特集

映画界で新たな道を切り拓いた女性達

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『映画はアリスから始まった』アリス・ギイ=ブラシェ

映画界の狭き門をくぐり、自分自身の力で道を切り拓いてきた女性達。裏方で映画界を支えてきた先人達の活躍ぶりを知ると、とても勇気と希望が湧いてきます。

監督・製作・脚本家:アリス・ギイ=ブラシェ

映画『映画はアリスから始まった』アリス・ギイ=ブラシェ

リュミエール兄弟が初めて映画を上映したのは1895年3月。その場所に、アリス・ギイ=ブラシェもいました。彼女はストーリーのある映画を作り、映画のパイオニアの1人といわれています。監督・製作・脚本家として彼女が作った作品はなんと1,000作品以上!でも、ハリウッドの映画製作システムの原型を作り上げた世界初の女性映画監督アリスは、映画史から忘れ去られていました。
本作では、パメラ・B・グリーン監督が、彼女にまつわる希少な記録を探し回り、彼女の偉業を綴ったものです。彼女の功績に驚くだけでなく、彼女が男性社会の煽りを受けていた実状もうかがえます。本作を観ると、彼女がいかに無念な思いをしていたかを感じて辛くなると同時に、映画好きの一人として、彼女の存在を知ることができてよかったと感じるはずです。

映画『映画はアリスから始まった』アリス・ギイ=ブラシェ

『映画はアリスから始まった』
2022年7月22日より全国順次公開中
公式サイト
ナレーション;ジョディ・フォスター

キャスティング・ディレクター:マリオン・ドハティ

映画『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』マリオン・ドハティ

数々の名優を発掘し、キャスティング(配役)の重要性をハリウッドに知らしめたのは、キャスティングの先駆者マリオン・ドハティ(1923-2011)。今では超大物になっている俳優の中には、彼女が才能を発掘し機会を与えた人がたくさんいます。当時のハリウッドの映画の作り方を知ると、彼女がいなければ今名優と呼ばれている人達は生まれなかったかもしれません。
でも、キャスティング・ディレクターという肩書きはなかなか認められない事情がありました。その背景も含めて、彼女がいかに茨の道を進んできたかがわかります。

映画『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』マリオン・ドハティ

『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』
2022年4月2日より全国順次公開中
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 

映画字幕翻訳家:戸田奈津子

東京バイリンガルサービス主催イベント2014年10月2日:映画字幕翻訳家・戸田奈津子さん

日本を代表する映画字幕翻訳家で、これまでトム・クルーズをはじめハリウッドの大物スター来日時には通訳もされていたので、ご存じの方も多いですよね。私は戸田さんがどんなキャリアを歩んでこられたかを知って、とても励まされました。普段戸田さんのお話を聞ける機会はありませんが、2014年10月2日、英語字幕翻訳家の菊地浩司さんがCEOを務める東京バイリンガルサービスが主催するイベントで、菊地さんと戸田さんの対談を取材することができました(記事はこちら)。レジェンドお2人の対談とは何とも贅沢な時間でした。戸田さんのお話から、いつどんなきっかけがあるかもわからないし、チャンスがきた時に掴めるように日々精進しないといけないと教わりました。英語を使った仕事をしたい方はぜひ記事を読んでみてください。

戸田奈津子さん登壇イベント取材リポート

映画プロデューサー、ディストリビューター、脚本家:吉崎道代

製作を務めた『クライング・ゲーム』『ハワーズ・エンド』で米アカデミー賞を獲った吉崎道代さん。2022年6月30日に刊行された「嵐を呼ぶ女」(キネマ旬報社)には、吉崎さんの波瀾万丈の半生が綴られています。吉崎さんの経験談には、チャーリー・チャップリンをはじめとする映画史に名を残す偉人達の名前がたくさん出てきます。彼等とのやりとりは吉崎さんにとっては日常で、私達が知らない映画人達の素顔も著書から垣間見えます。
誰の人生にも必ず波はありますが、吉崎さんが経験されてきた波は大波ばかり!ドラマチック過ぎて、この荒波を耐えられる精神力に感服です。先日インタビューをさせていただき、とてもパワフルな方だと実感しました。著書にはこれまで吉崎さんが携わってこられた多くの作品の逸話も掲載されています。映画好きにぜひ読んでいただきたいと共に、ご本人もおっしゃっていましたが、女性にオススメの一冊です。

吉崎道代さん著書「嵐を呼ぶ女」出版記念インタビュー

「嵐を呼ぶ女」をAmazonで購入

© 2018 Be Natural LLC All Rights Reserved
© Casting By 2012

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『夜、鳥たちが啼く』⼭⽥裕貴/松本まりか 映画に隠された恋愛哲学とヒント集70:結婚してるのに、結婚していないのに

週末婚、事実婚という言葉が生まれたように、結婚のスタイルも多様化してきました。とはいえ、依然として“結婚”という概念には縛りがあります。今回は、『夜、鳥たちが啼く』『散歩時間~その日を待ちながら~』を例に考えてみました。

東京コミコン2022:ジェイミー・キャンベル・バウアー ジェイミー・キャンベル・バウアー

1988年11月22日イギリス、ロンドン生まれ。2007年『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』の…

映画『ハッピーニューイヤー』 ハッピーニューイヤー

『猟奇的な彼女』等ヒット作を数々生み出してきたクァク・ジェヨン監督が、韓国人気俳優の豪華共演で描くこの群像劇は…

映画『君だけが知らない』ソ・イェジ ソ・イェジ

1990年4月6日韓国生まれ。2013年、ドラマ『ジャガイモ星 2013QR3』でデビュー。2016年には…

映画『ラーゲリより愛を込めて』二宮和也 ラーゲリより愛を込めて

本作は、第二次世界大戦が終戦した後、シベリアの強制収容所=ラーゲリで不当に拘留されていた…

海外ドラマ『AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章』サラ・ジェシカ・パーカー サラ・ジェシカ・パーカー

1965年3月25日アメリカ、オハイオ州生まれ。“イノセント”“サウンド・オブ・ミュージック”“アニー”など…

【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】 【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】3名様プレゼント

【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】3名様プレゼント

映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー MEN 同じ顔の男たち

これは、闇鍋のような作品です(笑)。観る人を…

映画『天上の花』東出昌大/入山法子/吹越満/鎌滝恵利 天上の花

1966年に発表された萩原葉子の小説「天上の花—三好達治抄—」を『いぬむこいり』の片嶋一貴がメガホンをとり…

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『ハッピーニューイヤー』
  2. 映画『ラーゲリより愛を込めて』二宮和也
  3. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
  4. 映画『天上の花』東出昌大/入山法子/吹越満/鎌滝恵利
    天上の花

  5. 映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ
    あのこと

  6. 映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ
  7. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  8. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  9. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  10. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』

PRESENT

  1. 【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】
  2. 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック
  3. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
PAGE TOP