ぶきよう宇宙人の日記 by マイソン

映画好きという共通点、最強

今私がこうやって、映画に関わるお仕事をさせて頂いていることに日々感謝の思いでいっぱいなのですが、振り返ると何がここまで導いてきてくれたかって、「映画好き」という、ただそれだけのような気がします。

物心がついた頃から、父の影響で映画を観るようになっていましたが、小学校の卒業アルバムには、既にエンタメの世界に入りたいという思いを綴っていました。当時はまだ何が何やらわかっていなかったので、たしか「芸能人のマネージャーになりたい」と書いてあったと思います。今思うと、マネージャー業には全く向いていない性格なんですけどね(笑)。

まあ当時はそこまで深く考えていなかったと思いますが、徐々に“映画”というキーワードが軸となり、中学生の頃には映画の世界に入りたいとはっきり意識するようになっていました。でも、まだまだ知識がないので、裏方さんや、今私達がやらせて頂いているような映画を紹介する媒体のお仕事は思いつかず、映画のお仕事で思いついたのは、映画監督か俳優。監督は作品に対して1人と、人数の割合的に少ないから、俳優のほうがまだ間口が広いかなと安易な考えに至ったと記憶しています。

その割には演劇部に入ることもなく、中高とガッツリ、バスケットボール部だったんですけどね(笑)。演技したいわけではなく、ほんとに映画の世界に入りたいというだけでした。

そんなこんなで、でもまだまだ真意に辿り着くことなく、あらゆる経緯を辿り、今に至るわけですが(話が相当長くなるので、経緯はまた追々小分けに語ります)、いろいろ振り返ると、なんだかんだで映画が好きという共通点が、たくさんの素敵な出会いに結び付けてくれているなと実感します。数え上げると本当にキリがないほど、映画が好きという共通点で話に華が咲き、お仕事のお話を頂いてとか、お友達になったり…ということがたくさんあり、こんなに幸せなことはないなと思います。

それにトーキョー女子映画部こそ、「映画好き」という繋がりがあってこそですからね。部員の皆さんとの出会いも本当に奇跡だなと思っています。

今メイク講座で告知中のTAKE先生も、実はそんな1人。私が大学生の時に短期留学していたロサンゼルスで出会った仲間の1人です。まさかこんなに大人になるまで連絡を取り合うことになるとは当時思ってもみませんでしたが、TAKE先生も映画が好きでアメリカで特殊メイクを習っていたほど、行動力が抜群。彼が帰国した時に、当時の友達皆に自ら連絡を取ってくれたからこそ、まだこうして一緒に楽しいことに取り組めています。本当に感謝!

で、ちょうど先日打合せで会った際に、当時渡米したきっかけのお話を聞かせてもらったのですが、思っていた以上の行動力に驚きました。メイク講座を受ける機会がある方は、ぜひレッスン後などに質問してみてください(笑)。

TAKE先生の他にも、私の周囲にいらっしゃる映画好きの方々は、皆さん本当に個性派ばかり。少なからず、映画が大好きな人って、こういうところに映画の影響が良い方向で出ているんだろうなと勝手に推測。

そんな感覚が通じ合うからこそ、おもしろいことをおもしろがる、おもしろくなさそうなこともおもしろくしようとする感覚で気が合うのかなと思います。

私の場合はおもしろいことを思いついた気でいても、まだまだそれを皆さんに存分に楽しんでもらう術が磨き切れていないので要領がよろしくないなと自覚していますが、心強い味方が周囲にいることを思うだけで、諦めずに私も頑張らないと、と思えます。

不安に押しつぶされそうな時も、もうダメかなと思う時も、この「映画好き」という共通項を持つ関係に何度助けられたことか。このご恩をいつも忘れずにいなければと思った、今日この頃です。

新着記事

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス バイク好き夫を持つ女性へのアドバイスがシュール過ぎ(笑)『ライドwithノーマン・リーダス』来日

2019年4月19日、『ライドwithノーマン・リーダス』新シーズン配信を記念して、ノーマン・リーダスが来日し、ファンミーティングを行いました。お茶目なノーマン全開です。

映画『キングダム』山﨑賢人 山﨑賢人(やまざき けんと)

1994年9月7日、東京都生まれ。2010年にTVドラマ『熱海の捜査官』で俳優デビューし、2011年の映画『管制塔』で初主演を飾る。その後…

東京ディズニーリゾートにて『トイ・ストーリー4』の世界を楽しめる【ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4】が開催!

ディズニー/ピクサーの大傑作“トイ・ストーリー”シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』が、7月12日に全国公開となります。そして、このたび、東京ディズニーリゾートでは…

海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ 女医フォスター 夫の情事、私の決断

「夫が浮気してるかも?」と疑い始めてから、それを突き止めようとしたり、突き止めたと思ったらそこから夫との駆け引きが始まったり…

映画『ブラックパンサー』チャドウィック・ボーズマン チャドウィック・ボーズマン

1976年アメリカ、サウスカロライナ州生まれ。ワシントンDCのハワード大学卒業後、英オックスフォードのブリティッシュ・アメリカン・ドラマ・アカデミーでも…

映画『シャザム!』ジャック・ディラン・グレイザー ジャック・ディラン・グレイザー

アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。アダレイ・スクール・フォー・ザ・パフォーミング・アーツのアダレイ・レパートリー・シアター・アンサンプル(ARTE)に迎えられ…

映画【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19】ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』 【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19】ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』5組10名様 一般試写会ご招待

【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19】ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』5組10名様 一般試写会ご招待

おすすめ記事

映画『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ 映画好き女子のお気に入りは?本作俳優&クイーンのメンバーについて調査『ボヘミアン・ラプソディ』

伝説のバンド“クイーン”の知られざる姿を描き、国内では興行収入128.5億円(2019年4月12日現在)を突破し、社会現象を巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディ』。今回のアンケートでは、本作の出演俳優やクイーンのメンバーについて映画好き女子の反応を探ってみました!

映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ 鑑賞後に答え合わせがしたくなる!『マローボーン家の掟』

映画『マローボーン家の掟』スニークプレビュー部活今回は当部初の“男女ペア限定部活”として、さらにこれまた初の“スニークプレビュー”として、部活を行いました。タイトルや内容などは一切伏せて、“震撼スリラー”というヒントだけを出して募集をかけましたが、皆さんドキドキしながら参加して頂いたようで…

REVIEW

  1. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  2. 映画『バースデー・ワンダーランド』
  3. 映画『パパは奮闘中!』ロマン・デュリス
  4. 映画『リアム16歳、はじめての学校』ジュディ・グリア/ダニエル・ドエニー
  5. 映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』トニ・セルヴィッロ
  6. 映画『幸福なラザロ』アドリアーノ・タルディオーロ
    幸福なラザロ

  7. 映画『僕たちのラストステージ』スティーヴ・クーガン/ジョン・C・ライリー
  8. 映画『愛がなんだ』岸井ゆきの/成田凌
    愛がなんだ

  9. 映画『ある少年の告白』ルーカス・ヘッジズ/セオドア・ペレリン
  10. 映画『キングダム』山﨑賢人/吉沢亮/橋本環奈
    キングダム

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP