REVIEW

アステロイド・シティ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アステロイド・シティ』ジェイソン・シュワルツマン/トム・ハンクス

物語の舞台はアメリカが最も栄えていたとされる1955年、アメリカ南西部の砂漠に位置するアステロイド・シティです。人口がたったの87人しかいないこの町で、科学賞を受賞した5人の子ども達と家族が授賞式のために集まります。でも、授賞式で未曾有の事態となり、街は封鎖。人々は街から出られなくなります。本作も相変わらずのウェス・アンダーソン節が効いていて、とにかく何もかもが可愛らしくておしゃれ!未曾有の事態に巻き込まれた緊迫した状態にもかかわらず、なんだかおとぎの世界に迷い込んだような不思議な気分になります。
映画公式資料によると、時代を1955年に設定し、演劇と映画の世界を融合したユニークな構成の物語にした背景には、当時のアメリカ社会を象徴する出来事や人物が多く含まれています。この時代は演劇最盛期から映画へと移行する時代であり、さらに第二次世界大戦後であり、核開発と宇宙開発でソ連と競っていた時代です。アンダーソン監督は本作に含まれるさまざまな要素を結び付ける特性として、「アイゼンハワー時代に見られた排外主義(ゼノフォビア)」というキーワードを挙げています。物語の中にはそんな背景から人間を眺めたシーンが散りばめられています。それでも観ていて、今の私達のことを描いているようにも見えるのは、現代に結びつく要素の比喩とも取れるからなのかもしれません。

ここからはあくまで私個人の解釈でネタバレを含みますので、鑑賞後にお読みください。

映画『アステロイド・シティ』ジェイソン・シュワルツマン/トム・ハンクス/ジェイク・ライアン

物語の舞台は1955年とはいえ、宇宙人の到来で街が隔離された状況は、未曾有の事態に陥ったコロナ禍の比喩にも思えます。そして、幼い孫達とトム・ハンクスが演じる祖父によるお墓のくだりや、10代の天才科学者達が大人顔負けの実験を行う姿は、これまでの常識を若者達が変えていくことの象徴にも見えます。また、劇中の舞台演劇の中の架空の町アステロイド・シティで起こる物語には、映画界の窮状が反映されているようにも見えます。ただ、その窮状を悲観するのではなく、前向きに捉えているように感じるシーンもあります。「起きるために寝る」と連呼するシーンは、立ち止まることの大切さも表してるのではないでしょうか。

映画『アステロイド・シティ』スカーレット・ヨハンソン

そして、とあるキャラクターが役を演じる上で悩むシーンも印象的です。本作は1950年代のアクターズ・スタジオで腕を磨いた往年のスター達をモチーフにしている{映画公式資料より}ことから考えると、俳優としての葛藤、作家達の考えが投影されているシーンだと思われます。そこからさらに一歩引いて考えてみると、現実世界でも人間は自分自身のことすら完全に理解しているわけではありません。ということは、たとえ役柄だとしても、1人の人間をそう簡単には理解できなくても不思議ではないと感じます。だからこのシーンは悩める人間にとっては温かさを感じるメッセージに受け取れます。
このようにさまざまな解釈を誘うストーリーも本作の魅力です。キュートな世界に浸りながら、解釈も楽しんでください。

デート向き映画判定
映画『アステロイド・シティ』ジェイソン・シュワルツマン/スカーレット・ヨハンソン

ウェス・アンダーソン監督作は多少好みは分かれそうですが、この飛び抜けてアーティスティックな世界観はデートの雰囲気にはピッタリですよね。カップルで観て気まずい展開もないし、これでもかというほど豪華キャストが勢揃いしていて、映画好きカップルはなおテンションが上がるでしょう。鑑賞後も会話が弾みそうな内容です。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アステロイド・シティ』ティルダ・スウィントン

本作にはキッズやティーンも重要なキャラクターとして登場するので、皆さんも親近感を持って観られると思います。映画の中で演劇が上演されていて、その演劇の中の世界が映画になっているという、言葉で説明するのも難しい構造になっているのでキッズには少々難解ではあるものの、興味があれば観てみてください。

映画『アステロイド・シティ』ジェイソン・シュワルツマン/スカーレット・ヨハンソン/トム・ハンクス/ジェフリー・ライト/ティルダ・スウィントン/ブライアン・クランストン/エドワード・ノートン/エイドリアン・ブロディ/リーヴ・シュレイバー/ホープ・デイヴィス/スティーヴン・パーク/ルパート・フレンド/マヤ・ホーク/スティーヴ・カレル/マット・ディロン/ホン・チャウ/ウィレム・デフォー/マーゴット・ロビー/トニー・レヴォロリ/ジェイク・ライアン/ジェフ・ゴールドブラム

『アステロイド・シティ』
2023年9月1日より全国公開
パルコ、ユニバーサル映画
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2023 Pop. 87 Productions LLC & Focus Features LLC. All Rights Reserved

TEXT by Myson

本ページの情報は2023年8月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP