特集

感情の矛先はどこへ向ければよいのか【加害者と被害者の物語】特集

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『12日の殺人』ルーラ・コットン・フラピエ

加害者と被害者の関係には、想像以上に多面性があります。今回は、そんな加害者と被害者の複雑な関係を描いた映画をご紹介します。

12日の殺人

映画『12日の殺人』バスティアン・ブイヨン/ブーリ・ランネール/テオ・チョルビ /ヨハン・ディオネ
映画『12日の殺人』ルーラ・コットン・フラピエ

2024年3月15日より全国公開
STAR CHANNEL MOVIES
監督:ドミニク・モル
出演:バスティアン・ブイヨン/ブーリ・ランネール/テオ・チョルビ /ヨハン・ディオネ /ティヴー・エヴェラー/ポーリーヌ・セリエ /ルーラ・コットン・フラピエ
公式サイト ムビチケ購入はこちら

REVIEW
本作の原案は、ポーリーヌ・ゲナの小説「18.3 – A Year With the Crime Squad (英題)」で、実際の未解決事件から着想を得たフィクションとなっています。事件の被害者は21歳のクララ。クララは2016年の10月12日の夜、友人宅からの帰り路で何者かにガソリンを浴びせられた状態で火を放たれ、焼死体で見つかります。殺人捜査班の刑事ヨアン(バスティアン・ブイヨン)は、捜査を進めるなか、クララが複数の男性と肉体関係にあったことを知ります。
本作は、捜査をする刑事達の目から見た被害者と加害者を映し出しています。その背景には、現代社会が男性社会であること、つまり、男性社会で被害に遭った女性がどんな扱いを受けるのか、捜査する側が男性社会にいることに無自覚だった場合、捜査にどんな影響があるのかを客観視できる内容となっています。未解決事件なので、着想の基となった実際の事件の犯人の性別が厳密には不明であるということは別として、フィクションである本作では、「罪を犯すのも男、捜査するのも男」というセリフが、多くを物語っています。クララは殺されたのに、彼女が性に奔放だったというだけで、被害者である彼女に何か非があるように見られてしまう。一方、彼女を殺した加害者はどこかでのうのうと生きている。こんなにおかしなことはありません。

FEAST -狂宴-

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/リト・ラピッド
映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド

2024年3月1日より全国公開中
百道浜ピクチャーズ
監督:ブリランテ・メンドーサ
出演:ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
公式サイト ムビチケ購入はこちら
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

加害者は被害者側の遺族をサポートすることで償おうとしますが…。何とも歪な関係に複雑な心境が沸き上がる物語。何が起きても変わらない社会構造の縮図を突きつけられます。

各作品のパッケージ販売リンクや視聴リンクをクリックすると、デジタル配信もしくはパッケージ販売ページに飛びますので、ぜひ観てみてください。

友罪

映画『友罪』永山瑛太

監督・脚本:瀬々敬久
出演:生田斗真/瑛太/夏帆/山本美月/富田靖子/佐藤浩市
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 生田斗真、瑛太、夏帆ほか登壇完成披露舞台挨拶
Amazonでブルーレイを購入する Amazonプライムビデオで観る

“神戸連続児童殺傷事件”から着想を得た薬丸岳の小説を映画化。“少年A”だけでなく、犯した罪に縛られて生きている加害者、被害者、傍観者、それぞれの視点で描かれる群像劇となっています。

許された子どもたち

映画『許された子どもたち』上村侑
映画『許された子どもたち』上村侑

PG-12
監督:内藤瑛亮
出演:上村侑/黒岩よし/名倉雪乃/阿部匠晟/池田朱那/大嶋康太/清水凌/住川龍珠/津田茜/西川ゆず/野呈安見/春名柊夜/日野友和/美輪ひまり/茂木拓也/矢口凜華/山崎汐南/地曵豪/門田麻衣子/三原哲郎/相馬絵美
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 内藤瑛亮監督インタビュー 心理学から観る映画14:いじめっ子がいじめをする本当の理由とは?
Amazonでブルーレイを購入する Amazonプライムビデオで観る

実際に起きた複数の少年事件に着想を得たオリジナルの脚本によって作られた作品。内藤瑛亮監督は、本作を撮影するにあたり、出演する子ども達にワークショップを行い、いじめについて考える機会をもうけました。上記のリンクから、監督インタビューや、「心理学から観る映画14」の記事(動画リンクも記載)もご覧ください。

護られなかった者たちへ

映画『護られなかった者たちへ』佐藤健
映画『護られなかった者たちへ』佐藤健/阿部寛/清原果耶/倍賞美津子/吉岡秀隆/林遣都/永山瑛太/緒形直人

監督:瀬々敬久
出演:佐藤健/阿部寛/清原果耶/倍賞美津子/吉岡秀隆/林遣都/永山瑛太/緒形直人
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonでブルーレイを購入する Amazonプライムビデオで観る

殺人事件の被害者と加害者を描くと同時に、社会的に保護をされずに苦しむ人達とその責任を負う者達の両軸で描かれた作品。社会が抱えるジレンマにどうしようもないもどかしさを感じます。

無聲 The Silent Forest

映画『無聲 The Silent Forest』
映画『無聲 The Silent Forest』チェン・イェンフェイ

PG-12
監督:コー・チェンニエン
出演:リウ・ツーチュアン/チェン・イェンフェイ/キム・ヒョンビン/リウ・グァンティン
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
AmazonでDVDを購入する Amazonプライムビデオで観る

聾唖者の生徒達が通う学校で起こっているいじめの問題。多くが被害者であり、加害者であるという悪循環が止まりません。

対峙

映画『対峙』リード・バーニー/アン・ダウド/ ジェイソン・アイザックス/マーサ・プリンプトン
映画『対峙』リード・バーニー/アン・ダウド/ ジェイソン・アイザックス/マーサ・プリンプトン

監督・脚本:フラン・クランツ
出演:リード・バーニー/アン・ダウド/ ジェイソン・アイザックス/マーサ・プリンプトン
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonでブルーレイを購入する Amazonプライムビデオで観る

被害者の親、加害者の親が対峙し、徐々に本音をぶつけ合う姿が描かれています。罪を許せないとしても、話合いでお互いが前を向くことができるのか。その可能性を探る物語です。

赦し

映画『赦し』松浦りょう
映画『赦し』松浦りょう

監督・編集:アンシュル・チョウハン
出演:尚玄/MEGUMI/松浦りょう/生津徹/藤森慎吾/真矢ミキ
松浦りょうさんインタビュー 
AmazonでDVDを購入する Amazonプライムビデオで観る

何があったとしても殺されていい理由はありません。ただ、被害者と加害者の間にあった出来事も無視できません。

うまれる

映画『うまれる』安藤瞳 ほか
映画『うまれる』安藤瞳

R-15+ 短編
監督・脚本:田中聡
出演:安藤瞳/保亜美/渋谷はるか/小暮智美/吉田久美/尾身美詞/宮山知衣/安山夢子/田中千空/望月美友蘭/御守このか/上野璃子/洞澪/鈴木琉月/前原幸來/羽子田洋子/中島愛子/山中志歩
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

いじめによって娘の命を奪われた母と、いじめていた側の複数の児童の母親達が責任を巡って激しくぶつかり合い…。

よこがお

映画『よこがお』筒井真理子/市川実日子
映画『よこがお』筒井真理子/市川実日子/池松壮亮

監督・脚本:深田晃司
出演:筒井真理子/市川実日子/池松壮亮/須藤蓮/小川未祐/吹越満
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 筒井真理子さんインタビュー
Amazonでブルーレイを購入する Amazonプライムビデオで観る

加害者ではないけれど、加害者扱いされたことで人生を狂わされた女性の復讐劇。情報社会だからこそ、こうした問題も身近に起こり得ます。

上記の作品を U-NEXTで探す Huluで探す 
ぽすれん(ゲオ)で探す  TSUTAYA DISCASで探す

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年3月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

TEXT by Myson

© 2022 HONG KONG PICTURES HEAVEN CULTURE & MEDIA COMPANY LIMITED. All RIGHTS RESERVED.
© 2022 – Haut et Court – Versus Production – Auvergne-Rhône-Alpes Cinéma
© 薬丸 岳/集英社 © 2018映画「友罪」製作委員会
© 2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS
©2020「許された子どもたち」製作委員会
© 2021映画「護られなかった者たちへ」製作委員会
©2020 Taiwan Public Television Service Foundation, Oxygen Film Co., Ltd., The Graduate Co., Ltd. and Man Man Er Co., Ltd. All Rights Reserved.
© 2020 7 ECCLES STREET LLC
©2022 December Production Committee. All rights reserved
© 2021 On7

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP