REVIEW

クライムズ・オブ・ザ・フューチャー【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『クライムズ・オブ・ザ・フューチャー』ヴィゴ・モーテンセン/レア・セドゥ/クリステン・スチュワート

デヴィッド・クローネンバーグ監督が織りなす世界観に圧倒される1作。まずは、奇妙なベッドやチェアの独創的なデザインを目にした瞬間に、この世界で何が起きているのか知りたい衝動にかられます。そして、「新しい臓器が生まれた」「臓器を登録する」といった不可解なセリフに戸惑いながらも、好奇心が刺激されます。本作は解釈なんてせずにまずは感覚で楽しみたい作品です。
ただ、やっぱり解釈のし甲斐がある作品なので、映画を観てさまざまな思考を巡らせるのが好きな方にはぜひ考える楽しさも味わっていただきたい!本作はなんと製作に20年以上も費やしたとのことで、クローネンバーグ監督は1999年から脚本を書いていて、本作を世に出す適切なタイミングを待っていたそうです。映画公式サイトには、クローネンバーグ監督のコメントも掲載されており、本作の背景にある意図が書かれています。また、“PRODUCTION NOTE”には、主演のヴィゴ・モーテンセンとレア・セドゥのコメントもあり、演者の解釈も、私達観客の解釈の助けになるでしょう。

ここから先は、鑑賞前に何も知りたくない方は読まずに、良かったら観賞後にお読みください。

映画『クライムズ・オブ・ザ・フューチャー』レア・セドゥ/クリステン・スチュワート

本作には社会問題の比喩と思われるさまざまな描写があります。まず私が個人的に気になったポイントを挙げます。ヴィゴ・モーテンセンが演じるアーティストは体内で新しい臓器を生み出しては、レア・セドゥが演じるパートナーが人前で手術をしてその臓器を取り出すショーを行っています。って、この説明だけ読んでも「どういうことやねん!」と思うでしょう(笑)。それはさておき、アーティストが体内から臓器を生み出し、切除手術をショーとして見せるという行為は、現実世界でいってもまさに身を削って作品を生み出すアーティストと同じです。また、劇中の手術が過激なパフォーマンスとなっている点で、現実世界でも注目を集めたいだけのアーティスト気取りの者と本物のアーティストが混在する状況を象徴しているように捉えられます。例えば、過激な動画で注目を集める者と芸術としての映画を作る者の違いです。

映画『クライムズ・オブ・ザ・フューチャー』ヴィゴ・モーテンセン/クリステン・スチュワート

次に、開発、創造による産物に違いはあるのかという点です。科学が生み出すものは、人間にとって便利である反面、自然を破壊している部分もあり、巡り巡って人間の身の危険にも繋がっています。プラスチックを食べる人種の存在と彼等の企みは、罪のようでいて、解決策のようでいて、観る人によって捉え方は異なると思います。これは、人間が生み出したものへの責任を人間自身が取れるのかという問題提起のように見えます。前向きな捉え方、後ろ向きな捉え方、どちらとも取れる点で、観る者に答えを委ねているのではと感じます。
また、人間が痛みを感じなくなっている点、セックスに変化がある点も興味深いです。痛みは本来無いに越したことはありませんが、全く感じなくなることによって人間的でなくなるのかもしれません。だからこそ、快楽の得方にも変化が出てくるのではないでしょうか。…と、いろいろな解釈がどんどん巡るのでこの辺りで書くのは控えるとして、1回観るだけでは足りません。皆さんもぜひ複数回観て、解釈を楽しんではいかがでしょうか。

デート向き映画判定
映画『クライムズ・オブ・ザ・フューチャー』レア・セドゥ

エログロ要素がありつつ、ムーディーな世界観なので、これまで何度も映画デートをしているカップルならデートで観るのもアリでしょう。観た後に誰かと話したくなる要素が満載なので、映画談義に華が咲くと思います。語り合うのが好きなカップルはぜひ!

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『クライムズ・オブ・ザ・フューチャー』クリステン・スチュワート

PG-12なので大人と一緒なら小学生も観られるとして、子どもにとってはちょっと刺激が強いのではないでしょうか。感覚で楽しむもよし、解釈を楽しむもよしの映画とはいえ、映画を観慣れてから観るほうが一層楽しめるのかなと思います。いろいろなタイプの映画をたくさん観て、クセの強い映画にも免疫がついてから観ると良さそうです。

映画『クライムズ・オブ・ザ・フューチャー』ヴィゴ・モーテンセン

『クライムズ・オブ・ザ・フューチャー』
2023年8月18日より全国公開
PG-12
クロックワークス、STAR CHANNEL MOVIES
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2022 SPF (CRIMES) PRODUCTIONS INC. AND ARGONAUTS CRIMES PRODUCTIONS S.A.

TEXT by Myson

本ページの情報は2023年8月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP