キャリア・仕事

映画界で新たな道を切り拓いた女性達

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『映画はアリスから始まった』アリス・ギイ=ブラシェ

映画界の狭き門をくぐり、自分自身の力で道を切り拓いてきた女性達。裏方で映画界を支えてきた先人達の活躍ぶりを知ると、とても勇気と希望が湧いてきます。

監督・製作・脚本家:アリス・ギイ=ブラシェ

映画『映画はアリスから始まった』アリス・ギイ=ブラシェ

リュミエール兄弟が初めて映画を上映したのは1895年3月。その場所に、アリス・ギイ=ブラシェもいました。彼女はストーリーのある映画を作り、映画のパイオニアの1人といわれています。監督・製作・脚本家として彼女が作った作品はなんと1,000作品以上!でも、ハリウッドの映画製作システムの原型を作り上げた世界初の女性映画監督アリスは、映画史から忘れ去られていました。
本作では、パメラ・B・グリーン監督が、彼女にまつわる希少な記録を探し回り、彼女の偉業を綴ったものです。彼女の功績に驚くだけでなく、彼女が男性社会の煽りを受けていた実状もうかがえます。本作を観ると、彼女がいかに無念な思いをしていたかを感じて辛くなると同時に、映画好きの一人として、彼女の存在を知ることができてよかったと感じるはずです。

映画『映画はアリスから始まった』アリス・ギイ=ブラシェ

『映画はアリスから始まった』
2022年7月22日より全国順次公開中
公式サイト
ナレーション;ジョディ・フォスター

キャスティング・ディレクター:マリオン・ドハティ

映画『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』マリオン・ドハティ

数々の名優を発掘し、キャスティング(配役)の重要性をハリウッドに知らしめたのは、キャスティングの先駆者マリオン・ドハティ(1923-2011)。今では超大物になっている俳優の中には、彼女が才能を発掘し機会を与えた人がたくさんいます。当時のハリウッドの映画の作り方を知ると、彼女がいなければ今名優と呼ばれている人達は生まれなかったかもしれません。
でも、キャスティング・ディレクターという肩書きはなかなか認められない事情がありました。その背景も含めて、彼女がいかに茨の道を進んできたかがわかります。

映画『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』マリオン・ドハティ

『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』
2022年4月2日より全国順次公開中
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 

映画字幕翻訳家:戸田奈津子

東京バイリンガルサービス主催イベント2014年10月2日:映画字幕翻訳家・戸田奈津子さん

日本を代表する映画字幕翻訳家で、これまでトム・クルーズをはじめハリウッドの大物スター来日時には通訳もされていたので、ご存じの方も多いですよね。私は戸田さんがどんなキャリアを歩んでこられたかを知って、とても励まされました。普段戸田さんのお話を聞ける機会はありませんが、2014年10月2日、英語字幕翻訳家の菊地浩司さんがCEOを務める東京バイリンガルサービスが主催するイベントで、菊地さんと戸田さんの対談を取材することができました(記事はこちら)。レジェンドお2人の対談とは何とも贅沢な時間でした。戸田さんのお話から、いつどんなきっかけがあるかもわからないし、チャンスがきた時に掴めるように日々精進しないといけないと教わりました。英語を使った仕事をしたい方はぜひ記事を読んでみてください。

戸田奈津子さん登壇イベント取材リポート

映画プロデューサー、ディストリビューター、脚本家:吉崎道代

製作を務めた『クライング・ゲーム』『ハワーズ・エンド』で米アカデミー賞を獲った吉崎道代さん。2022年6月30日に刊行された「嵐を呼ぶ女」(キネマ旬報社)には、吉崎さんの波瀾万丈の半生が綴られています。吉崎さんの経験談には、チャーリー・チャップリンをはじめとする映画史に名を残す偉人達の名前がたくさん出てきます。彼等とのやりとりは吉崎さんにとっては日常で、私達が知らない映画人達の素顔も著書から垣間見えます。
誰の人生にも必ず波はありますが、吉崎さんが経験されてきた波は大波ばかり!ドラマチック過ぎて、この荒波を耐えられる精神力に感服です。先日インタビューをさせていただき、とてもパワフルな方だと実感しました。著書にはこれまで吉崎さんが携わってこられた多くの作品の逸話も掲載されています。映画好きにぜひ読んでいただきたいと共に、ご本人もおっしゃっていましたが、女性にオススメの一冊です。

インタビュー(後日UP)

「嵐を呼ぶ女」をAmazonで購入

© 2018 Be Natural LLC All Rights Reserved
© Casting By 2012

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『もっと超越した所へ。』前田敦子/菊池風磨 『もっと超越した所へ。』キャスト&スタッフ登壇・完成披露試写会 5組10名様ご招待

映画『もっと超越した所へ。』キャスト&スタッフ登壇・完成披露試写会 5組10名様ご招待

映画『バイオレンスアクション』橋本環奈/杉野遥亮/鈴鹿央士/馬場ふみか/森崎ウィン/大東駿介/太田夢莉/佐藤二朗/城田優/高橋克典/岡村隆史 バイオレンスアクション

小学館「やわらかスピリッツ」で連載の浅井蓮次と沢田新による人気コミックを…

映画『TANG タング』二宮和也 二宮和也(にのみや かずなり)

1983年6月17日東京都生まれ。主な出演作に『青の炎』『大奥』『GANTZ』『プラチナデータ』などがあり…

韓流ドラマ(バラエティ番組)『エラー夫婦~永遠の愛を誓ったはずなのに!?~』 ここだけの話26:“直感的に観たい韓流ドラマ”2人座談会 by マイソン&シャミ

今回は、U-NEXT、ディズニープラス、Netflix、Hulu、AmazonプライムのTOP画面を2人で見ながら、直感的に観たいと思う韓流ドラマを物色しました。タイトルやあらすじなどだけ見て自由気ままに想像を膨らませて話しています。

Netflix映画『呪詛』 呪詛

ものすごく怖いと話題になっていたので、かなり身構えて観ましたが…

映画『1640日の家族』ガブリエル・パヴィ ガブリエル・パヴィ

2014年、フランス生まれ。公園で遊んでいたところを…

映画『ハウ』田中圭 ハウ

本作は、辛い体験をしたばかりの民夫(田中圭)と、ワンと鳴けない犬ハウが、お互いの存在を支えにして…

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』ローラ・ダーン ローラ・ダーン

1967年2月10日アメリカ、カリフォルニア州生まれ。1991年『ランブリング・ローズ』で…

映画『PLAN 75』倍賞千恵子 倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)

1941年6月29日生まれ、東京都出身。松竹音楽舞踊学校を卒業後…

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

記事作成部活20220720:初秋最新作 一緒に記事を作りませんか?【記事作成部活】2022年8月度参加者募集

2022年8月は4回開催します。オンラインとリアル、それぞれテーマを変えて行います。

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

REVIEW

  1. 映画『バイオレンスアクション』橋本環奈/杉野遥亮/鈴鹿央士/馬場ふみか/森崎ウィン/大東駿介/太田夢莉/佐藤二朗/城田優/高橋克典/岡村隆史
  2. Netflix映画『呪詛』
    呪詛

  3. 映画『ハウ』田中圭
    ハウ

  4. 映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ
  5. Netflix映画『グレイマン』ライアン・ゴズリング
    グレイマン

  6. Amazon Prime Video映画『ムーンフォール』ハル・ベリー/パトリック・ウィルソン/ジョン・ブラッドリー
  7. 海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ <シーズン2>』ニコール・キッドマン/リース・ウィザースプーン /シェイリーン・ウッドリー/ローラ・ダーン/ゾーイ・クラビッツ
  8. 映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』
  9. 映画『コンビニエンス・ストーリー』成田凌/前田敦子
  10. ディズニープラス映画『プレデター:ザ・プレイ』
PAGE TOP