REVIEW

コール・ジェーン ー女性たちの秘密の電話ー【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『コール・ジェーン ー女性たちの秘密の電話ー』エリザベス・バンクス

REVIEW

本作は、人工妊娠中絶が違法だった1960年代後半から1970年代初頭にかけて実在した安全な中絶手術を提供する女性主導の団体“ジェーン”を題材に描かれた物語です。プロデューサーは『ダラス・バイヤーズクラブ』『バービー』などを手掛けたロビー・ブレナー、監督は『キャロル』で脚本を担当したフィリス・ナジーが務めています。
主婦として何不自由なく暮らしていたジョイ(エリザベス・バンクス)は、第2子の妊娠により心臓病が悪化してしまいます。そこで彼女は中絶を決意しますが、病院の男性医師達にあっさりと拒否されてしまいます。そんななか、街で偶然「妊娠?助けが必要?ジェーンに電話を」という張り紙を見つけます。
最初はジェーンとは誰なのかもわからず疑いと不安の気持ちを抱いていたジョイが、“ジェーン”の実態を知り、次第に“ジェーン”の一員となり、熱心に活動していく姿はとてもリアルです。そして、何といっても中絶が法律的に許されない時代に女性達のためにここまで懸命に戦った方々がいたことに驚きます。物語自体はフィクションとして描かれているものの、現実でもきっとこういうやり取りがあったのかもしれないと伺える場面が多くあります。個人的にはリーダーのバージニア(シガニー・ウィーバー)が医者と交渉をし、ある決断を下すシーンが特に印象に残っています。
キャストには、主演のエリザベス・バンクスをはじめ、シガニー・ウィーバー、クリス・メッシーナ、ウンミ・モサク、ケイト・マーラ、コリー・マイケル・スミスらが集結し、それぞれキーパーソンを演じています。シリアスなテーマを扱いながらもいちエンタメ作品として昇華された物語なので、どんな方でも観やすいと思います。また、映画の公式資料によると1973 年にアメリカ連邦最高裁が女性の人工妊娠中絶の権利を合法と判決を下した“ロー対ウェイド判決”から50年の時を経た現在のアメリカでは、再び人工妊娠中絶を違法とする動きが活発になっている現状もあるそうです。そういった背景も踏まえて本作を観るとより考えさせられるのではないでしょうか。

デート向き映画判定

映画『コール・ジェーン ー女性たちの秘密の電話ー』エリザベス・バンクス/コリー・マイケル・スミス

人工妊娠中絶といった社会問題をテーマにした作品なので、デートを盛り上げる要素はありません。もしデートで相手を誘う場合はどんなテーマの作品なのか事前に説明しておくほうが親切だと思います。また、ジョイの夫婦関係を観ていると、夫に秘密を持つなど少々複雑な感情になる場面もあります。そうした姿を自分達に置き換えて観ると、お互いの関係を振り返るきっかけにもなりそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『コール・ジェーン ー女性たちの秘密の電話ー』エリザベス・バンクス/シガニー・ウィーバー

皆さんの場合は中学生くらいになり、ある程度妊娠や中絶についてわかるようになってから観ることをオススメします。フィクションとはいえ、実在した団体を基にした物語だと思うと、より衝撃が走ります。本作を観終わった後は、アメリカの人工妊娠中絶にまつわる歴史や現状についてご自身でも調べると勉強になると思います。

映画『コール・ジェーン ー女性たちの秘密の電話ー』エリザベス・バンクス

『コール・ジェーン ー女性たちの秘密の電話ー』
2024年3月22日より全国公開
PG-12
プレシディオ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2022 Vintage Park, Inc. All rights reserved.

TEXT by Shamy

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年3月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP