せで会った際に、当時渡米したきっかけのお話を聞かせてもらったのですが、思っていた以上の行動力に驚きました。メイク講座を受ける機会がある方は、ぜひレッスン後などに質問してみてください(笑)。

TAKE先生の他にも、私の周囲にいらっしゃる映画好きの方々は、皆さん本当に個性派ばかり。少なからず、映画が大好きな人って、こういうところに映画の影響が良い方向で出ているんだろうなと勝手に推測。

そんな感覚が通じ合うからこそ、おもしろいことをおもしろがる、おもしろくなさそうなこともおもしろくしようとする感覚で気が合うのかなと思います。

私の場合はおもしろいことを思いついた気でいても、まだまだそれを皆さんに存分に楽しんでもらう術が磨き切れていないので要領がよろしくないなと自覚していますが、心強い味方が周囲にいることを思うだけで、諦めずに私も頑張らないと、と思えます。

不安に押しつぶされそうな時も、もうダメかなと思う時も、この「映画好き」という共通項を持つ関係に何度助けられたことか。このご恩をいつも忘れずにいなければと思った、今日この頃です。

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アド・アストラ』ブラッド・ピット 『アド・アストラ』5組10名様 ゲスト登壇ジャパンプレミアイベント 特別試写会ご招待

映画『アド・アストラ』5組10名様 ゲスト登壇ジャパンプレミアイベント 特別試写会ご招待

映画『ロケットマン』タロン・エガ-トン タロン・エガートン(タロン・エジャトン)

1989年11月10日イギリス、バーケンヘッド生まれ。2012年にRADA(英国王立演劇学校)を卒業し、ITVの『オックスフォードミステリー ルイス警部』で役者デビュー。ロイヤル・コートとナショナル・シアターで上演された…

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』 『エセルとアーネスト ふたりの物語』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『ガーンジー島の読書会の秘密』リリー・ジェームズ ガーンジー島の読書会の秘密

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』『スリー・ビルボード』を手掛けたプロデューサー達による作品ということでクオリティは心配ご無用。リリー・ジェームズ、ミキール・ハースマンを始めとする名優達が…

映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア 存在のない子供たち

両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日も知らず、法的には社会に存在すらしていない少年ゼイン。彼は両親とたくさんの妹、弟と中東の貧民窟で暮らしていて、学校には通わず…

映画『葬式の名人』高良健吾 高良健吾(こうら けんご)

1987年11月12日、熊本県生まれ。2005年『ごくせん』で俳優デビューし、2006年に『ハリヨの夏』で映画初出演。2008年『蛇とピアス』で全身タトゥーと顔に15個のピアスを付けた青年役を演じた。その後…

映画『MEG ザ・モンスター』クリフ・カーティス クリフ・カーティス

1968年、ニュージーランド生まれ。マオリ族の血を引いている。ニュージーランドのドラマスクールで学んだ後、スイスへ渡り勉強を続ける。帰国後…

おすすめ記事

映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督 久々の里帰りで会ったお父さんに異変!家族として受け入れられる?『おいしい家族』部活リポート

2019年7月31日、『おいしい家族』の完成披露試写会が行われ、トーキョー女子映画部の正式部員皆で参加させて頂きました。当日は、主演の松本穂香さん、ふくだももこ監督が登壇…

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

REVIEW

  1. 映画『ガーンジー島の読書会の秘密』リリー・ジェームズ
  2. 映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア
  3. 映画『アス』ルピタ・ニョンゴ/ウィンストン・デューク
    アス

  4. 映画『引っ越し大名!』星野源/高橋一生/高畑充希
  5. 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット
  6. 映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ
    ドッグマン

  7. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  8. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  9. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  10. 映画『天気の子』
    天気の子

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP